井戸端監視カメラ



<   2016年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


無いもの、ねぇダーリン。

c0189724_1521471.jpg
先日熱を出し臨時休業してしまった分、
定休日たる昨日は密かに開店、臨時営業。


ただ本来定休日である上、ド平日の月曜日、
誰も来ません、パンク修理さえ来ない。

しかしこんな誰も来ない日だからこそ、
雑音御免でイメージ構築に集中出来る訳で、
「現代の還暦を飾るに相応しい一台を誂えよ。」
という指令に基づきBike-cadでパチパチパチパチ。

フルオーダーというのは夢想・妄想の具現化でありますので、
欲しいと思う要素は何でも盛り込んで行く事が可能。
ですが、盛り込むばかりではバランスがてんやわんやになる事必至。

フルオーダー車はオーナーがよければ全てよしなのでありましょうが、
コレが定型物となると不特定多数のユーザーに納得して頂く必要がある訳で、
まぁ・・・メーカーさんというのはえらい仕事をしているモンだなぁと遠い目をしますです。


c0189724_15215512.jpg
さて、そんなメーカーさんの新型車両、
2017に向けて今もパチパチやっている事でしょう、
・・・と言いたい所ですが、んな訳も無く。

2017モデルの仕込みなどとっくに終わっており、
「まだ公開しちゃイカンぞえ」という約束の下、
密かに自転車屋のオッサンだけ知っていたりも。

この「公開すんなよ」はダチョウ倶楽部における、
「押すなよ」というのとは意味が違い、
リークすると本気で怒られるヤツです。

んでまぁ、そんな資料を2017シーズンの足掛かりとして色々思い悩む訳ですが、
資料をペラペラ捲っている中で「ん?」となる事が二種類あります。

1つは「新型車について」、そりゃそうですね、普通です。
そしてもう1つは「消えている車種について」、つまり廃盤車種の件であります。
c0189724_1547195.jpg

例えば2017SalsaCyclesで驚いた点、
El-Mariachiが遂に退役となるそうな

現Salsaを今の地位に押し上げた立役者、
スマート&スポーティーな鉄29erとして、
根強い人気を誇ったエルマリアッチですが、
2017ラインナップにその名は無くて。

これにてSalsaからクロモリMTBが消滅すると言う事になる訳で・・・少々寂し。


c0189724_15474153.jpg
また此方も「ん?」となって何度も探した、
けれどやっぱり見付からなかった、
29+の足を持つウルトラモンスタークロス、
Dead-woodもいきなり除隊です。


個人的には「とてもSalsaらしい」一台であり、
今年一番注目に値するニューモデルだったのに、
な・・・なぜだ~!って理由は知ってるんですけど。

日本に入って来ているのは確か5台のはずなので、
見つけたら幸せになるラッキーバイクと化すやも。

1台見かけたらラッキー!今日一日幸せに過ごせます。
3台見かけたら超ラッキー!今すぐ宝くじを買いましょう、1億円当たります。
6台見かけたら・・・死ぬんと違いますかね?


c0189724_15221178.jpg
とまぁその様な事でですね
エルマリアッチが気になる人は今の在庫がある内に!

デッドウッドはどうなんでしょう?
そもそも本国から取寄せでの対応でしたから、
本国在庫があれば、という話ですね。

完成車価格約¥40万という価格はそりゃ高価です。
しかし似た様なモノをオーダーで作るにも、
特殊過ぎてジオメトリ読みきれんですし、
フレーム&フォークだけで¥40万位飛びそう・・・。

「あぁ~!欲しかったのに~!」と手に入らなくなってから嘆く事にならぬ様、配慮召されよ。
by kaleidocycle | 2016-05-31 20:18 | 駄情報

情報サーフィン。

40時間ほどの仮死状態からムクリと起き上がった空井戸サイクルです。

「あ~、昨日一日穴あけちまったな~」という後悔を抱きながらの出勤途中、
偶然擦れ違った知人が言うてくれました、「風邪ひいてたらしいね」と。
お・・・おん、よう知っててくれたね、あんがと。
c0189724_19485672.jpg

店を開け、ご来店頂いたお客さんも言うてくれます。
「食中毒で寝込んでたらしいね」と。

え?チョッと違うけど・・・まぁ似たようなモンか。


この様にして、何なと情報が伝わるというのは、
情報網が発達した現代社会が故でありましょう。

便利です。実に便利です。

が、昨日お越し頂いたのに「閉まっとるやんけ!」となった方も幾名様かは居られるはずで、
そういった方々には大変申し訳無く・・・御詫びのし様もありません!
と言いたい所ですが缶ジュース奢る位で勘弁して下さい、スンマセン。



まぁそんな情報飛び交う現代社界、もとい現代車界ですから、
此方のムービーは多くの人がチェック済みであろうかと存じます。

弊店もお世話になりっ放しのワークショップモンキー今泉氏の御子息、
ヒロさんのライディングですが、見ているだけで実に気持ち良いですね~。


c0189724_19495694.jpg
このムービーが公開されて約1ヶ月、
コレを見て「やだ、モンキー欲しい♪」
となっている人も居られる事でしょう。

ええ、そうでしょうそうでしょう。
弊店天井からも吊られておりますが、
吊ってる姿を見ているだけじゃなく、
乗ってナンボですから是非是非。

c0189724_195072.jpg

などとヤンワリ構えておったのですが、
先日、モンキー今泉御大に御来店頂き、
弊店オリジナル26+フレームについて、
御意見などを頂いている中でポロっと出た言葉が。

「そういえば・・・ST7の440、完売しました」


え?残り何本とかじゃなくて?
ちょっとノリさん、何で早く言わないんですか!

c0189724_19501579.jpg
「いや・・・まぁ別に良いかな、と思って・・・。」

全然良く無いですよ!重要事項です!
じゃぁ410の方は何本あるんですか?

「・・・2、3本、くらい?」

それってウチが預かってるコレ含めて、ですよね?


え~という訳で業務連絡です。
ST7の今回生産分、完全消化間近の模様。

情報発信元が発信しない事には誰も情報をつかめるはずも無い、
コレは正に情報化社会の盲点と申せましょう、恐ろしい事です。


因みに今後も機会を見て生産する「積もり」はあるそうなので、
おおらかにユッタリと構えて待てる方はケセラセラ気分でお待ち下さい。

が、反対に「いやいや今年には乗りたいんやけど」という場合は、
弊店が御用意出来るのはもう440・410其々1本づつになりますので、
ヘソクリ・カァチャン・ヤフオク口座などと御相談の上、御検討下さい。
by kaleidocycle | 2016-05-29 21:06 | 駄情報

シンクロ実験。

c0189724_2094537.jpg
今週頭から息子が熱出しまして、
夜はケポンとゲロ吐いたりと、まぁしんどそう。

しかし「お腹が痛いのか?」「胃が気持ち悪いのか?」
などなどの症状を言葉で伝える能力が未発達ゆえ、
「楽になる為の適切な対応」が検討つかんのです。


これは・・・秘儀・シンクロを使うしかあるまい。

と言う事で息子がふざけてピュ-と吐き出したお茶を、
そのままコップに掬い、飲むべし飲むべし飲むべし!

秘儀の効果は早速今朝あらわれ、走りに行き帰って来ると頭がグラグラします。
見事息子の風邪をシンクロ共有できた模様、成功です。


これで息子の症状を緩和させる具体策が見つけられるでしょう、
ただ風邪の症状が予想外にパワフルで、今日は開店休業・店の床で寝こむという事態に。

明日もアカンっぽいので、勝手ながら明日28日(土)は臨時休業させて頂きます。
by kaleidocycle | 2016-05-27 20:33 | 臨時営業・休業

ムースーロー(小盛)。

c0189724_17105741.jpg

こんにちは、空井戸サイクル(2月生まれ)です。

「夏生まれは暑さに強く、冬生まれは寒さに強い」
そんなレッテル貼りが正しいかどうか知りませんが、
少なくとも冬に寒い寒いと文句を言わない様、
自分を律しているつもりのワタクシですから、
今だけは胸を張って言わせて頂きましょう。


蒸し暑~い・・・。

走って額から垂れる汗が目に入れば「痛ひっ!」と悶え、
息子の頬っぺたを舐めては「塩辛~い♪」と舌鼓を打つ。

いや、味わいの件は置いとくとして、目にしみる汗の件は真剣に対策を練るべきで、
額から垂れる汗が目に入り続けた結果、結膜炎を引き起こし、
やがて失明という恐ろしい事態に陥らん事も無い事も無い。つまり有り得ない。


けどまぁ蒸れ難い汗止めって嬉しいよね、という事で例年大人気、
CCPのメッシュキャップが今年もまたやって参りました。
c0189724_17111214.jpg



CCP クレープメッシュキャップ ¥3,900(税別)
c0189724_17112231.jpg

別注モデルと言う事で4月に販売した、
巨頭サイズ対応メッシュキャップよりも、
より薄くて軽いメッシュ素材で出来た此方。

というか3年前に販売された、
初代メッシュキャップとほぼ同じ、
即ち一番薄い部類に入るアレです。

c0189724_17113389.jpg
前述した通り、弊店周りには今春に、
巨大サイズVerをバラ撒きましたので、
今回はパスで良いかな~とも思っていましたが。

電話口でCCPさんが言う訳ですよ、
「今回のは良いサイズ感で上がって来てますよ」と。


良いサイズ感・・・弊店における良いサイズ感とは、
其れ即ち「デカい」という事を意味する訳で、
急遽手配&被ってみると・・・うむ、良いサイズ感だ

c0189724_1711425.jpg
頭囲60cm超のフルサイズ頭骨に加え、
散髪など一切行かず伸び放題の蓬髪、
そんな自分でも被れています。

いや、何なら余裕の皺も出ています。

逆に言うと頭が普通サイズの人や、
坊主頭の人が被って走るとなると、
風圧で吹っ飛んで行くかもしれません。

そんなサイズ感ですので、頭のデカい人には夏の定番サイクリングキャップとして、
頭のサイズが普通の人には、蒸れ難いヘルメット下の汗止めとして御用命頂ければ幸い也。
by kaleidocycle | 2016-05-26 19:12 | 商品

グロウイナップ・グローブ。

c0189724_2042459.jpg

一昨日から連日30度超えの真夏日となり、
「ぼ・・・盆地が牙を剥きはじめやがったぜ」
と、人生40回目の戦々恐々体験中です。


なのに手元には暑苦しげな革手袋

・・・暑苦しいですよねぇ、我ながら暑苦しい。
使い始めた時は思いもしませんでしたよ、
まさかコレが夏のメイングローブになろうとは。

c0189724_2043464.jpg

甲側はパンチングメッシュで、
通気性を確保、出来てるのでしょうか?

正直よく分かりませんが、
少なくとも蒸れるとか暑いとかいった、
不快感を意識した事はありません

以前、通気性が最高に良いというハイスペックグローブを使ってみましたが、
アっと言う間に使わなくなり、人様に差し上げるという終りを迎えました。

自分にとって通気性の高さはそれほど重要ではなかったのか?
それともこのレザーグローブが結構通気性良いのか?どうなんでしょうね?
c0189724_2044263.jpg

本当に暑くて暑くてどうしようもなくなったら、
多分グローブをしない、という選択をするでしょう。


しかしその直前ギリギリまで使いたいと思うのは、
この革素材ゆえの絶妙なるグリップ感の所為。

特に革バーテープとの相性はもう最高。
握ればタイトにキュッと密着し、
握りを弱めればスッと滑る自在感。

コレを使い慣れてしまうと、中々他のグローブに馴染めず、
もうコレばかり買い換えて買い換えて使い続けています。
というのは嘘です。
2年前に使い始め、もう3度目の夏に突入しようという所。
c0189724_2051290.jpgc0189724_2052030.jpg


上の画像は新品、相当柔らかい革ですがまだまだ馴染みは甘い。

対して下の画像は2年間使った自分のモノで、ややボロさが出ていますが、
ムチッと張り付く様は使い込んだ革製品特有の其れ。
c0189724_2052826.jpgc0189724_2053622.jpg




このグローブを使い続ける中で一番感心したのは、やはり素材。
英ピタード社により加工された革素材を使っているのですが、
何が凄いって普通に洗濯機で洗って普通に干しても、乾いた時点で柔らかさそのまま。
「すげーな、オイ」と感心しながら、もう100回以上洗っているはずです。


汗にまみれるハーフフィンガーグローブですから、しょっちゅう洗わねば臭くなります。
一般的な化繊のグローブは洗う度に傷んで行き、毎年買い換えるのが普通でしょうが、
同じグローブで3シーズン目突入という未知の領域に踏み入れた今、
このグローブはイロモノではなく、ホンモノだと胸を張って言えるのでありますよ。
c0189724_2092335.jpg


LizardSkins La-Sal 1.0  ¥4,500(税別)

クラシカルとも違うし、スポーティーと言うのもやはり違う。
何とも微妙なグローブですが、嵌まる人にはドカンと嵌まるはず。
代理店在庫は早くも残少ですが、弊店は早めの確保で各サイズ在庫OK!
モノがある内に、是~非~一~度~お~試~し~あ~れ~♪
by kaleidocycle | 2016-05-23 21:24 | 商品

(ワゴン=ヴァーゲン=バーゲン)セール。

c0189724_16303192.jpg

今朝もまた26+プロトに跨りテストライド。
・・・って最早テストではなくただの遊びですね。

スーパーの試食コーナーで、
ソーセージ10本喰う、みたいな感じで。


連日26+の話ばかりでは胃もたれしそうなので、
先週宣言した短パンセールの件、参りましょう。

自転車屋の分際でアパレルにもツバつける弊店でありますが、
業務・商品、というよりも半分趣味みたいなモンでありまして、
己が有用であると思うモノばかり買い入れてしまします。

で、「コレええですな」と買い入れるのは良いとしても、
色やサイズによりどうしても売れ残りというのは出てしまう訳で。

それを後生大事に店頭残留さしているもの無意味甚だしいですから、
気温がグイっと上がり、短パンニーズの増すタイミングで放出してみようという今回。



まず1点目、Nari/furiの「7部丈カーゴ ¥12,800」
懐かし~!って言ってる場合かバカヤロウ、てなモンで。
c0189724_1631371.jpgc0189724_1631144.jpg



ナリフリ初期を代表する此方、リップストップを施した綿100%素材ながら、
裾のジッパを上げ下げする事でペダリングへの対応幅を持たせたり、
磨り減りやすい臀部(おいど)と膝部にはキルトで補強したりと、
「自転車生活」に則した内容の一枚となってましなた。って過去形。



2点目、やはりNari/furiの「ドライクロップド ¥14,000」。 
MTBでトレイルに突撃する際のワタクシの定番、今朝も履いていました。
c0189724_16313828.jpgc0189724_16314766.jpg




ストレッチ性豊かにして速乾性のある、サラッとした肌触りは勿論、
リップストップが施された程よい厚みの生地は擦れにも引っ掛けにも強く、
実用性&耐久性は折り紙付き、なのにシュッとしている名品ing。現在進行形。



続いて3点目、同じくNari/furiの「ドライクロップド ¥15,000」
同じドライクロップドですが上記のモノの後継になります。
c0189724_1632085.jpgc0189724_16321122.jpg


上の画像と見比べてみると形が変わっている事が分かると思います。
腰周りを絞りベルト不要前提とし、反対にワタリが広めに取られてる感じですね。
また素材がより薄手のモノとなっており、酷暑に耐え得る一本と言えましょうな。



価格上がる順でお次は4点目、CCPの「PS-V015 ¥16,000」。 
コレはそこそこ数出ましたね~!今見ても「如何にもCCP!」って感じで好印象。
c0189724_16322222.jpgc0189724_16323062.jpg



此方も薄手の2ウェイストレッチという事で運動性は充分ですが、
清潔な素材感やシンプル&スマートなシルエット、そして洒落たステッチは、
「ガツっと漕ぐ用」というより、街と田舎をシームレスに繋ぐサイクリング用って感じ?
うん、意味不明ですね。


ラスト!コレは出したくなかったCCPの「ホボレーパン ¥17,000」。 
c0189724_16324045.jpgc0189724_16325187.jpg



レーパンで輪行とか精神的に厳しいじゃない?寺社仏閣にレーパンて罰当たりじゃない?
でもキッチリ漕げなきゃ行きたい所に行けないじゃない?
そんなエッジが丸まったサイクリストに贈る答として生まれたホボレーパン。
弊店定番の一本であり、弊店が適当に命名してしまった事もありで、
Sサイズを買い入れてはみたモノの・・・弊店でSサイズなど売れるわけも無く無念の残留。


以上4種7本、一律¥?????????(税込)にて!
翌日記:オール完売御礼!
c0189724_1633248.jpg

ん~・・・我ながら無茶苦茶な値付けじゃ・・・、
と、少々嫌な汗が滲まんでも無いですが、
いつまでも売り場の肥やしにしてるのもアレですし。

幼児はオムツで川に進撃する暑さですから、
皆様の暑さ対策として御用命頂ければ幸い至極。


発送もご希望とあらば承りますが、出来れば・・・、
何かと抱き合わせでお願いしたい所ですな!


by kaleidocycle | 2016-05-22 18:46 | セール

水鳥水面下。

c0189724_2044139.jpg

朝、走っていると路上に蝶が一匹。


「弱ってんのか?」と思い、
止まってよくよく見てみると・・・。

変な体勢で水を飲んでいるだけでした。

c0189724_20454174.jpg

そんな蝶を見た事と因果関係があったのでしょうか、
遠路遥々やって来たくれた大御所様と、
新作26+フレームの作り手とで鼻面付き合せ、
昼の日向から緊急茶話会開催。


牛の乳やら珈琲の豆やら砂糖やら、
麦芽汁やホップ抽出物やらを混ぜた水を飲み、
客観的に見れば確実に仕事している風では無い。

c0189724_20442868.jpg
走りはじめた26+プロトを前に、
ネガ・ポジ両面の印象を伝え、
アアでもないコウでもないと対策会議。

「此処の造りはコウだろう」とかやってると、
後ろに控える大御所様から、
「でもその構造じゃアノ部品使えないよね?」
と鋭い意見が飛び、場に突き刺さる。


た・・・確かに。

偶然立ち寄った家内と息子の目には、この場がどう映ったでしょう?

オッサンが大量に集まり、アイスキャンディー咥えながらヘラヘラしていたとしても、
これはとてもとても仕事なのだよ、と言い訳を頭の中で繰り返す本日、
あまりに暑いので扇風機を出した、ある種のターニングポイントでもあるのです。
by kaleidocycle | 2016-05-21 21:32 | 独自MTBフレーム

ピーコのお洒落なんとやら。

c0189724_13541789.jpg


c0189724_13545494.jpg
塗装もされない生地剥き出しのまま、
山を引きずり回される26+試作機

水を被ると当然錆びる、
錆びると後々なにかと面倒くさい、
なので出動するのは晴れの日のみ。


とは言え、砂礫路面でも水辺でも、
締まったトレイルと同じ様に走れるのが、
セミファットの魅力の一つでありますので、
川にルートがあるなら侵入、結果錆びる、と。



そんな未完成の巨神兵的26+プロト(名はまだ無い)の内容というか狙いというかを、
現在の部品構成を通してご案内させて頂こうという今回。
c0189724_13554919.jpg

タイヤがあってフレームがあってで、
次に来るであろう重要項目「フォーク」は、
SR-Suntourのフリーライドフォーク「Duro-LUX」

素晴らしいマッチングですね~!と言いたいけれど、
もう完全にオーバースペックとしか言えません。
インナー径35mmってもはやオートバイの其れ。
CBX1000とかと同じですよアナタ。

40年前のバイクを引きあいに出すのもアレですが、
まぁ・・・山の中チョロチョロ走るには過剰という事で。


しかしフリーライドフォークというだけあり、タイヤクリアランスは相当広く、
50mm幅リムにナード26x3.0というフルスペック26+を飲める事に加え。
c0189724_1356157.jpgc0189724_13562720.jpg


15mmではなく20mmハブ対応というのがキュート(当社比)なポイント。
「セミファットなら15x110mmのBoost規格が旬だよね」という話だと思いますが、
家に使ってない20mmハブって結構ありますし、そもそも20mmも110mm幅なので、
20mmハブも捉え様によってはBoost強化版とは言えまいか?と曲解。


あとデュロラックスは「TA=トラベルアジャスト」というストローク可変機能があり、
肩のボタンを操作する事で140~180mmの幅で自由にストロークを変えられます。
c0189724_13564222.jpgc0189724_1356511.jpg


今回のフレームは140~160mmストローク前提で進めているのですが、
フォークのストローク量をチョコチョコ変えながら走ってみる事で、
ジオメトリの収まり具合を確認出来るTAはとてもとても便利。

c0189724_13573785.jpg
新世代規格である「26+」前提ながら、
手持ちの部品はなるべく使いたい。

なのでリアエンドは交換式で、
135mmQRでも142mmスルーでも、
どちらでも対応出来る様にしており、
今回自分が選んだのはシングル用
で、ハブは勿論手持ちのシングルハブ。

走る地形・地域によって、変速の重要性は大きく変わる訳ですが、
市内の三方を山に囲まれトレイルへのアクセスが最高に良く、
また斜度が比較的きつい山の多い京都においては、
変速がある事のメリットよりも、トラブルレスなシングルのメリットが光ると思います。

ただ変速が必要であると言う意見も極真っ当でありますので、
リア変速対応なのは勿論として、フロントもサイドスイングFメカ対応準備OK
有用な選択肢は多ければ多い程良い、不便で不細工なのは話にならんですが。


c0189724_13585982.jpg
対して「此処は最初から決め打ちスわ」、
というのがシートポストであります。

ホイル外径が大きくなり、フォークストロークも増すと
スタック(跨ぎ高さ)が高くなる訳で、
最早ドロッパーポストは避け切れない選択。


で、今一番良いドロッパーポストは?となると、
個人的に推したいのはGiant純正アクセサリの、
「Contact SL Switch  ¥25,000」

c0189724_13592957.jpg
英MBRのレビュー評価で最高点を得ている通り、
「この性能でこの価格!」という衝撃的製品。

しかもリモートケーブルをフレーム内に通す、
「インターナルルーティン」に対応していますぞ。


トムソンのドロッパーは素晴らしいと思います、
が、トムソンの半額以下でこの性能となると・・・。

取り合えずコイツが使える前提にしておかないと!
となるのは必然、かどうかは知らんけどまぁ。

c0189724_13594591.jpg
そう、このGiantドロッパーの唯一最大の欠点は、
ポスト径が30.9mmしか存在しない事です。

30.9mmは今や主流のサイズなので、
それはそれで結構なのですが、
内径30.9mmのシートチューブ部材、
実はコレを入手するのが結構難しかったりします。


しかし此処は譲る訳には行かん、という事で、
今回のフレームはシートポスト30.9mm対応。
そして勿論インターナル対応。

c0189724_1402126.jpg

26+に加えて、シングルスピードという事で、
山へ向かう移動速度はゆるゆるとしており、
アプローチの峠もやはり切れとは程遠いモノ。

しかし26+の真価はその様な所には無く、
山の天辺に辿り着いたなら、
ドロッパーのリモートレバーを操作し、
シュコンとサドルを下げて・・・。
GO!

c0189724_1404789.jpg



人からよく「どう?面白い?」と聞かれるのですが。
面白くないなんて事・・・ある訳ないですわな。


乗って試して想像膨らませて、直すべき点は直して塗装まで漕ぎつけたなら、
26+が気になる皆様にも山でガッッッツリ試食して頂きとう御座いますです。
by kaleidocycle | 2016-05-19 20:17 | 独自MTBフレーム

神秘なる真皮。

c0189724_21371365.jpg
思いのほか空気はヒンヤリしており、
山から滲み出す流れを突っ切る際、
ピシャッ!と跳ね上げる水は冷たく、
膝が凍えピリピリと痛む、そんな今朝。


顔をしかめてしまいそうな所なれど、
ギュッとToSmile-Barを握ればアラ不思議!
冷たさ忘れてパッと笑顔に・・・とまでは言わねども。

まぁ良いハンドルで御座います、トゥースマイルは。

「気に入って使い始めると他に代わる物が見付からない」
そんな存在として我がHoboを支えるトゥースマイルバー、リアル革バーテープ、そして。
c0189724_21375048.jpg

セラアナトミカの革サドル「タイタニコ」。


革サドルの王道・ブルックスとは違い、
初めて乗った瞬間から尻に馴染み、
距離を走れば走るほどに楽な、
長距離系の戦うサドルと言えましょう。

で、タイタニコと一口に言っても様々な種類があるのですが、
中でも最も尖っているモデルが「トゥルーレザー」と呼ばれるタイプ。

セラアナトミカの売りの一つである耐水加工革「ウォーターシェッド」を敢えて採用せず、
純粋なるなめし革で作られた、タイタニコファミリーに置ける変化球的存在。
c0189724_2041921.jpg
一般的革サドルと比べると馴染みが早いタイタニコ、
しかし言い換えると早く伸び切るとも言える訳で、
丁寧に扱わねば一年でダメにしてしまう可能性も。

ただでさえ繊細で寿命の短いタイタニコにあって、
更に伸び易い特徴を持つのがトゥルーレザーで、
何なら伸び易いだけでなく、耐水性能も低い。


その繊細さと引き換えに手に入れたのは何か?
・・・他の何にも代え難いしなやかさと、
最高のバネ感なのであります。



そんなトゥルーレザーに魅入られ支持する人も多いと思うのですが、
繊細さゆえの難しさと言うのもある為か生産終了となってしまいました。
丁寧に扱えば本当に良い物なのに、惜しい・・・。

「丁寧に扱う」と言っても別段難しい作業を強いられる訳ではありません。
1、乗る前にテンション張る。 2、乗り終わったらテンション緩める。 3、濡れたら陰干し。
その3つの約束を守るだけで、自分は5年程度問題無く使えてます。

さぁ、トゥルーレザーとのお別れの前に、最後に手に入れてみようと言う方は居られまいか?
c0189724_21384582.jpgc0189724_2139039.jpg



SelleAnatomica Titanico-NSX TruLeather  ¥21,000(税別)

耐水レザーが売りのタイタニコにあってトゥルーレザー、
穴開きが売りのタイタニコにあって穴なしのノースリットと邪道としか言えない仕様。

しかし手で触った瞬間分かるしなやかさは、他の革サドルとは一線を画すモノで、
更に穴無し構造により許容体重113kgという頑強さ。(TシリーズSTDモデルは73kgまで)
つまり、トゥルーレザーの乗り心地を最大限永く味わえるモデルが本品となる訳です。

c0189724_21391821.jpg
「左右の坐骨の動きをなるべく自然に」
という点は穴開きモデル独特の魅力です。

が、穴無しモデルは穴無しモデルで、
尻に張り付く様なフィット感が魅力。

しかも別注仕様のメッキレールとなれば、
替え難い魅力を放つ逸品と言えましょう。

10年後に振り返った時、セラアナトミカで最も珍しいモデルとなっているであろう本品。
大事に保管してコレクションをするのではなく、沢山乗って丁寧にケアしてやって、
そのウットリとする様な座り心地に現を抜かし続けて頂きたいモノですな。
by kaleidocycle | 2016-05-18 21:11 | 商品

おかわり。

昨年10月、彗星の如く登場したニッコリハンドル「To-Smile-Bar」。
引いてよし抑えてよしと、使えば使うほどにフォーリンラブ。
c0189724_2121773.jpgc0189724_2123063.jpg




固定ギアにつけてその良さに溺れた後、Hoboに移設。
するとコレはコレでまた良くて、Hoboの出動回数急増。
c0189724_2124710.jpgc0189724_213130.jpg



正統派ハンドルではない、しかしそれが故に嵌まる所には嵌まる。
そんなトゥースマイルバーですが、初回生産分は割りと早く完売してしまい、
興味を持たれた方を悶々とさせていた罪作りな野郎。

でしたが、それももう過去の事になりました。
トゥースマイル、第二波襲来です。
c0189724_21341100.jpg



Simworks ToSmile-Bar  ¥7,400(税別)

c0189724_21494680.jpg
トゥースマイルにはナローな520mmと、
ワイドな560mmという2種がありますが、
弊店はもう520mm一推し


「ケイデンス」なんて意識した事が無いに等しく、
ただハンドルを握り、ただ強く踏むだけ、
そんな野蛮なサイクリストに是非試して頂きたい。

力ずくで峠を越え、林道を抜けた先できっと、
「唯一無二」なその存在に酔い痴れて頂けるはず。

c0189724_2143995.jpg
今回生産分が完売するまでどの程度もつでしょう?

生産能力が一定なのに対し、
世界中から様々なオーダーが舞い込む日東は、
今やテンヤワンヤの状態と伝え聞きます。

弊店で買わなくても結構ですから、
気になる人はモノがある内に是非ゲット召されよ。


同じくたまに出て来るNittoのTシャツ、
今なら珍しいSサイズも1枚だけ在庫あったりします。

日東 Tシャツ  ¥3,000(税別)   S・M 各1枚のみ
by kaleidocycle | 2016-05-16 22:10 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧