井戸端監視カメラ



<   2017年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


アイアンプレート。

c0189724_2025067.jpg
二連発で襲い掛かって来た台風影響で、
荒れ捲くっていた山手の道々。

一発目の台風直後はトンネルが停電するわ、
木がバンバン倒れてハードル状態になるわで、
どうなる事か?と心配していましたが、
流石流石の速度で復旧しており、
次の週末こそは・・・秋を堪能できるか?

って来週はもう11月なんですねぇ。

c0189724_203540.jpg
さぁそんな10月ラストの本日。
今、弊店で売れてる製品を、
新旧混ぜて御紹介してみます。

まずはテールライト界の超新星、
キャットアイのウェアラブルXから。

c0189724_2074212.jpg

Cateye WearableX ¥3,500(税別)

小振りでお洒落なライトが幅をきかす中、
このデカさとシンプルさは逆に新鮮。

テールライトに求められる能力は何でしょう?
当然、被視認性が何より重要な訳ですが、
その点において此奴の強烈な明るさは、
100点満点というべきレベルです。


c0189724_2075372.jpg
点滅モードで最長30時間という、
充分以上なスタミナを誇りますが、
停電したトンネルでも安心出来る、
最大光量モードでは最長1時間。

が、USB給電による充電式なので、
電池代の事を気にしなくてもOK。

製品名に「ウェアラブル」とある通り、バッグやジャージのポケットなどに、
クリップで挟み込んで使えますよ、というのがメーカー側からの提案ですが、
車体装着用のバンドも付属していますので、普通に車体に取りつけても当然OK。
c0189724_2082326.jpgc0189724_2083566.jpg


充電の為に車体から外す際には、ゴムバンドごと外さなくても、
レンズ面をクリっと捻ればライト体のみ外せる、これがとても便利。
痒い所にまで手が届くこの完成度、当分の間はテールの定番として君臨する事でしょう。


c0189724_209199.jpg
嘗て定番であったけど暫く御無沙汰だった、
そんなウールアームウォーマー復活してます。

Defeet Armcover-Wool ¥4,000(税別)

今朝なぞは気温がギュンッ!と下がりまして、
何着て走りに出て良いか判断に迷い、
厚着をした結果、日が昇ってから汗まみれ。

そう、こういう判断に迷う時には、
半袖&アームウォーマーが鉄板です。

c0189724_2092244.jpg
しかし薄手の化繊ではウォーマーどころか、
逆に寒さを感じさせるクーラーである事屡。

寒さ対策として選ぶならば最低裏毛素材、
可能であればウール素材が最高です。
そしてウールと言えばディフィート、ですね。

何故か此処数年、国内扱いから消えていた、
ディフィートのウールアームカバーですが、
熱きラブコールが功を奏したか扱い再開。

以前からの愛用者の方から予備にと御用命頂くなど、相変わらずの鉄板人気ですが、
早くも国内代理店在庫は完売&欠品状態に突入。
店頭には数足ストックがありますので、愛用者の方も未体験の方もある内に是非。
あ、因みにLサイズはまだ代理店在庫ありますが、気軽に手を出しちゃダメですよ。
ディフィートのLは余程手が長い人でない限りダボダボになりますから。


c0189724_209341.jpg
「いやいや、もう寒過ぎでしょう。
 血行が良くないから末端が冷えて冷えて・・・、
 手がかじかむから走りになんてとんでもない、
 布団に入ってジッとしてるのが一番。」


そんな寒がりな人間をも外に引き摺り出す、
強力な防寒サイクリングアイテムと言えば?

Yes、バーミッチャンです。

c0189724_209467.jpg

Barmitts Flat  ¥6,400(税別)

今の気温如きではまだまだ早いですが、
バーミッチャンに縋る日はやがてやって来ます。

また冷たい風から手を護るだけではなく、
雨天化でも手が濡れないという効果もあり、
一度つけたら春まで外さない人も多い、
そんな代わるモノの無い鉄板防寒具。

「でも見た目が・・・ねぇ」と二の足を踏むそこのアナタ。
財布を落としたと思って使ってごらんなさい。
この絶大なる防寒能力を知った後には、きっとバーミッツが格好良く見える様になります。

ホラ、目を寄り目にしてジッと見つめ続けると・・・。
「うわっ!立体に見えた!」
とか言うのはありませんが、手先のかじかみで悩む事は一切無くなりますから。
by kaleidocycle | 2017-10-31 21:53 | 商品

スプーキー。

私が子供の頃、ハロウィンはパワーメタルではなくジャーマンメタルと呼ばれており、
丁度ヴォーカルがカイ・ハンセンからミヒャエル・キスケに代わった事で、
良くも悪くも黄金期を迎えていた、とかそんな事はどうでも良いですね。


「ハロウィンなんぞワシが子供の頃は無かった!」とか言うても不毛な話、
子供らが楽しいのなら大人の言う節操なんて無視でOKだと思いますが。
c0189724_18323810.jpg
近所の商店街でハロウィンイベントがあり、
前を通り掛かった際にチラッと見ると・・・、
まぁまぁ盛り下がってたんですよね。

異文化融合にはまだ時間が掛かる模様。

例えばこのSurly/カラテモンキーの色、
この色なんて日本のブランドでは、
まず選ぶ事が無い色だと思いますが、
それをサラッと選ぶ所が実にアメリカン。

で、このハロウィンっぽい紫があまりに格好良かったので、
展示車として完成車を仕入れてみました。
前後ブーストハブのSS完成車で¥175,000と中々リーズナブルです。
しかし・・・見れば見るほど納得が行かない点がある為いきなり改装。

c0189724_18334666.jpg
カラテモンキーのシングルスピード完成車は、
29erホイルがアッセンブルされており、
それ自体に文句は無いのですが、
何せリムが細い、細っそ~いのです。

安くアッセンブルしてくれるのは良いけど、
この細さはチョッとオイだよ、という事で、
大好きなスープラ35を用いて27.5+化

タイヤもWTB/レンジャーで戦闘力激増。

コレコレ、欲しかったのはコレだよオトッツァン。
c0189724_18332764.jpg

なんかカラテモンキーというよりも、プチ・クランパスって感じで、
ちょxっと想像するだけで山をビシビシ走っている姿が目に浮かびます。

c0189724_1833569.jpg
多段ハブ&スペーサによるSS化ですが、
Boost規格の恩恵で良いテンション出てて、
このままシングルで乗っても良いでしょう。

しかしそもそも多段ハブである事に加え、
クランクもナローワイド標準装備なので、
多段化への道は高速道路状態。

デオーレ1x10なら約¥15,500追加、
SLX1x11でも約¥2万追加でOK。

c0189724_18342225.jpg
タイヤもリムもチューブレスレディなので、
コスト微増で更なる戦闘能力を得る事も。


あとはブレーキ油圧化して、
ドロッパーポスト入れれば完璧!
とか言う位ならフレームから組むべき。

そういった諸々は後の楽しみに置いといて、
まずは山へ漕ぎ出すべし、ですな。

Surly カラテモンキーSS完成車(改) Sサイズ

素の完成車¥175,000をベースに、改装費¥5万少々分を投入した此方。
足して¥225,000で!と言えればどれだけ有り難いかと思いますが、
頼まれてもいないのに勝手にやった事ですから、¥1万追加の¥185,000で如何?
by kaleidocycle | 2017-10-29 20:24 | 商品

合神マシーン。

久し振りにロングテールの王様「Surly/Bigdummy」を組ませて頂きました。
シルバーパーツを散らす事で、真っ黒な完成車とは少し違うスッキリとした一台に。
c0189724_19193474.jpg



一体式のフレームにフルデオーレ&油圧ブレーキで、
空荷で乗った際には軽く、荷物を積んでもビシッとした剛性感&操作性。

バッチリです、実にバッチリです。
しかし、こういうバッチリレベルを狙うと最早¥20万台は不可能。
「20万台も30万台も同じで~い!」と豪快に切り捨てられればいいんですけど、
ん~・・・違うモノは違いますしねぇ。


ビッグダミーの様なハードコアロングテールが欲しい、
しかしどうしても¥30万の予算が捻出出来ない・・・。
そんな方に向けてロングテールの魔人的なのを作ってみました。
出でよ!魔人!
c0189724_19194999.jpg



c0189724_19201227.jpg

そう、先日「どうすっぺかね~」と、
悩んでいたBanshee/Paradoxが、
この度めでたくロングテールに転生。

後付のLeapとは思えぬ一体感、
素晴らしい、大満足です。

c0189724_19202770.jpg

BB後の固定部分も、
角ばったCNCヨークなので、
面と面でピタッと納まっており、
角材のリアバックと相まって、
ただ事では無い剛性の予感。

c0189724_19203914.jpg
フォークはSurlyのクランパスフォークで、
コラムこそテーパーではなくOSですが、
Boost規格のスルーアクスル仕様


リムはスープラ35の29erバージョン、
そこにMaxxisの2.4幅タイヤを履かせた、
29+一歩手前の巨大ホイール。

あと¥15,000ほど追加するだけで、
前後29+仕様も実現可能であります。

c0189724_1921440.jpg
サササと組み上げ乗ってみる。

・・・何この不気味な程のガッチリ感。
剛性感は完全にビッグダミーを超えています。

しかも然程漕ぎを入れずとも「速い」
普段乗っている1x1&FRKとあまりに違い、
面食らうと言うか呆れると言うか、
手前味噌ながらスゲェのが出来たな、と。

完成度の練り上げとコストカットを徹底して突き詰めた此方、
ズバリ! ¥230,000(税別)での御案内。
簡易式バッグ「ウィールスカート&スリングセット」まで込みで、です。

29erベースなので結構デカく、乗り手の身長がそこそこ必要なのですが、
この完成度でこの価格は中古を使っても厳しいというか無理なレベルでしょうから、
ダート臭をプンプン撒き散らすこんなロングテールが気になるなら是非!

c0189724_19211818.jpg
「ドライバさん、この車何年乗ったはるの?」
 「コレですか?ん~14年くらいですかねぇ。」

「はぁ~、なるほどなるほど。」
 「どうかされました?」

「いや、ウネウネよう揺れる車やなぁ、て。」
 「やっぱそうですか、そっか~・・・」

「車入れ替えてもええんちゃう?」
 「魔人号・・・欲しいですねぇ。」


by kaleidocycle | 2017-10-27 21:31 | 商品

未公開。

c0189724_2214642.jpg
海外へ赴任する事になった知人が、
自転車を持って行くという事で、
車両梱包の手伝いに行って来た昨日。

エゲツなく荒れている道を車で走りながら、
「よし、コレで今月の予定は全て終わった」
と独り納得して・・・して・・・、
納得したいけど何かが引っ掛かるのです。

この喉に刺さった小骨みたいなの何?

c0189724_222349.jpg
ハッ!
忘れてました!告知をするのを!

いきなりですが今週末の28日(日)、
EBSの工房見学会が行われます。

普段は作業に集中する為に未公開の、
謎と埃に包まれた工房を見れるチャンス。

人数把握の為、要予約となっておりますので、
御興味のある方はVeloStandKyotoまで明日にもご一報を!

でも週末、台風来ますねぇ・・・どうなるでしょう?
by kaleidocycle | 2017-10-26 22:16 | 駄情報

ウサギ小屋。

c0189724_22544746.jpg
灼熱の夏を何とか乗り切れたのも、
このスポットクーラーのお陰です。
ありがとう、そしてご苦労様。


え~しかし使わなくなった途端に、
この巨体が邪魔で邪魔で仕方ありません。

店の二階に上げてしまいたい所ですが、
此奴、50kg以上あるんですよね・・・。

こんなん持ち上げて狭い階段上ったら、転がり落ちるか腰いわすか。
かと言っていつまでも放置してる訳にも行かんし・・・やるか!
c0189724_22551755.jpg

と、気合を入れてクーラー撤去。

コレで少しは店が広く使えるかと思いきや、
待ち受ける次の仕事はビッグダミー

ただでさえ狭い店が驚異的狭さに。
日が暮れて肌寒さを覚えたので、
ストーブを焚くきたいけれど狭くて焚けない。

このビッグダミーの作業が終わったら、次は店頭展示用のロングテール。
ストーブを焚けるスペースが生まれるのはいつになるのでしょうか?

そんな不安を抱えつつ明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2017-10-24 23:09 | 駄情報

芙蓉蟹。

本日、いつも通り出勤すると店の前に一台のママチャリが放置されていました。
見ると後輪に画鋲が刺さってパンクしていますので、
台風の中でのパンクという憂き目に遭った人が置いて行ったのだと思われます。
c0189724_20595114.jpg

勝手に直して良いモンだろうか?
そう考えつつ眺めていると、
もう一人パンク修理のお客さんが。

此方もやはり画鋲がブスっとな。

そこでハッ!と思い至りました。
この画鋲は選挙ポスターを留めていた画鋲なのでは?と。

「選挙がある→ポスターを貼る→風に煽られ画鋲が抜ける→それを自転車が踏む」
こうした一連の流れの結果、自転車屋にパンク修理の仕事が舞い込む、
この調子でドンドン舞い込めば景気浮揚間違い無し、ハイアー&ハイアー!
これは正に選挙の経済効果と言えるのではないのでしょうか~っ!


しかし修理をしなが再びハッ!と気付きました。
選挙ポスターを留めてる画鋲って、こんな普通の画鋲じゃなかった様な?

ん~・・・これは単に昨晩の台風の影響っぽいですね。
台風の影響はこんな所にも出ておる模様です、皆様路上の画鋲に御注意下さい。
「注意って・・・どうやって注意すれば?」という答は神のみぞ知る。
by kaleidocycle | 2017-10-23 21:20 | 無駄

仕込み。

台風、結構な勢いで来てますね。

こんな日に店を開けてても誰も来るはずが無い、とは思いながらも営業。
自転車屋の仕事には作業や見積もり立案というのもありますので、
こういった嵐の日は、それはそれで纏めて作業できる有益な日なのです。
c0189724_193114100.jpg

さぁホイル組みましょう。
組まれるは此方の150ノッチハブ

メジャーなK社ブランドのモノでは無く、
バズーカブランドのモノになりますが、
作っているのはどちらにしろ台湾C社。

K社ブランドとも本家C社ブランドとも違う点は「ノーロゴ」である事。
其々のブランドさんには失礼な話かもしれませんが・・・ロゴ無しって魅力的。
それでいて価格が¥19,300と、150ノッチとしては安めなのも有り難い。

c0189724_19312293.jpg
ジャカジャカ組んでギューンと回す。
フィィィィィィヒィンッ!

ん~、この音を何と例えましょう?
隣の部屋で吼えまくっている小型犬、
なんかそんな感じの音です。

ノッチ数の割りにドラッグも抑えられており、
奇を衒っただけの製品では御座いませんぞ。

そんなこんなで荒天を利用しホイルを組みまくっておりますが、
同時に店頭展示車両の仕込みも4台同時進行で進めております。

明日も引き続き雨降りの予報ですから、晴れるまでは突貫作業でGoGo!
by kaleidocycle | 2017-10-22 20:04 | 商品

アンチクライスト。

c0189724_20175170.jpg

雨の中山道最終ステージを駆け抜け、
京都へ向かっている顧客さんを迎えるべく、
半臨時営業的な展開だった昨日。

あくまで「半」でありますので、
彼らが京都入りするまでは暇。

なのでシンクロ率を高めるべく、
小雨にシットリ濡れながら固定ギアでGo。

c0189724_20175994.jpg
雨が嫌いって人は多いと思いますが、
個人的に雨は嫌いじゃない、というか、
小糠雨くらいが一番好きな天気。


固定ギアなら幾ら濡れても傷みませんし、
掃除も楽々なので雨ライドにはうってつけ。

ツバ付の鳥打帽を被れば、
メガネが雨粒だらけになる事も無いし。

というかヘルメット被れよ!
そんな叱咤の声が何処からか飛んで来そうな気もします。

ワタクシ、一応ヘルメットを持っておりますし被る時もありまして、
別にヘルメットを嫌っている訳でも憎んでいる訳でもありません。
c0189724_20211952.jpg
「ヘルメットを被るのが当たり前、
 ノーヘルはサイクリスト失格!死刑!」

とか無闇に決め付ける奴が嫌いで、
その事で人に喰って掛かる奴など論外、
もっと言えば「それが当たり前」だという、
出所のよく分からない風潮が何より嫌いなだけ。

で、そういった風潮に対して反抗すべく、
ヘルメットを被っていないというのではなく、
必要性を感じないので被っていないだけの事。

憎んだのはキリスト自身ではなく、それを何となく持ち上げ担ぐ大勢だ、
みたいな事をニーチェがアンチクライストに書いてた様な気がしますが、
そういうフンワリした常識に抵抗を感じるというのは今も昔も同じなのでしょう。

キリストが好きなら好きで「やばいよね!キリストって!」と、
好きを掘り下げて行けば良いし、ヘルメットが好きで有用だと思うなら、
「安全だし格好良いし最高だよね!」と同じく好きで居りゃ良いんです。
c0189724_20205852.jpg

ある日突然、世界中のトップ選手が、
「ヘルメットって全然意味無いね」
と言い出したとしてもヘルメットが好き。
そんな狂信的なレベルならば好感持ちます。


良いじゃない、ヘルメット無しでも。
良いじゃない、タバコ呑んでも。
人様にとんでもない迷惑掛けなけりゃ。

こんな事を店のブログに書いても百害あって一利なしです。
ヘルメットに拘りのあるお客さんは来てくれなくなるかもしれないし、
タバコ嫌いなお客さんは来てくれなくなるかもしれないし。

なのに・・・何で書いてしまうんでしょう?
フンワリした風潮がそれほどまでに嫌いだからか?
もしくは選挙前日で「己の意思を表示する」という事が頭の隅にあるからか?

ヘルメットが好きでも嫌いでも無ければヘルメットを被ってみれば良いでしょうし、
ヘルメットが邪魔で邪魔で自転車が嫌いになる位なら放り捨ててしまいなはれ。
まぁどちらにしろ安全運転を心掛け、明日は選挙に行きましょうってな話。
by kaleidocycle | 2017-10-21 21:39 | 無駄

来訪者。

予定通り、来たーーーっ! 
c0189724_20563138.jpg
そうそう、今日はコイツが来る日。
Newオープンプロ!

ガーン・・・。
違うよナーニ君、マビックじゃないし、
リムでもなくて人、アレだよア~レ。

c0189724_20564231.jpg
ピコーンッ!
分かった?呼んで来て呼んで来て!

そうそうコレコレ、SurlyのAlex!


という、子持ちの人にしか理解出来ない、
ナーニ君の話は如何でも良いとして、
予定通りSurlyのスタッフが御来店。

綺羅星の如き素晴らしい商品がズラリと並ぶ弊店において、
彼が写真に収めたのはグゥアテマラ土産のマシモン様人形
気に入ったならて土産に差し上げたい所ですが、贈る方も貰う方も呪いが怖い。

c0189724_20565775.jpg

小雨降る中にも拘らず、
Surly愛好家の方々にお立ち寄り頂き、
お客様・Surly、そして私と三者三様、
それなりに有意義な時間が過ごせたと、
ホッと胸を撫で下ろしている所ですが。


明日は明日でまた遠方からの来客予定が。

時間をかけて準備し、海の向こうから日本の道を走る事を楽しみにやって来た、
そんな紳士が雨の中山道を京都に向かって失踪中疾走中との事。
で、中山道ツーリングのゴール地点として弊店を御指名頂きましたので、
明日の定休日は無かった事にしてゴール待ちの日と定めました。

「雨の中山道、お疲れサマンサ」と労ってあげても良い、
そんな暇な人が居られましたら一緒にゴールに立ち会ってみて下さい。
by kaleidocycle | 2017-10-19 21:20 | 臨時営業・休業

大脱走。

c0189724_2057982.jpg
Formosaのカーボンリムを用い、
自分用のロードホイルを組みました。

ワタクシ如きがカーボンリム、ですと?
豚に真珠とは正にコレ。

しかし世の中何事も勉強です。
触ってみなけりゃ知らぬままですし。

ディープ全盛の今、敢えて20mmハイトのロープロ、
チューブレスがグングン来ている今、敢えてチューブラー、
とは言え幅は今時な23mmというワイドさ加減、良かないですか?

リムを持った瞬間、「あ、やってもうたか」と思うほどに軽い250g/本
しかし捻ったり組んだりしている中で感じる固さは流石カーボン、
チューブラーリムと言えばアルミしか知らない自分にとっては異次元の固さです。

こんなに軽いリムなのに、テンションをバシバシ上げて組んでも全然捩れず、
芯もアルミクリンチャーと同じ程度にスパーン!と出るのは驚愕の一言。

で、TNIのスターハブ&敢えて丸スポークという組み合わせで組むだけで、
前後で1,115gという不必要なまでの軽さを得る事となりました。
c0189724_20575393.jpgc0189724_2058458.jpg



カ、カッチョエエ・・・。
我ながら何と素敵なロードでありましょう、世界一素敵かもしれない。
c0189724_20583087.jpg



c0189724_20583813.jpg
走らせても勿論文句など出る訳無く、
ダラけたオッサンの足でも、
滑る様にスルスルと上って行きます。

下りでギャップをラフに超えても、
神経質さなど一切感じさせず、
普通のホイルと同じ感覚で使えてしまう。


コレが現代というモノなのでしょうか?
そうだとすれば随分置いて行かれた感あり。

c0189724_20593639.jpg
お、すれ違ったのは我が愛車と同じく、
Sunrisecyclesの手による固定ギアを駆る、
現在無職のM氏ではありませんか。

固定は良いね、常時最高性能だし傷まないし、
元気と時間があれば何処でも行けるしで。


アンタ輝いてるよ、良い感じだ。
それに対して俺は・・・欲ボケさ。

大して必要でも無いのにカーボンチューブラーなんかに手を出しちまってよ。
でも堪らねぇんだ、滑る様に走るんだよ、コレに慣れちまうともうダメだ、
元に戻れねぇかも知れねぇ、欲深く罪深いと蔑んでくれ・・・。

おい!そこのシャブ中!神妙にお縄を頂戴しろ!
c0189724_2114499.jpg


いやシャブ中でも無いし、
犯罪者でも無いので、
逮捕される謂れなど一切無い。


しかし自転車と言う鎖に繋がれ、
ペダリングという刑務に励む、
自転車罪人ならば着て頂きたい、
そんなコイツは囚人スーツ


製品版第二ロットが先日上がり、
これにてXXSからXXLまで
ほぼ全てのサイズがインストック。

囚人スーツ  ¥25,800(税別)

此奴は弊店の製品ではなく、知人の手による企画製品でありまして、
本来は専用HPを作成して製品紹介&販売を行う予定なのですが、
未だにHPが出来上がっていない為、取りあえず弊店店頭での販売から先行スタート。

噂によると大阪・天王寺の某店でも扱われるとか扱われないとか。
今後何がどうなるのか五里霧中ですが、何は無くとも囚人ジャージ完成!です。
c0189724_2115951.jpg

そんなこんなで本日18日は終わりを告げ、
明日は19日、大事な大事な19日。

Surlyのスタッフが来てくれる19日です。
行く(19)のに来るとはコレ如何に?

Surlyを憎からず思う方や、
Surlyに物申したい事がある方は
明日午前11時から12時頃にお越し下さいませ。
by kaleidocycle | 2017-10-18 22:29 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧