井戸端監視カメラ



<   2012年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧


マキワリズム。

c0189724_19445550.jpg
皆様、ゴールデンウィーク如何お過ごしでしょう?


自分は朝から薪割りです。

生活の中で必要に迫られ、
薪を割る事をしている人からすれば、
あまりに馬鹿馬鹿しい希望かもしれませんが、
「薪割りがしてみたい・・・」
そんな願望を以前から持っていた自分にとって、
薪割りは正にエンターテイメント。

c0189724_19453823.jpg

始めは斧の使い方、薪にする丸太の立て方、
その他何もかもが手探りで、少しずつ進めて行く。

しかし。

c0189724_1945498.jpg

ある程度数をこなして行くとですね、
何となく見えて来るモノがありまして。

斧の振り方、インパクトの瞬間の加重の掛け方、
それぞれコツらしきモノがウスボンヤリと。


薪が小山を成し始めた頃には、
この様な細くて長めの丸太でも。

c0189724_20313064.jpg

チェストーーーーッ!
と、気合一発、良い位置に落とす事が可能に。

ん~、まるで剣道の様だ。
居合いを嗜むというUNIT氏なら、
きっと薪割りもビシビシ行くのだろう、
是非指南を受けてみたい。

と言うかといえば、そこまで極める気も無い。

c0189724_20314336.jpg


c0189724_20315526.jpg
割りに割ったり薪の山。
夢中になり、単純労働を延々繰り返し、
気付けば開店時間間際、コレはいかん・・・。

ただこの薪が活躍するのは、
カラッカラに乾いてからという事で、
恐らく今年の冬になるであろうとの事。


そう、今日も無駄な動きを繰り返しているのです。
しかし、何かせずには居られない。
何故ならXデーがすぐそこまで忍び寄っているから。

Xデーとは一体?

と、そんなこんなで明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2012-04-29 21:05 | 補陀落山荘

夏日。

c0189724_17331656.jpg

気付けば今日からゴールデンウィーク。

初日からエライ気温の上がり方で、
鴨川べりは既に夏の様で、
甲羅干しをする人の多い事多い事。


まぁこの暑さですから、それも頷けますな。

そんな暑い本日ですから、チョッと涼しげなパンツを一本紹介。
c0189724_17332869.jpgc0189724_17333736.jpg


c0189724_17335455.jpg
・CCP PS-L004 後染めカーゴ七分丈
 ¥18,375

左右非対称のポケット構成が目を惹く、
その名の通りの七分丈のカーゴパンツ。

右腰横部の大きなポケットは、内側に普通の、
そして外側にフラップ付きの二重ポケット。

外側ポケットはスナップボタンの付け外しにより、
マチ&容量が調整出来るので、
チョッとしたモノならバッグ要らず。

c0189724_1734165.jpg

素材は基本コットンなのですが、
ホンのチョッとだけポリウレタンを配合する事で、
かなりのストレッチ性を得ており、
実際に履くと、見た目とは裏腹の動き易さ。


また後染め独特の色の質感が、
何とも良い感じではありませんか。

後染め、好きなんですよね・・・。
お嫌いですか?

そしてですね。夏と言えばですね。
空井戸サイクルオリジナル、「サイクリングランニングシャツ」
自転車漕ぐのか走るのか、どっちか分からん名前のコイツ、今年も仕込んでおります。
c0189724_17342731.jpg

今年で三回目迎えるこの企画、
第三弾は思い切った切り替えに進化。

テーマは、お洒落っぽく聞こえる様に言うと、
「ニューウェーブ・デジタル・プログレッシブ」
なのですが、その実際の所はですね、
ただ単に自分らが小学生の頃に見上げたモノ。

昔のSonyのイメージとかって、
こんなんじゃなかったですか?

c0189724_17344059.jpg
上半分はサラッとした薄手の白黒ボーダー、
下半分は鹿の子調のチャコールと、
汗染みや塩が目立ち難くい様に配慮。

共に素材はクールマックス仕様で、
乾きが早く涼しさ全開。

指で指している先の切り替え部分が、
斜めインストールのバックポケット。

このポケットや乾き易い素材、長い着丈と後身頃が、
暑い夏の「サイクリング」をサポートしてくれる訳です。

既に第三弾という事で、以前にお買い上げ頂いた方には説明不要なのですが、
裸寸前のこの楽さを知ってしまうと、戻れなくなるかもしれない・・・そんな一枚。

この配色と、もう1パターンで用意しており、出来上がりは恐らく5月末~6月頭予定。
今年はチョッと飛ばしてみた、空井戸オリジナルサイクリングランニング、
暑さが苦手な人は是非に是非にチェック頂けます様お願い申し上げます。
by kaleidocycle | 2012-04-28 21:45 | 商品

のっぴき。

c0189724_19505250.jpg

「明日は早く起きよう、早く起きよう・・・」
そう呪文の様に唱え、自らに暗示をかけた成果か。

パシっと目が覚めた午前5時。


「早過ぎる・・・」と二度寝をして、
再び起きれば外は好天。

c0189724_194873.jpg
365日の中で一番過ごし易い日、
というのは恐らく今日の様な日なのでしょう。

実に最高です。


そんな気候の中ですから、
恨めしいあの峠を上る事も、
結構苦にならず、スススっと上れたり。

まぁロードの人の倍くらい時間掛けて、ですが。

c0189724_19494955.jpg

小一時間も上り続けるとそこは峠。
その峠から脇に伸びるダートへ入り、
バッグの中身をガッシャンガッシャン言わせながら、
麓にある秘密基地に向かう。


ガッシャンガッシャンの音の元は、
パニアに詰めたタイルと、
フレームバッグに詰めたモルタル、
その他諸々、詰め込みまくり。

c0189724_19525237.jpg

下りきった辺りで見えて来るのが、
建造中の我らが秘密基地「補陀落山荘」



今日も管理人ノブと、
大工担当アニキが早くも作業中。

自動的に、自分は遅刻という形に。

c0189724_1953277.jpg
しかし作業は、自然と分業制となっている為、
自分の為すべき事をすれば良し。


そんな自分の今日のお題は!

薪ストーブの台座の、
割れまくっているタイルをハツって、
左官ごっこして、貼り直す!

でっきるっかな~でっきるっかな~♪

c0189724_19531447.jpg

横で巧みにチェーンソーを操り、
ドンドン作業を進めるアニキの邪魔をし、
段取りの指南を受ける。


結果。
今日出来る事は何も無い・・・と。

そう、自分の行動に計画性など何も無い。
良くないかもしれないが、仕方ないとも言う。

c0189724_19534433.jpg

他にする事を探してみるモノの、
プロの大工であるアニキの邪魔をしない事、
それがまず大前提。



なので、どうでも良い作業をチョロっとした後、
ふと現れた冬眠上がりの蛇を突付いて遊ぶ。

c0189724_19535710.jpg

等と無駄な事をしている間にも時間は過ぎ、
気付けば空井戸サイクル開店時間まで、
もう幾らも無い事を時計が示す。


「何しに来てん!」という話であります。
ただその答えとしては、仕事をしに来たのではなく、
遊びに行くべき場所に遊びに行った、
それが正解なので、コレでまぁ良いのではないか、と。


c0189724_19542511.jpg

下りてきたダートとは違うダートを、
再び上り返して尾根へ出て、
一目散に市内へ帰る・・・なんて事は無く。


「ええ天気や~」と呆けながら、
尾根から遠くに覗く琵琶湖を眺めたり、
鹿の角やカエルの卵を探したり、
ジリジリ上る際のトラクションを楽しんだりして、
市内へ下り着いた時には、既に開店時間。

という訳で、本日も一時間ほど遅刻し開店が遅れました。
上記の様に、のっぴきならない事象があった事、
ご了解頂くと共に、ひらにご容赦頂ければ幸いです。
by kaleidocycle | 2012-04-27 20:28 | 補陀落山荘

試験前の大掃除効果。

c0189724_14264832.jpg
ダダダダダダダダダダダダダダ・・・。

昨日の休み、久し振りに高速道路に乗り、
一路西へ西へと。


山荘の準備も本格化し始め、
やらなければいけない事が、アレもコレもと山積状態。
しかしそんな時だからこそ、つい別の事をしたくなる。

コレを「試験前の大掃除効果」と呼ぶとか呼ばぬとか。

c0189724_1427594.jpg

高速を下りた先は岡山は倉敷市


観光に特化した美観地区で有名な場所ですが、
昭和な匂いの強く残った商店街も、
非常に魅力的、そんな街です。


が、ただ観光しに来た訳ではない、
キチンとした目的があって来た今回。

c0189724_1427819.jpg
それは!
と本題に掛かる前に、駅前チェック。


倉敷の駅前には、以前「倉敷チボリ公園」があり、
以前来た時には、平日である事を差っ引いても、
「だ・大丈夫か・・・?」という様な状態でしたが、
全く大丈夫では無かった様で、
その後閉園となり、今ではショッピングモールに。

少々寂しい。

そんなアンニュイな気分を抱えたまま向かったのは、
本日の目的地である某Tシャツ屋さん。
オッチャンが一人でせっせと染めてプリントして生み出すそのTシャツ群、
コレを自分は10年ほど前から愛用しており、
いつかオリジナルTシャツをお願いしようお願いしようと、口先だけで相談しながら、
ついつい話を詰め切れずに、気付けばもう何年経ってしまった事か。
c0189724_14284180.jpg


c0189724_14291842.jpg
「いつまでも放置してはおけない!」
と、一発奮起してお邪魔してみた訳です。

嗚呼久し振り、変わらぬ、と言うか、
少し綺麗になった店構えにホッとしながら、
戸を開けようとすると。

「ひとやすみ」の下げ看板が・・・。
でたぁ~、って感じですな。

まぁ自分も同じ様に店を空ける事がある訳で、
此処は、う~ん、そうやね~・・・どうしようか?

c0189724_1430175.jpg
店の軒先に吊るされたTシャツが、
主人の元気な事を物語る。

会えなんだけど、それが確認出来たから良いか。


と、呆然としていると、
向こうからママチャリに乗った、
仙人の様な白髪&長髪のオッチャンが。

おおっ!帰って来た!ラッキー!

暫しの無沙汰を詫び、近況報告と無駄話をし、
突如として勝手に掘り返した、オリジナルTシャツ製作の約束を持ち出して、
とりあえずお互いに「まぁこんな感じか」という所まで話を詰めれました。


良かった、良かった、一つやるべき事が成せた。
そんなオリジナルTシャツ、出来上がるのは一体いつの事か?
まぁ来年に出来れば良いか、位で何となく待とう。

そう考えながら帰路につきましたが、帰りは事故で高速道路が通行止めとなり、
下道を走る事となったついでに、岡山県と兵庫県の田舎町をブラつき、
鄙びた漁村や、パンチの効いた廃墟を愛でながら走り、
なんだかんだで家に着いたのは空も暗くなってから。


思った様に行かんでも、それはそれで結果オーライ、
そんな昨日でありましたよ、ええ。
by kaleidocycle | 2012-04-26 15:07 | 無駄

オップス。

c0189724_191062.jpg
寒い寒い寒いと来て、突然蒸し暑い。


「今年は春が無かった」
なんてのは毎年聞いてる気もしますが、
やはり今年もいきなり暑い。


しかし山はやっと新緑も芽吹き出した、
よし!春だ!と認定してももう良かろう。

c0189724_1914948.jpg

で、今朝も朝の僅かな時間を使い、
裏山で鹿の角ハンティング。

左右の足元をチラチラ見ながら、
ダートをインナーローで上る。



此処で鹿の角の見付け方をおさらいしましょう。
1、とにかくゆっくり走る。
  当然ですね、よく見なければ見付かりません。

c0189724_192246.jpg
2、谷側・山側なら山側を注視する。
  抜けた角が山側(上)から、
  雪解けと共に転がって来ている可能性があります。
  反対に谷側は、谷に落ちて行く可能性が高いので、
  どちらかと言うと山側を見て行く方が効率的。


とか偉そうに講釈垂れながら、本日も拾果ゼロ。
ん~、引きが良くないぜ、相変わらず。

c0189724_1921411.jpg
まぁ良いや、谷沿いに下りてくる風は涼しいし、
山は新緑が気持ち良いし、
空も蒼く・・・蒼く晴れ渡るという予報だったのに。

な・な・な・なんちゅう黄砂
いつもなら向こうに見えるはずの、
西山が殆ど見えんではないか。


花粉症ならぬ黄砂症の自分は、
もう洟が無限に垂れて、くしゃみも止まらんし、
眼球が腫れて気持ち悪い事になってるしで。

c0189724_1922570.jpg
アカンアカン、これはアカン事なってるぞ、
と思いながらトレイルを下っていると、
前からセミの羽音が。
夏によくあるセミアタックの時の、
バチバチバチバチ!ってあの音。

出るの早いな、と思いながら音の方に目をやると。
小鳥がバチバチ音を出してました。

何でしょう?ヤマガラでしょうか?
でも何か違う様な・・・? 変な奴。

c0189724_1923848.jpg
山から下り、店を開けるとまた変なのが居ました。

極太タイヤでお馴染み、
Surlyパグスレーの限定仕様車「OPS」
ネックロマンサーって奴ですね。


この一台は「ただの真っ黒仕様のパグ」、
そんな風に捉えている方も居られる様ですが、
ノンノン、結構違うのです。

c0189724_1925657.jpg
ベースのフレームはパグですが、
フォークがより幅の広いムーンランダー用。
実物を目の前にすると「アホちゃうか」という位、
とてもとてもワイドな幅のフォークで、
フロントのみパグより広い4.7インチ幅が履けてしまう。

クランクもムーンランダーと同じオフセットクランクで、
それに合わせてリムも82mm(パグは65mm)採用。


と、この様にSTDのパグとは結構違うのです。

これだけの差が有って、STDパグとの価格差は¥15,750。
あと¥55,650出せばムーンランダーが買える、それは確か。
でも、あと¥55,000って結構デカい差ですし、
フロントには4.7インチインストール可能っていうのを考えると、
このOPS、実はファット兄弟の中では一番買い得なモデルと言えるのですね。

「バラから組んだ方が効率良くない?」
という質問も頂く事があるのですが、基本的にはファットは完成車が得です。
リム&タイヤは、どちらにしろ専用を用意する必要があり、
前後リムとタイヤとチューブだけで約¥5万、
フレーム&フォークがパグなら約9万、ムーンランダーで約10万、
そこにワイドシェルBB対応のクランクを買ってハブを買ってコンポ買ってってすると・・・。


という事です。
Surlyの他のモデルの場合は、バラから組んだ方が効率良く組める場合が多いですが、
ファットに関しては、完成車の方が基本的には効率が良いと思います。

そして、その中ではOPSが一番お得だという事、興味ある人は知っていて下さい。
by kaleidocycle | 2012-04-24 19:53 | 駄情報

5月の営業予定(GW込)。

c0189724_20165143.jpg



白丸が休業日となります。
遂に今年もGWがやって来ましたな。

17日はSalsaJapanTour参加の為、臨時休業させて頂きます。

今月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2012-04-23 19:59 | 今月の営業カレンダー

Disk Trucker。

Surlyの2012ラインナップの中で、唯一サンプルさえも見た事が無かった
c0189724_1933114.jpg

ディスクトラッカー、遂にデリバリーです。
・Surly Disk-Truckerフレーム&フォーク  ¥67,200
c0189724_19331625.jpg

基本的なジオメトリは、
当然LHTをそのまま踏襲していますが、
大きく違うのはやはり「エンド」


通常のシートステーマウントでは、
キャリアの足に干渉しますから、
此処は勿論チェーンステーマウント。

c0189724_1933287.jpg
大きな耳が付き、
かなり頑丈そうなエンドですが、
表・裏共に施された肉抜きは、
不要な重量増に対する「No」の答え。

タフさの影にチラりと見える優しさ。
まるで安岡力也の様ですね。


勿論、安岡力也ではなくSurlyなので、
エンドの後部には「Surly」のロゴが。

c0189724_19334027.jpg

ブレーキホースのルーティンは下回し。
ダブルレバーの邪魔をしない様、
ボトルケージの邪魔をしない様、
遠慮しながらダウンチューブに沿って下り、
そのままチェーンステーの上を、
エンドまで突っ走る。

LHTの場合はチェーンステーの上に、
予備スポークホルダーが有ったのですが、
ディスクトラッカーはホースが通る。

c0189724_19335241.jpg
という事は。
「スポークホルダーよ、さらば・・・」

などと別れを悲しむにはまだ早い。
目を上にやると、そこには!

そう、予備スポークホルダーは、
シートステー裏に引越ししていたりするのです。

コレが無くて困る事も然程無いかもしれない。
しかし、やっぱコレだね~ってなモンで。

c0189724_1934464.jpg
そんなこんななディスクトラッカー。

最高のツーリングバイク「LHT」を超える、
更なるツーリングへの究極の回答。

使う状況にも寄りますが、ディスクが選べる事は、
国内ツーリングにおいてはかなりのメリットです。


「もうなにもかも投げ出して遠くへ行きたい!」
そんなヤケッパチな貴方のお供に、
これ以上の適任車は居ないでしょう。

ディスクトラッカー、とりあえず自分の思う感じで組んでみようと思います。
by kaleidocycle | 2012-04-22 20:00 | 商品

補陀落山荘管理人公開。

c0189724_2014552.jpg
小雨がしとしとと降り続いた昨日の休み。
待ちに待った、待望の日がついに。


何をそんなに心待ちにしていたのかと言いますと、
ズバリ「ゴミ捨て」

秘密基地は結構な山の中にあり、
周りには杉林、脇には小川と、
自然が満ち満ちているのは良いのですが、
まぁゴミがあるある、アホほど出て来る。

c0189724_20142245.jpg
それ等を少しずつ集めて、
秘密基地の前に積んでいたのですが、
コレが目に入る度にゲンナリしていました。

それを大工担当のコードネーム「アニキ」の愛車、
サニートラックを借りて、一気に処分。

まずは金属のゴミと、家電を積み込み、
上鳥羽の鉄くず屋でドーン。
電磁石に吸い寄せられ空を飛ぶゴミ。
ゴミよ、さらば。

c0189724_20162311.jpg

空荷になったサニトラで霧の峠道を抜け、
再び秘密基地に引き返す。


設計の旧い商用車のミッションの感覚、
コレが大好きであります。

久し振りのミッション車でゴキゲンドライブ。
あ~、トラックはええなぁ、実に良い。

c0189724_20151066.jpg
次は家庭ゴミ的なモノを積み込み、
東部清掃場へGo。

普段から、横を通る事は多い東部清掃場。
しかし、中に入るのは初めてです。

巨大な施設の中は人気も少なければ匂いも無く、
案内に従って手順を踏み、
大きなコンベアーにドーンとゴミを放り投げる。

何とアッサリと片付く事でしょう。
あんなに悩んでいたのが嘘の様です。

c0189724_20173462.jpg
そして再びサニトラで峠を行く。

ミッションの運転が苦手という事で、
隣の席でヘラヘラしている人物、
コレが補陀落山荘管理人にしてオーナーである、
「ノブトシ」君です、ノンちゃんと呼んであげて下さい。

補陀落山荘はノンちゃんと自分の、
二人で企画立案&運営管理。
そして彼が補陀落山荘に常駐する訳です。

楽しい島流し、と言えん事も無い事も無い。

c0189724_20174999.jpg
ゴミも無くなり、あぁさっぱり。
コレで元在るべき姿に戻りました、
少なくとも入り口の周辺は・・・。

さぁ次は何をしなければならないのか?
とりあえず薪ストーブに火をいれて、
二人膝を突合せアアでもないコウでもない、と。


こうして考えているのが一番楽しい。
そして思う様に出来上がれば、今度は嬉しい。

c0189724_2018084.jpg
気付けば陽も落ち、雨も上がった。

さぁボチボチ撤収するか、
と、外回りを片付けて、
再び室内の電気を消しに入ると。


何か動く影が・・・ってタヌキ?

チョッと目を離した隙にタヌキ侵入。
ん~ワイルドだぜ~。

c0189724_20181124.jpg

遠き山に陽は落ちて~♪
星は空を散りばめぬ~♪
今日の業を成し終えて~♪
心軽くやすらえば~♪


っと、本日も終了。

ドンドン進めて、参りまっしょう!
by kaleidocycle | 2012-04-21 21:26 | 補陀落山荘

絶好調。

c0189724_18483077.jpg
「天気は木曜から下り坂」

そんな天気予報は先延ばしになった様で、
本日快晴、絶好調です。


暑くも寒くも無い、そんな一年で一番良い気候の中、
朝からのんびりとペダルを回し北へ。

こんなに暖かいのに、遠くに望む比良山の、
天辺の方にはまだ白い雪の影が。

c0189724_18484769.jpg
山を走り、湖岸を走る。
こんなのが朝の2時間で出来るとは、
京都、実に有難い土地であります。


気温計は山の上で13℃、
平地で17℃くらいを指していましたが、
風が凉しく汗を乾かし、走っても走っても快適。

ただ、暑いとまではまだ行かないし、
時間によっては肌寒くもある。

c0189724_1849256.jpg
そんな「今」な一着が此方。

・CCP JC-O005 斜めジップジャージ
 ¥18,900


斜めのジッパが特徴的な、
ロングスリーブのジャージです。

メインの素材にウォームキャッチを採用しており、
起毛の裏地が汗を吸い取って広げるので、
かいた汗を肌に感じ難く処理してくれます。

c0189724_18491796.jpg
またこの素材は防風性も比較的高い事から、
冬はベースレイヤーと重ね着をして、
晴秋は素肌にそのまま着てと、
非常に使いまわしの利き易い素材なのですが。

そのウォームキャッチを前面に採用しながらも、
背面にはより薄目のメッシュ素材を使う事で、
汗と熱の溜まり易い背中を涼しく保ってくれたり。


切り返しを上手く使ったバックポケットも愛いやね。

c0189724_18493176.jpg
素材感はこんな感じ。

左が裏起毛のウォームキャッチ、
右がストレッチメッシュ。


このウォームキャッチがですね、
パッと見ると暑そうにも思えるのですが、
着るとまぁ恐ろしく快適。

勿論、今朝も自分はウォームキャッチです。

c0189724_18494889.jpg
色はベージュと黒の二色展開。


ガッツリ走りに行く時は勿論、
冷える朝晩の羽織物として普段着にも。

夜洗えば朝には乾く速乾性で、
毎日走りたい人も一枚でいけてしまう。

そんな使い回しのきく器用な一枚、
正に「今」の一着です。

c0189724_1850379.jpg
絶好調絶好調!と喜び勇んで走っていると。
チェーンが切れました・・・。

以前カナダ人の友人が言っていたのですが、
「調子はどう?」と聞かれたなら、
「No chain!No chain!」
と答えろ、と教えられました。

曰く、
「今日はまるでチェーンが無いかの様に、
 足がガンガン回って絶好調よ!」

という様な意味だそうな。

c0189724_18502165.jpg
確かにNo chainは足がスルスル回り、
コレで前に進めば恐ろしく絶好調だろう、と。


しかし、チェーン無くして自転車は進まない。

チェーンツールなど持って行かなかった自分は、
靴を片方脱ぎ、ケンケン乗りで家を目指し、
帰宅すると靴下に穴が空いていました・・・。

まぁ切れたのが山中まで帰って来た所だったので、
基本下りのGバイクごっこで済んだんですけどね。

絶好調な皆様も、絶好調にはお気をつけ下さい。
by kaleidocycle | 2012-04-19 19:36 | 商品

秘密基地の秘密兵器。

c0189724_19205926.jpg

素晴らしい好天に恵まれた本日。



やる事は勿論!



走りに行く!

c0189724_19212623.jpg
では無く、秘密基地の作業。



はじめは何から手をつけて良いのか、
それ自体が分からなかった秘密基地建設作業も、
多くの協力者の力を集結する事で、
何だかんだと少しずつ進んでいたり。


まぁ自分に出来る事と言えば、掃除くらい。

c0189724_19213758.jpg

そんな掃除の為、ニューマシーンを導入!

3インチ幅のファティータイヤがイカす愛い奴です。


長年堆積した杉の落ち葉を、マイフォークで担ぎ上げ、
このマシーンに積載したなら、
ダートを駆け抜け谷に投棄!

ひたすらコレを繰り返すのみ。

c0189724_19284029.jpg

同じ作業を繰り返し、
くたびれたら座って一服。



秘密基地脇を流れる川の瀬音を聞き、
「嗚呼、山の中だ・・・」と、至福の時。


c0189724_19304434.jpg
作業に区切りをつけ、店に向かう。

けど、この天気の中真っ直ぐ向かうのは忍びない。
なので、少し遠回りしてツーリング気分。


秘密基地脇の小さな瀬が、
他の流れと合流し、京北の美しい川に。

いつ見ても京北の川は綺麗やなぁ・・・。
夏はここで泳ぎ、何ならゴムボートで下ってみたい。

c0189724_19305821.jpg
市内ではもう桜の満開は過ぎ、
葉桜が目立つ様になって来ました。

しかし、市内と比べると随分寒い京北では、
やっと桜が咲き始めた所。


京北の桜が全て散る頃、
秘密基地の作業も進んでいる事かしらん?
などとやや他人事気分で、
ぼちぼち進めて参りましょう。
by kaleidocycle | 2012-04-18 20:24 | 補陀落山荘


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧