井戸端監視カメラ



<   2013年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2014見聞録 その2。

c0189724_1714874.jpg
本日は絶対者「シマノ」の展示会だったのですが、
「新発表!」というモノは特に無く、
既にリリースされている製品の、
チェックポイントなどを学んで終了。


帰る前に、と堺市に来たなら必ず立ち寄る、
いつもお世話になっている塗装屋さんへ突撃。

現在塗装依頼中の我がリカンベントが、
おかしな感じで吊られていました。

c0189724_172288.jpg
塗装途中のフレームが並ぶ中に、
凄まじく妙な事になっているフレームが・・・。

凝ってるを越えて最早作品的。
こんなのを作るのは「彼」しか居ませんな。

と、そんな訳で本日は特に面白い話は無かったのですが、
書き切れなかった昨日の続きを・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014SalsaCyclesです。
c0189724_1724439.jpg
並んでいる中でまず目を惹くのが!

マクラク・チタニウム

イ・イカスーッ!イカし過ぎる!
チタンとかファットとか置いといても、
凄まじい存在感だでや・・・。

c0189724_1725553.jpg

フレーム&フォークで¥296,100、
完成車で¥519,750・・・。

安くは無い・・・というか間違い無く高価である。
しかし特殊さを考えればフレームセットは、
意外と普通なのかもしれないし、
完成車もステムがトムソンだったりするしで。

内容を考慮すれば買い得、
しかし!ただの自転車屋には遠い存在ですなぁ・・・。



c0189724_1731893.jpg

価格は同じ位なれど、
マクラクチタニウム程は遠く感じない、
カーボンファットバイクの「ベアグリース」


ただでさえ太いカーボンフレームを、
ファットバイク用に作るとなると・・・。

このボリューム感・・・

c0189724_1733040.jpg
裏返してBB周りを見るとやはり、
このボリューム感!

画像では分かり難いと思いますが、
100mm幅BBでコレであると想像すると?
ね!

完成車で10kg少々しかないとの事なので、
想像を絶する走行感を示すのでしょう。
夢の中で試乗してみます、ムニャムニャラ・・・。



ハ!目が覚めた!
最も身近に感じるSalsaと言えば、定番名車「エルマリアッチ」
c0189724_1744243.jpg
2014はシートチューブが屈曲し、
リアセンターがより短く設定可能に。

販売形態としてはフレームは勿論、
マルチの完成車もありますが、
気になるのはこのシングルの完成車

なにせこの色がカッコいい!

c0189724_1745229.jpg
シングル専用ハブに、ZTRリム、
油圧ブレーキを始めとしてコンポはデオーレと、
信頼性の高い隙の無いアッセンブルに加え。

15mmスルーアクスルのクロモリリジッドフォーク、
「クロモトグレネード・マクスル」をセット。


管長の長い29erクロモリフォークを、
15mmスルーアクスルで締め上げるという、
このしなり感と剛性感の妙、
このフォーク、ええんよね~・・・。

この内容の濃厚さで完成車価格¥162,750!
これは・・・間違い無くええでしょう!入荷は年末から年明け予定です。


そんな定番中の定番たるエルマリアッチも良いのですが、
近年Salsaと言えば?で連想される最右翼であろう「ファーゴ」も進化してます。
c0189724_174291.jpg

パッと見は?

色がポップになっているのと、
な~んとなしにゴツくなっている様な?

そんなイメージかと思いますが。

c0189724_1741899.jpg

エンドがスイング式のオルタネーターに!

という事はですよ、
シングルスピード化が可能なので、
「シングルモンスターツーリング」
という甘美な響きも達成できる、と。

c0189724_1742974.jpg
また今年から専用カーボンフォークが出まして、
上級完成車の「ファーゴ2」には、
車体同色のカーボンフォークがアッセンブル。

で、よく見ると?
そう!このフォークも15mmスルーアクスル!

ただでさえ意外なまでに走る、
と評されるファーゴが更に軽く、
高剛性化されるとなると、
最早モンスターツーリングバイクでは無く、
アルティメイトオールラウンダーと呼べるかも。

そんなファーゴ2、完成車が¥263,550と内容を考慮するとかなり抑えられています。
入荷予定はエルマリアッチと同じく年末から年明け予定。
雪でも何でもあらゆる場所へ走りに行きたい、そんな中毒者は検討する価値あり。



そして昨年のデビュー時には多くの人が首をかしげたけれど、
今年の各社動向を見るに、一歩先を行っていたのかと思い知らされた感のある。
c0189724_175338.jpg
「ウォーバード」はカラーチェンジで、
とてもスタンダードな仕上がりに。

価格がチョッと上がったと同時に、
コンポもチョッと上がって引き分け。

それ以上に大きな変化として、
BBがBB30からシマノ規格のBB86に。

このBB30からBB86へってのは、字で書くよりも・・・重い意味がこめられてますなぁ。
ウォーバードは相変わらず店頭に試乗車(55)がありますので、
変に勘繰るよりも取り合えず乗ってみて下さい、納得するはずですから。



ウォーバードがBB86になったからには、当然「コロッサル」もBB86に。
c0189724_1754438.jpg

デビューカラーは随分クセがありましたが、
2014は臭みも抜けた洒落感カラーに。

またダウトが幾つか見受けられた、
昨年モデルと比べて、
コンポーネントもグッと洗練され、
本来の姿により近付いた感あり。

価格は、エンヴェのフォークにこのコンポならこんなモンだろう、という¥275,100
入荷はやはり年末から年明けで・・・つい・・・自分のサイズを注文してしまった・・・。
という事で56が一台やって来ますので、気になる方は入荷したら見に来てね♪


c0189724_18303752.jpg

あと、45NRTHが新シューズ発表。

昨年アっという間に完売した、
ウルフハンマーに続く第二弾は、
少し軽快感を演出した「ファーストカット」

奥がウルフで手前がファーストね。

c0189724_18305764.jpg

全面防水素材で構成しながらも、
フロント一文字の止水ジッパで、
脱ぎ履きが圧倒的に簡易に。

ウルフの様なボア内装は無いモノの、
起毛インナーと耐寒ソールで、
冬の雨天~雪までをカバー。

極寒地ならいざ知らず、我々の乗る状況なら此方の方がよりフィットするか、
そんなファーストカット、意外なまでに安価な¥23,100なのですが、
恐らく今回注文してきた43x2足と44x1足が来るのみで、再オーダーは難しいでしょう。



c0189724_1831243.jpg

気にはなるけどご縁は無い、
そんな人にはこのシューズカバーを。

グリップでお馴染みリザードスキンから、
薄手防水仕様のシューズカバーが発売。

c0189724_18315166.jpg

PVC系と思しき外皮を持ち、
ネオプレン系と比べると、
大分防水性は期待できそうですし、
内側は起毛になっているので、保温性能も高そう。


決め手に欠けるシューズカバー選びですが、
どうせ買うならリザードスキン、となる気配あり。

しかし最近リザードスキン元気あるなぁ。

c0189724_18322212.jpg

と本日も文字に塗れて終了。

連日の展示会で、
頭はショート寸前。


明日は定休日なので、
ノンビリ休んでみようと思います。



天気ええそうなので、
展示会でムラムラした気分を、
パーッと走って晴らしましょう。


晴れんのか?
天気じゃなくて物欲がさ。
by kaleidocycle | 2013-09-04 21:34 | 駄情報

2014見聞録 その1。

起きてまずチェックしたのは雨雲レーダー。
c0189724_1855523.jpg

昨日の晩に雨は止んでから、
小康状態が続いている様に見受けられるが、
果たして本日の天気の推移は如何に?


晴れたら単車でパーッと行きたい、
しかしレーダーには怪しい影が・・・。

という事で愛車マーチBOXに揺られて、
出かけた先は2014年度展示会一発目。

今日はコレ見に来た様なもんだわさ。
c0189724_18553715.jpg


という程までに待っていた、エクストラサイクルが送る完成車「エッジランナー」
過去にあったエクストラサイクルの完成車と大きく違うのは、
フレームが分割式ではなく、ビッグダミーと同じく一体専用設計である事。

本国では今年初め頃から販売されていたモノの、
その初回ロットに不良が見つかった為、日本に入る前に販売中止に。
問題の抜本的解決の為、生産工場を中国から台湾に変え、
そしてやっと本日我が目の前に顕現なされた~!、と。
c0189724_18555197.jpg

フレーム&フォークはクロモリ製で、
ガッチリ感はかなり期待できそう。

またホイルがフロント26インチの、
リア20インチという異径仕様なので、
荷台が低くなり、重い荷物もらっくらく。

で、気になるお値段は・・・3x8速仕様の「24D」¥174,300!

唯一無二の存在としてビッグダミーはコレからも光り続けるでしょうが、
日常使いでもっと気楽にという希望を持つ人には、
ビッグダミーと比肩し得る一体フレームの剛性が、
ビッグダミーよりも安価に選べるってのは、相当魅力的なのでは無いでしょうか?

現物が我々の手元に届くのは9月~10月の予定。
入荷次第店頭に並べ撒くってみますので、気になる人は見に来てね♪



そしてもう一つの大きな目的がSurlyのブランニューモデル「インスティゲーター」
c0189724_1933064.jpg


c0189724_1934981.jpg

であると見せかけて目当てはタイヤ

クランパスの「29+」規格に続き、
26x2.75の「26+」規格が登場。

そしてその先陣を切るのが、
このダートウィザードというタイヤ。

c0189724_194710.jpg
クランパスは3.0幅だったのに、
何故26は2.75幅なのか?

一般的なサスフォークに履ける、
限度がこの幅だからってのが答です。

勿論、普通のMTBフレームのリアクリアラスでは、とてもじゃないが呑み込めないでしょう。
しかし・・・そう!弊店オリジナルフレームマキリは26+を履ける様にしているんですね~!
c0189724_194285.jpg

あ~タイヤ楽しみや~、いつ来るかな~。

と、フレームをスルーしそうになりましたが、
ジオメトリを読むに・・・フムフム・・・。
あれ?新インスチ、良さそうじゃない。

エンド選べるだけが魅力に非ず

ただイメージのゴツさと同じ位、造り込みもプライスもゴツめ(フレーム¥101,850)なので、
初代インスチと同じく選ばれし乗り手が選ぶニッチという位置になるのかと。


c0189724_1951574.jpg
エンド繋がりで言えば、
「オーガのエンド使ったクランパスでしょ?」
と、勝手に思い込んでいた「ECR」

しかしその正体は・・・
オーガのエンドだけでなく、
ジオメトリもオーガに準じた
29+ホイル対応のマシーン!

c0189724_1953846.jpg

という事でクランパスと比べ、
ヘッド位置は低くリアセンターは長いので、
生粋のトレイルバイク!って感じだった、
クランパスと比べると、
よりマルチユーズ色が強まっている、と。

ヘッドも普通~にオーバーサイズだし。

c0189724_196080.jpg
BBのヨーク材は勿論クランパスと共通で、
違いはフェンダー固定用のボルトがある位。

しかし?こんなタイヤにそうフェンダーって?
いつか出て来るんでしょうねぇ、変なメーカーから。

因みにこのECR、クランパスと比べると、
フロントに専用のダブルクランクが着いていたり、
焦らされたモロッコバーが採用されていたりと、
充実の内容にも拘わらず、完成車の価格は、
クランパスと比べ¥15,000高に留まっており、
隠れ買い得モデルと呼べるのかもしれません。



c0189724_1965259.jpg

更にエンド繋がりという事で!
ってしつこいですね・・・。

此方もエンドが妙な「ストラグラー」
今年のSurlyはエンド当り年ですな。

ストラグラーというとピンと来ませんが、別名をつけるなら「ディスク・チェック」って事です。
c0189724_197454.jpg
ディスク採用の為エンドが135mm専用になった他、
ちょこちょこと違いもあったりするものの、
ジオメトリはクロスチェックがベース。

他社からも全く同じジオメトリが出される程、
煮詰めまくられたクロスチェックのジオメトリ、
そのコンセプトを維持したディスク仕様というのは、
当然あって欲しいのに、いつまで経っても現れない。

そんな中遂にやって来た!ってのがストラグラー。
ストラグラーってのは集団走行の最後尾という意味、
待たせたなベイベーってなモンなのでしょう。

c0189724_1971628.jpg
そんなストラグラー最大の見所は、
ディスクとかでは無く、やはりこのエンド

昔ながらのロードエンド・・・の様で然に非ず。
スロットを水平に設定する事で、
ハブ軸を後からのみならず前からもボルトで固定可能。

シングルでガツンと踏んだり、
固定でガツンとバック踏んだりすると、
ホイルは前にズレる事があります。
反対にディスクでブレーキを強く掛けると、
ホイルは後にズレる事があります。

この二つの問題を同時に解決してしまえるという嘘みたいな話がこのエンド。
こんなエンド見た事ねぇ・・・凄ぇぜ・・・。
フレーム&フォーク価格はクロスチェックに対し¥5,000高の¥65,100で、
お目見えは9月~10月予定で御座います。


c0189724_1973035.jpg

で、ストラグラーにアッセンブルされているのが、
クランパスでも採用された「ナード」パターンの、
700x41cというサイズのタイヤ。

120tpiケーシングでペランペラン。


このしなやかさ、このエアボリューム・・・、
オンロードとオフロードのボーダーを消す、
そんな絶妙な場所でストンと嵌まる一本。

c0189724_1974319.jpg

程よくファティーなこのタイヤ、
まずはハイエンドの120tpiからデビュー。

120tpiは¥8,820とハイエンドですが、
この後続いて中級の60tpi程度と、
リーズナブルな27tpiがリリースされます。

27tpiは¥4,000前後を予定との事なので、ガツガツ走るオールラウンダーは要チェック。

え~そんなこんなで気付けば長くなってしまったので、続きは次回。
とか言いながら明日もまた展示会で15時頃のオープン予定であります・・・。
by kaleidocycle | 2013-09-03 21:40 | 駄情報

イケズ魂。

c0189724_1458654.jpg


ドボドボドボタボタドバ

こんなに降って来るとは思わなんだわい・・・。


これ程降る中、通勤をするとなると、
全幅の信頼をおくキャラダイスのポンチョを被って、
マシーンに跨りいざ!となるのですが。

c0189724_1458316.jpg
家を出る時点ではパラパラした小雨だったので、
「クレバーフード、その実力や如何に?」
と、先日おろしたクレバーフードを纏って出撃。


気温25℃程度と暑からず寒からずとは言え、
まだまだポンチョが有り難い季節では無い。

しかし胸元のジッパを開けると風が抜けて爽快。
フードのツバが長い為、前傾姿勢をとる事で、
胸元から雨が入らないってのは意外な美点。

c0189724_14585016.jpg

またポンチョはハンドルまで覆うので、
手もグリップも濡れないのは当然として。

傘状に広がる事になるので、
下半身はふくらはぎの外側が濡れる位で、
あとはほとんど気にならない。


この「一枚羽織るだけで」というのは、
やはりポンチョの最大の魅力ですな。

c0189724_14585840.jpg

ってチョッと待った。

雨具としての能力を検証しているけれど、
そもそもクレバーフードは雨具では無く、
「あらゆる天候で」という前提があるだけ。

今朝の小雨くらいなら勿論なんの問題も無く、
生地表面に施された撥水加工も、
雨をビンビン弾いて気持ち良いけど。

c0189724_1459212.jpg

撥水加工を過信するほどベイビーじゃねぇんだよ。


と、京都独自のイケズ精神が頭をもたげ、
本降りになり始めたのを見計らって、
店前テントから滝の様に落ちる雨の下、
滝行の如く意味なく立ってみる。


ドボドボドボタボタドバ

c0189724_14593565.jpg

するとどうでしょう、5分も経たない内に、
撥水でコロコロしていた可愛い水滴は消え、
跡にはジットリ染み込んだ雨水の地図が。


撥水加工なんてのはこんなモンです。
特に今回は加工する相手がコーデュロイですから、
この結果はまぁ予想範囲内、ですね。

c0189724_14594740.jpg
裏返してみると?

生地に圧着されたフィルムにも、
水が染み込んでいるのが見受けられます。


触ってみると・・・濡れている・・・。
確かに濡れた生地を触っている感触が。

しかし、指を生地から離して擦り合わせると、
ん~?サラサラしてるど?

c0189724_150461.jpg

濡れていると感じるのに、
濡れていない様な気配。

実際はどうなんだい!と実験実験。


パリッと乾いたテッシュペーパーを、
そっと生地の上に置く・・・だけでなく、
嫌がらせの様につまんでみる。

c0189724_1501429.jpg

そして日に翳すと・・・濡れていない

水を入れたビニール袋を手の平でもてあそぶと、
「水の感触はあるのに濡れはしない」
となる訳ですが、どうやらそれと同じ様な状態。


生地のこの防水性は正直想像以上です、
ここまでキッチリ防水の仕事をするとは・・・。

c0189724_1511729.jpg

ただ、しつこい様ですが、
そもそこコレは雨具では無い。

なので、前面左右にある、
手を出す為のスリットからは、
角度によって普通に雨水が入って来る。


しかし日常纏うアウターとして捉えるなら、
充分以上に「全天候型」と言えるはず。

自転車用としてだけでなく、近所の買い物や犬の散歩、
秋の観光旅行などなど、取り合えず一枚羽織ればなんなとなる。
玄関先に吊られる定番品となり得るだけのポテンシャルはありますな。


で、今後恐らく聞かれるであろう、
「で、キャラダイスとクレバーフード、どっちが良いの?」
という問いに先回りでお答えしましょう。

雨具としての能力、耐久性、恒久性では圧倒的にキャラダイスです。
というか、個人的にキャラダイスのポンチョを越える物はありません。
防水のシステム自体が原始的なので、ダメになると言う事は殆ど無いでしょうし、
生地がコットンなので「焚き火で穴が開く」という事も無いでしょうから。

反対にネガティブ面として、重量がある事、見た目が地味・・・というか変質的である事、
そして何よりオイルの匂いが絶対に消えない事などが挙げられます。


その点、クレバーフードは生地の厚みや細かなギミック、
そして何より外観が普通にアパレルとして洒落ている事を考慮すると、
日常生活における定番品としての能力はより優れている、と思う訳です。
c0189724_1502382.jpg

と、いつもの様に重箱の隅突きまくった本日。
我ながら根性が腐っているんじゃないか?
と心配になります・・・。


「うぉ!何スかこれ!」
と、何も考えずにムーンランダーに喰い付く、
そんな女子のアハアハ言う顔を見るに、
細かい事よりもやっぱ好きか嫌いかだなぁ、
としみじみ思うですよ、ええ。

そんなこんなで明日は展示会の為営業開始が遅れ、恐らく15時頃からになると思われます。
by kaleidocycle | 2013-09-02 17:05 | 商品

決行結構メリケン校。

c0189724_14303529.jpg

「台風来てますけど、それると思うんですよ」
何の根拠も無くそんな事を言っていた1週間前。


しかし現実は期待を裏切り、
頭の上にはキチンと雨雲が居座り続ける。

「雨天中止」と「雨天決行」、
その選択の間で主催者が出した答は!

c0189724_14312733.jpg
決行。

という事で本日は開催されたのは、
マイクロ規模のローカルレースごっこ。
テーマは「ダートヒルクライム」。

c0189724_14325975.jpg

ダートでヒルクライムなんつっても、
そんな事が出来る場所は、
遥か山奥の奥に行かねば無く。

故に最早レースでは無くツーリング。

c0189724_14311452.jpg
「何でこんな雨の日に」
と思わんでも無いけれど。

天気は人生を待ってくれないので、
多少雨に濡れる分には、
「これは雨では無く汗である」
と解釈すれば取り合えずOK。

c0189724_14314317.jpg

さぁ集合場所からスタート地点へ向けて、
もう一山越えますか!という人々を見送る。


見送る・・・。

c0189724_14324110.jpg

そう、自分は大事な用事が有るから不参加で、
イベントの手伝いの為に集合場所まで行っただけ。


大事な用事というのは、勿論店を開ける事と、
ズブ濡れになって帰って来るであろう彼等が、
寒さに打ち震えて泣かぬ様、
帰還ポイントである山荘に、
食物と炭酸飲料水を担ぎ上げる事。

c0189724_14321785.jpg

ひじきカレーか・・・ええなぁ・・・。
ビールもまた・・・。


と、美味しい所だけに後ろ髪引かれ、
今から辛いのか楽しいのかよく分からん、
そんな日曜を過ごす人々に背を向けて、
先ほど来た道を市内へ戻る。

c0189724_14331823.jpg

気温計は行きに通った時と変わらず20℃。

湿気が凄いからピンと来ないけど、
随分涼しくなったモンですな。


延々続く下りをシュコーンと下っていると、
気化熱の影響なのか、ダブルレバーが結露していく。

この湿気が何処かへ行けば秋到来、かな?

c0189724_14333185.jpg
鞍馬の集落を通り掛かると、
火祭りの準備が始まっておりまして。

「ああ、9月1日だからですか」
と何となく思ってみたのですが、
冷静に考えると鞍馬の火祭りは10月末

準備期間長いな~!とも思いますが、
まぁ楽しい事は長い方が良いという事で。

c0189724_14335197.jpg
「汚れた自転車を洗わねぇ奴は、
 カァチャンの作ってくれた飯に、
 ゴチソウサマを言わない奴くらいダメだ」

という訳の分からん主義の下、
汚れたマシーンを洗って本日午前の部終了。


続いて午後の部(空井戸サイクル)のお話しを一つ。

マイマシーンの足元を締めるHBCのバッシュガード。
生産者と突然連絡が取れなくなり、
自動的に廃盤扱いになっていたので・す・が!

無言の空白期間を経て、先日Facebookに生体反応が確認された模様。
曰く「お金出してくれる人が現れたからまた始めようと思うだよ」との事。

HBCの動向を刮目して見るべし!
by kaleidocycle | 2013-09-01 17:29 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧