井戸端監視カメラ



<   2014年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧


ロングライド・ア・ゴーゴー。

c0189724_18261754.jpg
こ~ん~な~小っ春日っ和の~♪
穏っやっかっな、日は~♪

と百恵ちゃんを口ずさむ本日。
その曲名が「秋桜」だとかは置いといて。


走りに行きたいっすね~!

このマシーンのオーナーも、愛車に跨り走りに出る自分を想像している事でしょう。
本日完成、Sunrisecycles謹製ロングライドロード。 
c0189724_18263046.jpg


ヘッドチューブが長く、チョいスローピングな此方の一台、
個人的仕分けで言う所の「アメリカンロード」のど真ん中。

数年前、MTBの聖地マウントタム周辺を一日かけてサイクリングした際、
借りた自転車がこの手のアメリカンロードだったのですが、
それからというもの、こういった車両の良さがドツボとなりました。
c0189724_18265211.jpg

安定感の強いジオメトリだけでなく、
タイヤクリアランスはご覧の通り、
28c入れてもまだこんだけ余ってます。


28cで安楽快走ってのもよし、
40cでツーリングなんてのもまた楽し。

c0189724_1827144.jpg
32c位までならフルフェンダーも呑みこむでしょう。

本所の亀甲?ちと違う。
SKS?そこまで実用実用じゃない。
Sykesの木製フェンダー?悪くない。
けどやっぱスマートなクラナがジャストかな?


フェンダーを着けない時には目立たずに、
取り付ける際には最大限スマートに、
そんな準備もフレーム側には施されてるし。

こういった「チョッと太目のタイヤを履いたロード」って、
23c履いた普通のロードみたいな「キレ」というのには欠けるんですけどね。
c0189724_18271245.jpg

でも苦痛だとか不快だとかってのが、
あるのか?と言うと別に無い。

ただタイヤが太くなった分だけ重くなる漕ぎを、
補正する為の工夫は必要なので、
コンパクトクランクの50x34tよりも、
ひとさじ分だけ軽い48x32tという、
聞いた事がある様で無い変な歯数に。

ホワイトインダストリーズのVBCならそれが可能。

見てよし、乗ってよしのアメリカンロード。
追っ掛けっこはガラじゃ無いけど、どこまでもどこまでもどこまでも・・・。
by kaleidocycle | 2014-01-31 20:59 | 商品

2月の営業予定。

c0189724_16165825.jpg


2月の営業予定は上記の通り、赤丸が休業日となります。

2月といえばドキドキ異性間交流のバレンタインデー!
知らない子からチョコレート貰ってドッキトキ!
ってな事は人生上一度も無いワタクシが2月14日生まれとはコレ如何に?

それでは今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2014-01-30 23:59 | 今月の営業カレンダー

イッツ・ア・ニュー。

通常、フレームが塗装に回っている間に部品の手配を済ませ、
塗装が上がると同時になるべく早く組む様にしているのですが。

メーカー欠品&入荷待ちという部品が出た為、
組むに組めないフレームが微妙に溜まって来ました。


「仕上げたい、でも出来ない」そんな悶々とした状態に耐え切れず、
本日は千本ノックならぬタップ&フェイスカット&リーマー掛けといった、
フレーム下準備を一気に8本施工!ウォォォ~!ザリザリザリザリ・・・。
ふぅ~、こんだけ数纏めて施工すると何やらメデタイですな。
c0189724_1928240.jpg

そんな部品待ちの仲間達を後に残し、
晴れて完成をみたのが。

「EBS Newスタッフ」

通勤スペシャルとしてオーダー頂いた、
スーパーニュートラルクロスバイク。

c0189724_19282543.jpg
で、Newって何がNewなのでしょう?

「ダブルレバー台座がついてる!」
残念、そこはオーナーさんの希望。


じゃぁ・・・え~っと・・・。

c0189724_19283361.jpg
答はこちら。
エンドがレーザー打ち抜きのプレートに!
って上の写真で判ったなら神です。

キャリパー台座一体型エンドにより、
ブレーキの精度が向上すると同時に、
プレートに穿たれた3つの穴により、
専用両立てスタンドが装着可能に。

c0189724_19284128.jpg
更にフォークがセグメンテッドフォークに。

フォーク先が太い部材を使えるので、
ブレーキ剛性がグッと向上。

勿論、見た目に高級感も出るし、
何よりとても格好よろしいかと。


通勤Splと言うにはチョイと格好良過ぎますが、
毎日乗る通勤車だからこそ!
自己満足出来るマシーンであるべきなのかも。

c0189724_19285259.jpg

と、一台仕上げた所で今日は此処まで。


明日の定休日を挟んで、
明後日には・・・コイツを仕上げまっせ。


by kaleidocycle | 2014-01-29 20:59 | 商品

書庫増強。

またまた本を頂きました。
ベトナムで見かけた、バイクで色々なモノを運ぶ人々の写真集。
c0189724_2220846.jpg


c0189724_22203549.jpg

「ペット運ぶから車は大きくなくちゃ」
なんて言ってる場合じゃない、
カブでも犬4匹くらい楽勝だぜ!


ま、此奴等がペットなのか?
それとも食物なのかは知らんです。

c0189724_22205396.jpg

「生きると言う事はこういう事だ」
そんな熱を感じると言えば感じるけど
何かもう・・・悪ふざけ半分にみえて仕方ない。


これをくれた人曰く、
「ロングテールの積み込みの参考に活用されたし」

そうか!ロングテールの参考書か!
レベル高過ぎて何の参考にもならんけど。

c0189724_2221943.jpg
弊店暇潰し文庫には、
そんな高度な参考書はもとより、
もう少し真っ当な自転車本もあります。

ツールドフランスブームの頃のムック本とか。

1987年のロードレースと言うのは、
今と驚く程変わらぬ事がある反面、
今と全く変わってしまった事もあり。

ロードレースファンでは全く無い自分でさえ、
ページを捲る度にグッと来ます。

c0189724_22211853.jpg
更に時代を遡って、
70年代~80年代のニューサイ
1977年10月号の表紙は、
鬼気迫る神様仏様中野浩一様。


「懐かし~」とかは全然無いんですけどね、
なんせ自分が0歳児の時ですから。

しかし温故知新という奴で、
暇な時にペラリと捲る度、新鮮な面白みが。

天気のいい日は走りに出るに限りますけど、
天気の悪い日や仕事中の昼休みなどに時間を持て余したなら!

空井戸文庫へいらっしゃい。
by kaleidocycle | 2014-01-27 23:59 | 駄情報

やっぱり北が好き。

「雪を避けるべく、久し振りに信楽の方でも行ってみっか」
等とボンヤリ予定を立てていた一昨日の晩でしたが。
c0189724_21225124.jpg

ズッと工事が続いていた、
京見峠の新ルートが遂に本日開通、
そんな話を聞きつけ行き先変更。

ズガーンと走る気も無いので、
峠下の「たんぽぽ」でラーメン喰って、
ゴチソウサマを言った後、緩々上る。

c0189724_2123061.jpg
おぉ!

出来立ての美しい2車線が、
真っ直ぐに延びて行ってるではないか。


c0189724_2123988.jpg
斜め後を振り返ると?

何十年も普通に走っていた、
京見のつづらは早くも廃道臭を発散。
この道は今後どうなるんでしょうな?


まぁ良いや、とりあえず上ろ。
と、えっほえっほ上るモノの、
寒くなってからMTBばかり乗っていた為か、
ロードでの峠は実に体が重く、キレの欠片も無い。

峠上る直前にラーメン喰ってりゃ、キレるもクソも無いんですけどね。

c0189724_21233281.jpg

続いて新開通つながりで、
昨年末に開通した栗尾峠のトンネルへ。

此処も行こう行こうと思いながら、
開通の数日前に来てから未だノーチェック。


以前、アスファルトを貼る工事をしていた、
その道の上を今は行く。
傘トンネルからの流れはあまりに自然で、
以前の道との分岐が何処だったか分からん程。

c0189724_21234129.jpg

栗尾峠をパスするトンネル、
正式名称「京北トンネル」。

「工事してるな~」
くらいで横目に見ていただけですが、
こんな短期間で出来るんですな、
トンネルって。

c0189724_2124722.jpg

下りの流れのままトンネル進入。


あれ?歩道メチャメチャ広いじゃない。
歩道上がった方が良かったかな~、
と思わん事も無いけど勢いのままGo。

c0189724_21242288.jpg
市内側からは緩い下りになるので、
結構なスピードが出てしまう。

その下りの流れに身を任せたまま、
数分ハンドル握っていれば、
そこは京北憩いの場「サンダイコー」。


サンダイコーがこんなに近く感じるとは・・・、
トンネル、恐るべし!

c0189724_21244153.jpg

京北来たついでに、
と、秋の台風で落ちた鳴滝橋の様子伺い。


鳴滝橋は落ちたままですが、
横に仮の鉄橋が掛かっており、
当座の問題は解決している模様。

つか、鳴滝橋を直す予定はあるのかしらん?

c0189724_21254834.jpg

さ、こっからどないしよ?


冬の間、北の山は雪が残って、
ロクに走れたモンじゃない・・・、
と思っていたけれど。

c0189724_2126210.jpg

全然走れるじゃぁないか!

イヤッホ~!


車も少ない田舎道をスパーンと行く、
京北を基点としたこのエリア。

冬の間はパスかと思っていたのに、
雨が降る前で気温も高く全然楽し~。

c0189724_21274425.jpg

ダラけた体も時間と共に温まり、
割とシュッシュ走れる様に。


道は良い、気温も良い、
そして体も動き始めた。

ん~、スパーク!

c0189724_21262373.jpg

そして気がつけば日吉ダム

日吉か・・・日吉まで来る積もりなんて、
さらさら無かったのに、ついつい。


また雪が降って積もったら、
当分走って来れなくなるかもしれんで、
来れた事は実にラッキー。

c0189724_21273589.jpg
バイパス・トンネル・橋と、
其々の現状を確認したら、
一応は目的完遂。

その後のオマケをつけてくれるのは、
乗っていたくなるマシーンの恩恵。

ありがたや~ありがたや~。

c0189724_21281230.jpg


園部へ抜けようかと少し悩んだ後、
やはり京北トンネル開通の影響を調べたくなり、
京北方面へとってかえす。


嘗ては栗尾峠を迂回する道として、
ある種の定番であった「弓槻トンネル」も、
今後は使われる事が少なくなるのでしょうね。

c0189724_21282298.jpg

栗尾峠の市内側の麓である、
細野の交差点まで帰って来て、
頭上の青看板を見上げると。


左折の栗尾峠方面が「通行止め」

そして右折する道は162号線ではなく、
「363号線」という名称に。

c0189724_21283595.jpg

スタート時に喰ったラーメンは既に消化され、
日吉からの帰りはズッと「腹減った腹減った・・・」

市内に戻るまで我慢が出来ずに、
イノシシラーメンで有名な、
「キャプテン」にて本日2杯目のラーメン。

ズズズズズ・・・あ~汁モンはうめぇなぁ。

c0189724_21245222.jpg
1,2時間で帰るつもりだったのに、
半日丸々乗れて嗚呼満足。


雪の時期は南部に逃げるってのも、
確かに良い選択ではあるんですけど。

やっぱ京北エリアは最高だっちゃ!
by kaleidocycle | 2014-01-26 19:13 | 無駄

土俵際の力持ち。

c0189724_193069.jpg

小春日和と言うに相応しい、
非常に良い天気となった本日。

思わず河原に座り込んで青い比叡を望む。
「はぁ~、ええ日じゃぁ~」


日の当る斜面はすっかり雪が解けておる様で、
明日の休みはいっちょ山行くか!

c0189724_1942292.jpg

そんな気分を盛り上げてくれる、
イカしたチェーンリングが少量入荷。

・RaceFace Narrow/wide
 30t  ¥5,460
 32t  ¥4,830
 36t  ¥5,670


c0189724_194449.jpg

「ナロー/ワイド」という名の通り、
薄い歯と厚い歯が交互に並んだ此方は、
SramのXX1に端を発する、
「デバイス無しでもチェーンが外れない」
というフロントシングル用の便利リング。

XX1は専用の歯なので汎用性は無いのですが、汎用のこの手となるとウルフトゥースが有名。
で、そのウルフトゥースとこのレースフェイスとで、一体何が違うのか?と言うと。
企業規模、そしてその恩恵であろう価格

¥1万少々するウルフトゥースでも「デバイスとリングを買うと思えば安い」
と言えたのですが、それでも二の足を踏む人も多かったかと。
c0189724_195782.jpg

その点、今回のナローワイドはほぼ半額
悩む価格では全く無くなりましたな。

悩むとすればリングを買うか否かではなく、
フロントシングル化をするか否かになるのでしょう。


更に有り難い事に「30t」もラインナップ。
オフセットさせてアームから浮かす事で、
104pcdの限界を超えた30tを実現。

リングにネジ山切ってピンが飛び出さない様配慮しているとか、
ネタとしては丸々ウルフトゥースと同じなんですけど、
フロントシングルで上りも捨てたくないトレールライダーや、
29erユーザーにはやはりありがたい設定である30t。
c0189724_1952396.jpg
リングの裏にもグラフィックが施されているので、
最近増えて来たダブルクランクに着けても、
ご覧の通り素敵な感じに仕上がりまっせ。

欠点と言えば・・・入荷量が少ない事でしょうな。


じゃぁ逆にウルフトゥースの方が優れている点を。
1、110pcdもあるのでシクロで使える。
2、5ピンのザグリが無いので裏表両方使える。
  つまりリングが減っても倍使える・・・かもしれない。

まぁ何にしろ選択肢が増える事、そして手が出し易くなる事は有り難い事です。
コレから組む自分用のモンキー29erは、コイツを使って1x10だでや!

と、そんな妄想・構想に耽りながら明日の定休日を過ごしたいと思います。
by kaleidocycle | 2014-01-24 19:58 | 商品

ツイスターゲーム的。

c0189724_20595623.jpg
あ~チャップイチャップイ。

と、30年も前のカイロのCMを、
未だに呟いてしまう空井戸サイクルです。


サイクル・・・サイクルのはずなのに、
店に篭って木工細工とはこれ如何に?

c0189724_2101747.jpg
日中はホント過ごし易いんですけどね、
日が沈むと一気呵成に寒気が取り囲んで、
店の外に出たく無くなっちまいます。

そう、例え小さなストーブが一つしかないとは言え、
今の時期の店内は下界とは違う安全地帯


本日の夕刻、3人でお越し頂いたお客さん、
店の隅にしか入って貰えず申し訳有りませんでした。
生憎店が狭いモンで、一台修理作業始めて、
他にお客さんが2人居るともう店一杯なのです。

暖かくなった頃であれば、ガラス戸全開で広々営業していますので、
またその頃にでもお越し頂ければ幸いです。

店舗を維持する金が無くなって、河原で青空営業する事になっている。
なんて訳は無いと思いたいけど、それはそれで理想的なのかもしれんですな。
by kaleidocycle | 2014-01-23 21:58 | 無駄

季節はずれの。

c0189724_20285790.jpg

昨日の呑みも早々に引き上げまして。

今朝も早よからドライビン。


いやぁ~、ええ天気やなぁ~、
何でこんな日に車乗ってるんやろか?

c0189724_20335692.jpg
はい、目指すは展示会

普通展示会ってのは、
「今年こんなん出まっせ!やりまっせ!」
と、年度更新前の秋に行われるのですが。


本日はチョイと季節外れバージョン。

c0189724_205624.jpg
秋の展示会で「やりまっせ!」だった、
新商品の現物が届くのが今頃。

という事で現物を触ってみれるなら、
取り合えず触って確認するしかない。

ガーミン510?衛星が違う?カラー?
ほぉ~。

c0189724_20561099.jpg
お・・・お?

ジュニア用じゃないですか。


BBBからはこんなのも出たんですね~。

ってオラには何の関係もねぇだよ。

c0189724_20583695.jpg

じゃぁ自分に関係のある所~ある所~、
で辿り着いたのはサンツアーのコーナー。

34mmインナーを採用した、
27.5用新フォーク「Auron」は勿論、
遂に出た!って感じのDHフォーク「Rux」も。


なるほど~、ほっほ~・・・って、
やっぱり関係無いという悲しさよ。


まぁ一つだけ弊店店頭で重要になるであろう、そんな事をお知らせするとなると。
「27.5用のオーバーサイズコラムフォーク」というニッチ過ぎる存在、
実はサンツアーのエピコンで出たりします。

ズッと乗って来た26ホイルのMTBをいじって、前輪27.5後輪26にしてみたい!
そんな人への光明ではござりませぬか!


え~・・・以上です。
いや、ホンマはまだ色々あったんですけど、間違って画像消してしまいまして。
何しに行ったんやっちゅう話ですわな。
by kaleidocycle | 2014-01-22 23:17 | 駄情報

シンプル・ハンドキャリー。

今朝は南のお役所へ出向き、自動車の登録関係書類をゴチョゴチョと。c0189724_19185578.jpg


昨日は昨日でお役所参り、
いやぁ~、実に邪魔臭い。

サイクリングを兼ねられるのが、
不幸中の幸いと言えば幸いですが、
何かこうスカッと一発で決めれたなら、
もっと気分が良いのになぁ。

c0189724_1919424.jpg
と、この方も思ったのかどうなのか?
本当の所はよく分かりませんが、
「ワークショップモンキー」のボス、
ノリ王様が突如襲来。

当店をチェックして頂いている方なら、
きっと誰もが知っているであろう、
我が業界の雲上人・天狗様でございます。


何を突然・・・つーか納品でありますか?

c0189724_19191632.jpg
電話一発宅急便で日本全国すぐお届け、
そんな今の時代であるにも拘わらず、
ハンドキャリーで納品に来られるとは・・・。

お・恐ろしい!恐ろしい御方じゃ~!

怯えた凡夫は蜂蜜入りドリンクを差し出し、
天狗様のご機嫌を伺うのみ。

c0189724_19192648.jpg

本日の様なド平日ともなれば、
普通閑散としている弊店店頭。

なのにチョコチョコと来店頂く方が居られる、
コレはやはり天狗様の神通力なのでしょう。


コンベックスとノギスを握りしめて、
顧客さんのスペースフレームに群がる。
天狗様と帯同したサンライズ高井氏の図。

c0189724_19193322.jpg
と、そんな訳で。

ワークショップモンキーさんの
「台湾坊主29er」入りました~!


店頭では未塗装(カチオン済)での展示ですが、
お好みの色で塗装してのお渡しになります。


で・・・最終的に価格幾らなんですか?天狗様。

そんな大事な話は、場所をホルモン屋に移して聞こうと思います。
by kaleidocycle | 2014-01-21 19:58 | 商品

春を呼ぶには早いけど。

c0189724_20121987.jpg

久し振りに京都市内も雪が積もりまして、
これぞ冬真っ盛りという感じの本日。


盛りという事は頂上であり、
この後下って行くは必然。

c0189724_20123396.jpg

即ち春はじきに来る。

って春が来るのはまだまだ先ですが、
春物として企画されたパーカーが早速届きました。


・CCP ダブルジップ防風フルフェイスパーカー
 ¥15,750



c0189724_2014123.jpg

「防風」の「フルフェイスパーカー」って、
そもそもコレは春物と言って言いのかしらん?


なんて考えたりもしますけど、
オモチャチックな大きめジッパと、
少し余裕のある首元で、
体温調整の幅が広がりそう。

故に春物と言えるのか。

c0189724_2014956.jpg

生地は裏毛の吸汗速乾素材なので、
ベースレイヤー&このパーカーを軸に、
今の時期ならウインド一枚、
寒さが少し弛めばベストを羽織り、
春が来たらこのパーカーがアウターに。

と、諸々使い回し出来そうですな。



c0189724_20142097.jpg
あと春物では無いのですが・・・。

相変わらず入荷次第飛ぶ様に出て行く、
PDWのバードケージ、そしてその横に。

ん?

c0189724_20142974.jpg
鳥に対抗している訳では無いですが、
鳥の次は「蝶」で如何でしょう!

・Dimension Butterfly-Cage ¥2,310


造形もたいがいですが、何よりこの色!この柄!
ん~珍品と言うに相応しい・・・。

実用品としては勿論、
春待ち気分の加速装置として活用されたし。
by kaleidocycle | 2014-01-19 20:58 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧