井戸端監視カメラ



<   2012年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧


Peakの件。

c0189724_1485219.jpg
4週連続降った雨が上がりまして。


そしてフォークが来ました。
そう、発表されてもう一年、
待ちに待ったX-Liteのカーボンフォークです。


・X-Lite カーボンフォーク
(15㎜スルーアクスルバージョン ¥39,900)


c0189724_1491145.jpg
その最大の特徴は、やはりこの15㎜スルー
カーボンリジッドフォークとしては恐らく初。

この肩下470㎜バージョンというのは、
基本的に29er用になる訳ですが、
「肩下が伸びる&ホイル外径がデカイ」
という事は、必然的に剛性確保が難しく、
ハンドリングの正確さに限界がある。

そこに対しての、15㎜スルーアクスル化。
コレはどう考えても理に叶っているのではないかと。

c0189724_1492157.jpg
この15㎜スルーアクスルバージョンには、
RockShoxのスルーアクスル、
「マクスルライト」が付属するのですが、
マクスルライトの価格が¥6,825の事を考えると、
差し引きフォーク代が¥33,075!

何とお買い得な価格設定でしょう。
こんなにニッチなポジションの製品なのに・・・。


しかもダメ押しのカーボンコラム。凄いな。

29erのリジッドフォーク化を考えている人にとって、
一気に選択の最右翼に飛び出てきた、X-Liteの15㎜スルーカーボンフォーク。
入荷量がまだ僅少で、需要を満たすにはコレからの一本ですが、
リジッドでトレイルを攻める人は、是非チェックしておくべきですな。


そんなX-Lite、MTB界では知らぬ人は居ないであろうビッグネーム、
塚本岳氏(Peakが国内代理店として用意してくれているのですが、
そのPeakさんでは、こんなのも扱っています。
c0189724_1493491.jpg
・Dartmoor チャッカー2  ¥7,350

3ピースクランクって、やっぱ良いですよね!
「棒」って感じで。

このシンプルなルックスにやられて、
MTBにもインストールする人も多いと思いますが、
3ピースには許せるネガと許せないネガがあります。

許せるネガは「重い」という事。
元々BMX用ですから当然な訳で、
この点はまぁ・・・良いか、という話ですが。

で、もう一つの許せないネガとは?

それは「BB」。
元々BB外径のデカイBMXで使う前提なので、スピンドルが太いのですが、
その太いBBを、通常のMTBのBB(ユーロ)にぶち込むと、
結果的にベアリングの収まる場所が無くなり、耐久性がとてもとても落ちるのです。
しかも、ユーロBBは高いと来たモンだ・・・。
c0189724_1494667.jpg
ならばコレでどうだ、というのが、
やはりダートムーアから出ている、
・Dartmoor Euro-exBB  ¥6,300

現在MTBやロードでは主流となった、外椀BBですね。
BBシェルの中にベアリングを納める必要が無いので、
3ピースに付き物だったベアリングの心配も一気に減少。

しかも、クランクとセットで買っても¥13,650と、
とてもリーズナブル。
つ、使えるじゃないか、コイツ。

c0189724_1410040.jpg
あと、空井戸では定番と化している、
NukeProofの薄々ペダルも補充完了です。

・NukeProof エレクトロン(樹脂) ¥5,250
・NukeProof ニュートロン(アルミ) ¥8,400


安いのは当然として、薄いだけでなくメンテ性も良く、
パカパカばらせて、グリスアップも1分で完了。

定番となるには理由がある。
フラペで悩む人は、間違い無い選択として、
ヌークプルーフ、チェックしてなきゃマズイです。

と、そんなこんななPeak扱いの製品群。
調べればまだまだ「お!」というモノ出て来ますので、
暇な時にでもPeakさんのHPをチェックしてみて下さい。
by kaleidocycle | 2012-03-31 20:59 | 商品

ポタリング以上、トレーニング未満。

春の最大の敵とは何か?
ワタクシ思いますに、それは本なのではないかと。
c0189724_1824374.jpg
面白くない本なら問題ないんですけどね。

読み始めたオモロイ本が手元にあると、
「さぁ今日は何をしようか?」となった時、
猛烈な引力で引き止められてしまい、
結果的に、家から一歩も出ない日を過ごしてしまう。


それを知っておるが故に、
休み前の昨晩は読みかけの一冊を最後まで読み、
今日はスッキリ爽快レッツゴー。

c0189724_183572.jpg
まぁ温い事、温い事。

さすがに半袖気候とまでは言いませんが、
羽織物一枚着てれば暑くも無く寒くも無く、
上りで垂らした額の汗も、下りでスッと雲散霧消。


軽めのギアでノンビリと山を越えれば、
そこは滋賀県琵琶湖岸。

比良山はまだ雪残ってますな。

c0189724_1832423.jpg
誰も居ない水泳場。
(海水浴場では無い)

休憩がてら浜に侵入。


しかし、現在ペダルがスピードプレイの為、
砂の上を歩くには全く適していない、
と言うか絶対にマズイので、脱いで裸足。

足の裏が冷っこいぜ。

c0189724_1833652.jpg


c0189724_1835696.jpg
ダラダラと湖岸を流す。

ペースの乗る国道ではなく、可能な限り裏道で。


路傍の民家の草臥れ具合、
使われなくなった謎の建造物、
フェンスにぶら下がる子供の嬌声。

そんなモノが映画の様に視界を流れて行く。
ウム、これぞサイクリンッ。

c0189724_184528.jpg
こういうサイクリングを快適に行える事、
自分がロードバイクに望むのは其れ。

更に欲を言えば、少し頑張りたくなった時には、
踏んで気持ちの良いレスポンスがあり、
休憩時に一歩下がって見た時に「ええな」と思える、
立ち姿バランスの自己満足があり、
メンテ時に気を遣う事無く、ジャンジャンメンテ出来たり。

そんな欲望を詰め込んだこの一台、
少し乗り込んで、何となく姿が見えて来た気がします。

c0189724_1841847.jpg
オーダーフレームと言うのは難しい。実に。

やりたい事がハッキリしなければ始まらない、
やりたい事がハッキリした所で、
何処を如何選べば良いか分からない、
狙い定めて想いを籠めて数字決めても、
その妄想通りの答えが返って来るとは限らない。

なんとも報われない世界です。
ただ、それでも既存のモノに「何か違う」と感じられ、
それを払拭したいと望むのであれば。

カモーン。
by kaleidocycle | 2012-03-30 20:46 | 無駄

4月の営業予定。

c0189724_2044928.jpg



赤丸が休業日となります。
勝手ながら4月1日エイプリルフールは、臨時休業させて頂きます。
ウソではありません、ホンマですので御注意下さいませ。
by kaleidocycle | 2012-03-29 20:46 | 今月の営業カレンダー

バッテン・ジャージ。

c0189724_16462095.jpg

黄砂なのか?
花粉なのか?

白い幕が掛かった様な今朝の山模様。


気温計もコンスタントに10度を越しており、
寒さに閉じ篭っていた冬はもう終わりだ!

と思いたい。

c0189724_16463432.jpg
パシっと照った太陽が作る網目の様な木漏れ日。
そんな中を抜ける様にシュ~ンと走っていると、
数名の知人と擦れ違いました。

平日の、しかも中途半端な時間だと言うのに・・・。
冬篭りはもう終了という事でOKでしょう!


まぁしかし、まだまだ長袖の時期でありまして、
余程気温が上がる日で無ければ、
半袖の出番には少々早い。

c0189724_1646557.jpg
それでも何でも、御紹介しましょう、
今春、一番イカしてる(個人評価)ジャージを。

・CCP ST-L003 クロスバックジャージ
 ¥16,800




パッと見た感じは、
非常にシンプルな半袖ジャージです。

c0189724_16474156.jpg
が、生地が質感のある鹿の子調素材で、
手触り&肌触りも良く、高級感もあるので、
「袖を通した瞬間からテンションを上げる!」
というタイプの一般的なジャージとは違った着心地。


当然、吸汗速乾のフルストレッチ素材なので、
洗濯して干せばすぐに乾いて毎日着れる。
また、生地が丈夫なので、
毎日着てもヤレ感が出ないのもまた良し。

脱ぎ・着が簡単なフルジップとの相性も良し、です。

c0189724_1647935.jpg

そんなシンプルな全面ながら、
振り返るとご覧の通り。

「クロスバックジャージ」の名の通り、
大きくバッテンがあしらわれています。


まるでチューブラータイヤを担いだ様なデザイン。
「シックで高性能で高品質」
そこまでは何とかなっていたけど、
あと少し足りなかった何か、それが此処にある!かな?

c0189724_16472393.jpg


バックポケットは3ポケットに加え、
ジッパ付きのポケットが一つと充実。


小銭入れと、パンク修理道具だけ、
バックポケットに放り込んで、
あとは手ぶらで、行き先決めずにコロコロと。

c0189724_16475957.jpg
着てみると・・・ん~・・・。


いかにも!なジャージでは無いとは言え、
やはり「自転車に乗る為!」のモノですから、
ジーパンじゃないですね、下半身に履くべきは。

そして頭もサイクリングキャップを被りたい。


なんて思うのは自分だけでしょうか。

あまりスポーツスポーツし過ぎる事無く、かと言ってカジュアルカジュアルし過ぎない、
そう、欲しかったのはこんな位置。じゃないですか?

ズバリ、とても良いと思います。
by kaleidocycle | 2012-03-28 20:08 | 商品

オーライ到来。

c0189724_1814985.jpg
ポッカリと。
実に綺麗に晴れました。


このタイミングを逃してなるか!という事か、
キッズの様にうへらうへらと笑いながら歩く、
ハイカーのジジイの群れが、山中に出没。

擦れ違う際、定番の挨拶に加え、
「やっと晴れましたな!」と、
誰もが同じ事を思い、同じ事を口に。

c0189724_182288.jpg

今年に入って、3度目の短パンライド。

1度目は当然の様にフライングで、
2度目はやはり寒過ぎ凍え、
そして3度目の正直の今朝。


あぁ・・・短パンの中に流れる風の気持ち良さ。
快適じゃぁ~快楽じゃぁ~。

c0189724_1821522.jpg

冬に見ると何か「汚たな」としか思わない、
そんな水中の藻も、盛大に光合成。

ウム、よきかな、よきかな春。



週末は生憎の天気予報ですが、
明日も引き続き快天の様なので、
この時期の恩恵を盛大に受け取りましょうぞ。

春の時期に必要なペランとした奴も、店頭に並べ始めました。
まぁまだまだ半袖には早いんですけどね。
c0189724_1822521.jpg


c0189724_1823925.jpg

グイグイ走る為に、ポジションを見直したい!

そんな人には。



弊店3階に、無料ドロップハンドルコーナー、
通称「ハンドルの墓場」も御座いますので、
それぞれ適時御利用くださいまへ。
by kaleidocycle | 2012-03-27 20:09 | 無駄

リーボックじゃなくてイーボック。

c0189724_1944214.jpg
いつまで経っても暖かくなりません。
世間は春休みの3月末だというのに、
今朝も、走りに出たら雪降って来ましたしね。

まぁ暑いのが苦手な自分としては、
夏が来るよりかは寒さが続く方が良いのですが、
それでも何でも・・・寒いな京都。



南の方へ行けば暖かいのかしらん?

そんな暖を求めてなのかどうなのか、
先週、お客さんが輪行&一泊で九州へ行って来られたそうです。
九州と言うと「遠い」としか思わないのですが、新幹線に乗れば3時間程度で着くそうで、
乗り換えや待ちや何やと考えると、ある意味関西圏を輪行で移動するよりも近いのかも。

しかし輪行って・・・邪魔臭いですよねぇ・・・。
パッキングするのには意外と時間が掛かるし、
広い京都駅内を、自転車担いでウロウロするのもしんどいし、
電車の中でも、目を離すと「バタン!」なんつって倒れたりするし、
目的地について艤装しようと輪行袋を開けると・・・、
傷がついたフレームや曲がったエンドを目にして「オゥノウ・・・」と懊悩するなんて事もあるしで。
c0189724_1955079.jpg
そう、自分は輪行が好きでは無いのです。
輪行のメリットは魅力だけど、
それ以上にデメリットが恐ろしい。

そんな現状を打開すべく、
昨年に注文していたコイツが届きました。

c0189724_19667.jpg
ゴルフバッグの様ですが、然に非ず。

クルクルと巻かれた本体を開けると、
中に塩ビパイプと、グラスファイバーのバテンが。


そのパイプx4本と、バテンx4本を、
所定の位置にスポスポと差し込むと、
準備完了です。


何の準備かってーと。

c0189724_1962264.jpgc0189724_1963515.jpg


c0189724_197174.jpg
そう、このバッグはフォールディング可能な、
「輪行袋以上、ハードケース未満」
そんなセミハードケースなので御座います。

・evoc バイクトラベルバッグ


29erホイールのモンスタークロスである、
愛車パイク號が、キャリアをつけたままで収納可。

なので、ロードは勿論、DHバイクでも入るそうな。

c0189724_1971947.jpg
輪行袋と大きく違うのは、
外したホイルを入れる場所が決まっており、
前後ホイルを外して、左右のポケットに入れ、
あとはハンドルを外せば、それで準備完了。


先程入れた塩ビパイプが、
ホイルを外的衝撃から護り、
またスプロケやローターが当たる箇所も、
補強されているので、袋が破れたり、
フレームに接触して傷を入れたりしない訳です。

c0189724_1973025.jpg
バッグ本体の内部に装備されたベルトで、
フレームを括って、ジッパを締めれば完成。

この状態で、縦置きでも横置きでも自立するので、
電車に持ち込んだ際にも、程よい場所にポン、と。


また高速バスで嫌がられる事の多い輪行袋ですが、
コイツなら自立する上、多少の衝撃に耐える為、
バスのラゲッジに普通に入れる事も可能ですし、
飛行機に乗る時も、段違いの安心感ですわな。

c0189724_1975329.jpg
角にスケボー用のウィールがついているので、
ハンドル持てば、そのままコロコロ転がせます。

なので、駅の中だろうが空港だろうが、
ススっと転がせ、移動は簡便至極。


この点、ハードケースって憧れますねぇ。
ただ。移動は良いとして。
「目的地の駅なり空港なりに着いた後・・・、
 このケースを如何すれば良いのだろう?」


c0189724_1994639.jpg

1、駅に着く。
2、自転車を出して艤装。
3、バッグを畳む。
4、そして片手運転で曳く。

それも良い。

c0189724_1910044.jpg
けど、大きな駅や空港ならある、
ゴルフバッグ用のコインロッカーに、
突っ込んでしまうと言うのも一つの手ですし。

バックパックの外付けハーネスで括れば、
無理矢理運んでしまう事も可能。


まぁラリアットしてしまわない様に、
注意する必要はありますけど。


と、この様に輪行の行動として、
「今までにない選択肢」を生むこのバッグ。

飛行機や高速バスでの移動もハードル下がるし、
遠くのトレールを日帰りで攻めに行く、とか、海外旅行に自転車持って行く、とか。

ヤッホーオークションなどで自転車を売り買いする時も、
「どうやって自転車送ろう・・・」と悩む事が多いと思いますが、
コレに詰めて送れば傷む心配も少ないでしょうし、梱包物なので送料も安い。
で、到着後自転車を抜いて、バッグだけ折り畳んで送り返して貰う、とか。

コレがあればアレも出来るコレも出来る・・・、と妄想が膨らみませんか?
c0189724_19101516.jpg

さぁ皆さん、コレを買いなはれ!

と言いたい所なので・す・が。
コレ、¥50,400と結構値段するんですよね・・・。


ハードケースとしては然程高くも無く、
使い勝手の内容を考えれば安い!とも言えますので、
海外によく行かれる方や、
とにかく輪行での移動が多い方には是非!

ただ、それ程でもない、でも興味はある、そんな方には!貸しますぜ。
コレは自分用に買ったのですが、自分も年にそう何回も使う訳ではありませんしね。
さぁ、コレがあるとするなら・・・アナタなら何をします?
by kaleidocycle | 2012-03-26 20:32 | 商品

史上最大。

c0189724_16493366.jpg
ここん所、週末は雨ばかりですな。

まぁ雨だろうがなんだろうが、
走りたければ濡れて走れば良いだけなのですが、
自分の体は良くとも、自転車に良くないので、
チョッと二の足踏んでしまう、というのが普通かと。


自転車はまぁ洗車して、油差せば良いとして、
「絶対に濡れてはいけない荷物」
なんてモノもありますわな。

c0189724_16501698.jpg
そんな雨天サイクリングのお供として、
鉄板の位置にあるオルトリーブから、
新しいバックパックが登場。

その名も「トランスポーター」
特筆すべき点は4つ
一つ目は完全防水である事。
コレはオルトリーブ共有の魅力ですね。


そして二つ目はその容量。
何と49ℓ!
オルトリーブのバックパックとしては、
過去最大。

定番の「メッセンジャー」が、
30ℓである事を考えれば、
如何にデカイかが分かりますね。

c0189724_16503032.jpg

その49ℓがどの程度のデカさなのか?


卵を丸呑みした蛇の如く、
早速、何かを呑み込んでいます。


何を呑み込んだのでしょう?


c0189724_1650407.jpg
スポン。


カホンです。

c0189724_16505151.jpg
カホンってのは、まぁ一種のタイコな訳ですが、
寸法的には、46x30x25cmの大きな箱、
コイツがすっぽり入ってしまいます。


こんな大きな箱を呑み込むだけでなく、
エキスパンションベルトの調整で、
もっと高さのあるスピーカーなんかでも運べてしまいます。


さすが「トランスポーター」というだけありますな。

c0189724_16511749.jpg
担ぐとこんな感じ。

まるで強力さんの様です。
強力さんって、「きょうりょくさん」じゃなくて、
山の上に荷物担ぎ上げてくれるゴウリキさん。


エスパー伊東なら入れるかもしれないし、
それを担ぐ事も出来るかもしれない。

本当の所は入れてみなければ分かりませんが、
少なくとも一週間位の旅行なら、コレ一つで充分。

c0189724_16515056.jpg
こんな大容量でも、
中に入らないと言う事は勿論あり、
自転車のフレームや、ホイルなんて入りません。

そんなモン運びなさんな、という話ではありますが、
それでも運びたい時には、
外付けのエキスパンションベルトで括り付ける、と。


反対に荷物が少なく、ダボ付く時は、
このエキスパンションベルトを締め込んで、
サイズを調整する事も可能な訳です。

c0189724_16512977.jpg
荷物を沢山詰め込んでも、
ハーネスがしっかりしているので、担ぎ易くズレ知らず。
この辺は「流石老舗のオルトリーブ!」って感じですね。

因みに構造的にはシンプルな一気室で、
水への対処を万全にしているのですが、
此処で特筆すべき点、三つ目は「軽い」という事。
単純が故に、軽量であるのです。

勿論、中には小物を入れる為のポケット類はあり、
財布や鍵束がバッグの底に潜り込む、という事は無し。

と、此処まで来まして特筆すべき点は、
1、完全防水  2、とにかくデカイ  3、なのに軽い
と並んだ訳ですが、最後の一つ、それは何かと申しますとですな。
四つ目「安い!」   価格は驚きの¥18,690(税込)

シンプルデザインと高い技術が生むハイコストパフォーマンス、
それこそがオルトリーブの真骨頂であると、個人的に思うのですが、
そういう意味においてこのトランスポーターは、
久し振りのオルトリーブらしい新製品と言えるかと。

「コイツには追いつけない・・・」
そう感じさせる圧倒的高みに在る、防水界の絶対王者。
メイド・イン・ジャーマニー、恐るべしです。
by kaleidocycle | 2012-03-23 18:32 | 商品

ドーピング。

自転車業界には「春需」というモノがあり、春はとにかく忙しい、特に量販店は。

「でもそんなの関係無え!そんなの関係無え!」と海パンで踊る真似をしながら、
のんびり構えていましたが、空井戸にも春が来た様で今日は一日通してフルスロットル作業。
冬の間のんびりしかして来なかった体には、突然の作業の嵐はとても堪えます・・・。
c0189724_21165414.jpg

「整備の上手い人は手が汚れない」と言いますが、
その境地に全く達する事の出来ない自分の手は、
コレから毎日汚れが積み重なり、
ドンドン黒ずんで行くのでしょう。


嗚呼、ヒーリングパワー・オブ・ビアー。
オマエが居るから明日も頑張れる。
と言うか、もう少し頑張れる気がするから、
明日と言わず今日、もう少し頑張る。

ホイル組みなどでお待たせしております皆様、
せっせせっせとやりますので、今暫しお待ちを~。
by kaleidocycle | 2012-03-22 21:31 | 無駄

無駄足20里。

c0189724_1485875.jpg
猛烈に天気の良かった昨日の休み。

さて、何をしようか?
雪も融けたであろう美山へ行くのも良いし、
琵琶湖を見に行くのも良いし、
秘密アジト建造予定地の具合を見に行くのもまた。


と悩んだ結果、
「そうだ、うどんを喰いに行こう」
という事で、京都の南の果てにある、
たなか家へ向け出発した午前。

c0189724_1491158.jpg
左京区の自宅からは、
比叡山を越えればすぐ琵琶湖。


山中峠を上っていると、
お線香の良い香りが漂い、
「あぁ、お彼岸か・・・」と認知。


琵琶湖を見た時点で少し「・・ん?」と思い始め。

c0189724_1493340.jpg
琵琶湖岸沿いに南下して行くと、
琵琶湖は瀬田川となり、やがて宇治川に。

快天と冷たい空気という、
最高のコンディションの下、
新しく建造したロングライドロードバイクの、
安定性を噛み締めながら、
平地をのんびりクルージング。


ここらで「え~っと、確か・・・」と疑念は確信に変わり。

c0189724_1495432.jpg


トンネルを抜けて、
ダンプの多い宇治川ラインから、
宇治田原の丘陵地帯へ。



ここらの時点で完全に「やってもうてんな~」と諦め。

c0189724_14261924.jpg

宇治田原から青谷道を通る頃には、
程々に体が温まり、関節に油が回るのを実感。

良い感じだ、実に良い感じだ。



この頃にはもう目的なんかどうでもよくなり。

c0189724_14101994.jpg

下り切ると、そこは山城青谷

有名な青谷梅園は見事に満開を迎え、
梅の香りが昼の暖かい風に乗り鼻腔をくすぐる。



ついでに花粉も鼻腔を刺激し、
ポケットティッシュの白い花を量産。

c0189724_14103986.jpg


街道沿いの道から、大正池へ上る道へ入り、
スススっと上ると、目的地であるうどん屋はすぐそこ。




のはずだった、本来は。

c0189724_1411718.jpg
が。
定休日。

そう、たなか家さんは日・祝が定休
何となく理解していた積りなれど、
普段行動するのが平日のみの自分は、
そんなボーダーを考えた事も無かった・・・。

まぁ比叡山で線香の香り嗅いで、
今日が祝日である事に気付いた時点で、
分かってはいたのですけどね。

しかし、本当の目的とは「自転車に乗って何処かに行く事」であり、
「うどんを喰う」というのは、あくまで一つの切欠でしかない。
だから、コレはコレで良いのだ
c0189724_1412549.jpg



自分のニーズと妄想を詰め込んだ、フルオーダーのロングライドロード。
サンライズサイクルズ謹製)
ロングライドロードの安定感に、ピリッとした踏み感をプラス、
そんな理想を実現すべく企画した、コヤツの実の如何なるモノか?
一日ジックリのんびり乗って、確認で来た事が何よりですわ。
c0189724_1411457.jpg

井手町で見掛けたマッハ1
イカす・・・イカし過ぎるぜ。


いつかコンナのに乗れる日が来れば嬉しいけれど、
買う金も維持費も情熱も、何もかも自信は無い。

それでも手元には、イカし過ぎる自転車がある、
それで充分、幸せなのであります。
by kaleidocycle | 2012-03-21 15:39 | 独自ロードフレーム

変なケージ。

c0189724_19504272.jpg
春麗らかな・・・と見せかけてバカ寒い、そんな本日。

「そろそろええ加減にしてくれまへんか・・・」
そんな気持ちを増進させるグッズを御紹介。


・King-cage Be-hold tool porch
 ¥4,410



アメリカンメイドのボトルケージでお馴染み、
キングケージからの新たな刺客であります。

c0189724_19512230.jpg


ポンと着けるとこんな感じ。



フラスコでも突っ込むのか?
と見せ掛けてさにあらず。

c0189724_19521027.jpg


この様なバッグが付属しておりましてですね。



下の説明図の様に、
ケージ取り付けるボルトに共締めで、
ハーネスのパーツを取り付けて~。


c0189724_1951363.jpg


この様になる訳です。



で、このケージの上に開いている穴に、
更に追加で。


c0189724_19522265.jpg

普通のボトルケージが着く。


このバッグの中に、
「替えチューブ&携帯工具&何か」
を突っ込んでおけば!

バッグもツールボトルも要らずで、
安心感を標準装備出来るというブツです。

現在はMTBチューブ対応サイズのバッグのみの入荷ですが、
やがてロードチューブ対応サイズのバッグバージョンも入荷しますので、
遠くへ行くのが好きな方、こんなのもある事お見知りおき下さいませ。
by kaleidocycle | 2012-03-19 21:03 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧