井戸端監視カメラ



<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


そう言や、たでいま。

c0189724_2345449.jpg
先日頂いた3連休は、
レンタカーで西へ西へと向かい、
猫と坂と造船とポニョで有名な、
「鞆の浦&尾道」エリアへ。


さすが猫の街。
猫はタモで掬える程そこらじゅうに。

c0189724_2312660.jpg

そして。

廃墟もまぁあるあるあるある、
チョッと角曲がればある、
振り返ればある、
何もしなくても歩いていればある、
と、そんな。

そんな今回の廃墟群の中でのNo1ヒットは此方。c0189724_2353039.jpg

時間軸・空間軸を狂わすに充分な、
あまりに巨大過ぎる油槽所の残骸


写真では絶対に伝わらないこの迫力。
しまなみ海道の中ほどの島である、
大三島という島にあるので、
しまなみサイクリングに行く人は是非。

c0189724_0293434.jpg
此方も良い廃墟でした。


宿泊した施設の窓から見えた、
山の頂上にある謎の建築物。

この土地で、あの位置で、あの規模となると・・・、
と思い見に行くと、やはり廃墟。

中規模の観光ホテルの残骸で、
窓は全て抜け切っているモノの、
妙なイタズラの跡も少なく良い状態でありました。

威嚇用と思しき、入り口に置かれた右翼団体の街宣車、
コイツがこの廃墟の守り神なのか、等と思ったり。
c0189724_0305559.jpg

山の頂上にあり、視界を遮る物が無い。


そんな在りし日のホテルの窓からは、
鞆の浦がまるで絵の様に一望でき、
往時はさぞ・・・と思いたいけど、
そんな人気なら廃墟にはならんわな。

c0189724_2363715.jpg
と、廃墟ばかり見ているのは不健全。
しかし今回は健全な目的もあり、
それが「造船所の見学」


丁度、進水式があると聞きつけ、
「尾道造船」さんへ。

c0189724_2381726.jpg
タンカーがデカいという事は、
海の無い街に住む自分でも知っている。

が、現実目の前の陸上にあるタンカーは、
デカいという言葉以上にデカい。
そのデカいタンカーが轟音を上げ、
地面と空気を震わせ陸上を滑り行く!

こんなに存在感のあるモノを、
今まで見た事があったろうか?
思い出せない、思い当たらない。

c0189724_2385075.jpg
こんな巨大な存在感が身近にある港町。
だからなのか、廃墟も建造中の船っぽい。


じゃぁ京都の廃墟は寺社仏閣風か?
というとそうでもないのは、
寺社仏閣が無くても人は然程困らないから。

しかし、この街における船とは、
生活を支える根幹の一つであろうから、
建築物にもその魂が宿るのかも。

船を作り、船に乗って島を渡り、船で漁をする。
それを毎日当然の事として繰り返している港の町を、
山の上から眺めるのは実に飽きない楽しみでした。

この街と船の縁が絶えぬ様、例え造船が海外諸国に押されようと、何だろうと、
この風景が船と溶け合う風景で在り続けてくれる事を、
何のロジックも無く、ただ闇雲にそう思ってしまう、
そんなセンチメンタルジャーニーでありました。
c0189724_0324743.jpg


皆様も秋に暇があるなら是非。
by kaleidocycle | 2012-09-30 21:45 | 無駄

秋味Resistant。

c0189724_20545174.jpg
台風が来ているようで。
山が荒れる前に、と、
今朝もひとっ走り裏山へ出撃したのですが。

ざざざざざざざざざざざざーーー。
っと崖を5m程も滑り落ちてしまいました・・・。

いやぁ、止まらんモンですな、一度滑り出すと。
木に首が引っ掛かって止まりましたが、
起き上がった後、どうやって崖の上に戻るか、
しばらく思案せざるを得なんだ、そんな今朝。

c0189724_20544494.jpg

体の痛いのを、無かった事にして、
体中についた土と落ち葉と蜘蛛の巣を落とし、
店へ来ると、こんなのが届いていました。


此奴の正体は?
それはまた後日に置いといて。

Resistant
秋分が届きました。


まずは弊店の定番中の定番である「HipHanger ¥11,550」
定番と言うからには、使って頂いている方も多い訳ですが、
同じ配色のモノをばら撒くなんて無粋な真似はしたくないですし、
さりとて無茶苦茶な配色もご勘弁願いたい。

という事で、今回は通常のタポリン外装ではなく、
「コーデュラ外装」のスペシャルバージョンを4つ。
c0189724_20553176.jpg
まずは、
「赤コーデュラxブラウンコーデュラ」
という、地味な秋色配色。

タポリンでは出せないこの地味な感じ、
良いのでは無いかと思うんですが。

因みに内装はモスグレー。

c0189724_2055202.jpg

次は、
「サンドベージュコーデュラx赤ステッチ」

トリムまで揃えた同色系に、
赤一本がイヤラシイ。

内装は赤。

c0189724_20555150.jpg

更に更に、
「ライトグレーxオリーブグリーン」

ボトムの色が画像では分かり辛いかも。

此方も内装は赤。

c0189724_20554225.jpg

ラストは、更にスペシャルで、
トップは鉄紺の帆布で、
ボトムはチャコールグレーコーデュラ。

内装はモスグレーです。 →完売!

タポリンの通常版と比べ、コーデュラバージョンは良い点も悪い点もあります。
しかし、そこを織り込んだ上で製作した今回の4つ。
Resistantさんの正しい製品と言うべきでは無いかもしれませんが、
中々魅力的に仕上がっているのではないか?と思いますので、
気になる方は是非現物を手にとって、その感じをチェックしてやって下さ~い。


お次は携帯&カメラホルダー「Vertical ¥5,670」
c0189724_20561966.jpg

いつもはモノトーン系が多いですが、
今回はチョッと色で攻めてみました。


色は・・・こんな感じ。

c0189724_20561041.jpg

内装も・・・こんな感じ。


という説明の横着さ加減。
どうぞご勘弁下さい。



c0189724_20564492.jpg
そして最後は大物「BacPac(M) ¥42,000」
完売致しました!

今のResistantラインナップには、
より安価でシンプルなHopeやBondがあるのに、
敢えて、より高価で複雑なバックパックを。

何故バックパックを選ぶかと言うと、
やっぱり「これがResistantだ!」
と言うのを見て頂きたいから。

真骨頂ってヤツですね。

縫い物の事はよく分からないのですが、
聞く所によると、バックパックの縫製は相当難しく、
作り手としてもあまり作りたくないモノだそうな。

買い手としても、4万円という価格には二の足踏む事が多いでしょう。
つまり作り手も買い手も、共に受け入れ難い存在と言えるかもしれない。
しかし、だからこそ此処に他メーカーが追いつけない、
ResistantのResistantたる魅力があるのではないか、と思うわけです。
c0189724_20563433.jpg
このバックパックも、正規ラインとは違い、
外装は全てコーデュラバージョンで、
チャコールグレーとライトグレーの2トン。

そしてフラップ裏のみアイボリー、と。

配色バランス的には、自分の使っているバックパックに通じる所がありますが、
よりスタンダード&地味な「モノ感」を狙った配色のこの一品。
未来のオーナーさんに気に入って頂ければ幸いであります。

本日は以上!
頭が痛いので帰って寝ます・・・。
by kaleidocycle | 2012-09-29 21:49 | 商品

行ってきます。

夏が終わり、秋が来る。
夏の間、トレーラーを曳いてツーリングに出ていたボーイも昨日無事帰還。
c0189724_18542371.jpg

日常生活用具を積み込んで、せっせせっせと漕ぎ続けた夏。
そして漕がれ続けた彼の相棒「Surly Troll」
c0189724_18543475.jpg

トロルやオーガには、トレーラを連結する用の、
トレーラヒッチマウントがついているのですが。

使われる事無く無用の長物として化している、
そんな車両も世に数多あるでしょう・・・。


しかし、此処にバッチリ使い込まれて来た一台が。
そこに在るだけで何やら嬉しくなります。

c0189724_18545171.jpg
あと、トレーラを曳いての旅では、
スタンドが無いととても邪魔臭い思いをするはず、
という事でブリッジを落とし、代わりに溶接した、
「スタンド台座」もバッチリ仕事をしておった様です。


使う目的、それをこなす為に必要なモノ、
それを明確にし、対処を施す。これぞ「カスタム」

因みにこのトロル、よ~く見ると~?
Wレバーが着いていたり。Yes!カスタム!

そんな彼の冒険旅行と比べると、こじんまりするにも程がありますが、
自分は明日から三日間、臨時休業を頂いて家族旅行へ行って参ります。

その間、此方の更新も無い訳ですが、
先週完成した一台の画像を貼っておきますので、
暇潰しにご覧頂き、妄想に耽って頂ければ幸いです。
c0189724_1855974.jpg



c0189724_18551882.jpg
そう、コレがEBS Hobo
第一台目がやっと完成。

完全に美しいサイドバランス。
軽快な走りを想像させる立ち姿。
シンプルなのに、見間違う事無い個性。

正にジャパニーズスタンダードの具現。

c0189724_18554773.jpg
ジャパニーズスタンダードと言っても、
「コレが日本における基準だ!」
などと言う訳では全く無く。

道路を何処までも人力で走る、
そんな妄想を抱いた時に、
欲しいと思うのはこんなんではないか?
そんな意味での空井戸なりの「普通」。

まずは一台目を放流。
やがてコレが、伏見から生み出される、
ジャパニーズスタンダードとならん事を。

と願いながら、明日から3日間連休です。
しかし・・・俺のHoboはいつになったら出来上がるのだろうか・・・。

あと。
by kaleidocycle | 2012-09-24 22:13 | 商品

新顔3点。

c0189724_2037817.jpg
丁度一週間後に、中秋を迎える本日。

「涼しくなったから、チョッとそこまで走り行くか」
そんなアナタの後方を護る守護神は如何?

・ぶらさカエル ¥1,570

サドルレールに取り付ける、
カエル型テールライト、ぶらさカエルさん。

パッケージデザインが何とも言えません。

c0189724_2038535.jpg

そんなぶさらカエルに新しい仲間が!
それが此方の「グリーンバージョン」


カエルと言えば緑が基本ですが、
何故かぶらさカエルでは白が基本で、
緑は限定仕様というこの不条理さ加減。

c0189724_20374650.jpg
ど根性ガエルは、押し潰されてシャツになり、
ぶらさカエルは轢かれてサドルに絡まる。

では無く興味本位で買って、
人為的にサドルに装着される、
そんな平和的存在であります。

車体に付けっ放しにしておくと、
盗まれる事しばしばなこの手のライト。

ライト1個・カエル1匹、同時に盗まれた気になり、
もし盗まれたら2倍セツナイ。

c0189724_20383318.jpg

たかがテールライトじゃないか、
というには、あまりに愛らしいこの手。


「コイツは是非買いなはれ!」
というモノでは全く御座いません。

しかし何と言うかこの微妙~な、
ファンシー過ぎず~、さりとて実用品でも無く~、
という中途半端さに、何とも気を惹かれるんですな。


コレも入って来ました、やっとです。
c0189724_20381027.jpg
・Anser Protaper720Carbon
 ¥16,800



暫く前から、一部の好事家の間で、
地味に話題になっていた、
カモメ系カーボンハンドルの真打、
プロテーパ720カーボンバー。
c0189724_20385523.jpg
ベンド角20度と、それほど曲がっている訳ではなく、
幅も720mmと余裕ある広さなので、
下りも結構良い感じにコントロールできそう。

なのに、屈曲点を内側に持って来る事で、
20度とは思えない立派なカモメルックだったり。

ライズもついているので、
手のスポッと収まる肩上げポジションが、
綺麗に自然に決まりますし、
カーボンのカーネギーズバーよりも、
かなり剛性が高そうな所も期待膨らむ。

カモメ系ハンドルの、現時点の暫定王者という感じを持つのは自分だけでしょうか?


最後は秋のギンナン拾い用特別仕様車、オファーです。
c0189724_20384880.jpg


・Riteway Pasture x FLK 420  Spl!完売致しました
c0189724_20393869.jpg
パスチャーロングテールは以前にも作っており、
コスト面では勿論、ハンドリングのバランス面でも、
最も安価な最良のベース車両であると、
勝手に思い込んだりしているのですが。

今回はモデルチェンジしたパスチャーの旧色、
つまり型落ちの車両をベースにしています。
型落ちという事は?安くなるという事~。

しかし安く仕上げるだけでは少々寂しい。
なので、サドルを尻楽々のコンフォートサドルに。
セラロイヤルは色味も質感もええねぇ。

c0189724_20391414.jpg

そしてサドルに合わせて、
グリップもブラウンレザーのPDWグリップに。

見た目がイカスのは勿論、
素手で握った時の感触が気持ち良い。


更にハンドルも弓状にしなったアーチバーに。

c0189724_2040398.jpg
更に更に!
バッグは黒と赤のアシュラ男爵仕様。


右から見るのと左から見るので色が違う。
だから何なんだと言う話ですが、
まぁ何となくやってみただけです。

夫婦共用に丁度良さげなサイズですし、価格的にも新車としてはほぼ底ですので、
日常生活を潤す実用車両として、一家に一台是非是非。
by kaleidocycle | 2012-09-24 00:00 | 商品

2012年秋のセール 三発目。

一昨日の休みも潰し、昨日も一日ドタバタして、
一体何がそんなに忙しいんだ、という話ですが。

体は一つ、仕上げるべき車両が数台あるとなるとそれも必然。
で、今回仕上げた中の一台が柿色の此方。
c0189724_2052459.jpg

・Surly Disk-Trucker Long

ロングテール化のベースに一番向くのは何か?と聞かれたなら、
「マウンテンキャット!」とか「リッジランナー!」と答えたいのですが、
現行の車両で、となると間違い無くロングホールトラッカーと答えます。
c0189724_2054855.jpg
更にディスクブレーキバージョンの、
ディスクトラッカーとなれば鬼に金棒。


ロングテールと油圧ブレーキ、
この甘美な組み合わせには、
「超ロングホースが必要」
という壁が立ちはだかっておりまして。

今までは高価なジャグワイヤやグッドリッヂのホースセットで対処する、
という手法が通常(って何の通常やねん)でしたが、
現在はシマノからBH59/63系の10m巻きホースが出ていますので、
そんな問題もコイツでスパッ!とかわせる、と。
c0189724_2055896.jpg
そのブレーキをブッ刺すハンドルは、
SimworksのFun3Bar
97%リラックス、3%頑張り、そんな。

チョコチョコ使うリアシフターは、
マウントキットでハンドル前部に、
そうそう使わないフロントシフターは、
Wレバーで、という気の抜きっぷり。

この一台、「アンタどうかしてるよ・・・」というレベルの当空井戸支持者であれば、
「ん?」と気付かれるなんて事もあるやもしれません。

何かと言うと、この一台は店頭に並べていた緑のディスクトラッカーを、
塗り替え、ロングテール化したモノなのでありますね。
当然、此方はまだセール品として此方ではご紹介していなかった訳ですが、
店頭では足を運んだ人から順に、セールへご協力頂いている次第です。

因みに此方のディスクトラッカー・・・。
ロングテールKIT¥57,750とキックバックスタンド¥16,590の計¥74,340。
更に塗装をして!合計¥23万!安っすい・・・。
車体ナンボやねんというレベルやと思いませんか?ホンマ。


さぁ車両の件は置いて。

朝晩涼しくなって来た昨今、必要性が増して来そうな長袖を幾つか。
c0189724_2062493.jpg
とにかく一枚あれば便利な。

・CCP シルケットボーダーパーカー
¥13,650 → セール終了!
(在庫数) Sx1のみ

サラッとした着心地の薄手のパーカーシャツ、
しかしただのパーカーシャツに非ず。

ゴムの様に伸びまくるこの素材は、
長袖にありがちな窮屈感とは無縁の楽さ。
フロントポケットが何気に便利だったりも。



お次。
c0189724_2063123.jpg

・CCP 斜めジップウールパーカー
¥16,800 →  完売!
(在庫数) アイボリーM・L x各1


その名の通り、斜めにジッパが走る、
フルジップのウール混パーカー。

斜めジップは外観のポイントになるのは勿論、
髭を生やしてる人に痛い思いをさせる事もありません。

c0189724_2065040.jpg
綿パーカーには無い肌触りと、
CCPらしいタイトなシルエットが、
秋の快適ライドを髣髴とさせます。

またバックポケットも装備しているので、
出しなにパッと羽織ってチョッと漕ぎを入れる、
そんな時に、過不足なく役立ってくれるでしょう。


できたらMを買って下さい。
Lは売れなんだら自分で着たいので。



本日のラスト。
c0189724_2065712.jpg

・CCP 斜めジップウインタージャージ
¥18,900 → 完売!
(在庫数) 黒のL x1のみ 完売


問答無用の高機能素材ウォームキャッチを使った、
肌寒い寒い時期にも汗をかけるロングジャージ。

汗を吸い取り肌に感じさせず、
またそれを蒸散させるその能力は、
一度試して感じて頂きたい実力。

c0189724_2071641.jpg
また背面にはより通気性の良い素材を使い、
低気温下での走行中、熱を効率よく逃がす事で、
余計な汗をかいて、体温が下がる事を防ぎます。

前面の防風素材、そして背面の通気素材、
その切替しを上手く使ったバックポケットもあり。

何より、着た時のサイバーな印象は、
「これぞCCPサイクルウェア!」と言うに充分な完成度。

コレからの肌寒いシーズンも走ろう!という人へ、
背中を押す一枚。Mサイズの人へ是非。

と、今日はこんな感じで閉店です。また明日~。
by kaleidocycle | 2012-09-22 22:01 | セール

アウチ。

c0189724_2154641.jpg


暑さ寒さも彼岸まで、とは正にコレ。

一気に空気が涼しくなりましたな。



こんだけ涼しいと朝もオートマチックに起床。

c0189724_2162125.jpg

上れ上れon the dirt。
わっせわっせわっせわっせ。



蚊もスッカリ姿を消して、
流れる汗も、一息入れている間に飛んで行く。


いやぁ~、MTBの季節がやって来ましたな!

と、朝走って、昼アレヤコレヤとしている内に閉店時時間。
新商品の件、セールの続きと、お知らせしたい事もありましたが、
何もかもは明日以降、という事で本日は終了~。
by kaleidocycle | 2012-09-21 21:21 | 無駄

2013展示会 3発目。

c0189724_14443533.jpg
はい、今週も行って参りました2013展示会!

今回はGT&FELTでお馴染みRitewayさん。


商品の問屋というだけでなく、
ユーザー講習や、販売店への講習など、
自転車業界丸ごとへのバックアップを、
精力的にこなすライトウェイ。

さぁどんなんかな~?

c0189724_14492162.jpg
どんなんかな~、と言ってはみても。

FELTと言えばロード、しかも、
「本物のレーサーを、買える価格で!」
てな事を標榜している訳で、
ズラリと並んだロードロードロードの嵐。


細かい違いはロード専門店さんに聞いて貰うとして、
昨年のFに続き、ZもBB30になったよ~、とか、
ARだけは変わらずねじ切りBBだよ~、とか、
そんな呪文の様な事を報告しておきましょう。

c0189724_14505366.jpg

レーサーというからには、
勿論、宇宙船も居られます。


TTバイクか・・・。
トライアスロンとかやってる人は、
この宇宙船にグッと来るんでしょうね~。


のらりくらりと自転車に乗っているだけの、
自分の様なオッサンには完全に無縁ですなぁ。

c0189724_14502617.jpg
此方はご縁がありそうな「ディスクシクロ」

カーボンフレームの完成車は勿論の事、
アルミの完成車にも、ディスク仕様あり。
更に、カーボンのフレームセットも一気にリリース!


ディスクのシクロと言えば、
結構前からキャノンデールや、
KONAなどから出ていますが。

今後はドンドン増えて行くんでしょうな。



お次は「GT」
GTと言えば往年の名メーカーであったモノの、
同時期に花満開だったメーカー達と共に没落して行き、
辛酸舐める時期が暫く続いた訳ですが・・・。

2010年、いきなりアクセル全開でMTB界に復活して4期目の今回。
本来の見所はi-drive搭載のForce・Fury・Sensorという所なのですが。
c0189724_1685515.jpg
2013、一番見るべきはコイツだ!
と個人的に勝手に思っているのが。

「Kashmir カシミール」
スチールの29erトレイルバイクなのですが、
スタイリングの完成度が非常に高く、
そのくせマスプロマーカー故の、
コストの圧縮によるバリューっぷり。

c0189724_1693556.jpg
トレンドもバッチリ盛り込まれており、
ヘッドはテーパードコラム対応

フォーク肩との接触を避ける為に、
グイっと曲げたダウンチューブも、
非常に良い感じに仕上がっているのですが。


検討している人は、カタログと見比べてみて下さい。
よ~く見ると~?ガセットが着いておりますな。
うむ、良い事だ。

c0189724_1691768.jpg

そしてエンドに目をやると、
エンドはアジャスタブルエンド

ハイ・ミドル・ローと3グレードある完成車は、
全て多段変速仕様なのですが、
エンドが可変なのでシングルスピード化も可能。


そんなコイツはデオーレ組みで¥15万、
ん~、魔界への入り口ですな。

まぁそんな訳で「GTなんて」と舐めてかかっている人へ、
カウンターパンチを飛ばして来ておるGTなのですが。
c0189724_16102818.jpg
フルスイングで振ってきやがりました。
いきなりチタンロードです。

・Edge-Ti フレームセット
 ¥294,000



ど、どうしたんだ!GT?

此方もやはりトレンドに則ってテーパードコラムを採用しているのですが、
エンドだけポリッシュになっているなど、グッとハートを掴む洒落心も同時に搭載。c0189724_1623524.jpg

しかしこの一台が。
世間の皆様の顎を打ち抜く事が出来るのか?
というと難しいかもしれません。


他素材と同じく性能を求められるのは当然として、
愛着感というか、所有感を求められる、
そんなチタンフレームという独特の存在。

確かに、今はチタン再認の流れがありますが、
その流れにGTというブランドで乗るのは、
実際問題、難しいとしか言えない。

GTでチタンと言えば現在MTBのシャイザンがありますが、
シャイザンもエッジも、往年のチタンフレームの名を冠した現代版として登場しています。

つまりですな、これ等のチタンモデルは一般的な市場での評価を狙ったモノでは無く、
昔からのGTを愛して来たフリークへの「此処しばらく呆けててゴメンね!もう大丈夫!」
というメッセージなのかなぁ、と勝手に深読みしてみたり。



GTの栄光の時代?そんなん知らんわい!
という明日を見るアナタにはChargeBikesが登場。
いや、正しくは代理店がライトウェイに移った、と。
c0189724_1623423.jpg
今までは26インチのトレールフレーム、
「ダスター」シリーズが軸でしたが、
世の29er化の波は此処にも来ており、
今期の主軸は29erの「Cooker」へ。
・Cooker ¥136,500

このクッカー、ただの29erではなく、
BBハイトが妙に高い29er。

それが何を意味するかと言うと?
一般的に29erは走破性が高い反面、スイッチバックなどの小回りが苦手、
とされているのですが、このクッカーはBBハイトを上げる事で、
29erなのにギュンギュン曲がる、という所を狙っている訳です。
まぁその分、29erのもう一つの魅了である安定性はスポイルされていますが、
積極的に曲げて行きたい志向の人には、面白い選択じゃないでしょうか。

c0189724_16573858.jpg
同じくクッカーの派生モデルとして、
シングルスピードバージョンも。

・Cooker-SS ¥88,000


エキセントリックBBを搭載した、
スチールシングル29er。

何となくGTの過去のモデル「Peace29」を思い出すのは自分だけでしょうか。
¥8万台でこの仕様は安い!ですが本格的にトレイル走ると修理費が嵩むタイプかも・・・。
チョッとトレイル走る位なら面白い一台ですが、過度な期待はダメダメよ。

c0189724_16563922.jpg
同じシングルでも、
此方はバランス良さげな、
ミキストフレームのシングル車。
・Hob ¥73,500

グチャグチャ言うタイプでは無し。
でも何か・・・良いですよね、こういうの。
選べる事が有り難い。

c0189724_16584443.jpg
シングルついでに此方も。
・Mortar ¥63,000

トリックピスト、というか、
700cBMXとでも言うんでしょうか?
何だかナウな感じのナニで、
そもそも誰向けなのか、
正直な所、よく分かりません。

c0189724_1659839.jpg
ただコレ、前後Uブレーキがつき、
タイヤがデフォルトで700x45cと太い。

コレは・・・固定ギアにして、
ペダルにパワークリップつけて、
ダートフィックスとして乗ると・・・。

ええんやなかろうかね?

山中で、泥まみれになったこんなのと出会ったら、
思わず敬礼してしまいそうです。

c0189724_16591226.jpg
そんなこんなで3発目、以上です。
さぁ来週は4発目は~!とは行かず、
来週の今頃は家内を連れて家族旅行。

チョロチョロしている間に、
やる事が溜まって来てしまったので、
明日は定休日ですが、
店でホイルでも組んでると思います。

御用の方はお電話下さい。
by kaleidocycle | 2012-09-19 20:53 | 駄情報

撥水&防水&吸水。

c0189724_1713918.jpg

何だか久しぶりに感じる、そんな普通の雨。

昼頃には「止むか?」と見せかけるも、
その後もダラダラ振り続け、
「雨のち雲り」では無く普通の「雨」。


こんな日、雨が上がる事を願い走りに出た人は、
まぁ大変な思いをされているのだろうなぁ、と。

はい、という事で本日は、雨対策系のご案内。
まずは・・・何と言えば適切なのかよく分かりませんが、
サイクリングジャケットという事にしておきましょう。
c0189724_1715269.jpgc0189724_1724745.jpg


・CCP 2トーンジャケット ¥23,100
その名の通り上下2トンの、フード付きサイクリングジャケット。
バタつかないタイトめのシルエットながら、2Weyストレッチ素材で伸っび伸び。
腰部に広がる大型バックポケットには、右腰部の止水ファスナからエントリー。
c0189724_1723775.jpgc0189724_173084.jpg


またストレッチなのにもかかわらず、撥水・撥油・防汚の便利素材ですので、
走行中の不意の雨も、フードを被ってやり過ごせる、と。
ジャージの上から着るというよりも、ベースレイヤーを着た上に羽織る感じで、
コレから気温が下がって、冬になるまでの間には重宝しそうな一枚。
c0189724_1731385.jpgc0189724_1732675.jpg


朝晩の冷え込み対策としての、日常の羽織モノにも使えるCCPらしいシルエットは、
欲しい人にはとてもグッと来る一枚の様で、
今回ご紹介するまでの間にパパパッと売れてしまい、
グレーのMが一枚と、ネイビーのLが一枚を残すのみ。グッと来そうな方は是非。



次はもっと激しく防水なベスト。
c0189724_1735466.jpgc0189724_1741531.jpg



c0189724_1744230.jpg
・CCP メットオンフードベスト  ¥26,250

東レの透湿防水素材「ブリザテック」と、
止水ファスナが、雨からガッチリガード!

ってベストなんで、腕は濡れますけどね。

c0189724_174563.jpg
まぁしかし、本当に雨の中を走るのであれば、
それはそれ用、普通のレインウェアで良いわけで、
このベストの意義は、上半身を風や雨から護る事。

そこにフードが加わる事で、
体の軸を冷やさない、と。


で、そのフード、
よく見ると、ナウシカに出て来る人の服みたいに、
目っぽいモノがついていますね~。

その目っぽいスナップをパチパチ外して、
フードの真ん中に走るファスナをググイっと開くと?
c0189724_1751083.jpgc0189724_1752481.jpgc0189724_1753289.jpg


c0189724_1754999.jpg

ヘルメットを被ったまま、フードを被れる~!


そう、だからこのベストの名前は、
「メットオンフードベスト」なんですね。


以上!
と、見せかけてまだ終わりではなく。

熱が溜まる背面は総メッシュなので、体温の上下に応じて、
前面のファスナを開け閉めする事で、温度の調整が簡単に行える訳です。

また、よく見るとフードの後部にもメッシュのベンチレーションが。
雨天時にヘルメットが蒸れて蒸れて、という事への対処も考慮済みである、と。
c0189724_176399.jpgc0189724_1761715.jpg


とてもニュートラルな魅力を持った2トーンジャケットに対して、
この完全に飛び道具としか言えないビックリドッキリ面白ベスト。
正反対なキャラですが、どちらも走り行く前の気分を盛り上げてくれるってのは共通。



c0189724_1771347.jpg
最後にオマケの一品、タオルです。

・P01(プレイ) プレイタオルM
 ¥1,680



800x400mmのハンドタオルな訳ですが、
ただのタオルでは無く、チョッと便利め。

マイクロファイバータオルなので、綿タオルより汗も水もよく吸ってよく乾~く。
また抗菌剤が入っているので、湿気たまま放置しても臭くなり難~い。c0189724_1774272.jpg

コレは店頭にも置いているのですが、
メインは山荘で販売する用であります。

山荘には風呂もシャワーもあるのですが、
汗を流した後、体や髪を乾かす為の、
タオルが無い為、どうも使い辛かった。

しかし、このタオルを常備しておけば気軽にシャワーが浴びれる、とそういう事。
ケース入り(220x90x35mm)なので、濡れたままバックポケットに入れて帰っても良いし、
ケースに名前を書いて、山荘にマイタオルを置きタオルしておいても良いかも。

そんな山荘の次回イベントの告知を本日も山荘HPにアップしております。
此方の方も暇な時にチェックしてみて下さい。


本日は以上!
明日は展示会の為、14時頃からの営業となります。
by kaleidocycle | 2012-09-18 19:55 | 商品

2012年秋のセール 二発目。

c0189724_1882816.jpg
昨日から始まりました秋セール

狭い弊店ですから、一つ旧商品が出たら、
そのスペースに一つ新商品を出すという、
テトリスの様な隙間勝負。

まだまだ出せていない新商品が有るので、
その隙間を生むべく、今日もセールです。

c0189724_189090.jpgc0189724_1891272.jpg


c0189724_1892871.jpg
まずは日焼けした肌に似合う晩夏な一本。

・CCP フレセッククロップド
¥16,800 → セール終了!

(在庫数)
モカ M・L x各1
アイボリー M・L x各 x1

フランス語でクール&ドライを意味する、
フレセック生地を用いた、
サラッとした履き心地の七分丈パンツ。

c0189724_189554.jpg
シンプルな形状ながら、2Weyストレッチの恩恵で、
普通に洒落た感じを出しながらも、漕げる。

というだけに止まらず、ポケットの猫耳や、
腰内側の汗止めのボーダー柄、
そしてポケットを巡る注し色ステッチが、
ほんのり控えめな洒落感を醸し出しておりますね。

日常とサイクリングの丁度中間に位置している、
何気ない洒落感のフレセッククロップド、
サイズも色も選べる内に如何でしょう?

お洒落と言えば、補陀落山荘HPの方にお洒落イベントの告知を挙げました。
魂から血が滲み出す様な鋼鉄のお洒落スタイルを具現化する、そんな一日へのお誘い。
此方の方も、暇潰しにチェックしてみて下さい。


c0189724_18105780.jpg
次は、定番中の定番である。

・Nari/furi 七分丈カーゴパンツ
¥13,440 → セール終了!

(在庫数)
黒 S・M・L x各1


イタリア軍のパンツをデザインベースとしながら、
自転車乗車時に傷み易い、
膝と尻を赤ステッチで叩いた特徴的な一本。

c0189724_18111499.jpg
リップストップ(裂け止め)が入った、
丈夫なコットン生地が醸す雰囲気は、
アーミーというよりアウトドア的。

ストレッチ生地では無いものの、
クライミングパンツの様な股下の構造や、
秀逸なパターンが、充分な可動性を確保。


自分がNari/furiを「欲しい!」と感じた、
記念すべき一本目だったりもします。




3本目。
c0189724_18114446.jpgc0189724_1812236.jpg


c0189724_1812152.jpg
・CCP カーゴニッカー
¥16,800 → 完売!
(在庫数) L一枚のみ!

ガシっとした綿生地で出来た、膝下丈カーゴ。
漕ぐのを邪魔しない位置に配置された、
左右のポケットが、荷物を呑み込み、
多少の事ならバッグ要らず。

裾もスナップで調整可能、とかのギミックよりも、
現物の生地感を見て頂きたい一本。

て言うかもう、この値段ならサイズ合う人は買いでしょう!
自分もサイズが合えば履いて帰りますけど・・・履けないんで・・・。



今日は此処まで!という前に。車両も並べて行きましょう。
此方をセールでドン
c0189724_18124269.jpg



・Salsa El-Mariachi Level3Comp改 Mサイズ
¥228,900 → 完売!

エルマリアッチの完成車というのは非常にバランスのレベルが高く、
RockshoxのReconに、Sramの2x10ドライブトレインは、
ヘッド周りを固めたクロモリフレームと相乗してウンヌンカンヌン・・・。

という細かい事は以前書いたので置いといて。
要するに、完成車のダメだと感じた所を空井戸的に解消試みた一台、という事。
c0189724_18125231.jpg

ダメダメとしか言えないヘッドセットや、
イマイチだったグリップ&ハンドルなど、
チョチョっと変えるだけで、ほらバッチリ。

そんなコイツが何とホニャラララ

安い!

2013モデルは、フレームそのままに色変更がなされておりますので、
「この色が良い!」という方は勿論、トレイルを駈けずり回れる29erをお探しの方にも。
是非。という話です。

そしてセールはまだまだ続く。
by kaleidocycle | 2012-09-17 19:54 | セール

2012年秋のセール 初発目。

c0189724_18502815.jpg
昨日の休み、補陀落山荘目指して、
せっせせっせ峠を上りながら考え続けた。

「暑い・・・。」


秋物セールをすると宣言してみたモノの、
長袖なんてまだまだ、見るだけで暑苦しい。

セールを始めるには時期尚早だったかも。

と言って、セール止めると言うのも何なので、涼しげな分から始めましょう!
c0189724_18513075.jpg
まずは機能素材のサイクリングポロシャツ

・CCP サラカラ-サイクルポロ
¥12,600 → セール終了!

(在庫数) 
グレーxM・ネイビーxM 其々1点のみ。 

サラカラという東レの素材を使用した、
その名の通りのサラッとカラッとした着心地のポロシャツ。
c0189724_18514399.jpg
乗車時に背中が出ない背丈長めは当然として、
背面の左右側部に、其々バックポケットを装備。
また左肩上部にもモバイルポケットが。

本気ライドとポタリングの間を埋める一枚、
サイズが合えば是非。


c0189724_1852783.jpg
そんなサラカラサイクルポロと、
ほぼ同じ形状のモデル違いで。


・CCP メッシュバックポロ
¥7,350 → セール終了!

(在庫数)
オリーブxL・ブラックxL 其々1点のみ。

前から見た際の違いとしては、
ボタンダウンか否か、という感じですが。

c0189724_18522036.jpg
此方は背面一面、大胆なメッシュ生地で構成され、
もう見るからに涼しげ、というか涼しく無い訳が無い。


着て頂いている方からも、非常に好評な一枚、
しかし何故かLサイズだけ残ったのでセール。

価格がそもそも七千円という時点で安いですが、
それがセールになると、もう・・・ね。

サイズが合うなら買うしか無いでしょう!



c0189724_18524972.jpg
此方も最後の、という感じの。

・CCP フルジップサイクルジャージ
¥8,295 → セール終了!

(在庫数)
赤 S・L x各 x1
紺 S x1

c0189724_1853338.jpg
「国産ジャージ新基準」
という大きな目標を掲げて登場した此方。

一般的なジャージ素材よりも、厚み・強度共にあり、
毎日着てもへこたれない、毎日着ても着飽きない、
そんなシンプル&タフを、低価格で提案した訳ですが。

アホほど有った在庫も、遂にラスト3枚に。


ジャージなんて一枚も持っていない人にも、
選べない程持ってる人もにも、一度試して頂きたい!



c0189724_18531713.jpg
此方もラスト1枚。

・CCP クラシックストレッチジャージ
¥13,650 →  完売!


フロントポケットのオールドスクールデザイン、
なのにサラカラ素材で、さらっとからっとストッチ。
自分も着ておりますが、何というか・・・、
好きな人は好きだろうなぁ、と。

グレーのMサイズが一枚のみ→完売!

c0189724_1857339.jpg
と、そんな訳でセール第一弾は薄手シャツ。

一気にパンツも行こうかと思いましたが、
長くなり過ぎるので次回へ続く。


引き続きパンツ行って~、車体行って~、
その頃には気温も下がっていて、
長袖行って~、アウター行って~。

と、続くであろう空井戸サイクルセール、
店頭整理へのご協力よろしくお願い致します。
by kaleidocycle | 2012-09-16 20:36 | セール


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧