井戸端監視カメラ



<   2014年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ランナー・フェンダー。

c0189724_19462468.jpg




ダン!

c0189724_19463477.jpg




ダダン!


c0189724_19464541.jpg

ダダダン!


という訳で(どういう訳で?)本日のお題は、
エクストラサイクルの専用フェダー

・エッジランナーフェンダー ¥10,000(税別)


エッジランナーと言えば前後異径ホイルを採用したロングテールバイク最前線モデル。
後輪20インチゆえの積載性の高さはは素晴らしく、
子供を乗せた際の取り回しの軽さで女性からの支持も多い。


そんな日常使用での使い勝手を高めたエッジランナーですので、
天候問わずガッツリ使って頂きたいし使いたい。
が!
フェンダーを着けよう!となった際、前26インチで後20インチという事は、
26インチ用と20インチ用を其々用意せねばなりませんでした。
c0189724_19474536.jpg

そんな中出て来たこの専用フェンダー。
当然前用は26インチで後用は20インチ。

素材はアルミで軽量に仕上がっており、
特筆すべきはその幅の広さ

ワイドタイヤも余裕で飲み込めます。

c0189724_19493558.jpg

フロントと比べると必然的に長くなる、
リアフェンダーの裏には補強が入り、
振動によるクラックへの対策としています。

そう、専用と謳うだけあり、
ただ26インチ用と20インチ用を、
セットにしただけ、というのでは無いのです。

c0189724_19532756.jpg

また取り付けて行く中で思わず、
「エウレカ!」とアルキメデス風に叫んだ、
というのは嘘ですが。

エッジランナーのフレームにあった謎のダボ穴が、
専用フェンダーマウント用であった事が判明。


このダボ穴がある事でステーを短く出来、
フェンダーの揺れを抑える事が出来るのですね~。

c0189724_19533819.jpg

左サイドの変な所にあった謎ダボ2も、
やはりフェンダーマウント用でありまして。

こっからこう来てこうなっちゃう訳です。



・・・どういう事かは画像でご確認下さい。

c0189724_19535958.jpg

フェンダーが¥1万、と聞くと。
個人的には少々高い印象を持ちます。

しかしそれは「ただのフェンダー」であった場合。


上記した通り、このフェンダーは、
エッジランナーで使用する為に最適化されており、
構造も仕上がりも充分納得の行くモノです。

リーズナブルな¥3,000のフェンダーを、26インチ用と20インチ用其々買って、
¥6,000で収めると言うのも一つの手ではありましょうが、
アルミフェンダーの「クラナ・シーライト¥5800」を2ペア買う事を思えば?

この完成度で¥1万の製品を出して来てくれた事はエッジランナーユーザーにとって、
朗報と言って差し支え無いのでは、と思ったりする訳ですよ。
by kaleidocycle | 2014-06-28 21:00 | 商品

赤パン・オン・ザ・スリル。

c0189724_15321984.jpg

新たなる巣への移住も9割方が済み、
テリトリーをキョロキョロ見回す余裕も出て来た、
そんなカライドサイクルです。


住まいが変わると走る場所も変わる。

というか朝の1時間や2時間で纏めるとなると、
どんなルートが効率的に楽しめるのか?
そんな事も徐々に検証して行かねばなりません。

c0189724_15322745.jpg
しかし未だゴミ放りに行ったり、
日曜大工センターへ行ったりと、
朝から引越し後処理に追われる毎日。


あ~っ!
こんな狭い道ばかり走ってんと、
パーっと山向こうへ走りに行きてぇ~!




c0189724_1533778.jpg

そんな停滞した気分を吹き飛ばすべく、
こんな刺激的なのが仕上がって来ました。

・CCP ホボレーパン-SPL ¥17,000(税別)


赤・・・赤いズボンって履いた事あります?
冷静に考えれば赤いズボン履いてる人って、
あんまり見た事無い様な気がします。


c0189724_15332048.jpgc0189724_15333374.jpg



c0189724_15365376.jpg
「ズボン然とした外観を保ちながらも、
 限り無くレーパンに近い漕ぎ心地を」

というコンセプトで作られた、
ホボレーパンの第3世代モデル。


前屈姿勢時に背中が出難くい、
超ハイウエスト仕様の後背面や、
ベルト無しでも腰ズレがおき難い、
テンション高めの腰周り&Wボタンなど、
走り込んだ末のニーズを具現化。
(ベルトループは御洒落ベルト用っすな)

c0189724_1537370.jpgc0189724_15371489.jpg


実際に購入して頂いた方からは絶賛を頂く事も多く、
2枚目をご用命頂く事もしばしばな此方。

しかし、色が・・・地味なんですよね・・・。
一枚だけなら地味でも良いけど、地味さは守りであると同時に逃げでもある。
c0189724_15362079.jpg

使い勝手よく丁度良いだけなんてのは、
大手ブランドさんに任せておけば良くって、
ドメスティックブランドであるCCPがやるべきは、
CCPでしか出せない「スタイル」の提案じゃないか!

と、勝手に吠えてみた結果、
「口を出すなら言い出しっぺから」という摂理に基づき、
「ホボレーパン」の命名者であるワタクシ自ら、
フィット感&摩擦感&色味を考慮し選んで、
今回の空井戸SPLである「赤パン」が誕生。

c0189724_1534540.jpg
は定番で間違い無い選択なんですけど、
気を抜いてるとモノトーンばっかりになっちゃう。

それはそれで悪くは無いんですが、
自転車漕ぐ事はスポーツだ!と捉えるなら、
もっと気分的に飛ばして行っても良いんじゃないかと。


例えばワタクシ愛用のムンクジャージ、
コイツを黒のパンツで着るとな~んかピシッとしない。

けど赤パンなら!如何でしょう?結構普通でしょ?

c0189724_15342444.jpg

今は亡き革命系地下組織、
「チビクレティスモ・デ・ラ・アナルキア」
のオフィシャルジャージ。


コイツは本来ビブショーツとのセットアップですが、
セットアップで全身バチバチに決めるのもあり、
そして赤パンと合わせて少しトーンを落とすのも?

意外とええ感じではないでしょうか。

c0189724_15345390.jpg
サイクリングポロと合わせて、
リラックスを装いながらも、
実はガチガチに漕げてしまう、とか。


わけの分からん言葉を羅列して来ましたが、
気がつけばこの赤パンが普通に見えませんか?

そう、あくまで個人的な観点ですが、
赤パンは「ありえない」様に見えて、
ホボレーパンのキャラとしては、
実は結構ありなんじゃないかな、と。

赤いズボンを履くってのはチョイと勇気がいるかもしれません。
そう、それはスリルを伴う選択でありましょう。

しかしそれを越えて向こう側を覘いてみようというアナタ、
Mサイズ3枚&Lサイズ3枚の合計6枚作った内の1枚をお手元に是非。
by kaleidocycle | 2014-06-27 20:52 | 商品

週休二日島太郎。

昨日の定休日に一昨日臨時休業を加えた二日間で自宅の引越し完了!
・・・と言いたい所ですが全く完了しません。

自分だけの引越しなら適当~な所で「完了!」と言えるのですが、
赤子を含む家族での生活となると、必要とされる完成度は遥か遥か高く。
c0189724_2222229.jpg


と、二日間(+α)やっさいもっさいした結果、
少々の疲労感を手土産に仕事再開。



たった二日休んだだけですが、
とてもとても久し振りに店に来た気がします。

急ぎの仕事がたまっている訳でも無いし、
そんなに仕事が恋しい訳でも無いけれど、
何で己の店に来ただけで、
こんなに「ホッ」としてしまうんだろう?

そんな事を考えていると、引っ越した家ではテレビは見れずPCも使えず、
更に携帯電話の電池が切れている(充電器は荷物の何処かに埋没)という、
情報隔離状態にある事に思い至りました。

引越しの段取りと作業に没入しており、情報遮断に不自由を感じはしなかったのですが、
この店に居る事で感じるホワ~ンとした感情の源が、
情報のぬるま湯にあるとするなら・・・うむ、中々に恐ろしい。


本当の原因は、仕事してな尻の据わりが悪いというただの貧乏性なんでしょうけどね。
by kaleidocycle | 2014-06-26 22:48 | 無駄

集い的なモノのお知らせ的な。

みんな大好き、大阪発自転車フリーペーパー「サイクル誌」
その最新号が届いたので配布を開始しております。
c0189724_1940143.jpg

c0189724_19401124.jpg

「自転車のカゴの大きさの考察」や、
「ミノウラ工場見学」などなど、
今回も曼荼羅の様な構成の此方。


早速手に取って読んだ、という方。
開いた2面にある記事は見て頂けましたか?

拡大 と~?

c0189724_19402333.jpg
以前も小出しに告知しましたが、
来る7月23日~27日までの5日間、
日本に住まう若手フレームビルダーによる、
己が作品の競演が開催されます!


その名も「手製自転車の集い」
いやぁ~、日本語ってのが良いですね。

今回現場は弊店という事で、誤解を招く事を予想し先回りしますが、
「今回のイベントは弊店企画によるものではありません」
胸を張って鳩胸姿勢で言いましょう、ワタクシにそんな行動力は無い!


c0189724_1942157.jpg

自分の様な自転車屋稼業ってのは、
飲食で言えば料理人みたいなモンでして。

材料を選んで使って、如何に美味しく、
栄養バランス良く、適価で提案するか?

それこそが存在意義の全てであります。

ただ野菜や肉やの生産者と、料理を食べるお客さんが直接接する事が無い様に、
我が自転車業界でもビルダーとユーザーが直接接する機会はとても少なく、
結果として多くのユーザーは、ビルダーと言う存在をぼんやりとしか感じて居ないのでは?


そんな中「ただフレームを作る事の簡単さ」と、
「良いと評価されるフレームを作る事の難しさ」を、
両面から挟み撃ちで世に知らしめようと蠢く、
SunrisecyclesビルダーにしてBYOBファクトリー代表でもある高井氏

今回のイベントは彼の声掛けに応えた十数名による競作なのです。
c0189724_19403274.jpg
そしてウチは場を提供するだけ


ゴチャっとした一階の商品達を、
イベントに向けて封印せねばなりません。

封印っつっても運び込む場所は、
弊店3階しか残されていないので、
チョッとした引越しごっこになりそう。

その腕慣らしとして、明日は自宅の引越しする為臨時休業させて頂きます。


我が家の引越し状況よりも、手製自転車の集いの準備が気になる人は、
BYOBファクトリーのFacebookページか、若しくは以下の参加者をチェックして下さい。


「フレームビルダー」


Ace bicycles (東京)

Bakansu cycle  (東京)

Cicli KATSUO (京都)
http://ciclikatsuo.com/

CORNER bikes (埼玉)
http://soukawa-garage.blogspot.jp/

EQUILIBRIUM cycle works (東京)
http://equilibriumcycleworks.com/

Gifted cycles (東京)
http://www.holic-online.com/#!gifted-cycles/cmkf

Shin 服部製作所 (愛知)
https://www.facebook.com/shin.hattoriseisakusyo

Sunrise cycles (東京)
http://www.sunrise-cycles.com/Home.html

WELD ONE (京都)
http://www.weld-one.com/

Yanagi cycle (東京)
http://yanagicycle.sakura.ne.jp/


「パーツ」

Kaostem Production (埼玉 ステム)
http://www.kaostem.net/

Ripa Bag (埼玉 鞄)
http://flag-fsubomi.jugem.jp/?cid=5

Fairmean (東京 輪行バッグ)
http://fairmean.myshopify.com/

gunung (サイクルxアートx人生x小物)
http://blog.goo.ne.jp/gununglife

たつみ商会 (フレーム部材輸入&販売)
http://www.tatsumi-shokai.com/


「自転車塗装」

ミルキーウェイ (大阪)


はっきりと申し上げておきましょう、
多分ワタクシが一番楽しみにしていますよ。

by kaleidocycle | 2014-06-23 23:15 | 駄情報

ファンクラブ入会案内。

c0189724_17414792.jpg

梅雨とは思えん程涼しいですな~。


このレベルのまんまで行けば、
夏をデニムで過ごせっかも。

気温も湿度も関係なくデニムで年中過ごせる根性があれば、とは思うけど、
蒸し蒸しした日に汗で張り付くデニムの不快感ってのは・・・中々のモンですからな。
c0189724_17451482.jpgc0189724_1745251.jpg



c0189724_17461441.jpg

我慢は出来ない、でもデニム好き、
そんなアナタに此方の一枚。

・CCP ニューニッカーズ ¥18,000(税別)


斬新且つ複雑なパターンは正にCCPの骨頂

デニムのサイクルニッカが多々ある中、
「ニュー」と謳うだけの事はありますな。

c0189724_17462541.jpg

履くとこんな感じで、
正面から見るとデニムのクロップド。

因みに自分でサイズはXLなのですが、
細身が多いCCPにあって、
XLまで展開されるこの一本は僥倖。


で、これが普通のデニムのクロップドだとすると、
しゃがむのさえも邪魔臭そうです。

c0189724_17463421.jpg
が!

股下から後身頃にかけての素材が、
2ウェイストレッチのライクラ系素材なので、
外観からの想像を遥かに超える足さばきの軽さ

この軽さ加減は普通のデニムは勿論、
ストレッチデニムであろうとも、
間違い無く不可能な異次元のそれ。

c0189724_17464255.jpg
後姿を特徴付けるフラップ付きポケットに加え、
サイドにもベンチレーションを兼ねたポケットあり。

ポケットは後のストレッチ部に向け広がっているので、
モノを入れた際にはストレッチ素材が伸びて膨らみ、
ペダリングへの影響を最小限に収めてくれます。


アパレルとしての純粋なる格好良さ、
自転車乗車時の快適性、
そして他と見間違いようの無い斬新さ、
そんな「CCPらしさ」満載のこの一本。

CCPが好きなサイクリストは是非飛びつくべきでしょうし、
CCPなんて知らな~い、という人も此処からCCPを知って頂きたい!




c0189724_1941594.jpg
「何々好き」と言えば。

いつか紹介しようと温存して来た、
この愛満載のジャージを紹介しましょう。


そう、無く子も黙る日本自転車界の星、
「日東」のオフィシャルウールジャージです。

・日東 ウールジャージ ¥14,200(税別)

c0189724_1943339.jpg

化繊が主流のサイクルジャージの世界にあって、
未だ熱烈な愛好家を残すウールジャージ。

同じくハイパフォーマンス系パーツが当然の、
サイクルパーツ界にあっても、
やはり熱烈な愛好家を残す日東製品。

とか言うと日東の製品が性能で劣るみたいですが、
そういう事ではなくてですね、え~と・・・。


「やっぱコレだね!」
という括りで言えば同類という事です。

c0189724_17474443.jpg
100%メリノウールで肌触りよく、
一般的なウールジャージと比べると、
やや薄手な事もあり通年で着易そう。

バックポケットは素材特有のタレを防ぐ為、
其々にボタンのついた3ポケットと、
嫌味の無い定番な仕上がり。

c0189724_17475474.jpg
ただ一点、必ず伝えねばならぬ事は、
サイズがとてもデカイという事。

そう、そもそもこのジャージは日本向けでは無く、
欧米の日東ファンに向けた製品であり、
サイズもアメリカン故に自分でもMサイズ、と。


自分も勿論日東製品が好きなのですが、
海外のサイクリストが持つ日東への好感は、
どうもそんなレベルでは無い様で少々不思議。

でも単純にジャージとしてイカしてるし、メリノジャージとしてはリーズナブルだしで、
日東製品を愛用する人には是非選んで頂きたい一枚。

ただコイツは予約・取り寄せの製品なので「欲しい!」と思っても納期が結構かかります。
弊店にはSサイズとMサイズが在庫ありますので、待ちたくない人はさぁさカモーン。
by kaleidocycle | 2014-06-22 19:44 | 商品

また会いましょう。

知人に不幸があり、昨日はお葬式に行って来たのですが。

随分久し振りに見る顔も多く、「おぉ久し振り、元気?」とか言っていると、
そもそも葬式って何なんだろう?と考え込んでしまいました。
c0189724_18465266.jpg


葬儀一般常識も信仰も持ってない、
そんな自分からすれば、
葬式とは「お別れ」の場であると思います。


だから「また会うに違いない」と思っていたのに、
不意にサヨナラする事になってしまったなら、
会えなくなる事を惜しみ、最後に会うのは当然。

でもお互いに生きていて、会おうと思えばいつでも会えるのに、
それでも会わずに何となく「また会うかもね」と構えていたとするなら・・・。
c0189724_1729352.jpg

先週、東の方に居る某真鍮系フレームビルダーとメールをしている中で、
「前に会ったのは何年前だっけ?」みたいなくだりがありました。

自分はまた彼に会う事を当然の事として予定しています。
でも会おうと思えばいつでも会える、とのんびり構えている事に加え、
実際会って何か用事があるかっつーと、ズバリ無いから、
わざわざ会いに行こうとも思わないまま数年経っちゃった、と。


また会う事を当然と思っているのに暫く会ってない、
そんな人の数は歳を重ねる毎に増えて行く様な気がします。

年齢なりに葬儀の常識を身に着けるとかよりも、
まず会いに行く事からはじめるべきなんでしょうね。
by kaleidocycle | 2014-06-21 19:17 | 無駄

パンダ合同作戦。

c0189724_1893858.jpg

パンダに包囲されております。


とは言え、来週に控えた引越しに向け、
荷物の箱詰めを開始しただけですから、
危害を加えられる心配は無用。


自転車関係の諸々も仕舞い始めている為、
1週間程は朝のひとっ走りもお休み。

例え自転車関係用品だけ仕舞わなかったとしても、
丁度今は寝違えて首が回らなくなっている為、
どちらにしろ暫くは活発に自転車に乗る事はかないませんで・・・。

不幸中の幸いって奴でしょうな。
c0189724_18261352.jpg


梅雨が明ける頃には首も回る様に戻り、新しい家にも馴染んでいるのでしょうか。
嗚呼、早くその日に辿り着きたい。

とそんなこんなで24日(火)は引越し作業の為、臨時休業頂きます。何卒何卒。
by kaleidocycle | 2014-06-20 19:03 | 臨時営業・休業

成長待望論。

c0189724_20254645.jpg


生後3ヶ月を迎えようとする我が息子様。
(←見た目こんな感じ、というかそっくり)


はじめはニコニコ扱い易い子でしたが、
此処の所メキメキと凶暴化しておりまして、
放っておくと「ア”ー!ア”ー!」と呼び続け、
夜間も寝が浅くすぐに起きて召集開始。


結果として、ワタクシはとても眠たい・・・。

c0189724_17142342.jpg

寝てられないので走りに出ようとするも、
グローブを何処にやったか分からない。
見付からないので指先に穴の開いた、
トレイルグローブを切って半指化。


しかし仕上がりはこの有様。

c0189724_17143354.jpg

う~ん、明らかに気が抜けている。

少し体を動かせば頭も冴えるだろうと、
とりあえず峠を上ってみるも、
睡眠不足の体は鉛の様に重く、
毛穴から滲む汗は何だか粘度が高いイメージ。


次から次へと小バエが腕に張り付くのも、
己の汗が爽やかでない証拠なのかもしれない。

c0189724_17144461.jpg
血も一巡りし、やっと体が動き始めた。

と思ったら車体の挙動がヌルヌルする。
はい、パンク。

一年に一度くらいしかしないパンク、
それを今日するというのは、
やはり気が抜けているからなのか・・・。


スローパンクの為、穴が見つけられず、
チューブをツバだらけにして必死に捜索。

c0189724_17145290.jpg

「眠たい時に運転してはいけない」
というのは自動車でよく言われる事ですが、
それは自転車にも当て嵌まるのかもしれません。

何が、というんじゃないんですけどね、
全体的にな~んとなく呆けちゃうんで。


今はまだ知能の欠片も無く本能で生きる息子様が、
誤魔化しが通じる位に成長してくれる日を、
眠い目を擦り擦り只管に待つだけなのであります。
by kaleidocycle | 2014-06-17 20:29 | 無駄

手巻き。

皆さん、サドルバッグはどの様なモノをお使いですか?
自分は基本的にオルトリーブ製品を愛用してます。
c0189724_1642361.jpg

歴代各車両のサドルには、
オルトリーブのマウントが装着され、
大きなバッグから小さなバッグまで、
必要に応じてガチャコンガチャコンと、
着けたり外したりああ便利ってなモンで。

それなりに気分よく過ごしていたのですが。

c0189724_16424976.jpg
セラアナトミカなどの様な、
レール形状が特殊な物には、
このマウントが上手く着かない、であるとか。

ISP仕様のロードにつけると、
妙な具合に擦れ傷が入るので、
チョッとやだなぁ、と腰が退けたりとか。


近年愛車ラインナップ中に増えて来た、
サドルバッグ・マイノリティな組み合わせに、
少々モヤモヤしていたりもしました。

そんな中でしたから、突如現れたコイツにガブっと喰い付いたのは必然。
・Straw-Foot Road-Wrap ¥5,500(税別)
c0189724_16431338.jpg


c0189724_16433565.jpg

「超」という文字が一つでは足りない位、
つまり「超々」と言える程にシンプルな構造の、
巻き込み式サドルバッグでありまして、
容量も必要最小限といった感じ。


しかし、例えば巻き込み最芯部に近い箇所には、
2つのポケットが用意されていて、
お金とパッチとを分けて保管可能であったりと、
「お!」という創意工夫が籠められております。

c0189724_16434528.jpgc0189724_16441199.jpgc0189724_16442310.jpg

c0189724_16444250.jpg
使い方は超々簡単。

まず入れるモノをラップの真ん中に寄せて、
左右を織り込み、クルクル巻く。
コレにて準備完了。

c0189724_1645261.jpg

そしてシートレールに括り付けると・・・、
ホラ!ええ感じ!


マウントも何も要らず、
ただシートレールにしがみついているだけなので、
サドルバッグ・マイノリティなサドルでも、
単純明快、美しくフィットするのです。

c0189724_16455093.jpgc0189724_16455984.jpg



c0189724_16451979.jpg
サドルへの取り付けも、
単にベルトで巻いているだけでは無く、
一摘みの工夫があるお陰で、
スイのスイのキュッのビシッ!と固定。

またバラけぬ様に打ち込まれたベルトは、
カシマックス製のレザーベルトで、
ステンバックルなので錆の心配も無し。

c0189724_16462021.jpg


ん~・・・良い!良いでないかい!
c0189724_16464064.jpg

雨天時には泥水に晒されるサドル下。

そこに鎮座するからには、
素材もロウびきの帆布で、
一応の防水性はあるにはある。

けれどコイツは泥に塗れて、
何度も何度もクシャクシャにされて、
革のストラップと共にボロくなっていく、
そんな風景が寧ろ待ち遠しい。

と、こんなストローフットのロードラップ、色はオレンジ・グレー・ブラウンの3色。
後日記:オレンジ&グレー完売! ブラウンのみ在庫あり!


便利過ぎなくて良い、素敵であって欲しい、そんなアナタに。

ロードラップというからには。
by kaleidocycle | 2014-06-16 19:34 | 商品

それる力。

c0189724_160128.jpg

何しに何処へ行くでも無く。

午前の時間をゆらり過ごすべく、
当所ないサイクリングへと漕ぎ出す。


跨るはEBS・Hobo

c0189724_1602522.jpg

33.3cを履かせた足回りにキレなどある訳も無く、
代わりにあるのは只管にマイルドな走行感。


路面状況、勾配の緩急、風の強さ、
そんな情報の角は全て丸められ、
春の日向でまどろむが如き気分に浸り、
何しに何処へ行くでも無く、ただ漕ぐ。

しかししかししかし。

c0189724_1612172.jpg
「何処行くでも無く」っつっても、
自転車は移動道具なんだから、
やっぱ「何処を通って何処へ行く」という、
目的というかお題が無い事にゃ、
どうにもピシャっとせんですわな。


でも午前中の限られた時間内に楽しめる、
走って爽快なルートなんてのは、
バリエーションに限界があるし、
時にマンネリを感じちゃうだわよね・・・。

c0189724_1613811.jpg

そうよ、アタイは自転車にロマンの影を見るのよさ。

同じ道を毎日走って「トレーニング」なんて言える程、
精神力も無ければ、なりたい自分も無いだわよ。


と、オカマちゃんモードに入りながら、
曲がるべきで無い辻を曲がって砂利道の峠へと、
何かに吸い寄せられる様に突入。

c0189724_1615075.jpg
フォッフォッフォッフォッ!

そうそう、この旧道、というか廃道、
と言うか昔の人が通っていた道!
来てなかったよね~、ここ数年。


どうみてもMTBの道、
というかトレッキングの道だけれど、
意外と走れてしまう33.3cマジック。

ドッタンバッタンガッチャン、セイッ!セイッ!
c0189724_162495.jpg



c0189724_1621820.jpg
ハンドルとの格闘に夢中になった後、
フと冷静になり考える。
「俺はこんな所でなにをしているのだろうか?」


己が意味分からんのなら、人様から見ればなおの事。

しかし分からないという事が「無」ではない通り、
けっして無意味な行動ではなく、
ただボンヤリと姿の見えぬ何かに心惹かれるけど、
その正体は把握しきれていないだけ。

いやぁ~、サイクリングの正体って何なんでしょうねぇ?

と、投げっ放した所で明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2014-06-14 22:52 | 無駄


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧