井戸端監視カメラ



<   2015年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


ハウマッチ安心感。

c0189724_18334958.jpg

誰が何と言おうと、春来ました。


家を出る際「アームウォーマー要るかな?」
と思ったりもしたけれど、なんのなんの、
午前中でももう半袖で全然OK

むしろ肌刺す日差しの強さは、
夏のそれを思い出させる程。

c0189724_18341498.jpg
で、気候がよくなれば足も伸びると言う事で、
冬の間行けなんだ山奥も、
射程内に収まって来るのですが、
北の山を走るとなると避けられないのがトンネル

路肩狭く逃げ場の無い&暗いトンネルの中は、
自転車にとっては恐怖のポイント。


昨年まで使っていたバーエンドライトは、
雨水の浸入により御陀仏となり、
何か代わるモノを用意せねば、と思いながらも。

c0189724_1834470.jpg

微妙に決め切れずに本日に至り、
リフレクター散らしたウェア着てるとは言え、
トンネルの中に入ると・・・やっぱ怖え~よ~。


怖いのは轢かれそうな自分だけではありません、
自動車を運転するからしても、
トンネルの暗闇の中、いきなり自転車見つけたら、
そりゃぁ怖いし危険を感じる事でありましょう。

気候につられて遠くへ足が伸びるとならばテールライトは必須。

しかし一般的なヘルメットやシートポストにつけるタイプとなると、
スイッチを押して点灯しているのか消えているのか確認できず不安

そういう観点から言えばバーエンドライトは安心感があったけど、
手持ちの車両全部につけるってのも何だかねぇ。
c0189724_1839944.jpg

という事で今回選んでみた答が此方。

・リフレクター+LED ¥1,350(税別)

弊店が紹介するまでも無く、
割と知られた存在である此方、
カタログなどで見るより現物は小さい。

c0189724_18392455.jpg

3Mの反射素材で出来た本体、
その下部には磁石が仕込まれており、
バッグやサドルや車体やと、
そこでもパチンとワンタッチで装着可能。


この「マウント金具無し」ってのが良い。
スイッチをクリック出来たか否か?
不安になれば外して確認すれば良いだけだから。

c0189724_18393423.jpg
コイツを玄関先において置けば、
どのジャージを着て出ようが、
どの車両に乗って出ようが関係なく、
出しなにバックポケットにパチンとはめるだけで、
トンネル内の不安が8割がた解消されてしまう。

最悪電池が切れたとしても、
本体がリフレクターなので、何も無いよりグッと良い。


コレが最高だ!と吼える様なモンではありませんが、
便利そうな気がするので暫く使ってみようと思います。
by kaleidocycle | 2015-03-31 22:33 | 商品

盗難警報。

c0189724_1950356.jpg

本日は徒歩にて通勤。

自宅~店間はたかだか3km程度なので、
ちゃちゃっと歩けば案外すぐ着く。


歩きは歩きで悪くないモンです。
しかし便利か不便かっつーと・・・、
毎日はチと邪魔臭いだろうなぁ。

c0189724_19505623.jpg
まぁほんで、何で突如歩いとるかと言うとですね、
これはキャンペーンなので御座います、
その名も「人の痛みを知ろうキャンペーン」


歩く事が痛みか?ノンノン、ちゃいます。
ある日アナタの自転車が盗まれたとしたら?

毎日自転車で通った道を、
いきなり徒歩で歩かざるを得なくなるやも。
一日だけなら良いけど、これが毎日続くとなると・・・、
オラァちょいと嫌んだなぁ~。

c0189724_20502385.jpg

そう、最近自分の周囲だけでも、
自転車盗が3件連続してるのです。


皆ワイヤロックをかけていての事であり、
皆ドロップハンドルの車両であったりで、
どうも「魔が差して」という感じではなさげ。

c0189724_19512111.jpg
盗まれた車両の参考写真が、
こんなキッチュな一枚しかない彼。

チネリのエクスペリエンスを、
Fairweatherのシートバッグごと、
ついでに最近交換した、
エッグビーターごと消えたそうな。


5月の佐渡ロングライドに向け、
進めていた準備ごと盗まれた車両。

盗まれたのは物質だけでなく、
控えていた楽しみも盗まれたのです。

c0189724_20505028.jpg
何処かで見かけたら是非ご一報を!
けど、まぁ出て来んのだろうなぁ、とも。

最近周りで盗まれた車両の中には、
クロスチェックの42とかもあるんですが、
普通そんな小っさいの盗らんでしょう?

職業盗的な印象を受けるんですよね・・・。

自転車なんてめっさ盗まれない安全都市京都市(の市街地でない所)と思っていましたが、
勝手に自転車盗難警報発令してみます。

自転車とめる時はツーロック!なんて事よりもですね、
「長時間とめない&とめるなら人目のつく所に」辺りから実践願いますです。
by kaleidocycle | 2015-03-28 22:55 | 駄情報

握り極道。

c0189724_1626527.jpg

あ~、チャップいチャップい、
朝一番は冷え込みますな。

しかし日が昇ると共に気温も上り、
帰る頃に汗かくのは必然。

故に寒さは暫し堪えるべし。

c0189724_1627250.jpg

体もホッコリ温まった折り返し地点。
見晴らしの良い所で朝のオメザをいざ喰らわん。

今日のオメザは「ナイススティック」。
学生の頃、購買部で大人気だったナイススティック、
大人気過ぎて中々買えなかったナイススティック、
しかし今改めて喰うと・・・別にそんな言うほど・・・。


焼けば美味いと思うのだけれど、ハムハムハム、
焼かずに喰うとチと喰い辛い、モムモムモム。

手袋したまま食事すな!行儀悪い!
c0189724_16272720.jpg
あ、グローブつけてたの忘れてた~♪

なんて事は流石に無いのですが、
ウインターグローブとタッチ交代、
新たにおろした此方のトレイルグローブ、
凄まじく自然な着け心地です。

・Giro DND ¥4,200(税別)

c0189724_16273521.jpg
正直、はじめて嵌めようとした瞬間には、
「え?これ手入るか?」という位にタイト、
嵌め易さの為の余分が圧倒的に少ない。

しかし一度手を嵌めると・・・おぉ~!
何だこの一体感は!ゴイス~。


最近のフルフィンガーグローブ一般と同じく、
此方のグローブも立体裁断なのですが、
その度合いと言うか立体っぷりが激しく、
この手の形が基本の状態。

「グローブなんて皆同じでしょう~」と思っていた己が甘かった。
指の内側を見ると、合皮(クラリーノ)部分とサイドパネルの接合部が、
指間接にそって枝豆形状赤線)になっているのが分かりますか?
c0189724_1631080.jpgc0189724_16311450.jpg


この波々の谷部分が、指間接の曲げ運動にそって折れる事で、
握りのスムースさと、握りこんだ時の違和感の少なさを生んでいる模様。
c0189724_16314221.jpg

逆に言うと、手を全開に広げると、
ご覧の通り手の甲部分はクシャクシャに。

しかし自転車はパーで乗る物ではなく、
握ってナンボでありますからコレで正しい。


最初入れ難いと感じた手首部分も、
ベルト無しのピッタピタ仕上げなので、
嵌めてしまえば手首の動きが楽々。

c0189724_1632697.jpg

「握る」
その自転車における基本動作を、
極端なまでに追求したGiroのグローブ。

街乗りで使うには少々不便な気もしますが、
自転車を操るトレイルライドなどにおいては、
言うまでも無く自在で便利で快適。


いや、こりゃ大したモンだわ。

c0189724_16323380.jpg

よくホテルのドアにかける札に書いてある、
「邪魔するな」という意味を指すのも「DND」、
「Do not disturb」の略ですね。


商品名としては「Down'n dirty」の略だそうですが、
小銭を掴むのも邪魔しない程のフィット感は、
Do not disturbの方がしっくり来るようにも。


大袈裟に言えば、素手とグローブの中間にあるこのグローブ。
コイツがダメになる頃には、もっと強烈なのが出て来ていますように、
そう願いながら暫く御世話になろうと思います。
by kaleidocycle | 2015-03-27 21:00 | 商品

ピクニック・ジーニアス。

c0189724_1831531.jpg

朝晩は冷え込みを感じるモノの、
日中はポッカリ陽気で平穏そのもの。


今朝も息子を連れて散歩していたのですが、
公園で弁当ひろげる幼児の群れなどを見るに、
「嗚呼、息子が歩ける様になったら、
 自分もきっとあの様に弁当ひろげて・・・」

と、憧れに悶え狂ってしましました。

c0189724_1833757.jpg
そう、時は正にピクニック最適シーズン。
三段重の弁当拵えるもよし、
テイクアウトで大きなピザ買うもよし。

さぁ!自転車漕いで川原に集合だ~!
という時、誰がどの様に弁当運ぶか?
弁当は担当者が車で運ぶ?ナンセンス。


そういった時にはロングテール乗りが輝く訳ですが、
フロントラックでサッと運ぶってのも中々小粋。
そのラックがこんなのなら、もうアンタ・・・ねぇ。

・Simworks Potluck ¥15,000(税別)
c0189724_18334415.jpg

今週、シムワークスより発射された、
フロントキャリアのニューモデル。

まず目を惹くのはそのサイズ。
ご覧の様にテーブルラック類の中では、
画期的にコンパクトな天板
広げたオッサンの手が丁度乗るくらい。

c0189724_18341761.jpg
このサイズ感が絶妙。

一般的なテーブルラックは天板がもっと広く、
大きな荷物も載せ易い・・・と思い勝ちですが、
実際にはこれ位の天板でも、
大きな箱物は十二分に積載&運搬可能。


天板に荷物を載せるだけでなく、
左右にパニアを装着する事も出来るので、
ツーリングギアとしての才能も秘めてます。

c0189724_18344462.jpg
で、このラックの「偉い!」と思う所は、
敢えて汎用性を絞る事で生まれる、
品の良さとでもいうべきその雰囲気。

足の長さの調整なんかありませんし、
リムブレーキのモデルしか着きません。

が、その代わりに「品」を得ている。



取り付け要件を満たしていないとは知りながら、トッツアン・ピストに仮付けしてみる。
c0189724_18353663.jpgc0189724_1836950.jpg


一般的なテーブルラックってのは、デフォルメされたイメージと言うか、
崩し切った愛らしさみたいな印象を与えてくれ、それはそれで悪くないのですが、
このポットラックにはそういった甘ったるい感じが無く、シュッと纏まり実に男前。

ちと加工してでも装着してしまいたくなる、それ程ええ感じです。
c0189724_18362328.jpg

天板の幅が狭くなった事で、
ハンドルがクルンと回ってフレームにガツン!
てな事態に陥る事もかなり少なくなりそう。

全体的にコンパクトになった事で、
重量面でも軽量化に繋がっており、
約700gと装着の負担は最小限。


寧ろ何で今までこのサイズじゃなかったんだろう?

c0189724_18384914.jpg
これを企画したのがSimworks内の、
いったい誰なのかは全く知りませんが、
「素晴らしい」「天才的」と褒めて差し上げましょう。


軽量で扱い易く美しい。

「良いフロントラックが欲しい」と、
漠然とした考えが頭にあったアナタ。
アナタの頭の中にあったのは、
このポットラックじゃなかったですか?

花見やピクニックの最盛期を前にして顕現したこのラック。
ディスクブレーキ全盛の今ですが、リムブレーキユーザーはガッツポーズを決めて下さい。
by kaleidocycle | 2015-03-26 21:22 | 商品

春を拾う人。

c0189724_19471020.jpg

今朝も快晴、さぁ飛び出せ青春!

・・・と行きたい所なれど、どうも体が重い。
まぁ取り合えずと家を出たは良いが、
あまりにエンジンが掛からんので即諦め。


そのまま家に戻るのもナンなので、
ブラブラ走りながら無人販売所を物色。


c0189724_19472269.jpg
有機&無農薬&朝採りで¥100、
文句などあろうはずが無いのでチャリーンとな。

で、サイクリング途中に買い物をすると、
如何にして持ち帰るか?というのがよく出る問題。


ファッファッファッファッ!
今朝は山で朝飯を喰おうと思っていたので、
朝食運搬用にBeyondを持って来ておるのじゃよ。

ビヨンドについては今更紹介する必要も無いと思いますので、
詳細については昔のコレコレに譲るとして、
簡単に言うと超軽量&超コンパクト&超高通気性バッグであります。
c0189724_19492079.jpgc0189724_19493158.jpg



自分はそんなビヨンドの初期ロット・黒を使っており、
時々人様からも「それと同じのおくれ」とご用命頂くのですが。
c0189724_1950294.jpg
当然初回ロットなど今残っている訳も無く、
またそれ以降のロットは皆々、
派手な色展開であった為、
ご縁実らす事が出来ぬ事しばしば。


しかし今回遂に!
満を持して地味カラーが登場!

c0189724_19501237.jpg

写りが悪いので色味が分かり難いと思いますが、
グリーンベースチャコールベースで、
そこにブラウンが組み合わせられています。

本当の色はCCPのサイトで確認して頂くとして、
取り合えずは「地味なビヨンド出ましたよ!」


CCP Beyond ¥6,000(税別)

c0189724_19502281.jpg
ビヨンドで担いで帰ったホウレン草は、
帰宅して即、炒めて喰ったりました。

体が今一つシュッシュ動きませんが、
喰って寝ればよくなる事でしょう、うん。

と言う事で明日は定休日
寝て過ごしたいと思います。
by kaleidocycle | 2015-03-24 20:43 | 商品

ジャムるな危険。

c0189724_201917100.jpg
大通りへ出ると何処も彼処も車が渋滞、
そんな連休も終わりを告げましたが、
人気ある店の前は変わらず渋滞。


「渋滞=Traffic-jam」というのは、
個人的に全力で避けたいモノですが、
気にしないという人も居るんでしょうね。

c0189724_20193179.jpg

まぁ渋滞や行列は良いですわな、
メリット・デメリット比べても突っ込む目的があるから。

しかし同じジャムでも「チェーンジャム」となれば、
気にしないなんて人は居ないでしょう、うん。


最近はスタビライザー付のリアメカや、
ナローワイドチェーンリングなんてのもあり、
「ジャムる」という言葉はチト死語っぽくも・・・。

c0189724_2024153.jpg
なっているかも知れんけど知ったこっちゃない!
10速?11速?スタビライザー?
手元にあるのは8速・9速ばかりでスイマセンね!

そんな人がフロントシングル化する際、
必ず目に留める逸品が此方の。
Paul-comp チェーンキーパー ¥7,800(税別)


永らく国内欠品していましたが、
先日、密かに入荷して来ています。

ポールと言えば「見目麗しいが高価」、そんなイメージがあると思いますが、
チェーンキーパーに関しては意外にも実用的&リーナブルだったり。c0189724_20241421.jpg


「¥7,800もしてか!」と言う事無かれ、
MRPやe13などの同様製品が、
¥1万クラスな事を思うと実は安い。

更に調整もし易く、装飾性も兼ね備える、
となると・・・定番と呼ばれる訳です。

c0189724_20242938.jpg

しかしスチールフレームに多い、
φ28.6用は永らく欠品が続いていた為、
「よし!買うか!」となってもモノが無かった。

弊店でも展示車両であるBalloonerに、
着けたいけれどモノが無く、
それ故に展示車両も完成しませんでした。


が、この度の入荷でパイルダーオン!

c0189724_20243612.jpg



この手の車両を組む際、デバイスはポール一択と言って差し支えない程に、
シンプル&スマート&機能的な纏まりを見せてくれます。

今回φ28.6mmが入荷した事で、店頭にはφ28.6とφ31.6が在庫OKとなりました。
前情報無しですが、多分ポールも近く価格改定すると予想します。(米国物なので・・・)

フロントシングル化を目論む皆様、そしてナローワイドを使う気がない皆様、
トレイルで、田舎道で、ジャムってヒーコラ言う前に是非ご検討あれ。
by kaleidocycle | 2015-03-23 21:33 | 商品

最新式再認識。

我が息子も無事1歳になりまして、春の到来と共に自転車デビュー。
c0189724_17221955.jpg

自転車デビューとはいっても、
まだ一人で歩く事さえ出来ませんから、
チャイルドシートデビューと言うが正しい。


子供を自転車に乗せるにはヘルメット必須、
それ位は知識として知っていましたが、
いざ自分で買うとなると・・・悩むモンだね。

で、カタログ見比べ選んだのは亀柄ヘルメット。

c0189724_17223438.jpg
ウチの子はまだ好きも嫌いも無い幼児ゆえ、
親が勝手に面白がって選んでみましたが。

鮫柄とかアヒル柄とかは分かるけれど、
亀が好きな子供って多いんでしょうか?
亀・・・亀ねぇ・・・ハッ!スーパーマリオか!


チャラッ!チャッチャラッチャ!チャ♪
とスーマリの音楽を口ずさみながら、
観光で渋滞する大通りを避け、
セコ道をトロトロと、実にトロトロと行く。

c0189724_17225134.jpg

目的が「子供を乗せて走る」と言う事、
つまり散歩的であるが故に、行くあては無い。

とても低いサドル&155mm超短クランクの、
家内の自転車なので、自転車乗ってる気がしない。


段差で子供が揺られぬ様、
不意の急ブレーキなど掛けぬ様、
多分平均時速5km/h程度でユラユラユラユラ。

c0189724_17232118.jpg

辿り着いたのは弊店近くの京都御苑。
いつもであれば10分くらいで着くこの場所へ、
30分ほども掛けてやって来た。

さぁ息子!咲く花を愛でる人民がそこ等に居るぞ!
と、振り返ると息子は既に昼寝中。


ガタガタ揺れて辛いのでは?と少し心配したけれど、
子供と言うのは予想以上に頑丈な生き物の模様。

寝た子を起こさぬ様、行きより更にゆっくりゆっくりと走った帰路。
風がポワァ~と温たくて、梅の花の匂いや胡椒みたいな春の匂いがして、
その中を息子と一緒に移動しているという新鮮さに、
「自転車ってええモンやなぁ」と、改めて感じ入った父親二年目の春であります。
by kaleidocycle | 2015-03-22 19:00 | 無駄

整備の快感。

春麗らかな連休、皆様如何お過ごしでしょう?
c0189724_20245079.jpg

ワタクシは相も変わらず店に篭って仕事したり、
ポンコツモーターサイクルに手を入れたりです。


手元に来た時にはあまりの傷みっぷりに、
正直触るのも少し嫌な位だったポンコツ号。

しかし日々少しずつバラして点検して、
交換して調整して磨いてとして行く内に、
段々と、いつの間にやら段々と~・・・。

綺麗になって行く、良くなって行くというのは当然なのですが、
何と申しますか・・・馴染んで来るんですよね。

ホレ、他人の歯ブラシって絶対に口に入れたくないですよね?
対して自分の歯ブラシを口に入れられないなんて事は無い。
でも、その両者に何か物理的な違いがあるかと言うと大して無くて、
そこを隔てるのは恐らく使って来たという自覚なんじゃないかなぁ、と。
c0189724_2025756.jpg
「整備は面倒なモンだ」というのが基本にあれど、
己が力で少しずつ良くして行く事により得られる、
機械との馴染み感というモノは中毒性高し。


先日お客さんから預かったカーボンロード。
エンドが曲ったという事で交換しようとすると、
既に国内代理店は撤退しており手配不可。

某大手海外通販で購入した車両という事なので、
ならばとそのショップで検索かけるも、
やはり取り扱い終了でチーン。

困った時の「derailleurhanger.com」で検索しても同形状が引っ掛からない。
どうすりゃ良いんだどうすりゃ良いんだよ~!

まぁ現物からデータ作成して、CNCで削り出せば良いだけの事ですが、
労力=コストの事を考えると・・・解決が妙に遠く感じる。



如何に高性能な車両で、如何にローコストで叶えてくれていたとしても、
此処には自分の感じる自転車の魅力の大きなモノが抜け落ちている。

それは「自分のモノにする為」の道筋であり、
人様に理解を求めるべきではない、えも言われぬ何か。


極端な例えですが、他人と共有する電動歯ブラシ(使う毎に滅菌済み!)と、
自分だけが使う使い捨て程度の歯ブラシと、どちらが使いたいと思うか?
ロジカルな説明は出来ないけれども、自分は勿論・・・。

という事で今日も鉄フレームを商い続け、
カーボンフレームの曲がったハンガーは取り合えず修正して問題先送りなのです。
by kaleidocycle | 2015-03-21 21:40 | 無駄

ヒマラ山の金太郎。

気温の上昇をうけ、短パンを出しました。
c0189724_17404757.jpg

久し振りの短パンなので膝下がスースーしますが、
近付く春を感じていると思うと悪くありません。


で、この「ズボンを履き替える」という行為にあたり、
大いなる注意が必要なのがポケットの中身

自分は工具やライターをポケットに放り込む癖があり、
家に帰り風呂へ直行、そしてズボンを脱ぐと、
「また持って帰って来てもうた・・・」となる事しばしば。


c0189724_17411617.jpg
何度己を戒めようとも、癖とはそうそう抜けぬモノ。
こうなりゃ、ポケットごと店に置いて帰るべきか?

と言う事で、以前から気になっていた、
キジマエプロンを買った今回。

・CCP キジマエプロン
 ヒマラヤンヘンプバージョン ¥6,000(税別)

胸部には中ポケットx2と貫通小ポケットx1、
腹部にはマチ付の大ポケットx3とポケット祭。

c0189724_17424017.jpg

これだけポケットがあれば何でも入る。

工具は勿論の事、荷受の度に探すハンコも、
仕事の共・タバコもライターも、
大好きなチョコフレークの中袋も、
百円ショップでサラダプリッツと思い込んで買った、
サラダプレッツェル128g入りも何でもポイポイ。

一般的なエプロンと違い、丈が短いので、
調整した車両をヒョイとテストライドする際にも、
邪魔にならない点が自転車と親和性良好。

c0189724_1741398.jpg
このキジマエプロンは以前から存在しましたが、
個人的に生地感や色でピンと来るモノが無く、
今まで手を出して来ませんでした。

しかし、ヒマラヤンマテリアルの名で知られる、
ネパール産手紡ぎヘンプを用いた本品には、
グググッと触手動き入手した今回。


道具としては勿論、着けて洒落感、これ重要。
先走って薄着になりがちな今の時期、
腹の冷えを防ぐのにも役立つし。


先日CCPさんが展示会で来られた際、「ヒマラヤンのエプロンが・・・欲しい」と言うと、
「あと2枚あるよ」という返事が帰って来たので、2枚とも取ってみました。
c0189724_17425570.jpg

色は微妙に違って、片方は鉄紺ベース、
もう片方はカーキベースの生地。

自分は天然由来クレイジーでも無ければ、
フェアトレード信者でもありませんが、
この荒い表情にはグッと来ます。
汚れも目立ち難いですしね。

ポケット増設が急務となってる人や、腹が冷えて辛い人、単純に欲しくなっちゃった人、
一枚は自分用ですが、もう一枚の販売用分をアナタのお腹に是非。

色はお好きな方を選んで下さい、自分どちらも好みなので。
ただ1週間も経てば選んで使い始めている事でしょう、ええ。
by kaleidocycle | 2015-03-19 19:20 | 商品

備えるべし。

c0189724_162324.jpg
先日穴を発見したホイル
その対策も無事終り、次なる工程「塗装」へ。

あ~、気が楽になった~・・・。
パンクしているとただの重い金属塊である二輪車も、
タイヤ膨らみゃコロコロ転がる可愛い奴ですから。


と、そんなどうでも良い作業に熱中していると、
突如背後で炸裂音が。
ズバスンッ!

ひっ、ひいぃぃぃぃぃっ!西陣空襲の不発弾が目を覚ましたか!
等と怯えて周りを確認すると、己がロードの前輪がバーストしてました。

見るとサイドカットした部分からチューブがはみ出て、時限爆弾式にバーストした模様。
あれか、昨日アホみたいな廃道を走った際に切ってしもうとったか。
c0189724_16201287.jpg

走ってる時にバーストせんで良かった~。
ドン臭い自分なら確実にひっくり返ってまっせ。


更に言えば山の中でバーストせんで良かった~。
一応、替えチューブとボンベは持ってたけど、
出来る事なら出先で修理なぞしたないですしね。

ましてや道具持ってる積りが・・・、
「あれ?あれ?何で無いの?」
となると、もう目も当てられんです。



実際、先週の朝走っているとロードバイクを押して歩いている人を見かけてですね、
「パンクか?」と思い、手持ちのパンク修理キットを差し出した事があります。

それは確かにパンクだったのですが、彼は替えタイヤ(チューブラー)も持っており、
エアのボンベも持っていた、しかし・・・ボンベの口金を持っていなかった、と。
c0189724_1624457.jpg

「冬の間にOHに出してねぇ」と話していたので、
冬期はMTBやシクロなどに乗っていたのでしょうか?
で、口金は其方のサドルバッグに入っていた、とか。

20℃を越す陽気に浮かれて走り出す前に、
今一度持ち物チェックをしましょうぞ!


あと「ボンベ持っているけど使った事無い」って人、
是非一度自宅でボンベを使う練習をしときましょう。
始めて使うのが出先でとなると・・・緊張しまっせ?

一昔前は結構良い値段してたボンベも、今や業界最安¥350/本ってのがあります。

安心感を¥350で買えると考えれば?是非やるべきですよ。
出先でパンク修理出来ずにエライめを見ると・・・金の意味なんて吹き飛びますから。
by kaleidocycle | 2015-03-18 16:53 | 商品

カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧