井戸端監視カメラ



<   2017年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


オカピ以上、キリン以下。

c0189724_19292245.jpg
部品が揃っていないのだけれど、
ちょっとバランス確認したいよね、
と言う事で軽く組み出した此方は、
Straggler650の最大サイズ「58」

700c版よりもホイルが小さい分、
ヘッドチューブが長くなる為、
より大きさが強調されて良い感じです。

c0189724_19293242.jpg
そんな中、「ん?」と引っ掛かったのがコラム長

コラムノーカットの状態なのですが、
10mmスペーサが8枚入っており、
ステムの組み幅が約40mm程度ですので、
差し引きスペーサ10mmx4枚となる予定。


スペーサ4枚、まぁ充分っちゃ充分です。
しかしウルトラオッサンスタイルを目指すとなると、
スペーサ8枚積みなども普通にある訳で、
何か変と言うかおかしいと言うか・・・。

今回のフレームセットに付属して来たフォークのコラムは実測300mm、
対してフォーク単品で売っているストラグラー650B用フォークのコラムは350mm
そう、フレームセットに付属する分はコラムが50mm短かったのです!

c0189724_19294335.jpg

だからどうした?と言われればそれまでで、
コラムが350mmあろうとも、
殆どの場合は使い切る事は無いでしょう。

それでも単品分のコラムが350mmもあるのは、
きっととんでもなくヘッドチューブの長い車両や、
非常識なまでにハンドル位置を上げたい場合、
そんなイレギュラーな瞬間への配慮と言うか、
「ホイ!追加50mmオマケしとくよ!」
みたいな感じなんでしょうかね?

それならそれでフレームセットにも350mmコラム分をつけとけよ、と言いたい様な、
コラムカット作業をせんで良い分だけ楽出来るので有り難い様な・・・複雑な感じです。

ま、300mmのコラムをノーカットで使う事なんて滅多に無いですから、
ハンドル位置をとんでもなく上げようという人のみ御注意あれ!って話。
by kaleidocycle | 2017-03-02 20:03 | 駄情報

運搬車NeoⅡ。

c0189724_16161591.jpg

え~、本日から3月という事でして。

北野天満宮で咲き始めた梅の香りが、
卒業・入学シーズンの到来を感じさせてくれます。


写真屋さんもやる気満々になっちゃうぜ、
そんな様子が看板からも溢れ出しています。

ただこの筆文字が客を呼ぶか否かは不明。


そんな春間近の昨今、新生児の次男が家にやって来た事から、
ワタクシには長男を保育園に送り届けるという任務が課され、
朝から息子を自転車の荷台に乗せてユルユルと漕いでおります。

で、息子だけでなく着替えや布団やも運ぶ必要があり、
改めて「ロングテールって便利じゃないか」と感じ入りますが故に、
実用車としてコストを抑えながら完成度も求めた運搬車Neoを再び組みました。
c0189724_16163534.jpg



c0189724_1617883.jpg
作成後、一日で売約となった一号車と、
根本的には同じ構成なのですが。

今回の二号車はパーツを銀にしたり、
サドルをアンコ多目のVenoにしたり、
タイヤをシュワルベマラソンにしたり、
フロントシフターもつけたりと、
微妙~に仕様を変えています。

c0189724_16175095.jpg
ベース車両は勿論Salsa/Vayaで変更無し。

前輪を前方向にドーンと放り出した、
特徴的なジオメトリはロングテールに最適ですし、
トップチューブの短いスモールサイズながら、
ワイド&ライズなクルーザーバーを合わせる事で、
ゆったり姿勢のまま矢の様に真っ直ぐ走ります。


50km/日くらいの超のんびりペースで、
日本一周とか行きたくなっちまいますぜ。

いや、自分しか乗らないツーリング車両なら他のフレームで組んだ方が好都合で、
コイツはあくまで日常使いの為の運搬車というのが狙いです。

背の低い嫁さんと共用出来る小さいフレームサイズは、
オッサンにとっても「前から足が回し易い」というメリットもあったりします。
c0189724_16181139.jpgc0189724_1618241.jpg



後に子供を乗せた状態で、後ろから足を回して乗ろうとすると、
誤って子供を蹴ってしまうという事も起こり得ますからね、
前から足を回せるのはやはり有り難いと言えるのですよ。

そんなこんなな運搬車Neo二号機、仕様が少し変わった為、
一号機から¥2,000UPの¥××0,000(税別)での御提案で御座います。
後日記:完売!

c0189724_16192118.jpg
¥10万!とか言えたら良いんですけどね、
自転車屋に出来るのは此処等が限界。


あとLeapのベーシックKITは、
これにて完売となってしまいましたので、
今後はバラでパーツを揃える事になり、
同じ内容でも¥6,200増とコスト上昇。

でも要不要をお選び頂く事でコスト圧縮する案も練りますし、
左右ペアでしか販売されていない「U-tubes」の片方バラ売りなど、
出来るだけ多くの方が「ロングテール便利~」と楽しんで頂ける様に努力しまっす!
by kaleidocycle | 2017-03-01 17:15 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧