井戸端監視カメラ



<   2015年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧


ついったー・けど・まいったー。

c0189724_2071020.jpg


ついた。

片方しかなかったフェンダーの、
残る方が手元に届いたので作業。

c0189724_2072997.jpg


泥除けがついた。

取り付け作業する度に、
「邪魔臭い・・・」と思わずには居れん。


寸を測って、穴開けて、仮付けして、ネジやナットを削って、小物探して、微調整して・・・。
そんな作業が終わり完成した時、愕然としてしまいました。

「なんか・・・え・・・?あれ?」
c0189724_2075350.jpg


「マッドガードの似合うサイクリストになりたい」という欲望から、
永遠の定番・本所の亀甲を取り付けてみましたが、
作業を終えた時、そこに在ったのはチグハグな一台だったのです。


何がチグハグなのか?何処を間違ったのか?
そんな事の答を書いても意味ありません、筆記テストがある訳やないですからね。
しかし自分の中では猛省・・・欲望と横着を感じずには居れません。


貴様の自転車なぞ誰も気にしとらんわ阿呆!
いや、その通り、ホントそれはその通りなのですが、
自分は・・・自分だけは気にしてしまうのが趣味の悲しい所です。
by kaleidocycle | 2015-05-31 23:22 | 無駄

6月の営業予定。

c0189724_17254954.jpg


6月の営業予定は上記の通り、赤丸が定休日となります。

祝日が無い6月、そして梅雨がやって来る6月・・・。
しかし仕事前の朝早く、雨に濡れて走っても寒くない6月とも言えるから、
同じ過ごすなら「良い季節が来た」と前向きに過ごしたいモノですな。

それでは今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2015-05-29 21:52 | 今月の営業カレンダー

リ・ボーン。

c0189724_1821550.jpg
お陰様で風邪の症状も治まったけれど。

汚い話ですが肺の入り口にビッシリと、
痰がコーティングされている様な印象で、
気分爽快の反対の反対の反対。

「コラ、清浄な空気を吹き込むべきか」
と、ひ~こらペダルを踏み出した今朝。

c0189724_1823916.jpg
元気に走る!事など出来る訳も無い、
そんなコンディションですから、
もの凄く軽いギアでユックリユックリ。


トリプルクランクに革サドル、
そして33.3cタイヤを履く我がHoboが、
弱った体を優しく運んでくれます・・・。

c0189724_18234785.jpg
このリーベンデールのジャックブラウンというのは、
非常に素晴らしい乗り心地であるだけでなく、
太いのに漕ぎの重さも感じさせず、
林道でも快適に走れてしまう傑作タイヤ。

ではあるのですが。


Hoboにとっては履ける最大幅であり、
そもそも33c前提で設計している訳では無い。
なのでハンドリングに結構なクセが出るのです。

新品の頃はまだマシだったのですが、磨耗が進むと共にクセは顕著となり、
安楽な乗り心地に酔い痴れながらも「もっと・・・ニュートラルなハンドリングなら・・・」と、
そんな欲求も消えず目立たず沸々と沸き続けていたりもしちゃう。
c0189724_18242633.jpg

「よし!変えてみっか!」
と言う事でグラベルキング28cにチェンジ。


両者を同時に持ってみると、
改めてジャックブラウンの凄さというか、
危なっかしさを再確認。

気分良く林道・廃道走りまくってましたが、パンクせなんだのは運が良かっただけ。
元々ペランペランのタイヤですけど、減った状態だともうペラペラペラペラ・・・。

対するグラベルキングは常識的なしっかりさを持っており安心感は段違い。
ただジャックブラウンの様な安楽感は望めそうにもありません。
此処の差し引きが吉と出るか凶と出るか? (それを吉にするのが面白いんですけど)


c0189724_18244445.jpgc0189724_18245751.jpg


「33.3c ⇒ 28c」という数字で捉える差よりも、エアボリュームの差は強烈にデカい。
クリアランスがカッパカパになっちゃった・・・、まぁ落ち葉や泥が詰まらんでええか。


c0189724_1825187.jpgc0189724_18254796.jpg



立ち姿で見ると、やっぱシュッとした感じに変わりました。
近所をチラっと乗っただけでも、ハンドリングのクセはスッカリ消えバッチグー。

いやでもコレじゃ普通によく走るロードではないか。
自分がHoboに求めているのはそんな立ち居地ではなくて、
もっと・・・他のロードでは出来ないキャラの棲み分けと言うか・・・。
c0189724_18253592.jpg

と言う事で本所の亀甲フェンダーを用意。
いや~!フェンダーと言えばコレ!ですよね。

峠は無理せずインナーでユルユル上る。
その時、フェンダーに木漏れ日が反射し、
キラキラ光る・・・良い、実に良い。


さぁ着けよ!とした所。
何故かフロント用が梱包されとらんではないか・・・。

c0189724_18255627.jpg
私のフロントフェンダーは、
一体何処へ行ってしまったのでしょう?

その答えが見付かった所で、
無いモノは取り付けられませんから、
とりあえず素の28c履き仕様で走って、
少しずつ体調を戻したいと思います。


因みに新鮮な空気を肺に出し入れしても、
痰が消える事はありませんでしたよ。
by kaleidocycle | 2015-05-28 20:13 | 無駄

春の中古車情報。

c0189724_1634839.jpg
本日の京都は最高気温34℃と言う事で、
沖縄よりも熊谷よりも暑かったそうな。


ただ体感としては辛いという風でもありませんで、
理由の一つに湿度が低くカラッとしており、
影に入れば案外爽やかだったと言う事。

そしてもう一つに、己が風邪引いており、
暑いか寒いかよう分からんくなっていたと言う事。

うむ、これぞ風邪の功名。

と言う事でバイキンの巣窟と化している弊店ですが、
明日には全快し、後に木酢液を店内にブチまけて殺菌する予定。
嘘です。

そんなつまらん与太言はどうでも良いとして、
久し振りに顧客さんから次期オーナー募集依頼車両が持ち込まれました。
c0189724_16341737.jpg


クロスバイ・・・ク?でも何かがおかしい、変。
パッと見で車種を特定できるアナタ!けったいな人ですね。
c0189724_16342558.jpg
此方は嘗てGIANTがラインナップしていた、
子供用ロードバイク「OCR650」です。

その名の通り650cホイルを履く、
700cロードでは大き過ぎるという、
ちびっ子(ちびっ娘含む)の為のスポーツバイク。

当時のジオメトリ表を参照すると、
仮想トップ495mmと500切りで、
適応身長150~165cmとなっていますが・・・、
165cmでコレはちょっと可哀そうな感じ。

c0189724_16343589.jpg
元々ドロップハンドルの所を、
フラットバー化されており、
適応身長は・・・ん~・・・、
140cm台前半って所でしょうか?

フラットバー化と共に、
フロントシングル化されているので、
小難しい事は考えたくない、
小中学生よ黙って漕ぐべし。

c0189724_16344453.jpg
「お子さんに」と随分前にお買い上げ頂いた此方も、
その後お子さんの成長と共にサイズがあわなくなり、
お役御免となった今回。

親御さんが結構な自転車愛好家なので、
子供さんが乗っていたにしては比較的綺麗です。


「ウチのガキもだいぶデカくなってきやがったぜ、
 さぁ今年の夏は一緒に淡路島一周でも行くか!」

そんなアナタとお子さんの架け橋にどないだ?

c0189724_16345435.jpg
希望価格は¥3万
で、更に条件により応談との事。
(因みにウチの商品でも無ければ取り分も無いので消費税は不要)

まぁこういった車両って「¥3万欲しい!」とかよりも、
活用して貰える人の手元に行って欲しい、
そんな気持ちの方が圧倒的に強いでしょうからねぇ。


世のお父さん!軽量パーツ買う金があるなら!
お子さんに一台買うたっても罰は当たりまへんで!

後日記 : 商談成立と相成りました!
by kaleidocycle | 2015-05-27 17:45 | 駄情報

母なるコッカコーラ。

「風邪ごとき」「たかが風邪」そんな風に軽く見れていた時代は終りを告げた様で、
アメモリムガ39歳、風邪が・・・風邪が・・・風邪が辛いですっ!

いやぁ~、熱出ましたねぇ!
もう暑いのか寒いのか全然わからんまま、36時間布団の中で過ごしました。

腹を減らす活力も無いので、枕元に置いた保冷ボトルから時々チュッチュと茶を飲むのみ。
ただジッと風邪という名の台風が過ぎ去るのを待っていたのですが、
その時、頭の中にあった事は・・・。
c0189724_20172572.jpg



コッカコーラ飲みたい
普段、滅多に飲まんコーラを、何故だか無性に飲みたくなりました。

コカコーラとペプシとオランジーナが並んでいたら、
絶対にコカコーラは選ばない、そう普段は思っているはずなのですが、
ん~・・・やはり本家の底力というか魔性というか・・・恐るべし!


因みに「ファンタ」は2次大戦中のドイツ生まれで、
敵国となったアメリカからコカコーラの原料が調達出来なくなった事をうけ、
ドイツで用意できる材料だけで作った代替え品なのだそうですが、
当時のドイツの人々の気持ちがチョッとだけ分かった気がしたですハイ。
by kaleidocycle | 2015-05-26 20:35 | 無駄

ぽたリング。

c0189724_1255165.jpg
ポタ・・ポタ・・・ポタ・・・・

へいへい~、またお漏らしかよSLX。
でも、フルードが滲んではいるものの、
ポタポタ滴るほどでは無いし・・・何か変。


ポタ・・ポタ・・・ポタ・・・・指で水滴を拾ってみると、
サラッと粘り気薄く匂いも無い、舌に乗せれば薄塩?

何の事は無い、垂れているのは己のでした。

家内からスタートした家庭内風邪バトンは先週息子に渡され、
昨晩、遂に最終走者たる自分の手元に来た様でありまして、
洟は垂れ、ボンヤリし、ロング走った翌日の様に手足の関節が重い。

と言う事で本日は店半分閉めて寝てます。
御用の方はドアの隙間から呼んで下さい、出て来ますので。


あとお漏らしを晒されたSLXのブレーキ。
此方の製品はフルード滲みのトラブルが結構頻発します。
以前多かったのは、組み合わせるブレーキホース(BH90バンジョータイプ)の、
バンジョーカシメ部分の不良で、加圧を続けるとカシメ部から滲みます。

このバンジョーの件については対策が行われた様で、
一時は変える度にB品で困りましたが、此処数ヶ月の間は一件も出ていません。


他にもキャリパのピストンを保持するスクウェアシールが不良のモノもあり、
ブレーキが効かなくなり、パッド周りが妙に汚れている場合はB品の可能性あり。
此方は未だに打率1割以上、2割以下って所でB品に当たります。

ダメ押しでブリーディングポートの加工不良!というのもありましたが、
だからといってSLXのブレーキはダメだ、という話ではありません。


価格・制動力・タッチ・耐久性・整備性、その全てを見た時、
SLXのブレーキシステムは最高のバランスを備えていると評価しています。

この価格に無理矢理押し込んでいる分、B品が出る事もあるのでしょうが、
B品を引いた場合にはメーカー保証で無償交換出来ますので、
「変だな?」と思ったならば、すぐに購入店さんに相談して、
最高のブレーキングライフを堪能して下さいませませ。


・・・何の話や?頭がボーっとして整理つかんぞ?
え~、つまり~、鼻詰まり~、ポタポタポタポタ・・・、チ~ンっ!。
寝ます、オヤスミナサイ。
by kaleidocycle | 2015-05-24 13:31 | 駄情報

グラム単価。

お客さんが中古で買ったロードを持って来て言う訳ですよ。
「何か・・・妙に重いんだけどよ。」
c0189724_15375275.jpg
持ってみると確かに重い。

そのズシリとしたその手応えは、
正に武士の逸品と言えましょう・・・、
じゃなくて前周りが異常に重いな、コレ。

気になったのでフォーク抜いてみました、スポン。
そして秤に乗せてみた所、指した数値は、
約1,300g

鉄フォークとは言え、ロードフォークでこの鈍器感・・・未知との遭遇です。

この車両は「コスパよし」との評価も高い某ブランドのモノなのですが、
そのコスパの影に隠れた落とし穴がこんなに深いとは・・・恐るべし。


コスパというのは「どんなコンポがついているか?」だけでなく
全体の構成バランスを総合的に見ねばならんです。
ついつい見落とし勝ちな所こそ、キモだったりする事が多々ありますから。
c0189724_15385100.jpg

自転車の軽量化にばっか血眼なってんと、
まずは腹を凹ませろ!というのも真理ですが、
こんなの履けば、いつもより楽に速く走れるのか?
というシンデレラの靴が弊店にもやって来ました。

GIROが贈るハイエンドダートシューズ、
「Empire-VR」様で御座います。

ひぃ~、カッチョええ~!
弊店店頭でお会い出来るとは思いもよらなんだ。

c0189724_15381645.jpg
秤に乗せてみると実測305g(42.5・スタッズ無し)
軽っ!

ロードシューズと比べるとインパクト無いですが、
ダートシューズで、しかも結構歩けそうなソールで、
この軽量さ加減ってのは、実に素晴らしい。


脱ぎ履きに時間の掛かる紐靴なれど、
1ピースアッパーと相まって得られるタイト感は、
脱ぎ履きの邪魔臭さを帳消しにしてくれるのでしょう。

勿論自分の分であるはずなど無いです。

自分の様な横着者に、この様な磨き上げられたシューズは分不相応。
走り込んで自分を磨き、車両の方も煮詰めて煮詰めてした、
選ばれし一部の人の足にこそ、このエンパイアVRはピタリと収まるのでは、と。

そう、コレは輪界におけるシンデレラの靴なのであります。
大体¥4万しますからね、¥4万あれば自分ならアレしてコレして・・・。

でもいつかこんなの履いてみたい、と思わずには居れんですな。
by kaleidocycle | 2015-05-22 20:53 | 駄情報

デイトナ全色装填完了。

c0189724_1940296.jpg
GWくらいから一気に気温が上昇し、
「夜も寝苦しいからもう布団はいいや」
と思い切って布団を仕舞いこんだはいいけど、
最近朝晩が寒くて後悔している空井戸サイクルです。


パンツ一丁にタオルケットで寝るには少々寒いけど、
走りに出るには良い気候が続いてますね。

肉厚の3シーズンジャージを着て出た今朝も、
暑くも無く寒くも無くで良い塩梅でした。

が、週明けからまたグッと暑さが盛り返して来るそうなので、
ボンヤリしてんと、本格的に暑さへの準備を進めねばならんです。

先日ご紹介させて頂いたGSGのサマービブショーツも、
「時期的にまだチョッと早いかな~?」と呆けながら並べていたのですが、
早くも代理店(7ITA)さんの手持ち在庫の底が見えて来てしまった様で、
弊店の好みであるモノトーン系はほぼ完売との事。

完全に勝負ポイントを見誤りました・・・。
GSGのビブショーツを気にかけて頂けていた皆様、面目ないです。
c0189724_1940138.jpg

ジャージも同じく、ノンビリしてたら無くなるのか?

と言う事で、7ITAのデイトナジャージ
以前入荷の色に続き新入荷色をご案内。


ジャージでは珍しい地味系「ブラウン」
先行していたグリーン系よりも、
GTラインのデザインがシックリ来てますな。

c0189724_19402367.jpg
そしてもう1色、「シルバー」


シルバーっつっても銀色ではありません。

薄い色の部分だけを単色で見ると、
ん~・・・チェレステっぽい感じでしょうか。

今回のデイトナシリーズの中では、
もっともスポーティー且つ、
様々なボトムと合わせ易い色かと。

と、言う事でデイトナジャージ全4色揃いました。
c0189724_19403279.jpg


全色・全サイズ在庫持てれば良いのですが、そんな財力も場所もありません。
なので、この中から一推しの色を軸にサイズ在庫持つ事になるのですが、
どうでしょう?皆さんならどれを選びますか?
c0189724_19404074.jpg
それなりに気張って走りたい、
けどド派手なジャージはチョッと。

そんな人にはデイトナジャージ、
是非一度ご覧頂きたいモノです。

が1ヵ月後とかには在庫も歯抜けになり、
ご用命にそえない事態になるやも。

早よ買うて買うて~、とは言いませんが気にかけて頂ける方は、
今なら全色見れますよって事で、ハイ。
by kaleidocycle | 2015-05-21 20:24 | 商品

マウントポジション。

c0189724_16444679.jpg


お客様からYeppのチャイルドシートを頂きました。


自転車屋が顧客からモノ貰うなよ・・・という話ですが、
お客様のお子さんは大きく成長され、
もう使われないとの事ですので、
乳幼児の居る我が家にタッチ交代、と。

c0189724_16445825.jpg

このイエップのマキシイージーという製品は、
ベースマウントをキャリアに取り付け、
そのマウントとシート本体が簡単に外せるというモノ。

マウントの幅がロングテールのデッキに丁度合う為、
Xtracycle社の指定オプションになっていたりも。


さぁこのマウントをデッキにボルトでネジネジして・・・。

「そんな事せんでええみたいですよ?」とお客さん。
c0189724_1645755.jpg

へ?どういう事でっか?

ふむふむ、ほほぅ、なるほど・・・。


現行のフライトデッキ(ロングテールの天板)は、
裏返すとこの様にザグリが入っています。

「何か凹んでるな~」とは思っていたのですが、
コレはYeppのシートを取り付ける為の用意だそうな。

ロングテールユーザーには子供乗せ目的の人も多いはずですが、
己が家庭に子供が生まれるまで、子供を乗せる事など考えて来なかった為、
この穴が何の為か?真剣に考えたり調べようとした事がありませんでした。

いやぁ~、勉強不足であります・・・。



反省は後でするとして、この穴がどの様な感じで機能するのか?
早速穴を開けて行こうではありませんか。

ホールソーとジグソーを用意して~、と構えてみましたが、
ザグっている部分は3mm程度しか厚みが無いのでカッターで切れました
c0189724_16451983.jpgc0189724_16452843.jpg



c0189724_1646937.jpg
パカっ!と穴が空いたら、
切断面をヤスリで仕上げます。

このヤスリ掛けを怠ると、
シートがスムースに嵌まりません。

そういった一連の作業が終われば、
あとシートを嵌めるだけ。

c0189724_1646171.jpg
装着完了。

マウントが無い分、より軽く、
そしてより低い位置にセットできます。


ボッチャンリムジン、発進で~い!


要らないマウント金具など取っ払い、デッキに穴を空ける方が見た目も気分もスッキリ。


しかし逆にマウント金具が必須、という事象もありまして。
c0189724_16483411.jpg

此方のシュッとしたビッグダミー。

以前作らせて頂いた車両なのですが、
この画像をご覧になった顧客様から、
「このフェンダーええね」と、
フェンダーの御注文を頂きました。

フェンダー自体は珍しくも何も無い、クラナのシーライトであります。
扁平率の低い独特の形状の為、フェンダーの存在感が非常に少ないのが美点。
c0189724_16485617.jpg
で、このクラナフェンダーの良さは、
タイヤとフェンダーのクリアランスを詰めてこそ、
はじめて輝くモノだと思ったりします。

しかしMTB系フルリジッド車に取り付けるとなると、
タイヤサイズに対しフォークが長い為、
フォークの肩とタイヤの間がどうしても開いてしまう。


そこで自分なぞは、適当な鉄板を使って、
このクリアランスを詰めているのですが・・・、
お客さんに出すには不細工過ぎる。

c0189724_16493575.jpg
このクリアランスを埋める為のマウントとして、
フェンダーフルートという製品があります。

システマチックです、便利です、
2千円ほどしますが価値はあるでしょう。

c0189724_16502062.jpg

しかし残念な事に在庫が無い&納期も未定。

コレは天の「サボるな」というお告げなのでしょう。
無いモノは無いので、代替えマウントを作ります。


まずはホームセンターに行って、
¥300/m程度のアルミの平板を購入。

欲しい数値に合わせてポンチを打つ。

c0189724_1650457.jpg
欲しい長さにグラインダで切り、
ポンチ打った箇所をドリルで揉む。

以上。
所要時間約3分。
見た目のチープさは流石です。

しかしクラナの美しさを引き出すクリアランスは出せるのでマウントとしての役割は充分。
こんな所、自分以外誰も見やしませんから、まぁ良いんじゃねぇかと。
c0189724_16505349.jpgc0189724_1651185.jpg

¥300の部材で20個以上は取れますので、一個あたりの材料費¥10~15。
クラナ・シーライトをピタピタに取り付けたい、そんな方が居られましたら、
この程度のチープなマウント金具くらいは無料で作ります。

フェンダーは買うて下さいね~。
by kaleidocycle | 2015-05-19 18:16 | 駄情報

ピタッと待ち。

c0189724_20242842.jpg
ご飯を食べる時は「順番食べ」が重要なのと同じく、
自転車もバランス良く順番に乗る事が大事、
・・・か如何かは知りませんが、
昨日はロードだったから今朝はMTB。


午後から雨予報という事で天気はイマイチですが、
萌黄色に包まれるトレイルは爽やかさ満点。

言うてる間に小虫が湧いて来る季節、
今が快適トレイルのピークかもしれませんな。

c0189724_20244426.jpg
その快適ライドを支えてくれるのは、
今シーズンから使い始めたGiroのDND

この素手の一歩手前のフィット感、
一度知ってしまうと昔のグローブには戻れんですな。


ただこのグローブにも欠点があり、
それは・・・モノが入ってこない事。
赤・青・グリーン・グレーと4色展開なのに、
一番地味なグレーが未だ生産上がらず、
地味好きの弊店ではグリーン一択状態でした。

c0189724_20245624.jpg
が、やっとこさ。
最も地味なDND「リード&ガム」が入荷。

・Giro DND ¥4,200(税別)

そもそもフィット感を追及したタイトな造りに加え、
手首にベルトが無いストラップレスですので、
試着すると「これ本当に手入るの?」となりますが、
使い始めると馴染んでスっと入る様になります。

なので、サイズを選ぶ際は「指の長さ」を基準に、
選んで頂く事をお勧め致しますです。

ま、リード&ガムのSサイズは未だに入荷待ちなんですけどね・・・。
by kaleidocycle | 2015-05-18 21:16 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧