井戸端監視カメラ



<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


ヒトデ発生。

c0189724_23123999.jpg
昨日はお休みを頂きました。
日曜日に休むのは久し振り。

そして、天気も気候も素晴らしく、
良い自転車日和でした。


しかし・・・人出が多かった。
車もバイクも自転車も何もかも多く、
街でも山でも海沿いでも、
其処彼処でエゴの火花がパチパチと、
見えた様な気がした様な・・・。



連休だけでなく、
普通の休みも分散化した方が良い。
勝手にそう思います。
by kaleidocycle | 2010-05-31 23:59 | 無駄

定休日です。

c0189724_20205810.jpg






明日30日(日)は定休日です。






美山ロード参加者の方も、
アースライド参加者の方も、
普通に何処かへ行かれる方も、
満足行く一日をお過ごし下さい。
by kaleidocycle | 2010-05-29 20:42 | 駄情報

6月の営業予定。

赤丸が休みです。
c0189724_201044100.jpg

本来5日(土)が定休に当たるのですが、4日(金)に振替です。
6月も宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2010-05-28 20:28 | 今月の営業カレンダー

鉄用チタンスペーサー発売。

c0189724_17545544.jpg

無闇に早く目が覚めた今朝。

霧雨の山を琵琶湖畔まで下り、
振りかえると虹が出てました。


ウム、何やら良い日だ。


そんな今日は「見るだけで何か気分の良くなる」という効能において、
(体質によっては)虹にも匹敵する、そんな新商品をご紹介させて頂きまっしょう!


c0189724_17594834.jpg
スチールアヘッドステムはお好みですか?

惜しまれつつも廃盤となった「Salsa SULクロモト」や、
永遠の定番「日東 UI-2」等、
スチールステムの独特な形状は魅力的なモノです。

しかし、ステム自体が魅力的でも、
実際に取り付けると・・・大体こうなります。
そう、スペーサーの方が厚みがある為、
変に段差が出来てしまい、何だか残念な感じに。

きっと、とても多くの人が、スチールステムに合うスペーサが無い事を、
「な、なんでやねん!」と考え、探し、そして諦めた事と思います。


何でなんでしょう?
①普通にアルミで作る。
=スチール並の厚みでは強度不足。
②じゃぁステムと同じ鉄で。
=鉄で作ると錆びる。
 なのでメッキかけるなり、塗るなりしたいけど、
 いずれにしても精度が不安定になり、結果剛性が確保出来ない。

そう、ステムは締め付けられるけど、スペーサは締め付けられない。
此処にスチールステム対応スペーサが無い理由があった訳ですね。
c0189724_1802332.jpg
という事で、求める答は、
「錆びない硬い金属で作る」
という事。

ならばステンレスかチタンか、
という事になり、
重量面と強度の面から、
チタンで作って、出来たのが此方。

ピシッとなりました!やったど~。

c0189724_180042.jpg
チタンで作っただけでなく、
内径を、使える範囲のギリギリまでタイトに設計し、
10ミクロン単位で切削して製作。

コレは、ガタを出さない事で、
接触面積を最大限に増し、強度を確保する為。


たかが金属の輪っかですが、
たかがで済まない、スチールステムを好む人へ。

製品名は「空井戸オリジナルチタニウムOSアヘッドスペーサ スチールステムバージョン」
略して「鉄用チタンスペーサ」。
価格は、既に完売したスタンダード仕様よりも少し高め、それでも大分安めの¥1,050(税込)。
サイズはオーバーサイズのみの、10㎜・5㎜の二種類展開。
其々数が1学級分くらいしか有ませんので、ピンと来た方は是非に!
by kaleidocycle | 2010-05-27 20:55 | 商品

不徳。

c0189724_23465033.jpg
上り坂が好きではありません。
苦手と言っても良いでしょう。


「坂バカ」などと呼ばれる人を羨ましくも思いますが、
やっぱり、勾配は少なければ少ない程ありがたい。


それは、寝る事が何よりの楽しみである、
そんな気質を反映した、当然の結果であります。

c0189724_23475747.jpg
しかし、それでも坂を上るのは、
嫌がろうが何しようが、坂は確かに在り、
越えねば向こうには行けないから。


誰も居ない芹尾峠を、
俯きながら虫の様にジリジリ上る。

ヒィハァ言いながら、
「あぁ、引き返したい・・・。」なんて思ったりもする。
けど、引き返すのも邪魔臭いから引き続き上る。

c0189724_23483871.jpg
しかし、幾ら苦手な上り坂とは言え、
人間様が上れない様な道がある訳も無く、
山中の獣道を担いで上る事を思えば、
快適と思って思えない事も無い。


等と訳の分からん暗示を自らかけている内に、
峠は目の前に開け、一気に解放される。


c0189724_23493561.jpg
ギュッと締まったモノが、弛緩していく。


そして目の脇を色々なモノが流れて行く。


はぁ~、極楽じゃぁ~てなモンで。


のんびりダラダラ田舎道を走る。

c0189724_2349829.jpg
しかし不思議なモンで、ダラダラが続くと、
あんなに嫌だった上りも、
もうちょっと上っても良い様な気分になったり。

で、いちびって更に足を延ばし、
またヒィハァ言いながら上る。


引っ張った分だけ走るチョロQ、
上った分だけ走る自転車、
似た様なモンかね。

c0189724_2351133.jpg
上り坂が大好きになる事は、多分無い。
ガシガシ頑張れる人間にはなれそうも無い。

しかし、自分の行動範囲が狭くなるのは、
動物として歓迎出来ない。
だから、上り坂も必要悪として付き合っているだけ。


でも、上りが無ければきっと寂しいだけ。

c0189724_2350369.jpg
「自転車に乗る人間は頑張らなければいけない。」
とは思わないし、
「自転車に乗る為に頑張らなくても良い。」
とも思わない。



好きにすれば良いのに、と思う。

そして、自分は好き好んで、苦手な坂を上ってんねん、と。
by kaleidocycle | 2010-05-26 23:59 | 無駄

アゲインスト・梅・雨。

c0189724_1816082.jpg
GWから続いた、快適温の好天。
それも永遠であるはずは無く、雨が降り始めました。

「もしかして、このまま蒸し暑い梅雨に・・・」


なんて事を考えながら、愛車1x1に乗っていると、
遠くから雷鳴がゴロゴロと。

ゴロゴロと・・・遠くからでは無く、近くから。

ゴロゴロいってんのは雷では無く、1x1の前輪でした。
c0189724_18183161.jpg
もう何年・・7年位?使い続けている、
いや、使いっ放しのフロントハブ。

そして最近、前荷台を着けた事により、
更に負担増加された、そんなフロントハブ。

ベアリング買いに行くのが億劫で、
「また今度、また今度。」と、
ダマシダマシ使って来ましたが、
いい加減ベアリングの交換です。

c0189724_18245572.jpg
雨の日・晴れの日関係無く乗って来た、
と言うより、雨の日は大体コレの出番だった、
そんな酷使の対象である1x1ですが、
抜いた旧いベアリングのシールを捲ってみると、
意外や意外、そんなに水は入ってません。


しかし、モノ自体はさすがにガタガタ。
トントンと新品に入れ替えてやると・・・、
オ~ゥ、スウィート。ゴキゲンです。

人生において「早くやっとけば良かった~」って思うのはいつも後から。
義務教育で何習って来たのか?と首を傾げます。
c0189724_18381534.jpg

ついでなので、梅雨対策として、
転がってたクルーザフェンダーを装着。

ん~・・・パッとせんなぁ。


むしろカッコ悪いのではないか、とも思います。
さりとて別に嫌な訳ではありません。


コイツを新品で組んだ際は、当然パーツやバランス等吟味し、カッコ良かった。
しかし、それは理想先行で、バランスの悪い面を内包しており、
時に余りパーツに置き換わったり、反対に必要に応じて強化されたりしながら、
乗り続ける時間の中で角が取れ、じんわりと自分の必要な形に。
それがカッコ悪いから如何なんだ、ってな話です。

この1x1の事が好きか?と問われたなら、ん~と唸ってしまうでしょう。
ただ、多分自分よりこの自転車に好感を持つ奴は居ないであろう事は確信してます。
故に雨であろうが不況であろうが、なんだろうが気分良く乗れる訳で、
非常にアリガタイ一台であり、また関係であると思うのです。

南無南無~。
by kaleidocycle | 2010-05-24 20:15 | 無駄

第一ステージ 途中経過。

日々増大し続ける体重に、ストップをかけるべく始まった「ツール・ド・内臓脂肪」。
c0189724_17473885.jpg
ビールを(殆ど)呑まない、不必要なモノ食わない、
そして当然自転車に乗るを軸とし、
先々週の日曜日に85kgでスタートした今回。

2週間経った、現在の経過はとういうと・・・81.8kg
一週間で約1.6kgというペース。
こんなモンと言えばこんなモンでしょうが、
いまひとつパンチに欠ける数字である事は否めません。

女の子なら「3kg痩せた!」って喜ぶんでしょうが、
元々女の子の倍くらい体重ある訳で・・・。
栄光のゴール目指して、まだまだ旅は続きます。
by kaleidocycle | 2010-05-23 21:20 | 減量

続 掴み物色々。

c0189724_23424982.jpgよ!オレだよオレ。
何言ってんの?オレだってば。
何でオレオレ詐欺なんだよ、古いよ~。

へ?ミッキー?違うっつーの。
マジで言ってんの?ミッキーってか?
カーチス?あぁ、ミッキー・カーチスね・・違う!

ミッジ?惜し~な~、惜しい!
惜しいのは良いんだけど、
実際自分が誰だか分かんなくなって来たんで、
ちょっとミッジに代わんね。 
「お~い、ミッジ~っ!」
c0189724_20562446.jpg

ハ~イ、おらミッジ。
パッと見た感じはネズミっぽいって言われるんだけど、
ホントは・・・。

ホントは!
ドロップハンドルなんだ。
と、よく分からん寸劇はこの辺までにして、
On*OneのマウンテンドロップバーMidgeBerです。 ¥6,500 c0189724_20565555.jpg


ドロップのポジションは欲しいけど、
ドタバタダートも走りたくて、
出来れば暴れるハンドルを抑え込んでもみたい。


ってな、分かった様な分からない様な、
ナンジャモンジャな希望を持つ人への、
分かった様な分からない様なハンドル。

マスタッシュハンドルにも似ていますが、此方は限りなくドロップハンドルで、
パッと見て分かる通り、トップのフラット部がしっかりあるのが大きな違い。
垂れ角が大きいので、STIも上手く嵌るでしょうが、
Paulのサミーズとエアロブレーキレバーの組み合わせが良さげな気もします。


同じくOn*Oneの、
c0189724_20572670.jpg



あたい、メアリ。

あたいもメアリ。


あたいだってメアリ。



そんなMaryBerです。 ¥6,500c0189724_20574211.jpg

好きな人は好きなメアリちゃん。
知名度の割にあまりに見ないメアリちゃん。
ママチャリのカモメハンドルみたいだけど、
バッチリMTBハンドルな、そんなメアリちゃん。


定番の黒は勿論のこと、
白やチタンカラーなんてのもあり、
結構何につけても似合うので、
反対に何につけようか迷ってしまう。

c0189724_2058027.jpg
似た系統で比較してみると・・・。


程々な幅と、パッと選べる価格の、
Beam プロムナードバー 

メアリはべントが浅く、幅も広いので、
やはりMTBの流れを感じますね。


c0189724_20582420.jpg

変テコMTBハンドル界の横綱、
Titec H‐Ber

幅はほぼ同じで、
握り位置もほぼ同じ。
おぉ、親戚っぽい。

と、こんな感じ。

だからどうだって話でも無いんですが、まぁこんなの店にありますよってなモンで。
明日からの雨を愁える今晩です。ハフリ。
by kaleidocycle | 2010-05-22 23:54 | 商品

掴み物色々。

c0189724_1710174.jpg何処かの子供が落としたであろう、
チュッパチャップスさえ融け、消える、
そんな暑さの本日。


堪えますね・・・。

さぁさそんな中、そろそろ欲しくなって来るのがグローブ
額に滲む汗が、目に入る前に拭う為にも必須ですし、
手に汗かいてグリップベチャベチャなんてのは・・・、
出来ればカンベン願いたいですしね。

「色々見てるけど、中々ピンと来るのが無い・・・」
そんなアナタ、チバ(Chiba)をご存知ですか?

派手過ぎず、さりとて地味過ぎず、そして高機能なグローブをリリースしている、
千葉県産ではなく、ドイツのメーカーです。
春夏モノだけで、驚異の52型!も製造しているグローブ専門メーカーなのですが、
日本ではあまり流通して居らず、知らない方も多いのは残念な事。


そんなチバのグローブの中からお勧め3品!まずは、
c0189724_17511110.jpgc0189724_17513716.jpg

Chiba Gel Racer ¥5,560(税込) 
その名の通り、Gelを仕込んだ快適ハーフフィンガー。
手の平にかなり厚みがあり、ムッチリした装着感は、ムッチリ好きのハートを射抜きます。
名前こそ「レーサー」ですが、切り替えしの白い部分は全て合皮で、
レースとは縁遠い、骨チックなデザインが素敵。


次は、
c0189724_17515290.jpgc0189724_17521017.jpg

Chiba Karo ¥3,990(税込)
此方もGelが仕込まれてはいるものの、白い部分はライクラで、
見目の通り涼しく、レーサーよりも薄手な仕上がり。
チェッカーフラッグみたいな見た目と同時に、リースナブルな価格も好感触。
今年の夏グローブ大本命であると、個人的には観じてます。


三つ目は、
c0189724_1833442.jpgc0189724_18341912.jpg

Chiba Athletic ¥1,680(税込)
もはや定番と化した感もあるアスレチック。
上部がメッシュなので、通気性が悪かろうはずありませんな。
他のグローブと違い、開口部が大きく、圧倒的に脱ぎ履きがし易いので、
スポーツ用には勿論の事、毎日使う日常用に最適であると思います。


c0189724_17195339.jpg
そしてオマケ。
夏に向けご用意した、
手作り感溢れる此方の何か。


米KingCage社の・・・何?
わっかるかな~?



コイツは「トップキャップにボトルケージをマウントする為のアダプター」。
c0189724_17201692.jpg

こんな感じ。


フレームにボトルケージ台座が無い、
若しくは屈んで取るのが邪魔臭い、
そんな人に、対する変化球的回答。

¥1,200(税込)
どないだ!

と、そんなこんなで、夏の用意もボチボチ進めて参りまっせ!
by kaleidocycle | 2010-05-21 21:32 | 商品

買い出し。

c0189724_18272887.jpg
比叡を挟んだ京都の向こう、
滋賀県大津市にある、パラダイス。

その名も南郷水産センター
謳い文句は「魚と遊べるパラダイス」。


釣り堀を基本とした娯楽施設の様だが、
遊園地も併設されているそうな。

c0189724_18274641.jpg
で、その遊園地が此方。

刺激を抑えた薄味な感じが素晴らしい。
これぞ現代に残されたパラダイス。

と言えない事も無いモノの、
コレを目的として行動するには、
ややパンチに欠けると言わざるを得ない。
c0189724_18292917.jpg
そう、今日の予定において、此処はただの通過点。

左京区の自宅から、比叡を越え、
琵琶湖岸に沿って、下流へ向かう。

立木観音、猿丸神社に、
潰れてしまったオフロードパーク、
それ等を横目に漕ぐ事更に約1時間。

すると何処に出るかと言うと・・・、
お茶処 宇治田原

c0189724_18294712.jpg
店と自宅で使う、お茶っ葉の買い出しに来た今回。

お茶処故の、高級なお茶を求めに来たのでは無く、
反対に、安くて旨い、B品的お茶を買うのです。

バラドンのマスターに教えられてから、
店でも自宅でも、夏はこのお茶一本です。
ホントに便利で、何よりウマくて困っちゃう。

バッチリ買い込んだので、
二か月はお茶に困る事は無かろうて。

c0189724_18414029.jpg
お茶処 宇治田原。
時間の流れがやや遅め。

文具屋の前に並ぶガチャガチャコーナーに、
旧き日に見た、ジャンケンマシーンが・・・。

コレって、無駄にメダルが貯まるんよね~。
等と考えながら、10円突っ込んでみた所・・・、
やっぱ動いてませんでした、残念。

c0189724_20441657.jpg
そんな宇治田原。

京都市内から、さして信号も無い様な田舎の道を、
往復約70kmと、ほどほどに良い距離。

毎週土曜日には、
朝市ならぬ暮れ時市なるものが、
昼の1時から行われているので、
買い出しサイクリングにお勧めです。

良い所です。住みたい。
by kaleidocycle | 2010-05-20 21:08 | 無駄

カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧