井戸端監視カメラ



<   2016年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


カル突破。

c0189724_20233226.jpg
 
昨日は朝からモーターサイクル(偽)に跨り、
小雨降る中、一路展示会へ。

まぁしかしバイクで高速道路を走っていると、
アクセル握る以外何もする事が無くてですね、
目的地に着くまで延々考え事をするのみでして、
ただ只管に疑問を自分にぶつけるのです。


「俺・・・何しに展示会行くんやろ?」


c0189724_2023555.jpg
そう、「行くのが当然」みたいな顔して行ってますが、
本当に行く必要がある大きなお店のスタッフが、
横で真剣に注文書を記入しているのを見ると、
95%物見遊山の自分は何とも遣る瀬無い気分に。


勉強だよオッカサン。
と強弁しながら会場をキョロキョロ見て回ると、
イカしたビーチクルーザーを発見。

タイヤは麗しの26x3.0、即ち「26+」ですよ。


先週ラスベガスで開催されたインターバイクでも、大量の自転車用品の中に紛れ、
26+用タイヤやリムや完成車や、はたまた26+化した車両やと、
間違い探し宝探しの様に26+を発掘する事が出来たそうで、
26+の優位性を訴える弊店としては非常に喜ばしい報告を頂きました。


とか、世界の中心の事はどうでも良いとして。
極東の島国では26+フレーム「カルトスター」の生産が遂に上がりましたとさ。
c0189724_20243116.jpg



c0189724_20245735.jpg
初回生産分5本。

こんなトリッキーなフレームが、
5本も天井から吊るされる様は実に壮観。


おそ松君には一歩届かぬ五つ子のカルト、
しかし一本だけはオーナーの意向により、
少しだけ仕様が変わっていたりもします。

パッと見てお分かりになりますか?
もし分かったならアナタは超人です。

答はFメカ&ドロッパーポスト兼用のケーブルガイドが右回しになっている事と、
デバイス用のISCG05台座が追加されている事。
c0189724_20252165.jpgc0189724_20253315.jpg




弊店としては一応の理由があってケーブル左回しのISCG台座無しとしているのですが、
その意図をご理解頂いた上での変更希望であれば何でも承ります。

そういった細々した(本当の意味での)カスタムが簡単に出来るのは国産の強みですし、
もっと言えばこんな世界中見回しても同様品の無いフレームを作れる事もまた。
c0189724_202639100.jpg

さぁさ次は塗装。

好きな色に塗って貰えるのも、
塗装屋さんが居ればこそ。


こうした仕事の積み重ねで、
グッと来る時間を生む、
グッと来る一台が作れる、
そんな状況に今在る事は、
とても幸せな事だと思います。


初回は全て売約となりましたが、
年内か年明けを目処に進めている、
第2ロット計画では小変更は勿論、
次はサイズオーダーなどの、
大幅な変更にも挑戦したいですな。

オーダー頂いてる方、もうチョイでっせ!
by kaleidocycle | 2016-09-29 22:07 | 独自MTBフレーム

10月の営業予定。

c0189724_19315542.jpg





10月の営業予定は上記の通り、黒丸が休業日となります。

日本では古来、長袖を出し始める季節という事で10月の事を「長月」と言いました。
などと言う関係性は100%嘘ですが、長袖が必要となるのは確かな今月、
寒暖の差に怯む事無く元気良く走りに出ようではありませんか。


そんなこんなで今月もよろしくお願いいたします!
by kaleidocycle | 2016-09-28 19:49 | 今月の営業カレンダー

忘備。

店頭暇つぶし用の本の中で、最もインパクトが強いと思われるのが此方。

ジェフリー・ダーマーとかアンドレイ・チカチーロなどといった、
稀代のサイコパスによる犯罪を纏めたモノで、まぁ内容の事は良いとして。
これ・・・子供用書籍の棚に並んでたんですよね。
c0189724_16171380.jpgc0189724_16172470.jpg



見開き右には簡単な説明文、左には図解と子供にも分かり易い様に配慮され、
内容が「スラスラ頭に入る」というのも、あながち嘘とは思えません。

って、スラスラ頭に入れなくてよろしい。
小学生の子供とかがね、ヘンリー・リー・ルーカスの話とか読んでね、
謎の殺人秘密結社「ハンズ・オブ・デス」の事とか知って、信じてしまって、
「俺!ハンズ・オブ・デスに入る!」とか言い出すと大変ですよ、ホントに。



大人になれば頭に入れるべき事はドンドン増えるのですから、
こんなモンがスラスラ入って来ると、その分大事な事の行き場が無くなります。
 
ワタクシも次々入荷するリムのストックについて、何が何本あるのか?
分かる様で分からなくなって来ましたので、倉庫の整理に乗り出しました。

コレが此処、コレも此処、この箱は・・・空き箱か。
とやっている内に、「あ」という様な箱を発見&再確認。
c0189724_16175150.jpg



c0189724_1618079.jpg
忘れていた訳ではありませんが、
箱を開けて店頭に吊っとくのも勿体無く、
未開封のまま保管していたモノ。


その中身は?
昨年10本限定で国内販売された、
Giantのシングルスピードシクロクロス、
TCX SLR-SSのフレームセット。

しかも日本国内では最もニーズが多いであろう、
トップ530mmのSサイズであったりもします。

SSCXシーンで活躍するアダム・クレイグのシグネーチャーモデルとして、
Giant‐USAから2014・2015・2016と3シーズン発売された、
超好戦的シングルシクロレーサー「TCX-SS」ですが、
米国GiantのHPを見る限り、2017モデルとしてはランナップされていない模様。
c0189724_16214721.jpg



c0189724_17344476.jpg
此処までフルスイングしたSSCXを、
「製品として出して来た」という事実は、
ラインナップから消えた今振り返ると、
まるで冗談か夢の話の様にも感じます。


2016モデルという事で型落ちになりますが、
型落ちセール対象とするなぞもってのほか。

いつか必要とする方が迎えに来てくれるまで、
箱を開ける事無く、大事に保管しておきましょう。

Giant  TCX SLR-SSフレームセット Sサイズ   ¥145,000
(フレーム・フォーク・カーボンアクスル・ヘッドセット・シートポスト)

後日記:完売!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」までお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2016-09-27 18:06 | 商品

チャレンジ・ジョイ。

「ホイール」が秋の季語である事からもわかる通り、秋にはホイル需要が高まります。
といった様な事はある訳も無いのですが、此処数日毎日ホイル組んでます。


そんなホイルの中の2本をポンポンと組みつけられた、此方のSurly/Straggler
c0189724_1750176.jpg


特に目立つ外観特徴は無いモノの、コンポは7000SLXで統一して質感高く、
グラベルキング40cのムッチリとしたフィーリングも合わさり、現代的にして道具的。
c0189724_17501092.jpg
リーズナブルにして完成度の高い、
1x11対応コンポのSLXですが、
純正チェーンリングは最大34tまで。

ストラグラーに34tは軽過ぎます。
が、登山が趣味のオーナーからは、
「花背が登れる様に」との要望があり、
それを思うと34tは案外正解のはず。

と、この様に使い手の希望に応じて構成して行けるのは、
フレームから組む事の面白さであり、最大のメリットでもありましょう。

対して完成車のメリットは部品一点一点の手配をかけずとも「すぐに手に入る」事と、
フレームから組む事と比べると「安価な場合が多い」という点ではないかと思います。

しかし安価な場合が多いというのは「構成部品が同じなら」という条件ありきですので、
例えばストラグラー完成車¥235,000に対し、今回のSLX仕様は20万以下だった様に、
フレームから組んだ方がニーズに合う&コストが抑えられるという場合もあります。



さて此方、Surlyの2017ラインナップに登場したクロスチェックの完成車。
フラットバーに1x9コンポで¥135,000と「まず乗って下さい!」という感じの一台。
c0189724_17504048.jpg



c0189724_1751575.jpg
価格は確かに圧縮されていますし、
拡張性の高いクロスチェックですから、
乗りながら自分の使いやすい様に、
徐々に変えて行くのも良いでしょう。

ただ構成部品を細かく見て行くと・・・、
「悪い」とまでは言わんですけど、
「ん~、コレかぁ~」みたいな感じで。



「あと数万足したら、数段優れた構成で組めますよ!」と言うのは簡単。
しかし¥135,000、¥135,000・・・ギリギリ何とかなるんと違いますかね?
c0189724_17512842.jpg



c0189724_17514028.jpg
そんな意味の無い完成車への対抗意識から、
完成車と「同じ系統」を「同じ予算」で組むという、
暇つぶし的チャレンジを始めてみました。


百円でもコストを抑える為、冷徹に削り捲くります。
が、「いや此処は抑えてもしれてるやろ」と、
捨て切れないお肉をついつい盛ってしまう。

それを何度も何度も繰り返した結果・・・、
¥135,000の壁が結構そこまで見えて来たぜ。

c0189724_17515320.jpg
メーカー完成車と同じ予算で、
より軽くより丈夫でより修理し易く、
そしてより良く走る一台を作る事が、
シマノの国・日本なら出来るという所を、
いっちょ御覧に入れたいと思います。

欲する部品の一部が生産待ちの為、
完成するのは10月下旬となりそうですが、
急いでいない方は是非ご検討下さい。

Surly CrossCheck(海賊版完成車)  予価¥135,000
by kaleidocycle | 2016-09-26 21:02 | 商品

さよなら三角。

c0189724_20114377.jpg

過去の良き日を思い出す際の感情をして、
「甘酸っぱい」と表現するのは何故でしょう?

ただ甘いのだけでなく舌刺す酸味も伴う味覚、
そう、過去はただ甘いだけの日々であった訳も無く、
常にチクチクとした酸味が混じっていたはずなのです。


で、自分の中高生の頃などを思い返してみると・・・、
ん?酸い!というか苦い!甘さは一体何処に?

タレントの坂下千里子さんと中高共に同窓ながら、話した事は1~2度しか無く、
更に高校は3年生で留年した為、卒業アルバムを二冊持っているという、
やや残念なワタクシの青春時代の話は、また今度呑みながら聞いて頂くとして。


知人からかなり甘酸っぱいMTBを預かりました、DekerfのTeam-STです。
c0189724_20121919.jpg


c0189724_20124755.jpg
カナディアン・スチールバイクビルダーとしては、
相当有名なクリス・デカーフの手によるモノですが、
日本では一時マム&ポップスさんが、
代理店をされていた位だと記憶しているので、
「知らん」という人の方が多いかもしれません。


しかし知っている人にとっては、
このソフトテールを見ただけで「デカーフ!」と、
元気の良い反応を返して頂けるのでは?

此処見てるだけで甘酸っぱい気持ちになります。

c0189724_20125877.jpg
ステー集合部のウィッシュボーンは、
決して飾りなどではなく必要の結果。

またソフトテールでは割れ易い、
BBとチェーンステーの接合部には、
小さなリブガセットが入っており、
「流石ソフトテールのデカーフ!」
と思わず唸ってしまう造作です。


c0189724_20135323.jpg
まぁそんでこのデカーフの元オーナーは、
自転車を愛するカナダ人でありまして、
永く日本に住み、自転車で走り捲くっていたのですが、
ひょんな事から中東に引っ越して行く事になり、
彼女の愛車の多くを整理する必要が出ました。

その内の一台が今回のデカーフで、
ワタクシが譲り受けた訳ではなく「ある条件の下」、
次のオーナーを探してくれ、との依頼をうけたのです。

その条件とは「沢山乗ってくれる人」

c0189724_2014347.jpg
一見すると簡単そうな条件ですが、
相手はそれなりに旧い、一種の旧車です。

「MTBが欲しい!」と喰いついた所で、
今のMTBと比べれば能力の差は元より、
維持して行く労力もまた相当な差があるでしょう。

ソフトテールは確かエラストマーではなく、
金属バネだったのではないか?と記憶していますが、
それらの補修部品を探そうとなると、
手配なり流用なり全て自力で頑張らねばなりません。

「欲しくて欲しくて憧れた・・・」という人や、「昔乗ってたなぁ、懐かしい」という人等々で、
もう一度乗ろう!と思われる方が居られましたなら、如何でしょう?継いでは頂けまいか?

ただ勝手に条件をつけさせて頂くなら以下の様になります。
1、自分で全てのメンテナンスを出来、それ以上の事もやる覇気がある。
2、部品が壊れたからといってすぐに投げ出してしまわない。
3、約束ではないですが、手放す気は無いという気持ちを持てる。
4、折れる日まで沢山乗ってくれる。

やり取りするのは金銭ではなく情熱なので、お代は¥0です。


サイズはシートが約16インチで水平トップ約575mmとド定番サイズ。
もう1サイズ大きければ自分で乗るんですけど残念ながら小さい。

自分が乗るならそうねぇ・・・フォークはAMPか?いやAMPでは旧過ぎるか?
ハリーキャットとかは?逆に新し過ぎるから、やっぱベタにSIDな。
クランクはタービンの5アームでコンポは95XTR?いやいやSramでハーフパイプやろ・・・。

と、妄想が加速しはじめたアナタ!同業者でもかまいません!応募されたし!


後日記:飼い主決定。
by kaleidocycle | 2016-09-24 21:44

リム肥え太る秋。

c0189724_1934650.jpg
遠方の方に試乗して貰うべく行脚に出て行き、
帰って来たと思ったらまた出て行く、
そんな「男はつらいよ」を彷彿とさせる動きをしてた、
カルトスターがやっと手元に落ち着きました。


人様に貸し出している中で、
知らぬ間にチタンフレームにすり代わっている、
そんな事もあり得るのではないか?と思い、
磁石を近付けてみた所・・・つきました。
残念ながら鉄のままの様です。

c0189724_19343683.jpg
そんなカルトを再び乗り出すにあたり、
新たに入手した重要部品をインストール。

「おぉ、シングルが多段化されてる・・・」
って違いますよ、いや、違う事は無いか。

でも多段化はオマケでありまして、
より重要な点を示す文字に御注目。

そう、26+にアンテナ張ってる方ならきっと御存知であろう、
Stan'sのプラス規格用ワイドリム「Hugo52」の26インチ版が届いたのです。
c0189724_19345220.jpgc0189724_1935638.jpg



c0189724_19354746.jpg
まずはリムをじっくり眺める。

などと言う工程は必要無いので、
お道具箱からハブを発掘して即組む。


組み終わればチューブレス用テープを、
ぐるり一周巻いて準備完了。

c0189724_19355947.jpg
しかしホイル側がチューブレス対応とは言えど、
履かすタイヤは普通のチューブ用タイヤである、
SurlyのKnard3.0ですからシーラントは必須。

そこで取り出したるはStan'sのレースシーラント。
通常のシーラントに比べ、有効成分2倍、
そして粒々の大きさも2倍という、
まるで健康食品のラジオCMみたいな一品。


つまり強力にエア漏れを防いでくれるのです。

c0189724_19362812.jpg
そんなシーラントをダバーっと入れて、
コンプレッサーでビードを上げてやります。
パン!パンパン!

ブジュジュジュジュジュジュ・・・・。
タイヤの其処此処からシーラントが噴出し、
不安感はアクセル全開ですが、
「効能二倍」を信じて放置&寝る。



c0189724_19371676.jpg
そして今朝。

恐ろしい事に全くエア圧が下がっていません。
効能二倍は伊達じゃありませんね。

ただフレンチバルブでレースシーラントを使うと、
バルブ口をシーラントが埋めてしまうそうなので、
皆様もお使いの際はご注意あれ。


んでHugo52&チューブレス化はどないだ?

c0189724_19375779.jpg
47mmリムから52mmのHugoになった事で、
当然の如くエアボリュームは増しまして、
タイヤの実測幅も77mm⇒79mへとアップ。

にも拘らず漕ぎも転がりも軽い軽い。

シングルスピードを11速に変えた事や、
それに伴いクランクも変えている事、
エンドも142mmスルーに変えている事など、
変化を暈かす様々な要素があるとは言え、
それでも以前よりも相当よく転がります。

そして同時にフィーリングがかなり固くなった様にも感じ、パンと張った印象を受けます。
チューブドで乗っていた際と同じ1.2気圧からスタートしたのですが、
思わず「ホンマに1.2か?」と何度も計りなおしてしまう程に。

これはリム幅の広さと同時に、穴あきリムから穴なしリムに変えた事が原因でしょうな。


c0189724_19382110.jpg
アプローチや林道の上りは良いとして、
下りならもっと圧下げた方がよかろうと、
ピークでプシューっとエア抜きます。

こんなモンか?と走っては抜き、
また走っては抜きと少しずつ下がる圧。

今・・・何気圧?

店に帰ってから計ってみると、0.7~0.8気圧といった所まで下げてました。
それでもなお、しっかり感があるのは流石流石って話ですが、
フンワリした乗り味を好む方は、やはりもう一回り細いリムか穴あきリムの方が良いかと。
c0189724_19383190.jpg

反面、漕ぎの軽さはやはり圧倒的ですし、
パンクリスクの低減というのも大きな魅力。
また重量もコストも抑えられるという事で、
新しい26+リムの選択肢として光る一品ですな。


国内代理店の扱いが無い商品ゆえ、
弊店にチョロっと入荷しただけの今回。

販売分は2ペアのみですので気になる方は是非。

Stan's Notubes Hugo52 26inch ¥15,000(税別)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」までお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2016-09-22 21:30 | 独自MTBフレーム

ファサッとな。

c0189724_2133721.jpg
9月も後半戦に差し掛かりまして、
遂に「寒い」という言葉が吐ける様になりました。

いやぁ~、もうパンツ一丁にタオルケットでは、
寒ぅて寒ぅて寝てられませんね。


昼前まではその冷たい空気も残っており、
店に向かう際には、パーカーを引っ掛けて出動。

玄関先にこういった羽織り物を一枚吊っておき、
出しなにパッと手に取る、そんな季節到来です。



という訳で本日は弊店秋物一番乗りのサイクルジャケットをご案内。
・CCP サイクルジャケット ¥23,000(税別)
c0189724_2142276.jpgc0189724_2144722.jpg



弊店が推す衣類は総じてそうですが・・・地味です。
ハンガーに吊っているだけでは何のこっちゃよう分からないかと思いますが、
よく見て頂くとフロントのジッパが中心より右にオフセットされており、
シンプルながら微妙にクセのある印象を残す一着ですな。
c0189724_215646.jpg

生地は、触った人が皆口を揃えて、
「ウール混?」と聞く手触りながら、
PEベースの化繊100%でストレッチ性に富み、
汗の抜けも早いし洗濯に気を遣う事も無し。


また前身頃には防風の為の裏地がついていたり、
密かにサイドエントリーのバックポケットがあったりと、
自転車で生活する人にとってのツボを抑えています。

c0189724_2153041.jpg
「デザイナーである前にパタンナー」
そんなCCPの製品ですから、吊ってて地味でも、
袖を通せば見紛う事無きCCPらしさ全開。


朝晩の移動や、休日のサイクリングは勿論、
チョイと素敵なあの娘とのデートや、
堅苦しくない関係の仕事場程度まで、
取り合えず一枚羽織っておけば何とかなる、
そんな地味だからこそ光るこの一枚。

きっと肌寒さを喜びに変えてくれる事でしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」までお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2016-09-21 21:43 | 商品

敬老。

c0189724_20181743.jpg
本日敬老の日という事で、
お年寄りが来ればジャンジャン敬いたい所ですが、
「現代における年寄り」の線引きって難しいですね。


例えば60歳は年寄りか?
自分の周りの60歳を思い浮かべて、
「年寄り」という名札を貼ってみると・・・確実に違う。

じゃぁ周りの70歳を思い浮かべてみると!
そもそも70歳の知り合いが居ませんでした。

c0189724_20182633.jpg
年寄り・・・年寄りねぇ・・・。

そんな事を考えながらホイルを組んでいると、
やや年寄りっぽいMTBが迷い込んで来ました。


あぁ、あぁ、こんなに埃だらけになって、
じいちゃん背中を流してやるよ、
どれ、ゴシゴシゴシゴシ・・・。

ワシはまだ現役じゃーっ!


そんな懐かしく甘酸っぱいDekerfのTeam‐STについては後日改めて。
by kaleidocycle | 2016-09-19 23:15 | 無駄

オロナイナー注意書き。

c0189724_13384161.jpg
モワッと湿気った日曜日。

サンデーなのに太陽は見えず、
パラパラと静かに雨が降ります。


こんな日は悩みますね。
MTBで走るとトレイル傷めるし・・・、
ロードで走ると車体汚ったなくなるし・・・。

でもパーッと走りに行きてぇなぁ!

そんな一ヶ月に何度あるかというレベルのニッチを埋める為、
今年組んだグラベルロード「Niner/RLT9」、最近集中してコレばっか乗ってます。
c0189724_13391674.jpg






「足短いな!オイ!」とかそういった事はさて置き、
乗れば乗る程に己が体に、そして己が自転車生活にフィットして来とりますです。
c0189724_13403061.jpg

何は無くともディスクブレーキの恩恵はデカい。

ブレーキは油圧なので指一本で強弱自在、
雨の中であっても異音も制動力低下も無く、
晴れた人同じ様にスッと効いて便利至極。


MTBと同じく水の事を気にせず走れるってのは、
実に気が楽で、コレだけでも値千金ですが、
それでいてロードバイク的な快走感もある
これがグラベルロードで御座いますよ。

c0189724_13403954.jpg
ただ、安定性を重視したグラベルロードゆえ、
極低速ではハンドルが少々切れ込み、
状況によっては「おっとっとっと」となりますが、
その反応に慣れると美点の方が目立ち、
荒れた路面でハンドルから手が弾かれても、
ひぃ!と怯える事は殆ど無い安定感にうっとり。


速いペースのコーナーでギャップを踏んだ際、
クラっとお釣りが来る!かと思いきや来ない
これは正に現代的な前周り剛性の成せる業。

c0189724_13412862.jpg
林道走るならMTBの方が有能なのは当然ですが、
プラプラ走って行った先で出くわした林道に、
臆する事無く突っ込んで行けるのは有難い。


現在は32cのサンドパターンタイヤなので、
路面が濡れているとおっかなびっくり。
しかしRLT9はなんとMAX45cまで呑めるので、
タイヤ選択によっては、もう一歩MTBに近付けそう。

でも32cの快走感は捨て難い・・・贅沢な悩みです。

その様にしてオン/オフ混ぜこぜにして走っていて感じるのは、
RLT9は見た目こそゴツいモノの、案外優しい乗り味であるという事。
タイヤのフィーリングが良過ぎて、車体のインショメーションが明確では無いのですが、
ガチガチ高剛性のMTBである様な、タイヤで殺し切れない突き上げ感は一切無し。


そんなマイルドな乗り味なのに、踏めばキュッ!とレスポンス返してくれる、
これは大径BBとスルーアクスルのエンド、そしてそれらを繋ぐ角材ステーの協調か?
不思議です、実に不思議な乗り味です。
c0189724_134156100.jpgc0189724_1342921.jpg


c0189724_1339542.jpg
雨の中を走るのが好きです。
霧が出ていれば尚更素晴らしい。

こんな悪天候の中でもスイスイ走れ、
それでいて不安や怖さは微塵も感じさせない、
いや~、怖いモノ無しとは正にコレ!


と、うつつを抜かしながら走っていると、
モジャった髪の毛の中で何かサワサワします。

何や?汗が垂れたか?と思い手をやると・・・。

痛った~っ!痛い痛い痛い痛い!
どうやら髪の毛の中に蜂が紛れ込んで、頭皮を刺された模様・・・。

適切な対処方法がよく分からないので、とりあえずオロナイン軟膏でも塗ろうと、
壺を取り出し何気なく説明書きを見ると「虫刺されには使用するべからず」の文字が。


何にでも使えると思い込んでいたオロナインですが、虫刺されにはダメだそうです。
同じく何でも使えそうなRLT9ですが、その寝たヘッド角によるハンドリングを思うと、
シクロクロスでは能力を発揮しなさそうな気がしますので、
シクロメインで使おう!という方はもっと鋭い車両の方が良いかもしれませんね。
by kaleidocycle | 2016-09-18 21:03 | 商品

2017見聞録 その4。

c0189724_18542946.jpg

まだ展示会の話は続きます。

今年は天満橋OMMビルにて、
多くの代理店さんの展示会が、
同日纏めて開催されるという事で、
物量の嵐に呑まれる様な状況。

右見ても左見ても自転車自転車自転車・・・迷子になった~・・・、
何か「今此処!」という目印はないモンかな、っと。
c0189724_18553168.jpgc0189724_18554446.jpg


そうそうこれこれ、こういう分かり易いのがあれば現在地は瞬時に把握可能。
って、何ですかこの飛び道具感満載の一台は。

車両重量4.18kgってどんなよ?と持ち上げました。そして瞬時に手を離しました。
電撃的に軽くてもはや怖いというか気持ち悪いというか・・・、
黒板をキーッて引っ掻かれた時に「アワワワワ」ってなるのと似た様な気分になります。
皆さんもイベント会場などで見かけたら是非持ち上げてみて下さい。コレは強烈です。


c0189724_18563677.jpg
そう、展示会とは商談の場であると同時に、
普段縁遠い商品を見れる勉強の場でもあるのです。


コレなんか良さげではありませんか、
Fouriersの8000XT互換の楕円リングです。
¥5,900と抑えられた価格は有り難いですし、
シマノには設定の無い36tが選べるのもグー。

ただスタビ付のリアメカと楕円リングを合わせると、
半回転毎にスタビを動かす負荷が掛か・・・
らないのでしょうか?気になる所です。

c0189724_18571873.jpg
そういった疑問は、使って経験する事、
その事でしか消せないのではないかと思います。

故に「電動コンポって如何よ?」と、
ワタクシの様な場末の自転車屋に聞いても、
「え?うん、何か・・・未来っぽかった」
という阿呆丸出しの答えしか引き出せません。


「動け」と念じてシフトレバー押すとですね、
「ウィ!」っつって動くんですよ!凄くないですか!
フランス語を喋るとは・・・恐るべし電動コンポ。

まぁそんな電動コンポ、良いの悪いのといった議論よりも
好きか好きじゃないかという議論の方が多い様な気がします。

多分良いモノなんですよ、使った事無いですがきっとそうなんでしょう。
そうであるとするなら今後はドンドン電動が一般的になり、
「チョッと良い感じのコンポ」を選ぶと電動しか選択肢がなくなる
そんな未来がやって来るかもしれない訳ですから、
電動はその時に使えば良いんじゃないか、という「保留」がワタクシの答です。

こういうのを何て言うか御存知か?「負け惜しみ」と言うのですよ。



反対に「今掴むべき未来」みたいな印象を持ってしまうのが「メトレア」
c0189724_18591952.jpgc0189724_18593068.jpg


宇宙刑事ギャバンというか三菱スタリオンというか・・・、
80年代過ぎて滅茶苦茶格好良いと感じてしまうのですが、
じゃぁコレをどんなフレームに乗せれば似合うかと言うと凄い難問。

メトレアが似合うフレームを一から作り出したい!と思ったりもしますが、
そのフレームが出来上がった頃にはメトレア廃盤となってそうな匂いも。
とりあえずクランクだけは買って置かねばならんですな!出来ればホイルセットも。



「今買って置かねば!」という言葉は弊店の推す26+のタイヤにも言える事なのですが、
その心配を消す方向に動いてくれているのが「WTB」

Surlyに続く26+規格タイヤ「Ranger」が展示されていないか、と期待しましたが、
生憎、国内代理店さんとしては扱いラインナップに入れない様で現場には無し。
c0189724_196815.jpgc0189724_1963210.jpg



しかし日本国内では秘密の地下組織「26+委員会」により、
今月か来月辺りには初回便が入荷する予定。同士よ!立ち上がれ!
あと、パナレーサーさんも是非前向きな御検討宜しくお願い申し上げます。

c0189724_197112.jpg
しかし一時は「もう潰れたの?」なんて言われ、
パッとした動きの無かったWTBですが、
最近は過剰なまでに活発ですね~。

MTB用のオフセットリム「Asym」なんて、
痒い所に手が届くナイスな製品もありますし。

29mm幅は普通のトレイルバイクに、
35mm幅はセミファットにと、
「今」な感じで使えてしまうアシムは、
どんどん定番化して行く事でしょう。



そんなWTBの横に並んでいて気になった工具「Airsmith」のVelocity8。
c0189724_1974691.jpgc0189724_1981445.jpg



シンプル&スマートな携帯工具ってのは色々ありますが、
此処まで振り切った製品は他に見た事が無い様に思います。

この携帯性と美しさで¥3,700は安いと言えるのでは無いでしょうか?
問題点を挙げるとするなら・・・弊店での扱いが無いという事でしょうかねぇ。


え~、そんなこんなな展示会の話、まだ続きます!
by kaleidocycle | 2016-09-17 21:19 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧