井戸端監視カメラ



<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


鎧。

良い天気の見本たる本日。
c0189724_1938943.jpg

昨日「讃岐うどんツアー」の計画を練っていた面子にとっては、
「大当たり」な一日だったはず。



しかし、高気圧に覆われる日は、
朝はとても寒いのに、日中は汗ばむという、
服装の選択如何を問われ易い日とも取れる。

そんな日を快適に過す為の、
c0189724_209491.jpg
c0189724_20133726.jpg
















c0189724_20122841.jpg
ナリフリ  [ポケッタブルJKT]  ¥18,900

風にそよぐサラッとした一枚。
なれど、袖口に指貫、被りの深いフードを持ち、
朝晩の冷たい外気と、体の間で、
一枚の砦となってくれる。

朝の出掛けにパッと羽織り、
太陽と体温の上昇と共に、邪魔者になったなら、
クルクルたたんで、
右肩部分にあるポケットごと引っくり返せば、
その名の通り、ポケットサイズ。
で、バッグの隅へ放り込み、
やがて来る日没の出番を待つ。
そんな一枚。
全3色、店頭にスタンバイ済み。



で、脱いだその下から出て来るべき、
c0189724_21313137.jpg
CCP  [LT-W007]  ¥10,290

背面を長く取っている為、
バタつかないタイトめなデザインながら、
背中がツンツルテンになる事も無い。

そんな自転車に乗る人間にとって、
当然であって欲しい事を適える、
普通のパーカー。

ベージュがS、
カラシ色がM、
ワインがL。




脱いだポケッタブルJKTは、
背面にポケットに入れるが好し。




あと現在、個人的に愛用しているのが、
c0189724_22352957.jpg
ナリフリ [フィールドJKT] ¥40,950

パッと見た感じ、何処にでもありそうで、
実は自転車生活に密着した一枚。

3レイヤー生地で、雨が降っても、
寧ろ嬉しくなる様な無敵感。
雨天に漕いで、体温上っても、
腕の下に大きく開くベンチがある。

勿論晴天時も、朝昼晩の気温差に、
この腕下ベンチと、首元の塩梅で、
かなり幅広く対応可能。

こういう、「いかにも山!」でも、
「いかにも自転車!」でも、
「いかにもお洒落!」でも無く、
目立たない地味さ加減、それでいて、
確実に利便性で応えてくれるってのは、
とても好みなのですが、如何でしょう?



防寒であり、防雨であるという事は、
対候であると言う事。
体を晒さざるを得ない自転車という移動具において、
気候の変化は必ず付き合って行かなければいけない問題。

だから、
c0189724_23144196.jpg
こんな、
「節分に食べる恵方巻」
ではなくして、
「膝から上の前面だけを覆う合羽」
と言う様な、一見阿呆なブツをも、真剣に吟味し、
カバンの底に仕舞うという行為にも、
思いも寄らぬ変化の中を、
快適に過す分岐点が、
隠れているかもしれないのです。


因みにコレは「レインレッグス」と言います。
折り畳まれてカバンの底に潜み、
若しかして頼りになる!
かもしれない奴なのです。




これから花見に夜走り、イベント、その他諸々、
朝と無く昼と無く外に出てしまう日が続く事でしょう。
そんな時、洟を啜りながら、汗を垂らしながら、雨に濡れながら、
これらのブツを思い出してやって下さい。

少しは興味が湧くかもしれません。
by kaleidocycle | 2009-03-30 20:46 | 商品

変化バンザイ。

「またパソコンが故障してしまった」

人間、耐性というモノが生まれる様で、
二度目の今度は、まぁ仕方ないか、そんな風に諦めて考える事も容易。
心の平穏は経験と諦めから来るのかもしれない、
等と、無駄な事ばかり考えた昨晩からの流れ。



頂いたお土産の魚。
c0189724_22432696.jpg

保冷剤の入った発泡スチロール箱を如何に持って帰るか?
カバンに入れる?手で下げて持って帰る?



そんな選択の幅を更に広げるべく、空井戸に常備されている、
c0189724_2249214.jpg

マイトレーラー。
トラックエンドの車両にワンタッチで取り付け出来る様に改造済みなので、
モノを運ぶ用事が突如出来た時!自動車を持たない自分を支えてくれるイカした奴。

一輪のトレーラーは、牽引している感覚が全く無い程、
自然な動きをしますので、興味のある人は臆する事無く使ってみましょう。
が、欠点もあり、それは・・・。

朝起きて、トレーラー引いて帰って来たついでに、
店で飲むお茶と水を、激安で売っているあの店に買いに行こう!
となった時。
c0189724_22584876.jpg

積みますわな、一箱、二箱、三箱と。
一箱目は良いですが、二箱目でバランスが怪しくなり、
三箱目で、チョットした技の世界に入ります。すり抜けがとても危険な状態に。
そう、剛性の無さから、左右にとても揺れてしまうと言う事。

なので、重量物を積む場合はやはり、
キャディーファン等の二輪のトレーラーに分がある様です。
しかし、一輪の軽快さやシンプルさも捨て難い。
いやいや、実用性の二輪の方が・・・う~ん。




と考える事にも飽きて来たとしても、店にパソコンが無いので、
ヤフーニュースをポチポチ見ながら、与太話に花を咲かせる事も無く、
店の前を只管凝視し続ける。
色々な人が前を行く。その殆どが老人である。
犬の散歩率が非常に多い。通る自転車のママチャリ率もまた多い。

ん?店の前に、コンビニの袋が落ちている。
誰や、こんな所にゴミ放る奴は、けしからん。
店のゴミ箱に放り込もうと摘み上げると・・・重い。
中を見ると、1kg位ありそうな大きなアイスクリームの箱。
「あぁ、アイス買いに行って、落して行ったのか」と考え、
ならば、中身は融けた液状アイスなのか、ならばドブに流さねば、と、
蓋を開けてみると・・・中には・・・・・美味しく炊いたお肉がギッシリ。

誰やねん!人の店の前に炊いたお肉落していく奴は!
と、憤慨しながらもオモロイからまぁ良い。



気を落ち着かせ、肉はゴミ袋に封印し、再び外を見る。
トラックが止まる。そして視線はその幌に吸い寄せられる。
c0189724_23143366.jpg

寺尾さんの「ヲ」もどうかと思うが、そもそも貸物屋という商売自体始めて知る業種な事、
そして何より電話番号が「良いよ!ぃ良ろし!」という無理矢理さ加減。
ダウトの波状攻撃。

こうなると、もう、助手席に乗るベテランっぽいオッちゃんが、
嵌めてる軍手の妙な白さ加減さえも面白くなってくる。
暇って良いね、暇バンザイ。



そうこうする内に日は沈み始め、明日にオープンを控えた、
空井戸前の(仮)堀川公園は、プレのライトアップイベントが始まり、
c0189724_23221666.jpg

川に沿って蝋燭の日が流れる。
且つては暴れ川、最近ではただのドブだった堀川は、
明日から公園へと生まれ変わる。

官民で言えば、正直官の空回りといった風情を感じないでも無いが、
それでも、空井戸にとっては非常に嬉しい事。
この公園を使って、あんな事こんな事が出来るかな?出来ぬかな?



ライトアップが終わり、近所の子供達が退けてしまうと、
あとはもう、ただ静かに、
c0189724_2328349.jpg

届いたばかりのCOGマガジンの、
クラシックバイクで疾走するオッサンの写真を眺めたり。

日本から見れば「神風」で済ましがちな元寇を、
元と高麗側からの視点で書いた「風濤」なる小説を読んだり。

発作的に展示車組み立てたりして、閉店までの時間を過ごす。



そんな今日でした。
明日は堀川のオープンですので、出店のたこ焼き喰ったり、
パンク修理したり、発作的に展示車の仕様を変えたり、
ドライフラワーを回収したりして過すと思います。

パソコンの無い空井戸、それはそれでバンザイ。
by kaleidocycle | 2009-03-28 23:39 | 無駄

春、ウラりたい。

寒い。
路傍の温度計を見る限り、
春は本当にそこまで来ていると言う事を勘繰らずには居られないのですが、
皆様の元に春が来そうな気配は有りますか?
c0189724_2217872.jpg

まぁしかし地球は周り、予定調和の如く時は進みますので、
その内、春は必ずやって来るに決まっている。
が。
桜はいつ咲くのか?

そんな事は誰にも分かる訳も無いのに、
花見の予定は早めに決めなければならないモンですから、
咲かない花を愛でて呑む花見となる危険性や大也・・・。



などと、時事諸々を公開するのは自分の仕事ではなく、
自転車屋という生業をまっとうすべく、
春に似あう自転車の中から、Surlyを2台ご紹介。

まずは、Surlyの地味系ツーリング車、
「ロングホールトラッカー木の芽時風味 サイズ52」 微妙にお得な¥162,750
c0189724_2314161.jpg

元々ドロップハンドル&バーエンドコントローラーの車両ですが、
やる気の無い自転車に乗りたい人、乃至は腰痛持ちの人をを魅了する、
プロムナードバーに、
c0189724_2352642.jpg

Paulのサミーズを使い、サムシフター化。
また、タイヤを微妙に太く微妙にダートな「シュワルベ マラソンクロス」にする事で、
ほんのりとしたやる気を垣間見せています。

そう、サミーズは意外と使い勝手が良く、
マラソンクロスは意外とダートが行ける。
勿論、最高性能であるはずも無いのですが、
それでも、まぁ充分使えると言う事を、実際に使っている自分が言い切ってみます。

コレに前後キャリア付けて、一日50km位のダラダラペースで、
お遍路さんとか回ったら、とても良い気分なのではないでしょうかね。
行けるもんなら、サンチャゴ・デ・コンポステラなんてのも行ってみたい。



次、使えるのか使えないのか?というより、
使うのか如何なのかの選択を迫る、
日々暗いトーンばかりが伝えられる自動車社会米国への逆襲的存在、
Surlyの「ビッグダミー」。
c0189724_2314498.jpg

始めてみた時は「デカっ!」と思いましたが、
毎日見ている内に、何だか普通に見えてきました。
この感じは、メルセデスの4つ目が出た時の違和感と、
その後になれてしまった感覚に近いのかもしれません。

見た目とはウラハラに、意外と普通に走ります。
意外と立ち漕ぎも出来るし、スタンドも付いているので普通に停められるし、
自宅に置ける場所がある人であれば、
お金を落したと思いきる諦めで手に入れてみると、そう悪い選択でもない様です。

こんなん見て、「トゥー、トゥットゥトゥトゥトゥー」なんて口ずさんでいる内に、
まさか!な恋心は育つモンですので注意は必要。
 
頭から離れなくなったなら、一度連絡を下さい。
幸か不幸か、この一台には傷が付いており・・・、
傷入りの悲しみを癒し、平等を期する為、多少・・・お安く出しますぞ!



そんなこんなで空井戸サイクル、自転車を売っています。
自転車で来るには都合の良い場所なのですが、
今から自転車ゲットだ!という人には、
電車が通っていない地域なので、来難い場所であると言えます。

今週末の日曜日には、空井戸前の「堀川」が再整備され、
川から公園に変わって、生まれ変わる記念のお祭があります。
昼から夕方まで、露店が出たり、水車を作ったり、
何か色々あるみたいですので、それを見るついでにでも、
立ち寄って見てやって下さい。

上手く行けば、桜が咲くやもしれんしね。
by kaleidocycle | 2009-03-25 23:51 | 商品

サルサ社製クロモトSULステム リコールのお知らせ。

米国Salsacyclesより、同社製スチールステムのリコールが発表されました。
c0189724_13352529.jpg

対象は2007年11月5日以降に市場に出回った分で、
単品販売のモノだけでなく、完成車に取り付けられていたモノも対象となります。

リコール対象の判別につきましては、現在代理店の方で急いで進めており、
対象の商品を購入された方には、販売店を通じてご連絡する事となっておりますので、
対象物をお使いの方は、各販売店と相談の上、対処ご検討下さい。


(完成車付属) 各2007年11月5日以降出荷分
La Cruz 47cm~53cm Orange
Casseroll Single 45cm~57cm Mustard
Casseroll Triple 45cm~55cm Ginger Beer
El Mariachi (16") (18") Red
Ala Carte (12.5")~ (18") Brown

(単品) 各2007年11月5日以降出荷分
Thrdlss 26.0 90mm 90°CroMoto Stem (08/4/22以降出荷)
Thrdlss 26.0 100mm 90°CroMoto Stem (08/11/19以降出荷)
Thrdlss 26.0 110mm 90°CroMoto Stem (正規輸入品で該当商品無し)
Thrdlss 26.0 120mm 90°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Thrdlss 26.0 90mm 105°CroMoto Stem (08/12/16以降出荷)
Thrdlss 26.0 100mm 105°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Thrdlss 25.4 90mm 90°CroMoto Stem (08/9/13以降出荷)
Thrdlss 25.4 120mm 90°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Thrdlss 25.4 100mm 100°CroMoto Stem (08/4/22以降出荷)
Thrdlss 25.4 110mm 100°CroMoto Stem (08/12/16以降出荷)
Quill 26.0 90mm 75°CroMoto Stem (08/4/22以降出荷)
Quill 26.0 100mm 75°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 110mm 75°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 120mm 75°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 90mm 90°CroMoto Stem (08/7/19以降出荷)
Quill 26.0 100mm 90°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 90mm 105°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 100mm 105°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 110mm 105°CroMoto Stem(正規輸入品で該当商品無し)
Quill 26.0 120mm 105°CroMoto Stem (08/4/22以降出荷)
by kaleidocycle | 2009-03-20 14:45

ラッキーライフ。

春の訪れが確定的となった今日この頃。
暑くも寒くも無く、虫が出て居ない今自転車に乗らずして、
一体いつ乗るというのか?



と言う事で本日は空井戸、臨時休業頂きまして、
オンロードかオフロードか、迷いに迷った昨晩を経て、
今日昼に居たのは、
c0189724_22153819.jpg

山。
京都市内から程近い、飽きるまでダブルトラックを走れると言う某所へ。



「自然大好き」な空気を一切感じさせないミスフィッツをBGMに、
綺麗なアスファルトの峠を進むと、路面は段々荒れ始め、
やがてアスファルトは途切れる。
そこまで来たら此処は山だ!と言えるのですが、そこまで行かずとも、
c0189724_22132978.jpg

鹿が山を感じさせてくれる。

京都は元々、お土産屋で売れる程に鹿が居るのですが、
最近、鹿を見る回数がやたら増えた気がします。
しかも警戒心の欠片もアリャしない。なら、いっそ捕まえてみたい。



そんな、鹿にそっと近付いて驚かす事によって人の危険性を伝えたり、
c0189724_22411197.jpg

川に迫り出し過ぎて宙に浮いてしまっている木を見たりしている内に、
苦行の様なアプローチは終わり、登りダートで足を温めた後は、
フラットなダートに飛び込む!



少し砂利の浮いた林道の下りを飛ばす、単純な面白み。
たまにハンドル取られて怖くても、ハンドル取られるから面白い。
前を見て、次に行くべきタイヤの行く先を考える。
と、視界に黒い塊が。すわっ!熊の糞か!と、止まって見るに、
c0189724_22135870.jpg

カエル。
春なので出て来たが、も一つ眠気が覚めない様で、
半眼のまま動きません。
突付きたい衝動に駆られますが、自分が眠い時に突付かれると嫌なので、
黄金律に従い、その場を後に。



こんなダブルトラックがあるのは、当然林業で必要だからであり、
木を植えたり、伐ったりしている場面にもよく出会います。
そして、木を切り捲った、
c0189724_2256134.jpg

切り株の墓場にも。



独りで何の目的も無く、こうして自転車で走っている時間は何物にも代え難い。
なので、そもそも「MTBが好きなのか?」と言うと、
MTBが好きなのではなく、こうしてウロウロするのに最も適した道具がMTBだったという、
それだけの話なのかもしれません。

それでも、原因・過程・経過は如何あれ、
MTBという道具が在ってくれて、本当に嬉しく思います。
そう、自分はラッキーだと、MTBが思わせてくれるのです。
by kaleidocycle | 2009-03-19 23:08 | 無駄

明日明後日のありやなしや。

明日19日(木)臨時休業致します。
明後日20日(金)臨時営業致します。

最早定休日の体を成しておりませんが、何卒宜しく願います。
by kaleidocycle | 2009-03-18 20:30 | 臨時営業・休業

黄砂に吹かれてウィードボール。

黄砂と共に温い風がやって来た本日。
偏西風に乗って来たのか如何なのか、やって来ました此方は、
c0189724_2394812.jpg

空井戸サイクルオリジナルパーツ第二陣(byコニセイ)。



左は、見たまんま、チタン削り出しオリジナルシートクランプ、
「骰子 cycolo」
他に無い厳ついデザインながら、ギリギリまでシェイプアップされ、
c0189724_2315478.jpg

スチールフレームを邪魔しないスマートさ。穴から見えるフレームの色がエロい。
う~ん、ロビンマスクちっく。



じゃ、右は?
一発で分かった人は中々やりますな!
此方は、
c0189724_23203623.jpg

そう、チタン削り出しステムキャップ!
「渦巻 uzumaki」
渦巻き模様があの世へ誘う、彼岸にマッチした一品。
画鋲の様な形状に、ネジまで一体で削り出してあり、
まずは通常のトップキャップで締め付け&調整後、
代わりに取り付ける、飾りキャップなんで御座います。

アルミ製のクランクフィキシングボルトと同じ様な感じですね。
外周部にローレットを刻んで有りますので、以外にトルクも掛かるのです。



「何の為に?」
意味なんて無いかも知らんけど、強いて答えるなら、
「自分の為に。」

そう、こんなモンが気になっている、いやこんな駄文を読んでいる時点で、
意味なんて無い行為、全ては趣味だからの一言さな。



シートクランプはΦ30.0のみで¥6,000くらい、
キャップはOSのみで¥4,000くらい。
完全に無意味な程の超高精度で製作されています。

定番商品として作っている訳ではないので、とりあえず有るだけですが、
明日から発売です、宜しくお願いしまっす!
by kaleidocycle | 2009-03-17 23:45 | 商品

土壌。

やっと、
c0189724_23405283.jpg

帰って来たパーソナルコンピュータ。

帰って来たという事は、行っていた訳ですが、
何処にかと言うと、ズバリ修理、購入一ヶ月も経たず故障してしまい、
修理に出していたのです。



目で見えないモノは信じない主義の自分にとって、
パーソナルコンピュータとはエニグマとしか言い様が無く、
そんなエニグマを恐る恐る使っているある昼下がり、
突然、ヒューン・・・という音を残し、動かなくなってしまった恐怖と言ったらもう。

で、自分では如何しようも、ある訳も無いので、
とりあえずメーカーに送り返し、修理をして貰った今回。
そんな日本中何処でもありそうなお話し。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


空井戸サイクルの野望の大黒柱に、
「商品に占める国産率の上昇」と言うのが有ります。

昨年から引き続きの東京産リアルメッセンジャーバッグResistant、
同じく引き続きの国産サイク(リスト)ウェアCCP、
そして伏見製ニュースタンダードフレームEBS、
オリジナル削り出しパーツの製作in地元コニセイ、
一緒にやって行きたい変化球フレームビルダーRew10、
それ以外にもクランクのスギノ、ハンドルの日東、ペダルの三ヶ嶋等々。

日本語で文句を言って通じる人が、
大した苦労も無く文句を言いに行ける距離で作っている製品達。



国産だから高性能だ、とか、国産だから農薬が入っていない、
そんな阿呆な事は一切思いません。
寧ろ、人件費が安くは無いだけ、高価になる可能性さえあるという、
駄目な点もあるのです。

それでも、例えば手に入れた商品が、自分のパーソナルコンピュータの様に、
いきなりヒューンとなったなら、どうすれば良いのか?
意思疎通して解決する、という当然の始末の付け方が、どうにも当然でなくなっている。

だから、それを当然にしたいから、
そして、身の周りに居てくれる技術者が、技術で生活して行ける状態であって欲しいと思うから。



効率の良さとは、様々な形があり、
それは世界市場を上手く使い、安く多く簡単に手に入れる事もあれば、
自己完結に近付ける事で、フリクションを減らす事もあるし、
もっと他にも、時と場合と見方により、万華鏡の如く形を変えて行く。

例えるなら、勝つ事を考えるだけでなく、
勝つとはどういう事なのか?を考えてみるのも良いですなって事です。
説教臭くてスミマセンが、省略すると、まぁええモン見せまっせって事!
のほほほほほほほ。
by kaleidocycle | 2009-03-16 19:50 | 無駄

明日、あります。

明日15日は定休日にあたりますが、
臨時営業致します。

風呂屋で言うところの「明日、あります」です。
by kaleidocycle | 2009-03-14 18:53 | 臨時営業・休業

善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。

フと入ったスーパーで、ビールがとても安く売られていた時、
カゴを取りに行くのが面倒なので、抱えられるだけ抱え、
微妙なバランスで歩くその最中、均衡を破り重力に吸い込まれる缶一本。
それに端を発した重力反応は、雪崩式に勢いを増し、
懐の缶の殆どが床を跳ね回る結果となり、
自分の能力を超えて抱えていた事に気付かされる。

よくある光景です。
そして当たり前の現象です。



先日「また」身の回りで自転車が盗まれるという事件がありました。
許せん!ぬおぉぉぉぉぉ!と思うか、と言われれば、案外そうでもない。
何故なら盗まれる・盗むという事は日常茶飯事の事で、
悪い事ではあるけれど、存在しない訳の無い事なのだから。

盗まれる、と言う事は、盗まれる価値のあるモノを持っていると言う事。
色々な人が欲しいと念じる「重力」に反し、高く持ち上げ続ける「所有」の所作。
それが手から落ちる様に盗まれると言う事は、持っていたという事の証明でもある。



今回の盗難事件は、昼の最中、人通りの多い三条通りの、
更に!プライベートなガラス張りのビルの中で起こった。
「チョッと駅まで」そんな軽い盗みではなく、必死さを後に残す大胆な盗み。

手に入れるまで焦がれたその一台の、今は忘れた思いの丈を、
今また誰かが感じ、罪悪感と後ろめたさに苛まれながら無理矢理にでも手に入れた。
盗んだのは己の敵で、反対側に居る存在だとしか思えなくても、
実際には、己とシンクロしている部分を多く含むのかもしれない。

自転車もモノも人も、目の前から消えてから初めて存在の重みを増す、
と言うのは、何ともし難い永遠の化学反応なのでしょうね。



自転車屋の自分も、何台もある自転車達がその能力を発揮し切れない事に、
時々罪悪感を感じます。
高速道路でガス欠したオートバイを、路肩に散らばるガラス片見ながら押しながら、
自分のの能力を超えた存在を当たり前と軽んじていた事を恥じました。

それでも、そんな事を知りながらも、我を通したいのが「趣味」と言う奴で、
言わば趣味とは悪であると言えると思うのです。
そんな悪の行為、無理な所有を攻める「盗み」は若しかして・・・善なる行為なのか?



ってまぁそこまで行くと無茶苦茶な話になってしまいますが、
やっぱ盗まれるってのは、人気や羨望の裏返しですから、
チョッとした負の祭として遣り過ごすのが一番でしょうね。
 
もし手元に帰って来たら極上のカタルシスを味わうって事で。



そんなこんなで、皆様も街角で幸せの黄色いビートルを探す様に、
やや姿勢の変な自転車を探してみて下さい。
発見者には幸せと、不要なまでの熱い感謝を込めた抱擁が送られます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2009年3月9日(月)17時頃、チャリが盗難に遭いました。
些細な情報でも下記メアドにください。
info@trackheads.be
c0189724_14573738.jpg

盗難場所:勤務先の専用2Fエレベーターホール内(京都市中京区)
※外からは見えない場所ですので、とっさの盗難ではなく、計画的なものと思われます。
※出入りは誰でも出来ますが、勤務先専用のエレベーターホールですので、
  基本関係者以外は立ち入りがありません。
※他の従業員自転車(BMX、MTB、ママチャリ)も多数置いていますが、
  被害は1台のみでした。
※すぐそばにAEROSPOKEのフロントホイールを置いていましたが、手つかずでした。
※施錠は屋内で専用エレベーターホールですので、いつもしておりませんでした。

------------------------------------------------------

フレーム:PELOTON(プロトン)ラグ無しフレーム エンド110mm
      サイズ520mmくらい
傷:ほぼなし。綺麗なフレームです。新車同様です。
特徴1:シートポストが通常より立っている通称「藤野フレーム」というものです。
     かなり特徴があります。
特徴2:パーツがもう通常では出回らないものが多いです。リム、クランクが特にレアです。
ステッカー:シートポスト上部に「京都踏切倶楽部」。シートポスト下部に「白黒ゴリラ」。
トップチューブ、シート下に黒色「TRACKHEADS NIGHT」。ヘッドパーツ上部に「THOR」。
その他「PELOTON」ロゴがクリア塗装の下に数カ所あり。
「SHITAMORI」のロゴがチェーンステークリア塗装の下にあり。

フレームカラー:やや青みがかったシルバー
サドル:ロールス黄色
リム:カンパニョーロ アトランタ32H
ハブ:サンツアーシュパーブ 32H(エンド110mmに軸交換)
クランク:カンパニョーロ グランスポルト PCD144 170mm
チェーンリング:SUGINO スーパーマイティー 44T
コグ:SHIMANO デュラエース 16T
ステム:NITTO N65 クリスタル
シートポスト:ITM エアロシートポスト 27.2
ハンドル:写真と異なり、ママチャリ用の無名ハンドルを付けてました。
グリップ:odi 黒
バーエンド:MASH
ペダル:MKS RX-1 黒
トゥークリップ:SOMA
ストラップ:MKS スエード黒
BB:カンパニョーロ
タイヤ:ビットリア前青、後赤
by kaleidocycle | 2009-03-13 14:59 | 無駄

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧