井戸端監視カメラ



<   2014年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


乗り物バンザイ。

c0189724_1957191.jpg
「男児厨房に入るべからず」
などと言いますが一人暮らしではそうも行かず、
炊事・洗濯・掃除、全てマイセルフの最近。


で、普段は縁の無い家の隅々までを触ると、
気になる事が出てきてしまうんです。

例えば、ほんのり黴臭い洗濯機の匂い
コラ何とかせねば!と毒液を購入し、
洗濯機に投入してボタンをポチっとな。

ワハハハハハハ!これで匂いも消し飛ぶんでないの?
というか飛んで欲しいなぁ、どの程度効果があるのかしらんけど。

・・・ん?何?7時間もかかるとな?
さてはて、こんなに早起きしたのに何をしようか。
走りに出るにも雨が降っているし、濡れて帰って来ても洗濯機は使えんし。
c0189724_19581262.jpg

よし!

という事で今朝はドライブに。
ドライブって死語になった感ありますが。

c0189724_19585847.jpg

自転車屋のクセに原動機付きとは!
恥を知れ!シェイムレス!

と、過激な思想の人に言われたとしたら。

「スイマセン、乗り物が好きなんです」
としか言えません。

c0189724_1959189.jpg

因みに今のマシーンはこんなの。
ホンダの「FIT3-RS」って奴。

結構まともな車乗ってるでしょ?
初めて買った車であるN360からすれば、
随分真っ当な方向に進んだモンです。

ワタクシ小さくて実用的な車が大好きで、「ゴルフ1」のディーゼルの4MTとか最高ですし、
共産圏の星である「ラダ・ニバ」や、その兄弟車である「パンダ」も大好きです。
因みにマイファーストカーである「N360」の次はトヨタの「パブリカ」に乗っていました。

でもそういった丁度良いコンパクトさの車って、旧い安全基準でしか存在出来ず、
「事故がおきても自己責任」という駄洒落で済まされる内は良いのですが、
第一子を迎えようとなった今年・・・もはやそれでは済まんくなったのです。

で、現代の安全基準に沿った車を!という事で選んだこの車。
c0189724_1959295.jpg

子供をなるべく安全に運べて、
自転車や荷物を沢山積めて、
それでいて出来るだけ小さくて、
なおかつマニュアルである事。


それを一番効率よく叶えたのが此奴。

c0189724_19593923.jpg

FITの中ではスポーツモデルらしい、
が、んな事はどうでも良いのです。


家庭人に要求される能力を有し、
それでいて「暇だなぁ~」という時、
「乗りたい」と思える事が何より大事。

フロントガラスの中、延々と変わり行く風景を映画を眺める様に楽しみ、
うねる山中の小路を小気味良くシフトを繰り返して駆け抜け、時に少しだけ回す。

田舎道のドライブって本当に面白いと思うんですけどね、
何か今は「ドライブ」って時代じゃ無い様で、少々寂しく感じます。
c0189724_19594839.jpg
「そりゃアンタ、自転車の時代だからだろう」
という答もあるのかもしれませんが・・・、
どちらか選らばなければいけない、なんて変でしょ。


乗りたいモノなんて幾らでもあるし、
「忙しいから」って言い訳を吐いてしまうと、
取り戻せない何かを失ってしまいそう。

人様に迷惑をかける事はいけない事ですが、
「好きだ」と思う事は多ければ多い程良い。

嫌な事から逃げ、好きな事を追いかける為の力を与えてくれる、
だから乗り物は魅力的なのかもしれませんな。

そして明日は定休日なので、ロングテールバイクにオムツを積んで息子に届けてきます。
by kaleidocycle | 2014-04-29 21:51 | 無駄

身代わりGoods。

本日月曜、GWの中の平日という事で、「さすがに山中に人が溢れる事は無かろう」
そう考えてみるも・・・己を信じきれず恐る恐る山へ侵入した今朝。
c0189724_2023349.jpg

でも、トレールの下りでハイカーと遭遇し、
休日を楽しむ人々が「ひぃっ!」となると、
ひぃっ!と言わせた方も凹むので、
本日はダートを上る作戦でレッツラゴー。


で、跨るはモンキー29・・・ではなくマキリ。

キレキレな動きをみせるモンキー29に対し、
26+のDirtWizerdを履いたマキリは、
当然の如くキレの欠片も無い漕ぎ感。

c0189724_1948670.jpg

上り好き好きなXC系ライダーとかなら、
ウンザリするのかもしれませんが。


山中をノソノソと走るだけの自分にとっては、
低圧にセットした2.75幅の圧倒的なグリップで、
ガレもエグレもなんのそので、
ブリンブリン喰い付き上るこの感覚は、
うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!てなモンで、
遊具に乗っている様な楽しさ。

そもそも飛ばさない(というかそんな技術が無い)ライドが基本のワタクシ、
如何にこけず&足を着かずに走り切るかという事を日々の目標としております。

現在は、激烈なグリップを得たマキリに跨る事で、
下りで「アワワワ」となる瞬間と言うのは相当少なくなりましたが、
上りで「惜しい!」と吠えながら足を着く事は未だ多い。



因みに弊店では足を着く事を「一機失う」と呼んでおりまして、
アレですね、シューティングゲームとかで「残り二機!」とかのイメージです。

そんな屈辱の瞬間を、三機増強出来るグッズがあるとすれば!
如何でしょう?興味わきませんか~?
c0189724_19484376.jpg






そんな夢のグッズが此方。
c0189724_19485423.jpg

3度身代わりになってくれるという、
メキシコの魔除け髑髏をモチーフとした、
アヘッドステムキャップです。

コレがあれば3回足を着いても!
着いても・・・着いても大丈夫・・・。
んな訳無いか。

c0189724_1949811.jpg

失敗を無かった事には出来ませんが、
此奴を着ける事でハンドル周りの、
イマイチ感が無くなりピシっとすれば?

マイマシーンの事がより好きになり、
結果として人車一体の世界へと!
・・・コレも言い過ぎです。

c0189724_19491763.jpg
まぁしかしですな。

女房には綺麗であって欲しい様に、
マイマシーンはいつでもどこでも、
「ん~良い!」と言える一台であって欲しい。


その一台を練り上げて行く中で、
蔑ろにされ勝ちなヘッドキャップに、
こんなイカした選択肢があるのなら、
選んでみるのも良いのではないか、と。

「三機増やしたい!」
そんな風に思われた方は弊店か、
若しくは製作者のジョニーさんまで。
因みに価格は未定、数日後確定する模様。
by kaleidocycle | 2014-04-28 21:32 | 商品

段取り。

c0189724_20194630.jpg
気温がグングン上がり、
もはや靴などと言う暑苦しいモノは履いてられず、
今年初のサンダル出動となった空井戸サイクルです。


カレンダーと無縁で動く自分としては、
「世間様が働く時にこそ走るべし!」という、
棲み分けによる効率化を標榜しております。

で、反対に世間様が走るGWは・・・何しよう?
と考えた結果、車の洗車をしていた今朝。

c0189724_2020825.jpg

陽射し強く汗ばむ陽気なので、
水を使う事も苦になりません。


なので車洗うついでに昆布を洗う。
んな訳も無く。

チェーンステープロテクターに使う、古チューブを裂いて洗っていたというのが正しい。
c0189724_20233649.jpg


c0189724_20234680.jpg
そんなチューブを巻き巻きして、
モンキー29がまた一台完成。

フォークがやたら派手だけれど、
基本的には地味なこの一台。

パッと見はただの黒なのですが、
よく見ると無茶苦茶濃い紫メタリック

完成を待ちに待っていてくれたオーナーさんは、
完成即取りに来て頂けまして、「明日は早起きだ!イヤッホ~!」と。


c0189724_20241888.jpg
これにてGWケツカッチン系作業は全て終了。
少しのんびりしましょうか、と気を抜きかけたその時。


「忙しくて組めないので一台組みやがれ」
と輪界の友人から作業を放り投げられ、
納期今日中という事で再びアクセルを踏む。

弊店では即捨てる円盤も、
仕様用途を鑑みるに必要と判断し残す。

円盤かぁ・・・何か逆に新鮮。

c0189724_20243757.jpg
世間様が休む分だけ働く、という訳では無いモノの、
レクリエーション担当たる自転車業界は、
GW本番に向けて全力疾走が続く昨今。

そして我々自転車店が仕上げた車両を、
ガンガン走らせて頂くのが皆様のお役目です。


GWに京都まで踏んで来るという人も多い事でしょう。
「帰りは輪行で」という計画されているなら、
今年4月から輪行ルール改定となり、
厳格化されておりますのでご注意を!

もし帰りに自転車が重荷となる様であれば、完成車の箱(完パケ)に梱包して、
発送する事も可能です!・・・が、ご希望の方は事前にご相談くだせい。
by kaleidocycle | 2014-04-27 22:24 | 無駄

5月の営業予定。

c0189724_2039435.jpg


5月の営業は上記の通り、赤丸が休業日となります。

基本5の倍数日を定休とする弊店ですが、今月の例外としては、
10日は臨時営業、変わりに11日が臨時休業となります。


それでは今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2014-04-26 20:42 | 今月の営業カレンダー

万難。

c0189724_21391049.jpg
ここ一月、ほぼ毎朝走りに出ているのですが、
お陰さまで体も一回り細くなって来ました。

嘘です。全く変わりません、不思議な程に。


じゃぁ一体どんだけ走れば痩せるのだよ!
と、業を煮やして今朝は若狭湾までビューン!

どうした事でしょう?
それでも全く痩せそうにありません。

c0189724_21393184.jpg




c0189724_21394048.jpg
そらそうです、オートバイ跨ってるだけではね。


持てる自転車には均等に愛を注ぎ、
満遍なく出動させる様心掛けているのですが、
そのローテーションに中々差し込めないでいる、
そんなかわいそうなこのマシーン。

GWに入ると田舎まで人が溢れかえるから、
今の内に走っておこう、と海へ向かった今朝。
で、ガス欠してしまうという無様。

幸いにも少し押し歩くだけで農協のプチ・ガソリンスタンドを発見し事無きを得ましたが、
「己が単車の航続距離」を忘れてしまう程までに、乗る回数が少ない事を悲しみ涙々。


c0189724_21395088.jpg
「GWには張り切って遠くまで漕ぎ行かん!」
そんな計画を思い描く皆様。

タイヤに空気は入れましたか?
チェーンの油は切れていませんか?
自転車を明るい所でよ~く見て、
何か変だと感じる所は無いですか?


折角のGWを「あちゃ~・・・」で終わらせない為に、
ボチボチマシーンの準備を始めて下さいませよ。
by kaleidocycle | 2014-04-24 23:05 | 無駄

レディー?

c0189724_1871973.jpg
遂に!
今週末からゴールデンウィークで御座いますよ!

ゴールデンウィークと言えばそう!田植え!


・・・弊店、GWなど関係なく営業しており、
勿論、田植えをする予定も御座いません。

そんなGWも田植えも共に縁の無い自分は、
大猿マシーンに跨り今日も山を行くのみ。

c0189724_1875687.jpg
あ~、平和ですなぁ~・・・。

来週の今頃ともなれば、
山も人で溢れるのかもしれませんが、
純然たる平日の本日は山独り占め。

遠くに見える市内に呼びかけてみる。
「お~い、皆働いているか~い」

c0189724_1874392.jpg

いや、ワタクシも勿論働いておりますですよ。
昨晩も日付が変わるまで店に居ましたし。
(仕事していた、ではなく居たというのがミソ)

しかし眠たいとか忙しいとかと、
「走るor走らぬ」はまた別の話。
この肌に丁度良い気温、そして好天、
山に小虫が湧き出す前の一瞬の輝き!

世の皆様が来週堪能するであろうこの世界を、
一歩お先に頂きま~す。

c0189724_18583898.jpg


c0189724_18592348.jpg
朝飯喰うなら家より山が良い、
これ当然の事。

聖地に辿り着いたなら、
パンと牛乳をモグモグモグモグ・・・。

その朝飯を詰め込んで来たのが、
此方のメンズブラ。

c0189724_1902156.jpg
では無くてCCPのBeyond

ビヨンドはメッシュ素材で出来た、
超軽量バックパックでありまして、
言わば背負うサコッシュ的存在。

容量はサドルバッグ以上、
バックパック以下といった所か。

然程容量の大きなバッグでは無いモノの、
ジャージのバックポケットに被らぬ位置で担ぐ為、
バックポケットも併用できるというのは非常に有り難い点。
c0189724_1904187.jpg
中身が空になればクルクル丸めて、
バックポケットに押し込む事も可能。

でも素材がメッシュ素材なので、
風抜けはこれ以上無い程に良く、
バックパックでありがちな、
「背中があつい」「肩があつい」
なんて事とも無縁で使えます。

c0189724_1950394.jpg
GWにロングライドを計画されている方。

キャリアをつける程でもない、
でもサドルバッグだけでは不安、
そんな事で悩んで居られるなら、
ビヨンドが正解なのかもしれませぬぞ。

・CCP Beyond ¥6,000(税別)




c0189724_19504043.jpg
あと同じくCCPから、
サイクリングキャップが届いています。

・CCP 春曲がり帽  ¥5,000(税別)


頭部が3パネルで構成された此方、
その名の通り微妙に正面をズラしており、
真っ直ぐ被っても少し曲がる、
斜めに被ってもやはり曲がる、
そんなへそ曲がりなキャップです。

c0189724_19505233.jpg
またサイクリングキャップとしては、
ツバが長めであったり、
後頭部に余裕を持たせて、
緩く被れる形状であったりと、
少し気の抜けた程々感が良いのかと。

因みに我が家の第一子は、
頭がエイリアンの様な形状でありますので、
此奴を被せるとピタリとおさまるはず。

c0189724_1951145.jpg

素材は春らしく薄手の綿100で、
色は見た目も軽快な刷毛目のインディゴとレッド。


紹介する前からボチボチ旅立って行ってますが、
やはり人気なのはインディゴ。

しかし自分はレッドの感じがとても好印象、
なので今もレッドを被っておりますです。

c0189724_1905785.jpg
「春よ来い」
そんな事を願っていたのも今は昔、
すっかり春満開で魂が抜けそうに。

トレイルで咲き誇る山つつじの、
ハッとする様な色はとても美しい、
でもどうしても写真には写らない。


今週末から始まるゴールデンウィークに、
是非山へ入ってその色を愛でて下っせい!
by kaleidocycle | 2014-04-23 21:13 | 商品

春からロングテーりませぬか?

c0189724_22413313.jpg

春霞、というのとは何か違う、
妙にスッキリしない空模様ですが。

雨が降らぬだけ幸いと、今朝も今朝とて、
バカの一つ覚えでペダルを回す。


すぐそこの山でさえも、
乳白色のフィルターに包まれておるな、
と、世の動きをパトロールしているのですよ。

c0189724_22414369.jpg

季節の変化は嫌でも知る事になる、
それはサイクリストの共通項ですが、
「ゴールデンウィークはすぐそこまで来ている」
というのは、お客さんと話をするまで知らなんだ、
そんなカレンダーと無縁の自分であったりします。


そうかぁ~ゴールデンウィークかぁ~・・・。
楽しそうですな!しかし・・・。
混み合う事を想像するとゾッとするぜ。

渋滞は嫌だ、満員電車も嫌だ、バスを延々待つのも嫌だ、
そんな社会への順応性に欠けるアナタは、マイペースで過ごす為に是非此方を。
c0189724_22415258.jpg


Xtracycle EdgeRunner 塗り替えてみた仕様
c0189724_22421178.jpg
水色」「橙色」というトリッキーな色、
そして「」「」という定番色、
そんな4色展開のエッジランナー。

其々魅力的ではありますが、
「コイツはそんな型に嵌まらねぇ魅力があらぁ!」
と突如再塗装してみた今回。

塗色は個人的好みの「微妙な薄緑」
歴代同系色を3台並べるとこんな感じ。
一番奥のリカンベントは緑が強くて、
真ん中のボッカ試乗車は白っぽい。

そして今回塗ったエッジランナーは、どちらかと言うと緑がかったベージュという感じ。
画像では分かり辛いですけど、実車で見ると色の違いは歴然。



エッジランナーは後輪20インチの生む圧倒的低重心と合理的補強で、
ロングテール界の王たるSurlyのBigDummyをも、
使い方によっては凌駕する、そんな可能性を十二分に秘めています。
c0189724_22422132.jpg
コイツだからこそ重量物を積める。
そんな事もあろうてなモンで、
バッグは防水&拡張性豊かな、
SurlyのDummyBagを装着。

そう、こいつはやり方によっては、
ビッグダミーと正面対決出来る、
スモールダミーと呼べるのです。

そんな今回の微妙な薄緑にして特別なエッジランナー。
・Xtracycle EdgeRunner 24D  ¥174,800
・Surly DummyBag  ¥24,000

両者の合計¥198,800(税別)で如何でしょうか?

つまり塗装代サービスというオファーです。
たかが塗装代、と侮る事無かれ!モノがデカ過ぎて塗り直すのも一苦労で、
お客さんから依頼を受けて塗り直させて頂く事も可能なのですが、
多分・・・値段聞いたらチョッと考えると思う。
c0189724_22424067.jpg

まぁそうそう塗る事の無いであろう、
そんなエッジランナーだからこそ、
塗ってみたくなるのが人情というモノ。

その勝手に塗られた一台を、
気に入って頂ける方が居られるとするなら、
それはもう是非に是非に是非に是非に・・・。


「気になってたけど 気付いたらもう無くなっていた」
そんなコメント聞きたく無いやい!
by kaleidocycle | 2014-04-22 23:59 | 商品

ロングテーるべきか否か。

c0189724_19323298.jpg

曇天が続くと洗濯物がたまる。

洗濯しようにも夜まで店で過ごす自分ですから、
午前に干して、翌日午前に取り込む為、
天候が少しでも怪しければ干す事が出来ません。


しかしそのたまりっぷりもそろそろ限界なので、
今朝は洗濯機を2度回して、
カゴにつめたらロングテールでGo。

c0189724_19324190.jpg
向かう先は勿論コインランドリー

清潔感とは程遠い古びた此処ですが、
乾けばなんでも良い人間にとっては、
混んでいないというのは寧ろ魅力。

乾燥機が回っている間、
独りボケ~とするのみ。

c0189724_1933069.jpg

パリっと乾いた洗濯物を自宅に放り込み、
いざ店を開けん、と出動。


開店時間まで少し余裕があったので、
園芸用品屋に立ち寄って、植木鉢を土を購入。

土を買う、というのは冷静に考えると変な感じ。
でもまぁそんな事気にし出すと、
生きて行けなくなるっぽいのでスルー。

c0189724_1933918.jpg
か~わい~い~あ~の子~に~♪
つ~ちあ~げま~しょぉ~♪

と、オリジナル土ソングを歌いながら、
だらだらペダルを踏む。

スポーティーさの欠片も無いけど、
持ち上げるとそこそこ重い土を積んでも、
何も無かった様に走る、それは値千金。

c0189724_19332450.jpg
買って来た鉢に土入れ名も知らぬ木を植え替え。

今となっては誰から戴いた木なのか、
それさえも覚えていないのですが、
枯れる事無く元気に葉を伸ばす此奴。


突如吹いた大風で鉢ごと倒れた際に、
鉢が割れてしまっていたのでスッキリ引越し。

新居は一回り大きくなったので、
きっと枝振りもより広がろうてなモンで。



「自転車が好きだ」という人にとっては枠外に位置する事があるかもしれない、
けれど「自転車が大好きだ!」という人は、
「いつか欲しい」か「もう乗っている」なんじゃないかというロングテールバイク
c0189724_19342224.jpg

そんなロングテールを生み出した、
エクストラサイクル社の新型完成車エッジランナー

最新という事は最良である、って、
某ビックブランドの謳い文句みたいだけど、
ロングテールは新しいジャンルだけに、
やはり煮詰めが進んで最良であると言えるはず。


よく見るとシートチューブがベントしているのですが、
こういった所も試行錯誤の結果でありましょうな。

c0189724_1935122.jpg

で、エッジランナーは完成車のみで、
フレーム売りが無いのは残念なのですが、
せっかくこんなに良く出来たコイツを、
もっと愛してやって貰えるなら・・・。

と、思い切ってフレーム塗装に出した今回。


組み上がった夜には、微妙な色味が災いし、
もはや写真を撮る事もままならんので、
続きはまた明日、おやすみなさい。
by kaleidocycle | 2014-04-21 21:01 | 商品

良い峠。

c0189724_22265188.jpg
さてはて、今日は何乗って何処行くか?
と考える所から一日が始まる訳ですが。

その選択の針を押すのは、
小さな部品一つだったりする事屡。

で、昨日「玉千鳥」を取り付けた、
オジサン一号に跨り、
オジサン一号が似合う場所を目指す。

c0189724_2227910.jpg

京北の入り口に位置する「栗尾峠」は、
山の下を通るトンネルが開通した事で、
わざわざ峠道を通る車もほぼ居なくなる、
そんな流れで自動車通行止めになりました。


しかし、それは「自動車」のみの話であり、
旧道と化した峠道は、
「自転車・歩行者道」として、
引き続き使われて行くそうな。

その為、現在工事中の看板はありますが、
特に何かスペシャルな整備がされる、という訳でも無いようで、
車が一台も走っていない以外は見慣れた栗尾峠そのまんま。


でも、よ~く見ると変わった箇所があります、分かりますか?
c0189724_2227186.jpg
答は「キャッツアイが削られている」

自転車で走るだけなら、
あって困るモンでもないけれど、
無けりゃ無い方が良いに決まってる。

それより何より車が居ない峠というのは、
実に新鮮で、そして最高に気持ちが良い。

後から来る車に神経配る事無く、エッホエッホとマイペースで上り、
高度を稼ぐに従い、ひらけて行く風景を楽しむ。
c0189724_22272610.jpg


c0189724_22274055.jpg
元々この峠は眺望を売りにしており、
その眺めは中々に素晴らしい。

しかし交通量が比較的多い為、
眺望を楽しめる状況では無かった。

それがトンネル開通に伴い、
本来の美しい峠の姿に。

100年前とかは当然車も走っていなけりゃ、道も全く違ったはずですが、
この眺望の「嗚呼、集落が見えた」という喜びは昔のそれのまま。

そんな喜びをのんびり堪能しながら走れる場所が出来た事は、
サイクリストにとって非常なる幸せであると思います。


「速くなりたい速くなりたい」「遠く行きたい遠く行きたい」そんなのも良いですが、
たまには自分の好きな自転車で、良い峠をじっくり楽しむ幸せってのも良いモンですよ。
by kaleidocycle | 2014-04-19 23:09 | 駄情報

グッと来る力。

c0189724_2125469.jpg

今朝は天気もイマイチなので、
走りに出る事も無く二度寝を堪能。

晴漕雨眠、嗚呼素晴らしき春の過ごし方。


更に一目息子に会おうと欲を出し、
家内と息子が身を寄せる家内の実家へ。

大通りは通らず、あえて狭い道狭い道。

c0189724_21251350.jpg
おぉ!我が息子よ!
って・・・アレ?此処は何処?

息子に会いに行くはずが間違ってしまった、
という訳ではなく、家内の実家の近くにある、
アイズバイシクルさんへ突撃しただけ。


大人サイクリング界の魔窟である此方、
自分の様なハナタレが足を踏み入れるには、
まだまだ早いディープワールドでありますが。

c0189724_21252261.jpg

欲しい物があったので分けて頂きに。

その目的のブツが此方。
パチンコ玉の様ですがノンノン。

よく見ると「千鳥」の絵が見て取れますね。
という事は・・・。

c0189724_21253324.jpg
そう!此奴はブレーキのチドリです!

此奴の製作縁起については、
アイズさんの説明で確認頂くとして、
自分は説明不要の魅力を感じますです。

シンプルながら絶妙に設計されており、
組み付けると「ほっほ~」と唸らされる。

c0189724_21254377.jpg
チドリってのは一般的にプレスの製品が多く、
それで実用性は問題無いし見た目も悪くは無い。
ただ、グッと来ない。

削り出し系で言えば、昔はRingle、
今はPaulなんかのデザイン系があり、
良いなとは思うけど、チョト温度差を感じる。

いや、PaulもRingleも使ってるんですけど、
作り上げたい車両の方向性に対しては、
「違う」となって悩んでいるところに、
天から降り注ぐ様に現れたのがこのチドリ。

どうでしょう?ものすごく単純なんですけど、ものすごく良く無いですか?

というかチドリって本来主張すべき部品では無く、
限り無くゼロに近付くべき部品だと個人的には思いまして、
その存在が限り無くゼロに近付いた「玉千鳥」が重要性を増すという矛盾に、
「うむ、わけがわからん」と呑み込まれてしまう無様。
c0189724_21255294.jpg
人様にはどうでも良い事が、
自分にはどうでも良く無い。

趣味とはそういったモノでしょうから、
押し付ける積もりなど毛頭ないのですが。

千鳥で悩む人にはコレで¥2,000ですよ、
そんな事をお伝えしてみるのです。
お求めは弊店ではなくアイズさんへ。

因みにこのグッと来過ぎるマシーンは、本日弊店前を通って行ったインターセプター
いやぁ・・・コレでグッと来ない男の子って居るんですかね?見た瞬間テンション急上昇ですよ。

こんなグッと来るモノ達を目の当たりにすると、
「自分もグッと来るモノを提案して行かねば」とやる気注入されるのです。
by kaleidocycle | 2014-04-18 22:26 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧