井戸端監視カメラ



カテゴリ:駄情報( 516 )


実に暇。

c0189724_22584836.jpg
空井戸サイクル、実にです。

あまりに平和過ぎて、何も書く事がありません。

暇なので、本読んだり映画見たりしてますが、
自転車屋の兄ちゃんが何の本読んでようが、
大して面白い話にはなりそうもないので、
今日も、何もお伝えする事は無いのです・・・。

いや、一つありました!
「明日は休みです。」


俺も暇だ!と言うならば。
by kaleidocycle | 2011-01-24 23:00 | 駄情報

知らぬ間に間に。

先日、ツーリング車用ホイル(リムブレーキ用)の依頼を頂き、
「ハブは何使おうか」という話になりまして。

まぁデオーレで充分なんじゃないの?という所から始まって、
「いや!出先で何かあるの嫌なので、もっとハイグレードで!」となり、
シマノのカタログを捲っていると・・・ある事に気がつきました。

それは「ツーリングバイクに適したハブが結構少ない」と言う事。



ディスク全盛の今ですから、ディスク仕様の自転車ならハブ選び放題ですが、
非ディスクのリムブレーキ用となると、実は結構少ない。

デオーレの一つ上は今は「SLX」ですが、SLXはディスク用のみのラインナップで、
双子グレードの「T系LX」という非ディスクのラインナップも出たのですが、
未だ出回るほどでは無い状態で、これからに期待、の製品。

じゃぁ「XT」で行こう、となってもコレはコレで・・・。
現行「770XT」は、非常に良く出来た製品ですが、長期のツーリングに使うとなると、
今の所は設計上の爆弾を抱えており、あまり「お勧め!」という感じではない。

c0189724_20154694.jpg
「じゃぁ思い切ってXTR、行くか!」
とキヨブタ気分で大枚叩いてみる。
確かにXTRであれば、何の文句もある訳無い。

しかし!
現行の「980XTR」には、ディスク用ハブしかない。
そう、知らぬ間に非ディスク用XTRハブは消えていた。

つまり、究極のリムブレーキホイルを組もうとすると、
旧型の「970XTR」のハブを用意しなければならない。
でも、当然廃番になった製品なので、残り僅かな状態。
おぅ・・・なんてこった・・・。

勿論、ディスクブレーキ用ハブと、リムブレーキ用リムを組み合わせても良いのですが、
ディスクをつけるスペースの分だけ、フランジ幅が狭くなり、
ホイル剛性は僅かながらも下がるので、
荷物を満載するツーリングバイクの使用用途としては、あまり嬉しくない。

シマノ以外から選ぶとしても、シマノのコストパフォーマンスと信頼性に慣れ切った感覚には、
他社製品には、どれも何らかの欠点を見つけてしまう。

そう、時代は「リムブレーキでの酷使」という想定を置いてけぼりにし始めていたのです。



確かに「リムブレーキでの酷使」なんてのは、過激なツーリングくらいでしか想定しないでしょうし、
そもそもツーリングがどれだけメジャーな遊びかと言うと、
「ツーリング専用!」と言う感じのフレームが、パッと見渡して、
ロングホールトラッカーくらいしか見当たらない事からも、それほどメジャーでない事は明白です。

しかし、改めて上記の様に並べてみて、ハブ選択の狭さを感じると・・・寂しい。



まぁ、ツーリングバイクもディスクの時代、と言えばそれまでなのでしょうが、
今後は、T系LXのハブがどの様な製品なのか?をボチボチ触りながら検証して行くと共に、
それがツーリングでの使用において「定番」と呼べるモノである事を期待して行くしかありません。

心配性、且つツーリング野郎のアナタ。
非ディスク用ハブの最高峰「970XTR」は気付けば消えておりました。
今なら、全国の自転車屋の店頭に残っているでしょうから、
必要と感じるなら、今すぐ探しに出掛ける事をお勧めします。

因みに
by kaleidocycle | 2011-01-13 21:05 | 駄情報

山珈琲(Mountain-Drip) in 冬至翌日。

c0189724_16224083.jpg
明日に控えた山珈琲
(因みに、山珈琲と書いてMountain-Dripと読む。)


その山珈琲を目前にした、非常に良いタイミングで、
以前から構想を練っていた新製品の、
第一サンプルが届きました。

それはコードネーム「チャローダー」
日々巨大化するコゼバッグの愛犬チャロ號を、
エクストラサイクルに積むのに適した、
エクストラサクル用サイドキャリアがその正体。

c0189724_16231967.jpg

エクストラサイクルからは、
ワイドローダーという製品が出ております。

が、「ワイド」というだけあって、とてもワイドで、
日常つけて走行していると、縁石にブチ当てたり、
路駐の自転車引っ掛けそうになったりと、
狭い京都の道にはややオーバーサイズ。
だから、少し狭めのナローデザイン

c0189724_16572834.jpg
また、ワイドローダーは、
あくまで「バッグの補強」であって、
天板を持たない構造の為、チョッと上に物を置き難い
だもんで、チャローダーにはメッシュの天板を装備。

これで直接物を積む事が出来るだけでなく、
木箱なんかをネジで止めてやる事で、
子供さんを乗せる際の足を置きを簡単に設定可能。

せっかく子供を乗せたいのに、「足が届かないよ~」
となる悩みも、日曜大工で簡単に解決。

c0189724_1624678.jpg
そんなチャローダー
つけるとこんな感じに。

ハンドル幅よりも、
かなり広いワイドローダーに対し、
チャローダーは、
ハンドル幅より少し広い位。

明日の山珈琲の準備を積み込んでみました。跨って、右がチャローダー、左がワイドローダー
c0189724_16261384.jpgc0189724_16313741.jpg

後ろから見ると、然程差は無い様に見えますが・・・前から見ると、その差は歴然
この必要最低限のナロー感が、日常使用での使い勝手を大幅に増すのです。
(まぁ日常に必要かは別として・・・。)

と、この様に夢膨らむチャローダー、まだまだ試作です。
実際に製品化するには、まだまだ越えなければならない問題があり、
その問題の中には、試作を作る事で初めて気付く事も多いのですね。



そして、明日の山珈琲もまた、まだまだ本番ではなく、
あくまで「プレ」というか、「実験」なのであります。
「やったらオモロイ!」と思うのでやってみる訳ですが、
完全手探りなので、いまだに「何か足りてないのでは無いか・・・」と首を捻っています。

しかし!試行錯誤を重ねて行けば、必ず完成度は増し、
楽しい毎日や楽しいパーティーにつながるはずです!
その第一歩たる明日の「山珈琲」、ご都合合えば是非山向こうまでコーヒー飲みに来て下さい!


山珈琲 Moutain-Drip
12月23日(木曜祝日)  朝8時頃~正午12時頃まで
美山オオヤコーヒーさんの落とすコーヒーや、安モンの紅茶、軽食などの無料配布。
参加資格:文句を言わない広い心を持つ人
持ち物:出来ればマイコップ、無ければ別にOK

場所は以下。

持ち込みなども大いに歓迎です!

それではまた明日、山向こうで!
by kaleidocycle | 2010-12-22 17:36 | 駄情報

山珈琲(12月23日 木曜祝日)。

2週間前の金曜日、MTBでブッこけ強打した腿。
「3日で治る!」と自己洗脳してみたモノの、
3日で治らず、1週間で悪化し、10日で曲げ伸ばしが出来る様になり・・・。

そして2週間目の本日、めでたく「行けそう!」と相成り、 
まずは腿に負担の少ないロードでも行ってこましたろう、という事で。
c0189724_1925635.jpg


レッツゴー!マウンテン!
c0189724_1941225.jpg



この寒さなので、さずがに日陰は真っ白。

c0189724_1951521.jpg



短パン・Tシャツは見てるだけで寒い。


c0189724_196641.jpg

氷発見!
そうかぁ、もう路面も凍り始める季節か~。



足の具合はバッチリ。

まだ曲がり難い方向とかはあるものの、
自転車漕ぐ分には何の問題もナッシング。

c0189724_1964951.jpg
ただ、寒いは寒い。
だから、防寒の為、Buffを顔に巻く。
すると・・・誰やねん、という状態に。

確実にコンビニに入るには不向きな感じ。


2週間ぶりの自転車と言う事で、
予想通り体力は落ちており、
ヒーヒー言いながらの3時間程でしたが、
やはり寒かろうが何だろうが、
気持ち良いモノは気持ち良い!

皆様、コレからの季節は寒くて寒くて、外に出掛ける機会は減る事でしょう。
仕方ない事です。
しかし、乗るタイミングを逃し、間が空けば空くほど、
次に乗る時はシンドイ思いをせねばならなくなります。

「走りに行けば絶対に気持ち良い、でも気が乗らない。」
そんなアナタを、この寒空の下に引き摺り出したい!
という事で、お誘いです!


題して「山珈琲」
何だっつーと、山向こうで我々が暖か~いコーヒーを入れて、
そこを通られた皆さんに、無料で振舞おう、という至極単純な企画。

コーヒーは京都美山で焙煎される、クレイジーコーヒーファクトリー「オオヤコーヒー」の、
ボス自ら「外で飲んで最もウマいコーヒー」を現場で落としてくれます。
メニューは他にも、トン汁やミネストローネなんかも用意しようかと画策中。

峠を汗かき上って、下りで冷えた体にコーヒー染み渡らせるのも良いし、
「山に出掛ける理由」として、山向こうまでコーヒー飲みに来て頂くのも良し。

予定日は来週木曜の12月23日(祝)、時間は朝8時から昼の12時まで。
場所は京都北山エリアの自転車交差点 杉坂の路上(下の地図参照のこと)。



ショップイベントでは無いので、
ウチの店に来た事有るとか無いとか、そんな下らん事は無し。

通り掛かりでもOKなので、普段から乗りまくる人も、峠越えた事の無い人も、
ショップライドついでの人も、一人の人も。
せっかくやるからには、出来るだけ沢山の人に飲んで欲しいので、
是非、23日は走りに飛び出せ青春!

当時は私 空井戸サイクルと、コゼバッグと、オオヤコーヒーボスが、
お待ちしてます!
by kaleidocycle | 2010-12-17 21:06 | 駄情報

チェックチェックちょっきんな。

いや!遂に雪降りましたね!
チョコっとだけですが、確かに舞うのを見ました!

そんな昨今、如何お過ごしでしょう?
空井戸サイクル、相変わらず大した変化もありませんが、
世間では少しずつ、当然の様に動いておる様です。



まずは、明日から京都の街のど真ん中、
藤井大丸さん6階で行われる、10日間だけの自転車グッズ屋、
「バイシクルスタジアム2」

当然と言うか何と言うか、空井戸サイクルが出店している訳では有りませんが、
当店でも扱っている色々を初め、京都ではあまりお目に掛かる事の無い、
ちょっと珍しい物もチェックできる良い機会です。

開催期間は明日12/10~12/19まで。
街中に行かれた際、覘いてみて損は無いはず。
c0189724_1934753.jpg






次、東京は高円寺に新しい自転車屋がオープンしました。
というか、まだプレオープンで、正式なオープンは年明けの様ですが。

そんな店の名前は「Sunrise cycles」。
c0189724_19341637.jpg


販売・修理だけでなく、お店でフレームやパーツの製作もこなすとの事。
残念な事に京都ではなく、東京のお店なのですが、
東京近辺の方には、きっと今の自転車生活を、
更に美味しくしてくれるスパイスを用意してくれるはず。

HPに「ブログ」という箇所があるものの、クリック出来ない状態ですが、
こんな感じですので、チェックしてみてはどない?



そんな年明けオープンの店が回転し始めるであろう、
来年ゴールデンウィークが明けた週末の5月21日/22日、
日本初、シングルスピードMTBだけのレースが開催されます!
その名も「SingleSpeedJapanOpen」!
c0189724_19333758.jpg

当然ですが、変速機付きのMTBは出れない、
根性と足だけの「わんぱく相撲大会」的レースイベント。
正式エントリー自体が年明け2月からですが、
空井戸サイクル、早速仮エントリーしております。

妖怪人間べムの如く、闇に隠れて蠢くマイノリティーたるシングルスピードですが、
これを機に、世の中に四散するシングルスピーダーを確認してみるのも面白いですな。

会場はキャンプも出来る「相模湖ピクニックランド」という所だそうなので、
シングル持ってない人も、キャンプがてら覘いてもきっとホッコリ愉快なはず。
「参加すんぞ!」という方、来年現地でお会いしまっしょう!



そんなSSJOに自分が持ち込むのは、
勿論、空井戸オリジナルトレールバイク「メロウ」さん。
c0189724_19402375.jpg



遂に本日、残り生産分の4本が仕上がって参りました!
フレーム番号は、潔く「1,2,3,4」以上。

崖からズリ落ちる程楽しく走れる、究極のジャパニーズトレールバイク メロウさん。
完売してから「アレ、良かったよね~」なんて聞きたくないので、
気になって頂けている人は、質に入れられるモノは何でも入れて、
清水の舞台から飛び降りるつもり(キヨブタ)で!

ホンマに、とてつもなく良いですよ、此奴は。
by kaleidocycle | 2010-12-09 20:37 | 駄情報

Ragley Carnegie'sBerってどない?

日々酷使しているカメラの調子が悪化。
完全にダメになる前に、Newカメラを買いました。
カメラに対して求める事は「写る・防水・以上」という、熱い想いの欠片も無い人間です。

c0189724_16265022.jpg
で、まぁ何でも良いだろうと、
以前使っていた「オプティオW60」なるモノから、
手袋つけたままでも起動しやすそう」という理由で、
今回、「SONY TX5」なるモノに替えたのですが、
使い始めてすぐに驚愕。「・・・ま、まったく違う!」


起動・フォーカス共にストレスフリー。
今までは写せなかった暗い場所でも好き放題撮れる。
「あの苦労は何だったのだ・・」と頭抱える程に快適。

ただ、100点満点高性能!という訳でもなく、以前の方が優れていた点も、やはり有ったり。
今まで出来なかった事が出来る様になった反面、出来た事が出来なかったりで一喜一憂です。


そんな今日は此奴のインプレです。
Ragley Carnegie'sBer」(ラグリー カーネギーズバー)
チョッと変なハンドルですが、何が良くて何がマズいのか?
気になっている人への、何かの参考になればとカマす訳です。
c0189724_16302522.jpg

着けて握って、まず思うのは「結構幅広い」。
685mmと、チョッと広いめ位なのですが、
手前に25°もバックスイープしている為でしょうか、
数字よりも広く感じます。

広いめが好きな人はバッチリであり、
この広さこそが、このハンドルの美点なのですが、
「カットして狭めたろう!」と考えていると、
チョッと待った!がかかります。


というのも、グリップ・レバー類を着けるストレート部分の長さに然程余裕が無く、
またベント25°の為、ブレーキレバーを相対的に内側に放す方が自然な感じになる為。
個人的好みもありますが、切りしろは片方で1~2cmという所かもしれません。
c0189724_16415810.jpg
で、跨ってみると如何なのか?
まずベントバーと言う事もあり、
ハンドル位置は少し近く感じます。

一度前に出てから手前に戻って来る形状なので、
タイテックのJバー等とはまた違うのですが、
それでも、普通のライザーバーから替えると、
ステムを1~2cm伸ばした方が自然に感じるかも。

トップチューブ長めの自転車にはとてもグー。

そして「そりゃ!」と漕ぎ出したなら。
c0189724_16441458.jpg
。とにかく楽です。
平地で乗って楽、上りでグイグイ引いて楽、
とにかく、好きな人は好きな系統ですな。

そして柔らかい、無茶苦茶柔らかい。
リジッドや、ストローク短めフォークと合わせると、
地面を直接触っている様な愉快さ加減。

落ち葉の上を、グインと曲げる時も、
荷重掛け易く、ヒラヒラ行けっぜ。

反面、下りでグッと加重を掛けるシーンなどでは、ちと微妙

ベントが大きいので、ハンドルを左右共に斜めに押す形になり、
ドン!とハンドル突き上げられると、ベントの少ない普通のハンドルと比べ振られ易い
また、前述した柔らかさが、下りを飛ばすとなると「心許なさ」に変化。

幅広の割りに軽量で柔らかい造りという事で、ボカンとコケると、結構簡単に折れてしまうかもね。
まぁそう人には向かないって事だわさ。
c0189724_18175713.jpg
という訳でカーネギーズバー、纏めてしまうと、
・トレールでこそ気を吐く非レーシングハンドル。
・そして目を三角にして乗る人のモノでは無い。
・しかし、気に入ると目尻を垂らして乗ってしまう。
・マルチよりもシングルにより向く。

と言った感じでしょうか。

そこそこハードに乗りたい人は、カーボンではなく、
積極的にアルミを選ぶと良いと思います。
アルミの方が、上りで無理くり引いてもカッチリしてますし、
コケて折って悲しむ事も無かろうし、リーズナブルだしで。

そんなカーネギーズバー、人の好き好きですが、自分にとっては現在最好のハンドルです。
トロ~ンとトレールを楽しみたい人は、使って損は無い・・・かもね。

・Carnegie'sBerカーボン 1インチライズのみ
 黒・白・ロウ  ¥19,950(税込)
・Carnegie'sBerアルミ 1インチライズ・フラットの2パターン
 黒のみ     ¥7,350(税込)

by kaleidocycle | 2010-11-27 19:42 | 駄情報

まーくー。

c0189724_18371590.jpg
今朝はUNITさん主導のRidingUNITに寄生し、
市内に近いにも係わらず、
 週末でも人が居ない山で遊ぼう

というテーマをぶち立てて、
数名で走りに行ったので・す・が。

人生初「まーくー」との遭遇を経験しました。

まーくーって・・・?ですよ
テレビで見た、コンパクトサイズではなく、
ばっちフルサイズ。

世間で、クマクマ言ってるのは当然知っていましたが、
いや、まさか京都の、しかも住宅地の近くで見るとは・・・。

まーくー、来てます。
by kaleidocycle | 2010-11-06 18:57 | 駄情報

最近のエクストラ的何か。

c0189724_190662.jpg
自転車の枠を、見た目的にも、
法的にも超えたエクストラサイクル。

エンジンがついてないのに、
マフラーが生えたりしてます。


とても便利な存在なのですが、
使っている内に「もっと!もっと!」と、
更なる便利さを求めてしまうのは人の性。

c0189724_19033100.jpg愛犬チャロ号をエクストラサイクルに載せてる、
空井戸ビルジング3階、コゼバッグ。

しかし、愛犬は成長と共に、
サイドバッグに収まり切らなくなり、
今にもバッグがハチ切れそう。

で、ワイドローダーを取り付けたモノの、
隙間から落ちるというトラブルが発生した為、
対応策として、板をテキト~に張ってみた所、
案外コレで悪くなさそうです。
しかし、イマイチ納得行かないので、更なるチャロ専用ローダーを妄想中。

c0189724_1905138.jpgあと、先日紹介させて頂いた、
個人的評価でベストスコアを叩き出す雨具、
キャラダイス ダックスバックポンチョ」ですが、
これを被り、ラディッシュに乗ると・・・、
手も濡れない、膝も濡れない、殆ど濡れない!
(画像ではバックパックを背負っております。)

水溜りなんざ積極的に突っ込んで行ったるわい!

コイツァ自動車の次位に濡れない個人的移動道具です。
ロングテールバイクを、便利に使っている人は、
更なる便利さを求めるなら、やっぱりポンチョ!

と、そんなこんなで引き続き、便利生活を追い求めて邁進する所存であります。
便利万歳!
by kaleidocycle | 2010-11-02 19:49 | 駄情報

サイレヤ、サイリョウ、サイクリン。

c0189724_20411513.jpg
京都の北壁、花背峠を上ろうと、
鞍馬を通り掛かった所、巨大な松明が。

コ・コレは!
鞍馬の火祭ではないか!


鞍馬の火祭、明々後日22日(金)の、
夕方6時からスタートだそうな。

山奥なので、自動車が駄目なのは当然として、
叡山電車もバカ程混み合うので、ここは是非自転車を活用すべき所です!
臨時駐輪場が設営されるはずですので、行かれる方は明るいライトをつけてレッツゴー!
c0189724_20421551.jpg

そして。


空井戸サイクル、明日20日(水)は、
休業日です。
by kaleidocycle | 2010-10-19 23:33 | 駄情報

Surly Newトレイラー。

2011年シーズン、一気にモデルチェンジをして、
良いの悪いの喧々囂々な「Surly」

「旧モデルは無いのか!」というお問い合わせもボチボチ頂戴しておるのですが、
ニューモデルを見てきた所・・・悪く無かったです。
一つ押し出せば、一つ凹む、そんなバランスや方向性の問題であり、
アレはアレ、コレはコレっつってね。

まぁ大体、旧モデルが良い!と言う人は、もう手にしている事だろうし、
新しいSurlyを見て「ウェルカム!」な人は、きっと多く居られる事でしょう。
c0189724_2343847.jpg

と、そんな沢山あるNewSurlyの中でも、
一番の目玉は、奥に見える橙色の「トロル」!

ではなくして、手前の「トレイラー」ではないでしょうか。

自転車で荷物が運べる事、
その事の究極の姿はやはりトレイラー。

もはや自転車では無いのですが、
コレはコレ、やはり見応えのあるモノで御座います。
c0189724_2344885.jpg
コレは、トレイラー本体から伸びるアームと、
車両側に取り付けるアームとの接合部。

捻る力が常時掛かる所という事で、
ベアリングでは無く、ブラスのブッシュを採用。


見た目よりもずいぶんスムースに動き、
コーナリング時、二輪トレーラー故に生まれる、
車体とトレーラーとの挙動のズレを、
此処がいなす訳ですな。

c0189724_23444912.jpg
此方は、車体との接合部。

この爪が、車体に取り付けられたマウントを、
グイっと掴み、そしてテーパー先のボルトで、
押さえ込む、と。

ボルトが折れそう!なんて心配にもなりますが、
このボルトには、然程力が掛かる訳では無く、
あくまで位置決めというか、ガタを防いで、
固定する為のモノなので、その点はOKそう。
c0189724_2345963.jpg
取り付けると、こんな感じ。

エンド幅の差や、エンド部材の厚みに応じて、
取り付け幅が調整可能なので、
取り付けられる車種の幅は相当広いです。

また、マウントの取り付けはご覧の通り、
クイックシャフトを、マウントに交換するだけ。

因みに、このフレーム(トロル)の、
エンド上部の大きな穴は、トレーラ専用マウント。
で、トレーラに興味のある人は、少し考えれば分かると思うのですが、
車体が傾く、コーナーを曲がる、そんな動きで生じるトレーラーとの差は、
上記のブッシュで消せるとして。
c0189724_23453321.jpg

路面の凹凸から来る、上下の動きは、
この爪の部分が滑るだけなのか?と言う疑問。
その答えは「マウントにベアリング有り」。

そう、爪で掴むのはベアリング。
此処が、路面の凹凸をいなすのですね~。


マウントの適当な一輪トレーラーを引いて、ダートに突っ込んだ結果、
トレーラーが吹っ飛んで行った、という悲しい過去を持つ自分には、
こういったマウントのギミックはとても好感持てます。
c0189724_23455747.jpg

あと、カタログの画像で見た時には、
フェンダーだと思っていたのが、
アルミパイプのガードだったり。


c0189724_23461454.jpg
ハブも、妙に良い感じのモノだったりと、
まぁ値段だけの事はありますなぁ、と。



因みに、トレーラ付きで輪行を試みる際、
自転車をバラして、トレーラーに乗せ、
上からカバーを掛けるってのは・・・有りなのかしらん?

女の子が街中で持ってるゴロゴロのデカイ版、
とか、そんな言い訳・・・無理か。
c0189724_23463922.jpg
気になる本体の大きさ・積載容量としては、
中途半端な中年を一人運ぶ位は楽勝です。

一人掛けのソファーを置いて、
人力車ごっこなんてのも行けそうですし、
ゴミ捨て場で見つけた箪笥や水屋を、
回収する手立てとしても有効。

更に、今回のコレは「ショート」で、
荷台が倍の長さの「ロング」もあると。
サニトラみたい。

外で音だそう!と言う時に生まれる、「スピーカをどうやって運ぶか?」
なんて問題にも、ヘタな自動車以上に、イージーな回答を示してくれます。

発作的に、「ロング!ロング!」と、ロングを注文して来ましたが、
実際にデリバリーされるのは、来年春予定との事。

冬の間、何を運ぼうか?何を運べるか?何をすれば愉快な気分になれるか?
妄想に耽ろうと思います。
by kaleidocycle | 2010-10-16 21:35 | 駄情報


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧