井戸端監視カメラ



<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


早仕舞い。

昨晩、知人の結婚パーティーに御呼ばれしました。

会場は、日本で最も旧いエレベーターがあるという「東華菜館」。
晩飯は中華だ高級中華だ~、と喜び、
店を早仕舞いして伺ったのですが、
c0189724_043553.jpg
タイミングずれ。



















スカです。ダメです。
遅れて行くというのは、大変ダメな事です。

メシが食える・食えんの話ではなくて、
足並み揃えない事により効率が悪くなり、
それは自分への悪影響として還って来るという意味で。



次、こういう機会があったら、もう遅れないようにしよう!
と決意した所、明日がそんな機会でした。

なので、明日28日(金)は20時で早仕舞いさせて頂きます。
そして遅刻しない様に「UNIT」さんの開店祝いに行ってみようと思います。
UNITさんとは・・・何だろうか!?
by kaleidocycle | 2009-08-28 00:54 | 臨時営業・休業

スーシーネー。

スーシーですねー、スーシーネー!
まるで秋がやって来たかの様な気候ですが、
c0189724_23243647.jpg
秋を迎えるには、
まだ暫くあります。


















ただ、やがて秋が来る事は確かなので、
フライング気味かも知れませんが、
c0189724_2321756.jpg

「Nari/furi」 ポケッタブルJKT
緑色・茶色・桃色  ¥18,900

折り畳んで折り畳んで、
左胸のポケットに仕舞い込める、
さらり一枚モノのウインドブレーカ。

運動で生まれる熱を、
走行風の出し入れで調整する。
夏を除いた3シーズン中、
走りに行く時のお供に便利。

突然のこの秋めいた気候なら、
あながちフライング気味とも言えない。





アナタが、夕方から走りに行き、日の暮れた後の山の上で、
「おぉーーっ!寒いーーっ!」と、寒さに驚いたとして、
バックポケットから出て来たのが、こんな草間弥生の様なJKTだったとしたら・・・、
チョッと元気出そうでしょ?

前回の春の分のラインナップにあった「黒」が無くなり、
代わりに画像の「ピンク」が登場。
ピンクに黒の水玉は、ジッと見ていると目が・・・目が辛い。



水玉を見ていると、非常に大きな印刷物の、
その一部を凝視している風に思えたりもして、少し照れてしまいます。
ジーっと見るのはエロですよ、ジーと見るのは興味があるからなのですよ、
そう、水玉は最大限に興味のあるモノのアイコンなのかもしれませんよ!

水玉じゃなくて良い人は、他のウインドブレーカーを。
水玉の方が良い人は、売り切れない内にコイツを!
そして、水玉じゃなきゃ話にならん!という人は、
京都の水玉ショップ 三条富小路チキンノットさんへ行くべきだとして、
この涼しさもあと数日で終わり、また暑くなるであろう事実も、
受け止めるべきなのかもしれません。
by kaleidocycle | 2009-08-25 01:14 | 商品

隙間。

c0189724_21425349.jpg
真夏の日中は、刺激が多過ぎて、
何かをしよう!そんな気が失せる。


だから、日が沈み始めた頃、
ホッとします。

鱗粉撒き散らかし飛ぶ蛾の様に、
少し涼しくなった夕方の道なら、
漕ぎ出す余力も出て来るってなモンで。

チョッと、ぶらっと。








c0189724_22435330.jpg
夕方とはいえ、
漕ぎ出せば、
やはり汗は流れるし、
しんどいけれど。

夕方は静か。
何にしても静かな時間。
そして、山手へ向かうにつれ、
空気は青霞み、
寝惚けている風な気分。

夢遊病の様にフワフワと行く。








c0189724_21491292.jpg
みらいくん。
確か、彼の名前はみらいくん。
1988年京都国体のマスコット。


一時、そこら中で見掛けたみらいくん、
京都の誰もが知っていたみらいくん。

殆どのマスコットがそうである様に、
役目を終えた後、やがて忘れられ、
こうして苔さえ生し初めた。

でもまだまだツルツル、
アンチエイジング。






c0189724_22175986.jpg


人が居れば会社でも、
人が失せれば廃墟の様。
















c0189724_2219154.jpg












あの世の入り口、此方。







c0189724_22192775.jpg









日が沈むと人の影は疎らになり、
辻に立つ人の顔も見えなくなり、
世の中と自分との間が、
少し開いて、風も通って、快適。

冬になると、
こんな安堵感は味わえないだろうから、
これはこれでありがたや。
by kaleidocycle | 2009-08-21 08:04 | 無駄

三種の仁義。

送り火鑑賞会も恙無く終了。
c0189724_15404724.jpg
恙無く、では無いとすれば、
「飛んで来た蝉にとまられた」
そんな人が居た位でしょうか。


どうです?
良い位置にとまっているでしょう?
まるでバッチの様です。
こういう良い位置の事を、
「正位置」と言います。

彼の心臓から溢れ出る、
釈迦力エキスが、
蝉を魅了したに違いありません。






c0189724_15252248.jpg



未だ酒精の雰囲気漂う店頭。




呑んだ後、
乗って来た自転車を、
押して帰って下さった皆さん、
有難う御座いました。









まぁそんなこんなで盆も過ぎ、夏の盛りたる処暑もすぐそこに。
これからは第三種自転車界的イベントが目白押しになる訳ですが、
頭の中がごっちゃになっているので、少し整理してみましょう。

まず来週末の土日、8月29・30日開催は、
c0189724_15542923.gif
「bang-king 2009」 
http://2009.bang-king.com/?eid=1275431


場所:石川県立自転車競技場
住 所 :石川県河北郡内灘町宮坂に460


「選手になりたい!」「自分を追い込みたい!」
そんな事を考える人の聖域たるバンク。
つい腰が引けてしまう人も多い事と思いますが、
誰もがバンクを経験出来る様に、
考えられたレギュレーションで行われるバンキン。



腕試しの1,000トラも、人と絡むケイリンも、やってみたい人にはまたと無いチャンス。
2日間バンクを走れて¥2,500!安い!
参加応募は勿論始まっていますので、「走りたいかも」そんな人はWebをチェック要。
此処で腰引けたら一生バンク走る事無く終わっちゃうぞ!



で、次が来月第2週の土日、9月12・13日ですね、
c0189724_1616312.jpg
「KyotoLOCO 2009」
http://www.kyotoloco.jp/index.html

場所:京都大学西部講堂


此方は言わずと知れた、
メッセンジャーの、メッセンジャーによる、
メッセンジャーの為のイベントです。

会場となる「京都大学西部講堂」ってのは、
もはや会場でも場所でも無く、
九十九神と化している感もあり、
料理が器で変わるのと同じ論法で、
きっとカオティックな場を発生させる事でしょう。

メッセンジャーで無くとも参加は可能。
「メッセンジャーよりも、自分の方がメッセンジャーらしいはずだ!」
そんな人が居るとするなら、遠慮する事無く飛び掛かろう!
ただ、注意点として、事前エントリーが必要なので、忘れずに。



そして、週が変わった19日から26日までの、4連休を含む一週間が!
c0189724_1815821.jpg
「CMWC東京 2009」
http://www.cmwc2009.com/index.html

場所:東京 お台場 etc・・・
内容:盛り沢山過ぎて説明不能。Webを散策すべし。


「最も有能なメッセンジャーは誰なのか?」
そんな事は、どうでもいい事かもしれない。
しかし!本人達はそんな事は無い!
とばかり初めた世界大会、17回目だそうです。

その大会が、今回東京で行われると言う事は・・・
ピンと来ない、それで正しいと思います。
メッセンジャーで無い人には、ね。

でも。「世界」と銘打つ事は、簡単な事じゃ無い。
自分で勝手に言うの位なら幾らでも言えるけど、
どの国のメッセンジャー捉まえて聞いても通じるというのは、きっと凄く大変な事。

勝手にやっとけば良い。好き勝手にやっておけば良い。
けれど、敢えてキッチリやる事、その事の凄さ。


KyotoLOCO会場である西部講堂で、ライブイベントが行われ始めた70年代。
大きな節目の某イベントのパンフにはこう有ったそうです。
「MOJO WESTとは自由を求める集団ですか。
 いいえわれわれは秩序を求めます。 
 それは新しい秩序であり、新しい関係であり、
 自律であり、責任である。仕事であり、作業である。」

自分は70年代に青春を送った訳でも、メッセンジャーな訳でもありませんが、
きっと、そういう事なのではないか、そんな風に思います。

本当の所が如何なのか?
横目で見逃して、あとで後悔するってのは冴えません。
経験するにしろ、しないにしろ、自分の一手は自分で決めましょう。
選挙の一票の様に!

各種フライヤー店頭にご用意して居りますので、ご希望の方は是非に是非に。
by kaleidocycle | 2009-08-18 19:42 | 駄情報

アスデ‐ボンモ。

そろそろ終わりに近付いて来たお盆休み、
噛み締める様に残りを味わって居られますか?
 
自分は、3日間頂いたお盆休み、奈良は吉野山へ行って来ました。
夏に桜の名所ってのは、ナンセンスと言えばそれまでですが、
殆ど人影も無く、旅館の露天風呂も独り貸切状態、
部屋の窓を開ければ新緑のパノラマと蝉の鳴声、
夕暮れには幾重にも重なる遠くの山々と雲と鐘の音とヒグラシの声。

幸せでした・・・。



で、その「風呂に入る・寺を見る・呆ける」
以外、何もする事が無い土地へ行くにあたって、
文庫本を3冊持って行ったのですが、
その中の悔し涙を呑んだ一冊が、
c0189724_2047362.jpg
森見登美彦 「きつねのはなし」

オモシロイ!
コレは素直に面白かった。
ニチャニチャ後に残る甘味も、
大袈裟な旨味も無く、
スッと入って行くのに、雰囲気がある。

今まで読んでいなかった事が・・・
悔やまれる程に良かったのです。










この作者の森見さん、今はどちらにお住まいか知らないのですが、
以前は京都にお住まいで、著作も京都をテーマとした作品が多く、
「京都の人間は清水寺・金閣寺に行った事が無い。」
「東京の人間は東京タワーに登った事が無い。」
等と同じ論理で、何となく読んでみる機会がありませんでした。
 
しかし、最近えらい人気らしいので、
チョッと失礼と、読んでみた今回。



京都をテーマとしたホラーとまでは行かないし、
ファンタジーという程フワっともしていない。
そんな京都の話を、奈良の山の中で読みながら頭に浮かべるとですね、
コレが非常に興味深く、魅力的に見えたのです。

自分は京都の魅力なんて分かって無いんやろうなぁ、
と、降参させるほど、京都が魅力的に書かれていました。
c0189724_12259.jpg

お盆も明日で終わり。



今回読んだ「きつねのはなし」の中で、
何度も登場した下鴨神社を通ると、
誰も居ない古本市のテント、
並んで電気が点いていました。

古本市も明日が最終日。
新しい本を読んだら、
その分旧いモノも読むべきなので、
店を開ける前にでも、
覗いて行こうと思います。





そして明日は送り火ですので、
c0189724_20475580.jpg


買出しです。

点火時刻は20時からですが、
夕方で涼しくなったら、
ビアガーデンから始めましょう。



ジョッキ凍らせてますよ。
一口で飲み切れるプチ缶、
冷蔵庫(強)で冷やしてます。
一升瓶も丸ごと冷やしましょう。

店の前の川に足浸けて、
冷えた瓶にそのまま口つけて、
チュチュっとシュワっと、
お盆を〆ましょう。
by kaleidocycle | 2009-08-16 01:29 | 駄情報

お盆の予定。

お盆の営業予定ですが、
・明日10日(月)と、週末15日(土)は営業。
・12・13・14日は盆休み。
とさせて頂きます。宜しくお願い致します。
by kaleidocycle | 2009-08-12 09:05 | 臨時営業・休業

への字ハンドル進化論。

c0189724_1915673.jpg
「こ・こんなハンドルが!」
と、驚いたのも今は昔。

選択肢の一つになった感のある、
【タイテック Hバー】


元ネタはジョーンズバイシクル
http://www.jonesbikes.com/
な訳ですが、
タイテックがOEMを始めてから、
グッと手に入り易くなりました。

この幅のバカ程広い変なハンドルを、
自分の自転車に装着し、
恐る恐る乗ってみた時の、
新鮮な感じと言うのは、
初めてMTBに乗った時の、
それに似ていた様にも思います。

【タイテック Hバーの特徴】
・幅が広い。幅が詰められない。
・けれど何故か「広過ぎて嫌!」と言う感じにならない。コレはコレ。
・マルチポジションがとれるけど、便利か如何かは人其々。
・シフターの行き場が結構制限されるので、
 どちらかと言うとシングルに向く。
・デュアルコントロールレバーは相性良い。


c0189724_191192.jpg
Hバー程では無くても、
への字を書いたハンドルと言うのは、
そこいら見回せば結構色々あり、

←【ステンレスカモメハンドル】
 特徴
 ・メーカー名不明。単価も不明。
 ・でもよく見かける。
 ・しなって楽しい。
 ・ステンレスを感じる重み。
 ・あと少し幅が欲しい。

←日東 B258AA
 特徴
 ・幅が狭い。
 ・すぐに手に入る。 

この辺は、珍しくも何も無く、
その辺に転がっている、
普通のハンドルです。


付けるだけで、不思議と優しい感じになる、そんなへの字ハンドルは、
積極的に抑え込む状況でなければ、トレールでも好都合な時もありまして、
イライラする様なハイテンションの「スポーツ」に対する、
アンチアイコンとして、受け止められている様にも観じます。
c0189724_19335917.jpg
このグルーヴィーの、
「Love ber」なんてのも、
良い表情してるなぁ、って感無量。

オートバイの世界なら「スワロー」と、
呼ばれる形状ですね。


Hバーよりもズッと真っ当な形状で、
スチール製ってのが、グッと来て、
旅行土産に買って来た一品です。

「もっとコウ!」という所を加味し、
鉄工所のオッサンに作って貰いたい、
そんな感じで夢膨らむ造作の単純さ。

最大限良く言うと、
「オマージュ」ってのかな。
まぁ、簡単に言うとパクリ。


c0189724_19342960.jpg
反対に、
自分では、
如何ともし難い、
こんなへの字。

「あっ!」
って思った人、
ええ、アレです。






への字愛好家なら、きっと気になっていたはずの、
カーボン製オーバーサイズクランプへの字ハンドル。
【リッチー WCSカーボン10フラット】 価格は驚きの¥25,200!
気になって気になって仕方ないので、諦めて入手しました。
ある種「スーサイダル・テンデンシー」とも言えるかもしれません。

で、使ってみた感想ですが、
曲がり10度という数字よりも曲がっている感じを受けます。
でも、普通のポジションの範囲内で、引きもグイグイ引けるので、
「スポーツ出来る高性能への字ハンドル」という意味においては、
やはり、有ってくれて有難い商品に違いは無いです。
背の低い人には、握り位置が手前に来るので楽かもしれんしね。

ただ・・・仕上げ寸の精度が微妙過ぎて、この価格の理由が霧の中。
納得するには、広い心の装備が必須。
「このハンドルを付けよう!」そんな人には、
アルミバージョンの【WCS10スイープフラット¥12,390】を強くお勧めします。

まぁそんな、良いの悪いのもあった上で、
日々、我々の曖昧模糊とした望みが具現化して行くのでしょうから、
何にせよ有難い事です。



c0189724_2153548.jpg
最高にイカしたムードの、
シングルスピードシクロの完成車、
【Felt ブリード ¥120,000】

シングルのくせに、
何故かとてもレーシーな造りの、
この一台ですが、
Hバーの低く&OSバージョンである、
「Jバー」を着ける事で、
三歩進んで二歩下がる的な、
余裕あるスポーツ感を醸し出します。

そして、自分には、
ノーマルのドロップよりも此方の方が、
どうにも正当な様に見えたりします。
画竜点睛てな様にも。




何だか自転車にピリッとこなくなった、
そんなサイクルED気味な時、
ピリッとしたスパイスとしての、への字達。

チェックしないよりかは、する方が良いですね。
by kaleidocycle | 2009-08-12 09:05 | 駄情報

木須肉。

と書いて、ムースーロー。
豚肉のキクラゲの卵炒めの名前ですが
別段、ムースーローが喰いたい訳では無いのです。

暑い暑いと言っても、仕方無い。
蒸す蒸すと言っても、仕方無い。
分かってはいるけど、考えを消す事は出来ない。
だから頭の中では、
「ムースーロー・・ムッスリーニ・・・ムスタンリ・・・」と、
蒸すの活用形が飛び回るのです。



そんな過ごし難い中、一日中止まる事ない汗への対策として、
首にタオルを巻いて過ごしているのですが、これが非常に都合よろしい。
是非人にも勧めたい所です。
しかし、「首タオル」を誰も彼もに勧める訳には行かないので、
c0189724_161452.jpg
CCP ST-N010  ¥4,500

サラッとした肌触りの、
吸汗速乾素材で出来た、
何枚あっても困らない、
そんなTシャツをお勧めします。


半ケツサイクリングにならない様に、
後腰部は長めのラウンドカット。
左肩のポケットは、タバコポケット。
そして二枚買いたくなる価格。

サッパリスッキリ系、
且つ洒落てる事は確かなのですが、
それよりも、コイツが有れば!
綿のTシャツで生活するよりも、
随分楽に過ごせる、
それが何よりの収穫。



空井戸は自転車屋なので、自転車に乗りながら生活する人が、
より快適に生活する為の服を、ご用意させて頂いているのですが、
個人的にファッションアレルギー的な面があるので、
スタイルまでは提示出来ませんし、する気も更々有りません。
只々、利強く、周りへの影響の少ない、半透明を善しとします。

可能であるなら、何も着ない、裸が一番、本当にそう思っているんで、
ファッションが好きな人には、物足りない位薄味でしょう?


だから、もっと「服を着たい・楽しみたい」、
そんな、もっとファッションやスタイルを求める人には!
今月末、ムースーローが好物だという人物が、
京都市内に新しい服屋さんをオープンします。

そこでは恐らく「自転車を練り込んだファッション」を見せてくれるはず。
「ファッションを練り込んだ自転車」である空井戸とはある種正反対かもしれません。
c0189724_18475266.jpg















何が良くって、何が良くないのかなんてのは、
中々分かるモンでは有りませんが、
沢山の覗き口があれば、対象物はより立体的に見えるでしょうから、
こういう店が出来るのは、非常に有り難い事だと思います。

また詳細分かり次第ご案内致しますので、
アナタの視点に近いと感じられたなら!是非チェックしてみて下さい。
by kaleidocycle | 2009-08-10 19:03 | 商品

送り火と。

昨晩は琵琶湖花火大会でしたので、店の屋上に上ってみました。

しかし、幾ら近いとはいえ、琵琶湖は滋賀、此処は京都。
山に遮られ、見えるはずも有りませんでした。
残念。


そんな空井戸の屋上ですが、一年中で最も役に立つであろう日、
それが・・・、
c0189724_1325161.jpg




















そう、大文字焼きこと「五山の送り火」の日。

炎で描かれた「大」という字が山に浮かび上がる。
誰でも知っている、そんな京都を代表する行事なのですが、
のんびり見れる場所と言うのは、意外と少ないモノです。

しかし、当 空井戸サイクル。
この場所を選んだ理由が「屋上から大文字が見える」と言うこの事実!



なので、16日(日)の日が沈んだ頃から、空井戸屋上と三階座敷を開放して、
「送り火を眺める会」なんてやってみようと思います。

狭い屋上ではありますが、大文字だけで無く、左大文字、舟形と、
三つの送り火が、順番に点火されて行くのがよく見えますので、
夜風に吹かれながら、大文字でも見ようではありませんか。

点火時刻は20時から20時半までの予定なので・・・、
先祖を送っても遅れる事無かれ!ってなモンで。
by kaleidocycle | 2009-08-08 21:29 | 駄情報

逃げ場。

連日続く熱帯夜。
もはや逃げ場は何処にも無い。

そんな中、朝と夜となく、奥さんが自分を説得しようとする。
「アンタ!それ以上白い粉を使うのはやめて!」
それでももうダメなんだ、自分の力では如何し様も無いんだ・・・。
白い粉の無い生活なんて!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





c0189724_12485214.jpg
最高ですね、ポンポン。
夏をやり過ごす三種の神器、
「水風呂・ハッカ油・ポンポン」


で、ポンポンって何から出来てんの?
容器には「タルク」とあるけど、
タルクってなんじゃらほい?

タルクってのは石だそうです。
学校の運動場に線を引いた「石灰」と、
似た様なモノなのでしょうか。








まぁ何から出来ていようが、
肌を(一時だけだとしても)サラっとさせてくれる、
ありがたいモノである事には変わりありません。

ベビーパウダーとは言いますが、
年々汗がベトベトする様に感じて来たオッサンにこそ、
必要なモノなのではないか、そんな風に思います。



ハッカ油も、
c0189724_19373621.jpg
本来は山行きの時の、
虫除けとして使っていたモノ。

けれど、蒸し暑い日に、
胸と首にシュッと一吹きすると、
ヒンヤリを超えた超清涼感が。

コレも一度やり出すと、
ついつい何度もやってしまい、
一日中ハッカくさ~い感じに。


この快感を伝えたい!
って、余計なお節介の極みですが、
自分用のを買いに行ったついでに、
幾つか纏めて買って来ましたので、
一本¥1,000、お一つ如何?





ポンポンつけようが、ハッカで誤魔化そうが、
パンツが汗で湿って動きにくいんだよ!
そんな人への商品も、本日届きました。
c0189724_1948505.jpg
CCP SP-N001
「サラサラサイクルパッチ」 ¥7,350


吸汗速乾の、
のびのびライクラ素材で出来た、
インナースパッツです。
今までのスパッツには無い、
オリーブグリーンが渋い。

裾は「八分丈」と少し短めで、
上から短パンや7分パンツを穿いた時、
ちょうどいい感じのバランスに。

股間部は、
ナニが取り出せる様になっているので、
もよおしてから、ドタバタする事も無し。



いくら暑くても、これ一枚で外に出ない様に。逮捕されっぞ!



「涼しい早朝に走る」なんて言っても、
早朝が涼しく無くて泣きそうな毎日が続きますが、
そんなんも含めて、私達の暮らす土地ですから、
何とか現状を快適に過ごすしかないですよね~。
by kaleidocycle | 2009-08-07 20:16 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧