井戸端監視カメラ



<   2011年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


11月の営業予定。

c0189724_18544280.jpg

赤丸が休みです。
今月は少し臨時休業が入るかもしれませんが、
引き続き、宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2011-10-31 18:58 | 今月の営業カレンダー

その後。

c0189724_20252097.jpg
本日は、EBSファミリーセールが、
予定通り恙無く行われました。

自分は、参加諸者を現場まで引っ張って行った後、
カレー(特盛)を平らげ、現場を後にしましたが。

参加頂けた皆様、どんなモンでしたでしょうね?
「良い出会いがあった!」
そんな声が聞ければ有り難い限りですな。


現場の様子は此方にて。
そして明日30日(日)は定休日です。
by kaleidocycle | 2011-10-29 23:43 | 無駄

どこぞへ。

c0189724_1710415.jpg
家の近所の山に上り、京都市内を眼下に眺め思う。

「・・・遠く行きたい・・・。」



いや、そりゃ本当に行きたけりゃ、
何処なとさっさと行けば良い、という話ですが。

ぼんやり何となくそう思う、
そんな事が誰しもあるのではないでしょうか。

c0189724_17104551.jpg
そんな「何処かへ行きたい心」を刺激する、
あの巨大ケージがやっと再入荷しました。
・Salsa エニシングケージ ¥2,640

隣に並ぶビール缶と比べれば、
その巨大さがよくわかりますな。

このケージ、ボトルを固定するケージではなく、
「Anything=何でも」の名の通り、
取り合えず何でも括り付けてしまえ!という、
最早ケージではなく、キャリアと呼ぶに相応しいモノ。

c0189724_17164054.jpg

寝袋や、軽量ソロテントは勿論、
例えば濡れたレインウェアや、
サンダルに履き替えた後に余った靴など、
「パニアに入れたくないモノ」を、
付属のベルトでグイッとマウントする。

すると「アラ助かったわ」と。
そうなる訳ですよ。

c0189724_17155292.jpg
通常のボトルケージが2つ穴で固定される所、
このエニシングケージは3つ穴で固定されます。

勿論、2つ穴でもマウント可能ですが、
この大きさ故、大きなモノを装着する事を考えれば、
やはり3つ穴で固定したいというのが人情です。


でも3つ穴ダボのあるフレームなんて・・・、
目の前にあります。
そう、パイクは3つ穴ダボを装備しておるのですな。

なのである日「そうだ、何処ぞへ行こう」そう思い立ったなら、こんな感じでどうでしょう。
c0189724_1719331.jpg



エニシングケージにシュラフを括りつけ、その後にはボトルケージを。
フレームバッグに工具や替えチューブ、タオルなんかも詰め込んで、
パニアに食い物と上着でも放り込み、キャリアの上にテントを載せれば、
さぁあとは何処でも行って来い!と。 そういう事です。



と、EBSパイクに非常に似合うこのエニシングケージですが、
「本来」というか、元々コレに着けるのが最も適している、そんな一台はコレですね。
・Slasa Fargo(M) ¥199,500
c0189724_17192450.jpg


c0189724_1720941.jpg
モンスタークロスというジャンルの中でも、
特にツーリング色の強い「ファーゴ」

「Far-Go」=「遠くへ行こう」という英語と、
「Fuego」=「火」というスペイン語を合わせた、
非常に情熱的なネーミングでありますな。


29インチホイールに、ディスクブレーキ、
そしてアップライトな位置のドロップハンドルと、
どんな道をも問う事無く、遠くへ行く為に作られた、
アドベンチャーツーリングマシーン。

c0189724_17194131.jpgMサイズでホイルベース1,100mm、
この数字だけで、延々と走って行く感覚が想像可能。


そしてこのファーゴを最も個性付けているのが、
スタッズの様に打ちまくられた無数の「ダボ」

ボトルマウント、キャリアマウント、謎のマウント、
とにかくそこらじゅうにダボ・ダボ・ダボ。

数えてみた所、何かしら固定出来るネジ穴が、
この一台で驚きの32箇所!
全部使うと花電車の様になってまいそうです。

c0189724_17202520.jpg
ディスクブレーキのキャリパーと、
キャリアの足が干渉しない様に、
キャリパーはチェーンステーマウントに。

オリジナルのエンドで、上手く配置している訳ですが、
よく見ると・・・ポストマウントだったりします。


Salsaは、こういう所を始め、
2012モデルがBB30規格を多く採用したり、
その他、何かと攻めの姿勢が強いですね。

もしもアナタが遠くへ行く事を望むなら、お供の候補に考えておいて下さい。

そしてアナタが明日のEBSファミリーセール参加予約をしていたのなら、
明日の朝10時に弊店前集合、という事でよろしくお願いします。
by kaleidocycle | 2011-10-28 19:45 | 商品

防寒服。

c0189724_20443081.jpg

朝の山陰は相当に寒くなって来ており、
もはや長袖ジャージの季節であります。

運動していてそれですから、
朝晩の通勤などは、更に厳しいはず。


が、日が昇れば普通にTシャツ充分、
何なら作業してれば汗ばんだりも。

c0189724_2044579.jpg
そんな寒暖で風邪をひかぬ為に。

・CCP JK-V011 フリースナイロンジャケット
 ¥26,250



タイトでライダースチックなナイロンジャケットです。
寒い夜風も、高い首元がシャットアウト。

首元暖めれば、何故か全身暖かいという、
この人間の不思議さよ。


c0189724_20461276.jpg

表のナイロンが防風を、
裏のフリースが保温をしてくれるので、
Tシャツの上から羽織るだけで、温っくぬく。


アウターなのに丸洗い出来るのも便利。
丸洗い出来るという事は?
汗をかくまで漕いでも良いって事。

c0189724_20462657.jpg

フードの中もフリース張りなので、
被れば上半身パーフェクトぬくぬく。

首の後ろに穴が開いているので、
少し風を流してベンチレーションしても良いし、
スピンドルを絞ってもよし、と。

髪の毛の長くて、普通のフードは被り難い、
そんな人は、毛を括ってこの穴からペロンとな。

c0189724_20472331.jpg
タイトである事、ベンチレーションがある事、
また袖が長く、先が曲がっている為、
袖からの風の入り込みが少ない事などなど。

自転車に乗る前提での作りになっている訳ですが、
極めつけはやはり「バックポケット」

バックポケットが無ければいけない、
なんて事がある訳も無いのですが、
一度バックポケットの便利さに慣れてしまうと、
「何でバックポケット無いの?」となりますしね。

重ね着の枚数が少なくて済み、動き易く肩も凝らない裏フリースジャケット。
風邪引く前に、良ければ着てみて頂戴ませませ。
by kaleidocycle | 2011-10-27 22:54 | 商品

手袋で掴め、鍋料理。

c0189724_21444035.jpg

グッと気温が下がった本日。

鼻の頭が痛いです。



気温の差が大きいと、
紅葉が綺麗になると聞きますから、
この景色も、もう時期にパーっと変化する事でしょう。


c0189724_21445898.jpg

この寒暖の差に差し込んで欲しい、
そんな「Defeet」のグローブ。

・Defeet グローブ(ウール)    ¥3,150
・Defeet グローブ(コーデュラ)  ¥2,940



Defeetと聞いて一番に思い浮かぶのは靴下。
ですが、手袋も作っておりまして、
知ってる人には定番品だったりします。


c0189724_21451546.jpg
靴下と同じ技術で作られた手袋、
つまりは「軍手」な訳ですが、
ただの軍手ではありません、高級軍手です!

この高級軍手がですね、一度使うと手放せなくなる。


非常に伸縮性に富み(特にコーデュラモデル)、
更にサイズ展開もあるので、弛む事無く手にフィット。

手のひら側には、一面シリコンプリントがなされており、
グリップ感も上々です。

c0189724_2150922.jpg
またDefeetの靴下と同じく、
保温性・蒸散性にも優れている、と。


そして何よりこの高級軍手の良さは!
地味である事。

自転車用としては当然として、
自転車降りた後もそのままつけてて自然。

何なら自分は電車に乗る時にも、
普通の手袋として使っています。

c0189724_2145252.jpg

伸縮性が良いので、脱ぎ剥ぎが簡単であったり、
脱いだ後、軍手らしくクルンと丸めれるのも便利です。

丸めて何が便利かって・・・、
「片方だけ無い!」なんて事態が無くなるんですよ。


更に言えば、無茶苦茶丈夫である事も美点でしょう。
グローブなんてのは、基本1シーズン交換ですが、
自分は今のモノを気付けば2年も使っています・・・。

競技でどうだ、練習でこうだ、あのプロチームが何だ、と、
そんな話も可能なこのDefeetグローブですが、
そんな事よりも、使って頂ければ薀蓄は不要です。
たかだか3千円でこの程好さ加減、騙されたと思って是非に。



と、それだけで終るのは自転車屋としてマズイので、
本日組みあがった此方の一台を御紹介。

・Salsa Casseroll(51)  空井戸特別組立車   完売致しました!c0189724_21454289.jpg


以前はキャリパーブレーキだったキャセロール、今はカンチブレーキ仕様になっており、
フレーム&フォークセットには、車体同色のフロントキャリアがセットされて来ます。
c0189724_21455311.jpg
で、それをドロップで組むか?フラットで組むか?
悩んだ結果・・・マスタッシュでしょう!此処は!

このマスタッシュバー、
ハンドル位置がかなり高くないと使い難いのですが、
他のハンドルからの変更となると、大体コラムが足らず、
結果として、低い位置にセットされる事になり、
「マスタッシュってこんなに乗り難いの~?」
なんて事に陥る事しばしば。

しかし、フレームから組むならそこは自在。
マスタッシュって乗り易い!と言わせまっせ。

頭でっかちになりがちなマスタッシュも、フロントキャリアがバランスを埋めてくれるので、
最小の51サイズにつけても良いバランスです。
c0189724_2146360.jpg
因みに此方、フレームセットで¥71,400と、
結構リーズナブルなのにも拘らず、
フォークのエンドがステンレス差込だったり、
オリジナルエンドのデザインが愛らしかったりと、
色々見てて面白いポイントが盛り込まれており、
乗って楽しいだけでなく、愛着感も湧く作りがグー。

この辺、Salsaは上手いなぁ、と感服。


このハンガ小物もええね。

30cタイヤとWレバーで、急かされる事無く、それでいて快速に。
紅葉ハンティングのお供にこんなキャセロール、如何でしょうかね。
by kaleidocycle | 2011-10-26 22:37 | 商品

緑の日。

EBSボッカを御注文頂いてる皆様、製作が遅くなり申し訳有りません!
やっとファーストロットが完成し、現在塗装行程へ回っておりますので、
完成まで今しばらくお待ち下さいませ。
c0189724_18121813.jpg
そんなボッカの試乗車として活躍している、
ボッカ試作バージョン。


皆様に乗って頂き、可愛がって頂いてはいるモノの、
飼い主たる自分が乗る機会の少なさに不満があるのか、
ブレーキをキューキュー鳴らせて訴えておりました。

このままでは試乗するにも良くないので、
「よし!オッチャンと散歩行くか!」
と、ブレーキの皮剥きをしに出かけた今朝。

c0189724_18123563.jpg

色々な人に乗って頂く試乗車ゆえ、
普段、ペダルはフラットがついているのですが、
自分が乗るという事で、ビンディングに付け替えてGo。


「ダートでビンディングは怖い」という声も聞きますが、
個人的にはフラペの方が怖かったりします。

ダートだからこそビンディング、いやホントにそう。

c0189724_18124796.jpg
こんな急坂を滑り落ちる様に行く時、
足が固定されているからこそ、
チョンチョンと様子をはかったり出来るんですね~。

ドカン!とワンパクに行くならフラペも良いですが、
自分の様にゴソゴソと進むならビンディングです。


しかし改めて・・・ええなぁ、良く出来ているぜボッカ。
手前味噌ではありますが、ホンマに乗ってオモロイわい。

「昔のマウンテンバイクっぽい」という声が多いのですが、
ジオメトリが全く違いますので、乗り味もやはり完全別物です。


で、店を開けると、本日一台目の修理は、丁度「昔のマウンテンバイク」。
c0189724_18132681.jpg
見比べると、立ち姿とかが全然違う事・・・、
って、この画像では分からんですね~。


しかし、このリアUブレーキのVigore、
かっこええなぁ!

塗装も良いし、この状態を保っている事もまた良い。
ステムも車体と同じ緑で、良い雰囲気やね。

って・・・ステムが・・・。

c0189724_18135192.jpg

錆びて緑青浮いてるだけやった・・・。



永い間眠っていたと言う事ですが、
幸い雨ざらしでは無かったので、
割とスッと目覚めてくれました。

皆さんも、乗らない自転車は、
バラして押入れに!ってね。

まぁしかし、乗らなくなる事なんて考えなくて良し。
まずは乗る事を考える、それが一番!


先日チョロっと御紹介した「ビッグダミーストロングツーリング仕様」。
ツーリング仕様というだけあり、前フェンダーを装備しております。
パッと見は目立たないクラナ製でございます。
c0189724_1814884.jpgc0189724_18141999.jpg


c0189724_18143273.jpg

ただこのクラナ。

主張の少ない流麗なデザインは良いのですが、
後輪への回り込みが浅く、
後ろへ泥を跳ね上げそうな気配もあります。


まぁ別に良いっちゃぁ良いのですが、
一応念の為に、と布を適当に切って、
コゼバッグさんにチョイチョイと縫って貰って・・・。

c0189724_18144430.jpg

フタ。


これで後ろの跳ね上げは完全に封じられたぜ。
空気抵抗が増えた、そんな事は気にしな~い。

さぁこのフタの効果や如何に?
それはこれからのいつか、分かる事でしょう、うんうん。

そして明日25日(火)は定休日です。
by kaleidocycle | 2011-10-24 19:41 | 駄情報

秋ヶ瀬からのお誘い。

c0189724_20335425.jpg

晴れているかと思えば、
突然滝の様な豪雨が降ったり、
10月末だというのに、妙に蒸し暑かったりと、
まぁワケのわからん天気ですな。


本来・・・
今の時期は快適を超える快適さなはずなのに。

汗を垂れ流しホイル組みまくるとはこれ如何に。

まぁこんな天気も数日で落ち着く事を祈りながら、
東から届いたイベントの御紹介でもさせて頂きましょう。
c0189724_20342861.jpg

来月、埼玉県で行われる自転車イベント。
秋ヶ瀬バイクロア


「大人の自転車運動会」と銘打たれた、
シクロクロスベースの草レースイベントです。

都心から小一時間で辿りつける河川公園の、
森の中を駆け巡る秋の一日・・・ええやないかい。


大人の」という位ですから・・・何かエッチな期待をしてしまいますな。
自分も参加しようと考えておりますので、行きしな浜名湖で大人のオヤツうなぎパイを買って、
むっはーむっはーなりながら向かおうと思います。



まぁしかしシクロクロス、盛り上がっておりますな~。
気分が盛り上がれば、MTBでもクロスバイクでも参加できる敷居の低さが、
「よし!オラも!」と飛び出す背中を押してくれる、そこが人気のポイントなのでしょうね。

「上のクラスを狙わぬまでも、やるからには頑張りたい」
そんなアナタには、こんなの如何でしょう?
c0189724_2037197.jpg


 ・Salsa  La Cruz  ¥228,900   

アメリカンクロモリ「トゥルーテンパーOXプラティニウム」で組まれた、
ディスクブレーキシクロクロスという、なんともアメリカーナな一台。
雨でも泥でも、リムやシューの減りを気にせずにドンドン行けるぜ。

今は無きSlasaのスチールステム「Cro-motoステム」が、
車体同色で装備されているのがイカし過ぎる、
「これぞクロス!」という名前の、Salsaの代表作。
実は2012年ランナップからは、消えてしまっております・・・。


店頭の47サイズ1台のみ、特価にて御案内しておりますので、
「秋ヶ瀬に!」「いや、関西シクロに!」「いやいや、野辺山に!」「と言うか全部行ったらぁ!」
そんな勢いづいちゃった方、如何でしょうかね?

で、特価は幾らかって?Webに書けない位お安く出しますぜ、ダンナ。
by kaleidocycle | 2011-10-23 21:31 | 駄情報

ドリーミン。

c0189724_20421668.jpg

昨日の休み。

ウドンを喰いにうどん県へ。



一昨日の黒豆ハンティングに続き、
連日レジャーづいております。

その際、足として活躍してくれたのは、レンタカーなのですが、
今回、レンタカー屋さんで選んだのが・・・。
c0189724_20423252.jpg
「トヨタ IQ」 トヨタの超小型車であります。

自分が乗る事になろうとは思いもせなんだですが、
レンタカーであるのであれば!と乗ってみた今回。

見た目は完全にミニカーで、外から眺める度に、
「何か変な夢でも見ているんではなかろうか?」
と感じるのですが、見ると乗るとではやはり違い、
ドアを閉めて動き出すと・・・完全に普通な乗用車。

往復500km超の道程を快適に過ごせました。



と、うどんで蓄えた馬力を吐き出した本日。
出来上がったのは・・・ある人をして「白昼夢を見ている様だ」と言わせた。
c0189724_2042475.jpg


Surly ビッグダミー ストロングツーリング仕様
油圧ブレーキ&フロントキャリアを装備した、真っ当なビッッグダミーなのですが、
白昼夢と言わせるポイントは!ズバリ!
「ステムが3つもついている」
c0189724_20431848.jpgc0189724_20433353.jpg


一つ目はマルチポジションハンドルを咥えた普通のハンドル位置。
二つ目はそのマルチポジションバーがフロントバッグと相性良くない為、
フロントバッグマウントを固定する為のハンドルを咥える。
三つ目は後ろに乗せる子供などに握らせるストローカーバーを咥える、と。

このストローカーバーに、Tシャツを干しながらツーリング、
そんな事を妄想してしまうのは自分だけでしょうか・・・。


納車後は、様々な所を駆け巡るであろう、このヘヴィーキャンパー。
どこかで見かけたなら、かけうどんでも御馳走してあげて下さい。
by kaleidocycle | 2011-10-21 21:29 | 無駄

黒豆日和。

c0189724_2225133.jpg
筋を違えてしまい首が曲げられない、
そんな空井戸サイクルです。


昨日の晩も、寝返りうとうとする度、
ピリっ!と来て目が覚める、
そして寝る、ピリ、寝る、ピリ、を繰り返し、
大好きな寝る時間を堪能し切れない。


ならばと、出かけた本日早朝。

c0189724_2234836.jpg
中々乗る機会に恵まれないマイマシーンに跨り、
西へ西へと約2時間。ドコドコドコドコドドドド~。

目指すは、兵庫県篠山市。


毎年秋には、展示会などのついでに、
丹波に寄って黒豆を買う、
というのを楽しみにしているのですが、
今年はタイミングが合わず、未だGetならず。

く・口惜しい・・・。

c0189724_2262657.jpg
で、寝てても楽しく無いのなら、
店を開けるまでの4時間、
単車に跨り、黒豆買いに行こうぜ!とそういう話。

この時期、丹波へ行くと、其処此処の畑の脇で、
農家の方が直売のテントを広げておりますので、
「豆、おくれ!」と声をかけると、
束でドカンと渡してくれます。

コレを塩で揉んで、茹でて喰うと・・・ウマいんですな。
更に直売なのでとても安い。ありがたい。南無南無。

c0189724_2271464.jpg
無事、大量の黒豆を手に入れた事で、
心のつっかえも取れたし、空は青いし、
廃道は落ち葉だらけだしで、
朝から壮快、超快調。

道中、何台かの自転車と擦れ違ったりもしましたが、
丹波の綺麗な田舎道を流している様は、
見ていて羨ましいにも程がありました。


もうそろそろ時期も終わりに近いという話でしたので、
次の週末位、黒豆ハンティングなんて良いかもね。

そして明日20日(木)は休みです。
by kaleidocycle | 2011-10-19 22:36 | 無駄

大放出(相乗り)。

c0189724_1853928.jpg
マイマシーンで一番気に入っている部品。
それはこのトップキャップ。

周囲を山に囲まれた中に、
「To the mountains !!」の文字。


「山、行こうぜ!」ってなモンで、
山に囲まれた盆地の京都を表す、
ナイスな一品だと見る度に実に。

c0189724_1855256.jpg
その言葉に従って、店を開ける前の少しの時間、
ザザっと、ズリっと、オットットっと。

マウンテンバイクで遊べる喜びに、
酔いしれる訳です。

京都はホントどっち向いても山ですし、
その山もすぐそこなので、
1時間もあれば充分一本行けてしまう。

実にありがた~い街であります。
c0189724_1864384.jpg
山の中というのは、人が歩く道を初めとし、
鹿などが通る獣道もあれば、
廃道や、道に見えるだけの所もあり、
麓から見れば視界に入る様な狭い範囲でも、
地図に書き込めない無限の選択肢が・・・。


今朝も、そんな選択肢を捜索すべく、
自転車を担いで道無き谷を滑り落ちていたのですが。

寝違えならぬ「滑り違え」をして、
首の筋が・・・痛ひ。




そんな毎日の相棒は、地元京都産のEBS製な訳ですが、
来週末の29日(土)、EBSのセールがあるという話は先日しましたね。
c0189724_1872672.jpg
旧モデルやワケあり品を、EBS工房現場にて、
即日即売しよう、そんな企画ですが、
「何が出るの?幾ら位で出るの?」
という、真っ当過ぎる位真っ当な質問も沢山来てます。

詳細はEBSブログをご覧頂くか、
弊店に聞いて頂く事になるのですが、
結構問い合わせのある事ですし、
企画に華をそえる意味も含め、
弊店も相乗りで出してみよう、
そんな風に思いまして、ええ。


コイツを出します。
TRIP29er ラグドモデル Mサイズ
c0189724_189191.jpg


c0189724_1881241.jpg
デッドストックのMTB用ラグを用いた、
珍しすぎる程珍しい、そんな国産29er。

「身長デカく無い人でも、綺麗に乗れる。」
そんなコンセプトの元に製作された、
TRIPの第一弾モデルです。

ラグを使いながらも、
エンドをオリジナルスインガーエンドとし、
シングル&マルチを可能とするなど、
今見ると、かなりブっ飛んでる内容ですね。

c0189724_188234.jpg
ラグを使い果した事で、
フィレットの現行TRIPに移行した訳ですが、
コイツを店頭に置いていても、
「コレのサイズ違いが欲しい!」
という声は何度も頂いたモノの、
コイツ自身は店頭でボンヤリし続けていました。

シマノコンポをベースに、
トムソンステム&ポストや、
ラグリーのカーネギーズバーで武装し、
見積価格¥320,000にもなってしまったコイツを・・・。

再生産も出来ないし、チョイとワケありって事もありで、
今回、驚き価格で出してみようと思うのです!
赤字ラインなんて全然割り込んだりますよ、ええ。

当日29日はコイツで現場入りしますので、もし興味のある方が居られましたら、
是非、現金握り締めて&気合を入れてお越し下さい。

当日までに売れる、なんて事があれば・・・パイクで行きますけどね。
by kaleidocycle | 2011-10-18 19:38 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧