井戸端監視カメラ



キャシャーン。

本日は絶好の好天の下、Pepcycles中試乗会を開催させて頂き、
店頭は計8台のNS-D1と5台のロングテールが並ぶ不思議空間に。
c0189724_1949177.jpg



まだまだデビューしたてで可能性を模索する所まで来ていないPepですが、
「例えばこんな」というサンプル車を乗り比べられるというのは、
中々に有意義な催し事だったのでは?と自画自賛。
c0189724_19494069.jpg



27.5インチブロックタイヤを履かせて1x11化したモンスタークロスは、
よく見るとフロントシフトレバーがドロッパーのリモートになっていますね。

ドロップバーをカモメハンドルに変更し前後キャリアを装着した、
コミューター仕様というのも剛性と重心バランスが良く、
意外なまでに完成度が高く感じた、というのも収穫です。
c0189724_19495946.jpg





そんなピリリとスパイスの効いたPepに似合いそうな曲者系キャリアが此方。
c0189724_19505113.jpg



Cycledesign FoldingWideRearCarrier ¥7,800(税別)

何処にでもありそうなアルミ素材のリアキャリアですが、
それにしては¥7,800という値付けはやや強気な様な・・・。
とかすっとぼける必要は無く、名前のまんまです。

行きますよ?
一見普通のリアキャリアが。
c0189724_19511783.jpg



キャシャーンッ!
c0189724_1951347.jpg






別角度からもう一度行きましょう。
一見普通のリアキャリアが。
c0189724_1951513.jpg



キャシャーンッ!
c0189724_1952610.jpg



そう、必要に応じて天板が広がる可変式リアキャリアであります。
普段はナローなリアキャリアとしてバッグと併用して使うもよし、
しかし一度大きな箱などを運ばねば、となった際には変身キャシャーンなのです。
c0189724_19522185.jpg



正直な所、横の張り出し部分の強度は然程でも無く割と華奢です(ダジャレ)。
しかし荷物を積載した際に荷重が掛かるのはよりシッカリしたメイン部分なので、
実用性は結構高そうですし、備えが負担にならない900gという軽さもよし。

同じスタイルでフロント用とかも出て欲しいですね!
# by kaleidocycle | 2018-04-22 20:38 | 商品

工具・マイ・ソウル。

こんばんわ、三十数年振りに中耳炎になった空井戸サイクルです。

中耳炎になると耳がパキーンとなって聴こえ辛くなり、
世の中の音が全てモノラル化するという不思議体験が出来たりするのですが、
同時に平衡感覚がおかしくなり階段から滑り落ちたりもします。

そんな感覚が曖昧化する時にも確かな寸法を示してくれる、
Runwellの素敵工具のご紹介の続きをば。
c0189724_2121910.jpg


Runwell Mex 4mm:¥680 5mm:¥700 6mm:¥800

自転車整備の際、最も多用するアーレンキー(六角レンチ)に、
刻み目を入れる事で定規兼用としたアイデア系便利グッズ。
ハンドル周りのポジションセットの際に定規を探す事、ありますよね?
そんな時にも使っているアーレンキーがメックスなら問題消散な訳です。
価格的にも牛丼特盛り+セット範囲ですので、アーレンキー買い替えの際は是非。


c0189724_2154455.jpg

買い替えとかどうせもええわい!
アーレンキーは何本あってもええんじゃ!
いつも心に太陽を!いつも懐にアーレンキー!

という常在戦場派の方には、
懐に忍ばす系アーレンキーを。


Runwell Shinobi45 ¥1,700(税別)

数字の通り4mmと5mmのビットを備えた、
携帯ツールですが、実用一辺倒というよりも、
携帯する際の遊びや自己満足感を加えた、
本気で使えるオモチャツールと申せましょう。




懐に忍ばす実用性で言えば、発売以来弊店定番製品となっている、
超小型携帯ミニツール「サスクス」も十分な量を補充完了、です。
Runwell Sus-x ¥3,500(税別)
c0189724_21102640.jpg



その詳細については過去の投稿でご確認頂くとして、
この携帯性と実用性のミニマムバランス、何よりモノとしての魅力は、
日本が世界に誇る素晴らしい逸品だと個人的には完全に思っております。
本当に本当に本当に本当に。


あとユーザーさんだけでなく自転車屋さんにもお勧めしたいのが、
此方の小型ヘッドレンチ「ビッグヘッドS」。
c0189724_21141359.jpg


Runwell Bighead-S  ¥1,630(税別)

ノーマルヘッドセットのナットを回すヘッドスパナですが、
世にある殆どのヘッドスパナが2面切りの点接触なのに対し、
此奴は接触面にアールをつけた面接触となっていますので、
ヘッドセットに作業傷を入れてしまう心配が激減します。
c0189724_21164288.jpg


また長さを一般的なヘッドスパなよりもかなり短くする事で、
早回しの作業性を上げ、従来のヘッドスパナと組み合わせれば完璧、という話。

弊店ではプロトタイプから使わせて頂いているのですが滅茶苦茶便利です。
ノーマルヘッド愛用者、及び自転車屋さん御同輩に是非お勧め致します。



工具というのは我々にとっては仕事道具です。
嘗てモータース屋さんで雇って頂いていた時にこんな指導を頂きました。
「基本的にええ工具は使うな、どうしようも無い時にだけええ工具使え」

これはパワハラとかじゃなくて、本当にそういうモノでありまして、
使い方さえ間違えなければ車載工具でも十分作業は出来る、という事なのです。
その教えは未だに自分の中に確固たるモノとしてある訳ですが、
趣味として工具を触るのであれば・・・美しいモノであって欲しいですよね?
c0189724_21213297.jpg


Runwell Nezile 0810 ¥2,000 1415 ¥2,600

8mmと10mm、14mmと15mm、其々90°捻れているメガネレンチは、
作業時の手の当たりが柔らかく使い易いのは勿論の事、
工具箱からチラリと顔を覗かす美しさもまた特筆モノなのです。


8&10mmというのは自転車整備ではあまり出番が無いですが、
ワタクシは自宅のモーターサイクル置き場に備えております。
14&15mmの方も仕事で使うなら輪業レンチ(通称ガチャ)の方が便利です、
でも自宅で趣味の工具として使うなら・・・此方の方が良かないですか?


と、そんなこんななランウェル工具群をご紹介した所で今日は此処まで。
明日はPepcycles中試乗会(大試乗会ではない)ですのでお時間ある方は是非!
# by kaleidocycle | 2018-04-21 21:30 | 商品

好き魔産業。

通勤で活躍している固定ギア、乗りっぱなしなので割りと小汚いです。
今日は天気も良いし、チェーンでも外して丸洗いしてやりますか。

え〜、トラックチェーンのコマ外すにはマイナスと小さいモンキーと・・・。
c0189724_1923042.jpg




チョ〜ッと待っタ!
トラックチェーンのコマを外す?丁度良い専用工具って無いから邪魔臭いよネ。
そんな時には「スチームブラスター・ガンマX2」、これ一つで全てが解決だゼ。

c0189724_19231741.jpg




ああ、海外の通販番組的なアレですね。
で、そのお手に持って居られるのがスチームブラスター・・・なんとかですか?

嘘だ、スマン、本当はRunwellの「チェーンナットレンチ」という製品ダ。


嘘とか相手にしている時間勿体無いので現物見て行きましょう。
まずこのキーホルダーのリングを持ってネジネジ回すと2分割されます。
リングがついている方は、もう見たまんまのマイナスドライバー。
c0189724_19241594.jpg





そしてもう一方、円筒の方を引っくり返すと底にはこんな凹み。
c0189724_19234064.jpg




中央部のチビ丸には磁石が埋め込まれていますので、
トラックチェーンを繋ぐコマの平ナットを乗せるとペタンとくっつきます。

コレで手を不必要に汚す事無く&締め過ぎでネジ山飛ばす事無く、
スマートにトラックチェーンのコマを着脱出来るって寸法ですよ!
c0189724_1924339.jpg



何?意味わからない?
まぁトラックチェーン使っている人か自転車屋の人間くらいにしか、
この工具の有り難さは伝わらないかと思いますが、
自分の知る限り、今まで無かった専用工具が生まれた瞬間、なのです。
Runwell チェーンナットレンチ  ¥2,690(税別)


必要とする人間の数も少ないでしょうが、生産数は更に少なく初回は10個生産、
そして手元に残っているのはあと2個のみ。
価格的には買うか買わぬか悩むレベルでは無いと思いますので、
「それは俺のモンだ!」という方、是非是非奮ってお問い合わせ下さいませ。



その他、Made in 新潟のランウェル製品が纏めて仕上がって来ていますが、
耳がキーンてなって来たので本日は一旦切り上げです。
c0189724_19334224.jpg




先々週に長男が40°以上の熱を出して、1週間後に次男がやはり40°超え、
そして今週は家内が39°の熱を出してと順番に来たので、
最終走者としてワタシも駆け抜けねばならんのかもしれません。
# by kaleidocycle | 2018-04-19 20:15 | 商品

カランデミータ。

コレが噂のカラミータ!はじめて現物を目の当たりにしました。
c0189724_2312792.jpg



c0189724_232153.jpg

超ハイコスパなクロモリバイクとして、
その名を轟かすカラミータ。

しかし購入されたオーナーさん曰く、
「何だかシックリ来なくてあまり乗らない」


フレームを見るととてもキッチリ作られており、
これで完成車¥10万とは「恐るべし」ですが、
他の部分に目をやると・・・チと皺寄せが。

ブレーキレバーを握ると何か変、何が変?
正面から見ると完全左右対称です。
左右レバーを共用する為の作戦なのでしょうが、
コレはそりゃぁ・・・使い易くは無かろうなぁ。

ヨシガイ製のダブルレバーは見目美しく、パワーラチェットの音も指先に心地いい。
けど、フリクションレバーで9速を管理し切るってのは少々ハードル高め。
c0189724_232446.jpg






こういったハンドル周りの取っ付き難さが、オーナーさんの乗らん原因っぽい。
ならば・・・ジャンク箱をガサガサ漁って掘り出したオールランダーバーと、
懐かし系のZOOMクロモリステムをセットしてポジションをお気楽化。
c0189724_233757.jpg



シフターも何とかしたいよね、と探すと丁度良さげな、
シマノのインデックスレバーとディズナのコラムマウントのセットが。
コレで手元にシフターを持って来れば更に気軽な一台になりましょうぞ。

しかし残念ながら手元にあるのはノーマルステム用のΦ22.2mmクランプ版で、
アヘッドのカラミータさんに装着する事は叶いません。


ま、ダブルレバー位置のままで良いか。インデックスになっただけ上等でしょう。
ただなぁ・・・何か・・・ん〜・・・。



あ。

こんなんどないだ?
c0189724_2341485.jpg



ノーマルコラムの根っこはΦ22.2mm、フラットバーの握り部もΦ22.2mm、
同じ22.2mmならハンドルにつけても良いんじゃなかろうか?とセット。
c0189724_2343813.jpg


見た目に違和感ありありですが、操作してみると案外いけそうです。
リアは普通のサムシフター的な動きで、フロントは・・・よいしょって。
Sramのディアルドライブシフター退化版、みたいな感じでバカバカしい。

c0189724_2345778.jpg

「こうしたい!」
そういう方向性が見えているなら、
適切な部品を選ぶべきですが。

「現状が気に入らない」
というだけならこういった余っている部品で、
コストを掛けずに取り敢えず変えてみて、
現状打破から始めるというのもアリかと。


じゃぁその余った部品は何処から来るのか?

今回外した完全対称ブレーキレバーとかが、
ジャンク箱に放り込まれ次のオーナーを待つ。
輪廻輪廻なのです。
# by kaleidocycle | 2018-04-18 23:59 | 無駄

入ってバンザイ。

過日、マッドガードを外しブロックタイヤを履かせた弊店のWindcog/ZIC。
個人的にはスッキリ&マディーなイメージになり好印象です。
c0189724_1931343.jpg


しかし「アルミマッドガードを装着したまま簡単輪行」という、
ZICのチャームポイントを蔑ろにした呪いか、はたまたバチなのか?
ギリギリの隙間にフェンダーを押し込むというミッションが発生しました。
c0189724_1933637.jpg



縦隙間は6mmといった所でしょうか。
この隙間となるとフェンダーが入るか否かというよりも、
まずフェンダーを固定する金具を差し込む余裕が無く冷や汗が出ます。

何はなくとも固定金具のリベットを飛ばして削除!
続いてフォーククラウンやブレーキアーチとの干渉部分を、
シャリシャリカリカリ削って削って・・・。
c0189724_1935912.jpg



何これ?
大丈夫か大丈夫じゃないかと言えば、7:3で大丈夫じゃない方寄り。
でも入らない場所に入る、その事の利を思えば「入ってバンザイ」なのです。
c0189724_1942296.jpg



c0189724_194591.jpg

そう、入って当たり前ならば良いけれど、
「入らない」と検討も何も無いのです。


例えば此方のシャツ。
オシャレに言うとカットソー。

CCPさんの春物なのですが、
ステテコの楊柳生地やちぢみと同じ、
強撚糸を用いた薄く強い生地で、
綿100らしからぬサラサラした肌触りや、
そのストレッチ性の良さはとても魅力的。

でもCCPさんのサイズ設定となると、
我がジューシーボディを包み込む事など不可能。

c0189724_1951782.jpg

「あ〜、XLがあればなぁ、
 XLがあれば欲しいなぁ、XLがなぁ〜」


と、グチャグチャ言うた結果、
作って頂きましたぜエクストララージを。


身長177cm、体重77kg、1977年生まれと、
7並びの中年であるワタクシでも着れました!


ボーダーシャツなんて他に幾らでもあります。
それでもコレが欲しい!と思わされたのは、
首元が「スクエアネック」という点。

女性服では珍しくないスクエアネックですが、メンズでは正直聞いた事ない。
しかしパターンの面白さをそのままに、開きをググっと詰める事で、
没個性になりがちなボーダーシャツが一気にスペシャルな一枚へ。
c0189724_1953990.jpg



CCP スクエアネック七分袖カットソー ¥12,000(税別)
春夏秋と毎日着れる快適ボーダーが必要な方に是非。


c0189724_20272258.jpg
「ボーダーは無個性の象徴などと言う、
 愚かなレッテルを打ち破りたい」
という武闘派縞主義者には、
とんでもない飛び道具が、
飛んで来るとか来ないとか。

此方はオーダーさえすれば、
体重100kgどころかXXXLでも、
製作可能かと思いますので、
痩せる気無い縞主義者は相談されたし。
# by kaleidocycle | 2018-04-16 20:42 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧