井戸端監視カメラ



<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


風来坊。

c0189724_19343496.jpg
台風が来る、台風が来る、
そう聞いてややビビって居りました。

小虫達も、ビビって変な実の間に隠れています。
(さぁアナタは何匹見つけられるかな!)


しかし、京都はいつもの京都で、
大風が吹くでも無く、大雨が降るでも無く、
普通に気候の良い朝でした。

c0189724_1935335.jpg
となれば、当然「」に乗り足りない此方としては、
走りに行かないという選択などあるはずもなく。

知る限り、人の少なそうな、
ハイカーに人気の無さそうな山へ。

ハイカーが少ないって事は、
・アクセスが悪い。
・眺望が無い。
・単純に上り難い。
等と言う要件を備えておる訳です。

c0189724_19383023.jpg
しかし、なんのなんの、
自分如きはそんな山で充分結構で御座います。

そんな山ほど、MTBには美味しいトレールだったり、
する事が無い事も無い事も無い事も無い

なんじゃもんじゃ。


で、楽しみながら、ハンドリングをチェック。
c0189724_1938496.jpg
そんなこんなで、山の土になりたい衝動に任せ、
午前中から動く訳ですが、気温の微妙な今の時期、
何着ていけば必要十分なのか?

此方の野蛮人、見た所、
夏着ていたジャージと、
夏履いていたズボンのままです。

気候に合わせるという知恵は無いのでしょうか?
可哀想ですね・・・。

c0189724_1939490.jpg
おや、「オラも肌寒いに決まっとろうが!
と抗議しています。
下に何か着ているのですね。


なんて、つまらん寸劇は置いといて、
肌寒いと言えど、普通の長袖・長ズボンでは、
ドタバタ運動に向かない事屡ですので、
インナーを着とくととても便利、
と言う事実を、知ってる人は流してね、
知らない人は覚えてね、ってな話。

c0189724_19392125.jpg下に履いているタイツは、
・CCP SP-N002 ¥11,550

東レの「サラカラホット」を素材に使っており、
汗をかいてもサラッ、吸汗速乾でカラッと乾き、
それでいて裏は起毛なので、とてもホット。

履いてる事を忘れるほど伸縮率が高く、
何気に前出し(オットセイを出す穴)があったり、
何気にシリコンで水玉模様が書かれてたりと、
ちょいちょい優しげなのです。
ウインターのタイツは、値段も安くは無いので、手が出辛いかもしれませんが、
持って置くと、走りに出る事が苦痛では無くなるので、
やはり可能であれば一枚、って感じですね。
自分もコレは昨年買ったのですが、「有って良かった・・・」と思いましたわ。


c0189724_19394171.jpgあと、上に着ているのは、肌着と言うより冬用皮膚。
・Nari/furi セイケイロンT  ¥4,410

テンションの掛け方が絶妙&非常に薄いので、
普通の長袖Tシャツほどの窮屈感が無く、
寝巻きとしても使えてしまう程の楽さ。

勿論、皮膚の上に保温層を作る事で、
程々の良い塩梅に暖か~い。

コレは着出すと毎日着るので、2枚以上必要になります。

あと、このセイケイロンT、そしてそのパンツ版であるセイケイスパッツ、
共に色展開が黒・灰・桃の三色展開だったのですが、
今年のモデルは、グレーの色見が濃い目に変わり、チャコールっぽい感じになっています。
昨年までのグレーは、オッチャンの肌着みたいに見えたのでパスしてましたが、
今回のグレーは好印象です。なので、自分も本日一枚お持ち帰りです。


c0189724_1940249.jpgで、最後にオッチャン。
このオッチャン誰?ってなモンですね。

自分も一瞬同じ様に思いましたが、思い出しました。
2年ほど前ツーリングの途中で店に寄ってくれた、
サイクルツーリストのオッチャンです!

聞く所によると、オッチャン、家に帰る事も無く、
中国・タイ・カンボジア・ベトナムなどを、
延々自転車でウロウロし続けているそうな・・・。
(走行10万キロ越えたってよ。)
因みに、オッチャンの名前は知りません。何処の国の人で、何が目的なのかも知りません。
こういう人の事を、我が国では「風来坊」と呼称します。

台風と共にやって来た風来坊・・・なんや格好よろしおすなぁ。
by kaleidocycle | 2010-10-31 20:57 | 商品

閑話休題。

c0189724_2161033.jpg
雨も上がった今日。

当然の様にシェイクダウン。

そして当然の様に、面白過ぎる。

特に、ガレたダートに、ダーンと突っ込む時の、
乗り心地の柔らかさたるや、
過去に経験した事の無い世界。


c0189724_2162614.jpg
強いて言えば、ソフトテールに近いと言えば近い。
けど、やはりソフトテールではなく、キチッとリジッド。

ハードに攻めて乗る人は、多分壊してまうだろうさ。
でも、オイラ攻める程の腕は無いからね、関係無いね。

反面、前三角のビシッとした剛性感は・・・云々。

て、まぁそんなMTBの事ばかり書いてても切りが無いので、
そこは一旦休憩し、知らぬ間に溜まってしまった寒さ対策、参りましょう。
c0189724_217289.jpg
まずは、この寒いと言えば寒いけど、
微妙に体が馴染んで来た。
そんな中、走りに出るのに、何着て行けば良いのやら?

その答はコレではないでしょうか。
・CCP ロングスリーブジャージ ¥15,750

夏に大好評だった地味系ジャージを、
千鳥柄の保温素材で、ロングスリーブとした一枚。
ジャージなんだけどジャージっぽく無い。
ジャージっぽく無いけど、バッチリ走れる。ナイス。
c0189724_218362.jpgいやいや、まだ言うても日中は汗かくんで、半袖でOK、
しかし、日が暮れるとそうは参りますまい。

そんな人は、バックポケットにコイツでどうだい!
・Sugoi ジェイルアームウォーマー ¥4,600

此方もやはり、アームウォーマーらしからぬ柄で、
単純だけど、インパクト強いです。
ただ、普通のTシャツと合わせると、
結構普通に見えたり・・・変なの。

意外なまでに温いぞ。
c0189724_2182169.jpg何だかんだ言うて、サーマル着て、
上にウインドブレーカーが、良いはずだ。
そうですね、自分はこの意見に一票派です。

で、実にイカしているのに、吊っておくと、
体育の先生みたい
と呼ばれたりもする、コイツではありますが、
実際に着るとパターンの妙で非常にスッキリ。
青い部分がライクラでストレッチ&発汗を司り、
更に全面透湿、勿論バックポケット完備で文句無し。
・CCP LT-V004 ¥14,700
M・S各1のみ セール→30%Off→¥10,300!

c0189724_2183851.jpg
此方もやはりCCPのウインドですが、
ジップがハーフジップのプルオーバータイプ。
首周りにはフリースが貼られ、
閉めれば温く、開ければスカッと。

ポケットもバックポケットではなく、サイドバックポケット、
漕ぎを邪魔せず、日常の出し入れもスムースな感じ。
コレは売れなければ自分用におろします。
・CCP LT-N011 ¥16,800
灰xライムのS、M 各1のみ
セール→30%Off→¥11,760!


と、この様なモノをはじめ、防寒グッズもボチボチ増えているのですが、
まだまだ書き切れません・・・。

セールも店頭からボチボチ始めて行っておりますので、
気温の変化について行けなくなれば、また覗いてやって下さい。

あ!明日定休日ですが、やる事たまってるので営業します!
よろしくお願いしやす。
by kaleidocycle | 2010-10-30 02:17 | 商品

店の前でウド鈴木を見た日の出来事。

c0189724_1883826.jpg
水棲のヌートリアも、
水に浸からぬ、気温11度の午前。

寒いぞ寒いぞ、と言われれば、
逆に然程寒く無いとも感じたり。

それは天邪鬼体質の恩恵かもしれないし、
出来上がったフレームを取りに行くという、
出かける目的の所為かもしれない。

なぁ、ヌートリア。

c0189724_1892278.jpg
エクストラサイクルを漕ぐ事一時間。

川沿いにひたすらに南下、
そしてEBSの工房に辿り着き、
すぐさまUターンして、また漕ぐ事30分、店に。



開店後、運び込まれる宅急便の荷物も、
荷を解く事無く放ったらかしに、
何は無くとも、コイツを組み上げる!
で、パカパカパカっと用意してあった部品を組み付けて。c0189724_1819311.jpg








 ドン!




手前味噌ですが・・・グレート
カイセイ8630で組まれた前三角は非常にスッキリ。
フレーム単品ではド派手にも見えたけれど、
組み上げるととてもシンプルで流麗なMTBになりました。
c0189724_18192820.jpg


乗ってみると・・・ひゃ~!おもしれい!
車体バランス的には普通に見えますが、シングルで組んでもリアセンターは驚愕の410mm。
ハンドル引かなくても前がポンポン浮く。少し寝かすとクルンと回る。

落ち着きなど何処にも無く、気を抜くと何処に飛んで行くか分からない。
そう、自分で操る面白さ、コレこそがトレールバイクだと思うんですな。

今週末は生憎台風が来ると言う事で、バッドコンディション極まりない訳ですが、
そんな中でも・・・テストライドに行くっきゃナイト。
by kaleidocycle | 2010-10-28 20:03 | 独自MTBフレーム

もういいかい?

今朝、所用にて電車に乗っておりました。
久し振りの電車は、移動距離も短く、通勤時間に外れた事も有り、非常に快適。
c0189724_207033.jpg
しかし、席後ろの何処かから、鼻腔をつく、
なんとも言い難い甘い様な刺激臭が。

そう、カビ臭い。

急に寒くなったので、慌てて出した上着がカビていた、
そんな所なのでしょうね。
実に苦手な匂いではありますが、
コレもこの季節の風情と思えば思えぬ事も無い。

と、そんな一気に変わった気候でありますので、
気のきいた防寒グッズの一つや二つも紹介すべき所ですが、
今はそれどころでは有りません。

もうええっちゅうねん!」というお声も聞こえて来そうですが、
そんな声よりも、本日EBSの工房より掛かって来た電話の、
でけました。」
という声の方が遥かに、遥かに大きく聞こえてしまうのです。

完成を見越して、組み付ける部品は既に全て揃い、
さぁ明日は組み付けだ!
c0189724_2075791.jpg渾身の一台、と言うからには、
ヘッドには勿論!「King!」違います。
「Solos!」バカヤロウ、「110」になって何年経つ。

どれも良い製品である事は間違いないのですが、
今回選んだのは国産ヘッドの最高峰テクノグライド

テクノグライドって、知らぬ間にブランド名になってしまい、
「タンゲのテクノグライド」は、
「テクノグライドのクラシック」という呼び名に。
色展開も無くなり、寂しい限りですが、
何はなくとも作り続けられている事に南無南無。

c0189724_2081196.jpg
タイヤも、普通に絶対を性能求めれば、
今であればKendaが最右翼になる訳ですが、
選んだのは個人的に好みの「IRC ミブロ」だわさ。

絶対的グリップは然程高くも無く、
表記寸法に対し、妙に細いという点など、
皆さんのハートを射止めないポイントもあります。

しかし、コレが乗ってみると結構、いやいや・・・。
良いんですわ。

c0189724_2082884.jpg
エアボリュームの割に乗り心地凄い良くて、
グリップも必要十分な感じ、
非常にバランスの取れた扱いやすいタイヤなんですね。

で、このタイヤの非常に大きな特徴として、
国産であると言う事が挙げられます。
(もうええっちゅうねん!とか言わないの)

ゴム製品故に、東南アジア製が主勢力となっている、
タイヤ業界にあって、国産でここまでの製品を、
こんな価格で出来るとは・・・凄いと思いますわ。

c0189724_2084795.jpgステム&シートポストは「KCNC」。
通称「ケンチャン」。

此方は台湾ブランド&台湾生産ですが、
この過激さは、実に凄いです。
何が凄いって、この価格でこの品質、この軽さ
ステムなんか、手に持ったらプラスチックかと思う程。
羽のマークのエッチングは伊達やないねぇ・・・。

コレ軽量やから折れるかもしれんし気つけや
と説明書に書いてあるとか、
こんな無責任なアホさは日東には無いですしねぇ。

c0189724_209333.jpg
ラスト、ペダルは勿論クランクブラザーズ
その中でも非常に微妙な立場のエイシッド

今乗っているMTBでは、
一回り小さいキャンディーを使っており、
それはそれで満足なのですが、
最近使い始めたシューズの底が妙に薄く
より面積の多いエイシッドを選んだ訳です。

反対に一回り大きいマレは、
重い上に、絶妙にステップインし難いのでパス。

と、ここまで目を通して頂けた皆様、本当に申し訳御座いません。
気色の悪い与太言の羅列で、旨いビールも不味くなった事でしょう。

ただ、これ等のナンセンスとも思えるパーツセレクトは、
M」の外枠をなぞっており、即ち「M」の説明でもあるのです。

そんな「M」、明日組み上がる予定です。
邪魔臭がらず、明日も見てね!
by kaleidocycle | 2010-10-28 00:29 | 独自MTBフレーム

小雨の日の「M」について。

昨日の休み。
小雨降る中、EBSの工房へ、邪魔と分かりつつも邪魔をしに。

何をそんなに嫌がられる事を、って・・・此奴でんがな~!
c0189724_21463887.jpgc0189724_2147214.jpg

リアバックまでが組み上がった、コードネーム「M」。
こんなんなんですよ、「M」ってのは。
c0189724_21483090.jpg

荒仕上げの状態ではありますが、
そして手前味噌ではありますが、
非常に、非常に良い感じであります。


で、コレを猫が顔を洗うが如く、
丁寧に丁寧に磨き磨いて。

これ以上はゴタク無しで、どうぞ画像のみご覧下さい。c0189724_2147316.jpg

c0189724_21533081.jpg


c0189724_21474787.jpg

ホントに・・・感無量です。己の妄想が形になっています。

完成まであと一息!って、
EBSさんには本当に面倒な仕事をお願いして申し訳有りませんが、
もう、乗りかかった船って奴で、慈愛の気持ちで最後まで仕上げて頂ければ、と。

さぁ!明日、焼き入れ&芯出しして、完成!と相成るか?
今晩・・・寝れるかなぁ。
by kaleidocycle | 2010-10-26 22:44 | 独自MTBフレーム

雨を迎えてのホンニャラカンニャラ。

c0189724_2011631.jpg

「足元ちべたい~!」
と、濡れた路面を走るのは、雨が降った訳では無く。

鞍馬の火祭が明けた朝、火を残らず消すべく、
消防ホースで路上が水浸しにされていたから。

しかし、本日は本当に雨が降ってしまい、
週明けからも天気は不安定なままな上、気温まで下がるそうな。
そんな日に向けたナニを幾つかご紹介。
c0189724_20112995.jpg
まずはCCPの新商品。

・CCP HT-V013  ¥5,250

まぁ見た目は普通の、
至って普通のサイクルグキャップ。

なのですが・・・。
c0189724_20115144.jpg
御覧の通り、撥水なのです!


帽子と言うのは、体の一番上である頭に被るので、
雨が降ると、当然濡れます。
しかし、頭は濡れると、非常に気持ちが悪い。

だから、頭を濡らさないとなると・・・、
良くないですか?

c0189724_20121747.jpg
あと、此方も少し前に入荷していたのですが、
これを機にご紹介させて頂きます。

昨年製作されたウールキャップがベースなのですが、
ジャイアントカプリコみたいに上が広がっていたのを、
膨らみを抑えた、すっきりデザインへとチェンジ。

・CCP HT-V012  ¥6,300(税込)
c0189724_20123990.jpg
後ろ周りのスピンドル等は変わり無いのですが、
被った時の形・雰囲気は随分地味になりました。

キャスケットでも無く、ドゴールでも無く、
それでいてサイクリングキャップっぽくも無く。
好きな人は好きなタイプの此奴。

チャコールの二色展開ですが、
チャコールはもう完売してしましたとさ。
そして!空井戸サイクルが雨の日にお勧めするモノと言えば、コレをおいて他に無いでしょう!c0189724_20131653.jpg

・キャラダイス ダックスバックポンチョ
 ¥15,750(税込)

究極の自転車用雨具とは、実に此奴の事。
ホントに、全てに無駄が無く、調和しているのです。
大まかな云々は、過去にも紹介致しましたので、
「ダックスバックポンチョ」の文字をクリック。

ゴアテックスとかも、それはそれで良いと思います。
しかし・・・この一枚は別次元なんですわ。

珍しい、と言うまでの事は全く無いのですが、
結構入って来ない時間が長く、欲しい時に無いなんて事屡なこの製品。
しかし、現在は見事在庫御座います!

雨の日も普通に移動したい人の、強力な味方となってくれますよ。
by kaleidocycle | 2010-10-24 23:59 | 商品

空井戸サイクルオリジナルトレイルフレーム。

つつつ遂に!製作開始じゃ~!
情報小出しどころか、殆ど告知もせず、
謎のまま水面下で進めて来た、フルオリジナルフレーム。
c0189724_191834100.jpg
コードネーム「M」。

どないでしょう!
微妙にベントさせた極細パイプを、
貫通させてガセットとするヘッド周り。

見るっからに・・・、
造るの邪魔臭そうな感じが、
フルスクラッチを物語っております。

効率とか性能とかだけではなく、
「好きか嫌いか?」「ドキドキするかしないか?」という、商品を超えた何かを目指し、
完全なる自己満足の元、造ってしまった(自分の中では)究極のトレールフレームさな!

「何が究極なんでい?」ってな話ですが、
今はまだ前三角の試作が終わった所なので、フレーム製作が進み次第、
追々、この一台の書き切れない程のアンナコンナを吐露して行きたいと思います。


まぁしかし、当然の如く己が一番ドキドキしており、
日々ウフウフ感が高く高く舞い上がって行っております。
フレームの完成を待ちつつ、パーツを集め始めているので・す・が!
c0189724_19184862.jpg
まず、ブレーキは完全に分不相応なXTR
しかも、新型の98では無く、旧型となる97で。

コレは、エビちゃん(@TokyoBike)が、
つけているのを触らせて貰った時に、
む、むうぅぅぅ~!」と魅了された超絶タッチが、
未だに忘れられず・・・。

新型も、より軽く、より効率的なんでしょうが、
やっぱラジポンに魅了されてしまう・・・、
そんな気分てありますやん!

c0189724_21202944.jpg今回、この一台は単速で組むのですが、
そこで選んだドライブトレ~ンは、
ホワイトインダストリーズのダブルダブル!

ピカピカ光る、前二枚のクランクに、
やはりピカピカ光る、二枚歯のフリーギア。
前後共に、歯数に3丁の差があり、
同じホイル位置のまま、
31x19というトレイルギア比と、
34x16という街乗りギア比が使えてしまうのですな。

今時、四角軸ってのが泣かせますね~。
で、リアハブもやはりホワイトのシングルディスクハブで、
フロントハブは、スズエ廃業前の最後っ屁、20mmアクスルカーボンシェルハブ
そしてそのハブにぶっ刺さるのが、
c0189724_21255557.jpg
デビュー以来、定番の位置を絶対的に守るRebaの、
最高峰「XX」。 通称「チョメチョメ」。

チョメチョメ、展示会で見た時は、
「あぁ、俺には関係無ぇなぁ・・・」
等と遠い目をしておりましたが。


買ってしもうた・・・。

と、この様に完全に好き勝手フィーバー状態です。
どうやって支払うか?全く目処はたっておりませんが、
そんな事は関係有りません。

人生の中で、自分の好き勝手なフレームを作る等という事は、
何度もある事ではありませんので、後先考えている場合では無いのです。
そう、コレはです、カーニバルなのです!



来週早々にリアバックが組みあがり、塗装に回って、手元に帰って来たなら、
即組み上げ、即山行きです。40℃の熱があったとしても、関係有りません。

どんなフレームなのか?
興味を持って頂けたなら、此方のPVをご覧下さい。
このPVを始めてみた時に感じる違和感、それに通ずるモノが、この「M」にはある、
そう思いながらも、ドキドキが止まらない、
そんな、人様にはどうでも良い話で失礼致しました、な今日です。
by kaleidocycle | 2010-10-23 21:42 | 独自MTBフレーム

例えばこんなエクストラ 2。

坂の無い盆地の街、京都。
自転車で端から端まで行けるコンパクトな街、京都。
オートバイでもすぐに駐禁切られる街、京都。

そんな京都の実情に非常にフィットした乗り物、ロングテールバイク。
日々ぼちぼちと増殖しております。
c0189724_17163574.jpg
先日取り付けさせて頂いた、
Toeiのデモンタブルツーリングバイク。

ロングテールとデモンタという、
一見ミスマッチにも見えるこの組み合わせ。

しかし、フレーム分割して、バッグに仕舞うと・・・、
普通の輪行サイズと同じか、よりコンパクトな位!
更にスタンドで自立するし、このまま転がせるしで、
普通の自転車よりも輪行し易そうだぜ・・・。

世にロングテール多々あれど、輪行出来るロングテールってなぁ、
中々に珍しいのではないでしょうか。

c0189724_17165811.jpg
とまぁ、そんなのもあり、
人其々を反映するロングテールバイク。

今日の材料は此方。
一昔前のイカしたフィッシャー。

カッコウ良いなぁ、
このままで充分良い一台だ~。

c0189724_17172720.jpg
それをゴニョゴニョゴニョっと小一時間。

で、伸びた!完成~!
ではなくして、此処からが始まり。

何せ、性能の良し悪しではなく、
使い勝手の良し悪しを問うモノであり、
その点において、今までのスポーツ車とは、
大きく異なる訳ですから。

「ロングテールか~、ちょっと興味あるなぁ~、年末くらいに考えても良いかなあ~」
そんな風にお考えの方、居られましたなら、重大な事をお伝えせねばなりません。

ロングテール化をする、フリーラディカルKIT。
在庫、残すところ一つです! → 完売致しました!
c0189724_17174750.jpg


と、言いますのも、エクストラサイクルは、
このフリーラディカルキットをはじめ、
完成車のラディッシュも、
モデルチェンジを控えておりましてですね。


それらの入荷予定時期が、今の所・・・、
来年2月頃となっており、それまでラス1な訳です。

新型ラディッシュは、価格が現行の¥165,900から¥132,300へと、
¥3万以上安くなり、また跨ぎ易い様セミスタッガートになり、とても魅力的。

しかし、現行ラディッシュの先進的なフレームも捨て難い・・・。
でも、価格差を考えると二の足踏んでしまう。
そんな方は、一言ご相談頂ければ、良しなに、良しなにさせて頂けますので、
「年内に乗りたい!」という方は、早めにご相談頂けな・・・知りまへんで~。
by kaleidocycle | 2010-10-22 18:16 | 商品

革nari/furi。

c0189724_182041.jpg

今年の夏は暑かった・・・。
実に暑かった。


しかし、そんな夏もすっかり終わり、
曇る日はさすがに肌寒く感じる、
そんな秋になりましたな。

これからドンドン涼しくなり、やがて寒くなるのでしょう。
そんな秋冬に向けたアイテムが、Nari/furiからぼちぼち届いております。
c0189724_1822540.jpg
まずは、此方のレザーグローブ。
・NF-199 ウィンターグローブ 
 ¥9,240(税込)
 

グローブ自体は比較的薄手な上、
指の股部分にストレッチ素材を使う事で、
自転車用手袋としての握り易さも好印象。

表はレザー貼りで、冷たい風を止め、
手首の部分までギャザが覆うので、
これからの時期へ向けた防寒性も装備。
c0189724_1823924.jpg
また、手のひら面は縫い目を無くし、
解れを防ぐなど、耐久性も考慮される等、
実用性と洒落た感じを兼ね備える、
かなりレベルの高いグローブですが、
価格は¥1万以下とかなり頑張ってます。

ただ残念な事に、サイズは1サイズ
なので、サイズの合わない人はパスですね。
因みに、通常Lサイズ程度の自分が嵌めて、
こんな感じになりますので、
Lサイズ相当と言えるかもしれません。
c0189724_1831024.jpg
もう一丁レザー物。
・NF-169 インシュレーテッドベスト
 ¥30,450(税込)



自転車用なのにスポーツ過ぎない、
革を当てがった中綿ベスト。
ボタンが愛らしゅうございますな。

c0189724_1832465.jpg
フロントポケットの他に、
サイドエントリーのポケットが、
前後に振り分けられており、
チョッとした「着るバッグ」的な感じも。

一般的には丈の短めな、
ベストというジャンルにあって、
腰の隠れる丈のこのベストは、
アウターの上に重ね着するのにも、
都合よろしいかと思いますえ。
c0189724_1834699.jpg
最後に、最早ナリフリの顔になった感のある、
・NF-094 プルブレーカー
 ¥23,100(税込)


ハの字のジッパは伊達じゃない。
いや、伊達か?いやいや、伊達だけじゃない。

特に、アゴヒゲを生やしてる人なら、
「ジッパにヒゲ噛み込んで痛てい!」
という事を防げる、そんな事を想像するだけで、
ピンと来ますわな。

c0189724_1835970.jpg
走りながら、暑くなって来たら、
ジッパ片方開いて風を入れるとか。

ラーメン喰う時に、左右共に開いて、
汁を垂らして汚さない様、内に巻き込むとか。

実利面でも有能なこのデザイン。
袖口の指貫や、フードのスピンドルなど、
自転車に有効な様、練り込まれた姿だからこそ、
定番として続いているのだと思います。

c0189724_1841272.jpg
まぁそんなプルブレーカ。
展示している内に、汚れてしまったモノもあり・・・。

ハンガーラックの錆がつき、
ご覧の様に、汚れてしまいました。


だもんで、このプルブレーカ、水玉x白のLが1点のみを、
定価¥24,150を35%Offの¥15,700
で、ご案内致します!

こんなのを始め、昨年モデルを中心に、
少量ではありますが、明日から秋冬物セールを開始致しますので、
引き続き宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2010-10-21 20:12 | 商品

サイレヤ、サイリョウ、サイクリン。

c0189724_20411513.jpg
京都の北壁、花背峠を上ろうと、
鞍馬を通り掛かった所、巨大な松明が。

コ・コレは!
鞍馬の火祭ではないか!


鞍馬の火祭、明々後日22日(金)の、
夕方6時からスタートだそうな。

山奥なので、自動車が駄目なのは当然として、
叡山電車もバカ程混み合うので、ここは是非自転車を活用すべき所です!
臨時駐輪場が設営されるはずですので、行かれる方は明るいライトをつけてレッツゴー!
c0189724_20421551.jpg

そして。


空井戸サイクル、明日20日(水)は、
休業日です。
by kaleidocycle | 2010-10-19 23:33 | 駄情報

カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧