井戸端監視カメラ



カテゴリ:駄情報( 523 )


引っ越し。

今年始めて蚊に喰われました。毎年そうですが一発目は強烈に痒いですね。
c0189724_2150794.jpg



とかそんなのはどうでも良い事ですが、「今年初」という所にピンと来ました。
本日を持って此方のブログの更新は終了し新HPの方へ移行致します。

此方の旧ブログはワタクシの記憶を支える資料でもありますので、
「旧いから消す」とかそういう事は暫くありませんが、
これからは以下URLの新HPにて引き続きお付き合い頂けます様お願い申し上げます。

https://kaleidocycle.shopinfo.jp/


「見辛い」とか「アレが足りない」とかあれば教えて下さいませ。
ワケわからんなりにより良くして行きますので。
by kaleidocycle | 2018-05-14 21:59 | 駄情報

シューレス・プライスレス。

雨の週末となった本日、皆様如何お過ごしでしょう?

ワタクシはシートポストが固着したMTBからポストを引っこ抜くべく、
半日ほどアアでもないコウでもないと奮闘しておりました。
c0189724_15472129.jpg



そんなアアでもコウでも作戦でで無事に抜けた今回のポストは「ドロッパー」
ドロッパーって一度装着したら滅多に動かしませんから固着リスクは増しますし、
固着したらしたで引っこ抜く作業が無闇にやっかいなので、
今日のように雨で暇な日には抜けるかの確認、及びグリス塗布作業をお勧め致します。


以上!
以上やないわえ、何か箱届いたど。
中身は何かな〜と開けてみると靴。
Quocのニューシューズ「Gran-tourer」のサンプルでした。
c0189724_15474595.jpg




全面防水にしてハイグリップソールを備えた、
道と環境を選ばぬ2ホールビンディングシューズ、という事だそうです。
c0189724_1548071.jpg




ロード然としたスマートなデザインのアッパーと、
ラフロードでも安心のハイグリップソールの組み合わせってのは、
求められるニーズだけを抽出して現代技術で固めるという、
「クーペ風ボディデザインのSUV」と同じ流れなのかもしれませんね。
c0189724_15482312.jpg




格好いい、こりゃ確かに格好いいです。
¥29,000という安くは無いけど戦略的な価格も手伝い、
Quocの製品としては最大のヒット作になる匂いがプンプンします。
c0189724_15484279.jpg




最小37.5(UK3.5)からラインナップするとか、
こんなピンク色を作ってしまうとかで女子もロックオン。
が、実際にピンクに引っ掛かるのはオッサン、とかあるんでしょうな。
c0189724_15485748.jpg




もし「現物見たい!」という方居られましたならご連絡下さい。
特に連絡無い限り、明日の昼過ぎには返送してまいます。

ただ、次の週末には恐らくWhooさんに回って行くと思いますので、
SUVチックなクオック・グランツアラーをご覧になりたい場合は是非チェックを。


因みに弊店では最強の防水シューズ「裸足」を¥0にて販売しております。
c0189724_15491991.jpg


嘘、裸足でビンディング踏むと怪我するのでダメ、絶対。
とか言いながら実際に踏んでみると通勤くらいは意外と行けそうで怖い。
by kaleidocycle | 2018-05-13 16:47 | 駄情報

鹿追いマシーン。

春の山と言えば「鹿の角拾い」
だいたいGW辺りから見つける機会が増えるのですが、
嘗てコゼバッグが吐いた「鹿にカレンダーは無い」という名言の通り、
見つかる時は見つかるし、見つからん時は見つからないというシンプルなルール。
c0189724_2012459.jpg


あった!
と思ったら木、こんなんばっかでじぇんじぇん見つからんです。

コゼバッグ曰く、鹿の角を拾うコツは「ゆっくり走る事」。
しかしこっちは濡れた路面で滑らぬ様に、且つ路面を傷めぬ様にと、
走る事に気を取られている訳で、これでは見つかるモノも見つかるまいて。
c0189724_20122870.jpg



で、そんな散策ライドの相棒は弊店オリジナル26+車両「カルトスター」
この弊店が好む「26+」という規格はつい最近始まった様に感じていますが、
本日お客様からの問い合わせに回答すべく過去ログを漁っていると、
4年前の丁度今頃、26+の初っ端であるDirtwizard26x2.75が発売されており、
改めて数えてみれば26+誕生から結構な時間が経っておりました。


その4年間の間に色々な事がありました・・・って思い出そうにも何も思い出せん。
オッサンになると時間の流れが加速してビュンビュン後に飛んで行きます。

本日お預かりした此方のPugは、確か5年前に納めさせて頂いたかと思うのですが、
その5年間の間に何があったのか?どうやら何も無かった、という位に当時のまま。
c0189724_20124722.jpg



「Surly NeckRomancer-Pugsley」です。
雪の積もる地域にお住まいのオーナーさんが冬の遊びにと購入されましたが、
他に乗る自転車あるし仕事も多忙を極めるしで殆ど乗る機会も無く今日に至る。
これでは勿体無過ぎるから手放そうか、と御相談頂いた今回。

基本的にはメーカー完成車のままですが、新車時に塗装を行っており、
御覧の通り見た事がありそうで無い、そんなSurlyらしいスモークグリーンに。
c0189724_2013997.jpg




傷らしい傷も無く、強いて言えばエンドダボにキャリアを取り付けた痕がある位で、
ズッと室内保管だった為、全体見ても細かく見ても非常に綺麗です。
c0189724_20132682.jpg



サイズはMサイズ(18インチ)で、部品構成は99%完成車のまま。
そんなネックロマンサーパグ、オーナーさんの希望価格は「¥10万」
c0189724_20134373.jpg



新型パグスレーも出ましたが「エンドはシンプルな方が良い」というミニマリストな方、
鹿の角探しの相棒として、ファットバイクの始祖・パグスレーは如何でしょう?

車両は弊店にてお預かりしておりますので、いつでも現車確認可能です。
気に入って頂けたならオーナーさんを御紹介致しますので是非に。

とは言え明日は定休日ゆえ店は閉っておりますので御注意あれ。
by kaleidocycle | 2018-05-09 21:08 | 駄情報

オカシ。

少し前にハンドルをSimworks/Fun3Barに交換した我がモンキーですが、
2週間後の今、その手元に生えているのはFun3では無く。
c0189724_1953227.jpg



スーパーワイドなスチールハンドル「Surly/CheaterBar」
いや、Fun3はFun3で快適コンフォートな良いハンドルなのですが、
780mm幅の鉄ハンドルを捻り上げる感覚を想像し出すと、
「また今度」という日まで待ち切れなくなってしもうたのです。
c0189724_1955241.jpg



愚かな、実に愚かな話です。

でもやっぱ良いんですよ、すんごく良い。
これだけ幅があると抑え利くのは当然として、フンと引けばギュンと撓るその感覚、
アルミともカーボンとも違う「鉄らしさ」が溢れ出してていとおかし。


で、着けたは良いけどすぐ外したFun3はどうするか?
幸いワタクシは自転車屋、使う機会は幾らでもありますから、
他の車両の気分転換にと再び日の目を見るまでハンドル置き場に収納。

といった事は人生の中で何度も何度も繰り返されております。
でもワタクシは好きでやってるから良いとして、お客さんがこの様なパターン、
「ハンドル交換したは良いけどまたすぐ別のハンドルに目移りする」
てな事態に好まず陥る(好むなら良いとして)とするならそれは残念な事です。

なので「ハンドル替えたいけど失敗したくない」という場合は、
眠っているハンドルをお貸し出し致します、というのが本日の御案内。
c0189724_1955546.jpg



マルチポジションっぽさを加えた少しワイドなクルーザーバー、
というかジャンル分けの難しい今回のSimworks/Fun3は勿論の事。


弊店では定番と化しているSurly/Openbar-Flatなども是非一度お試し頂きたい。
c0189724_1956928.jpg



ベンド角の大きな鉄ハンドル、という共通点はありますが、
其々全く違った魅力を持つハンドルでして、その違いは使ってみねば伝わりますまい。

お貸し出しの期間とかは別に設けておりませんし、
御自身で交換作業をされるならレンタル代など頂きません。
盛大にスッコロンでブチ折っても弁償しろなどと言いません、
興味がある方は寝たハンドルを叩き起こして試してみて下さいませ~。
by kaleidocycle | 2018-05-08 20:41 | 駄情報

見切り発車。

ダ〜バ〜ダ〜、ダバダバダ、ダバダバダ。
c0189724_2294394.jpg


と、激しく雨降る本日GW明けの月曜日。
連休明けですから荷物が届く予定などある訳もなく、
お預かりしている修理作業はやれる所までやってしもたしで。


落ちてくる雨粒でも数えて暇をつぶすか・・・。
じゃなしに数えるなら雨粒やなくて在庫の数
c0189724_2212660.jpg




GW期間中に完成&発売した今年分のデカマーキャップも、
メールで御注文頂き返信し発送し返信し発送しを繰り返して、
結果的に今いくつ残っているのか分かった様な分からん様なでええ加減。


作りかけたまま遅々として完成しない新HPへの引っ越しが済めば、
こういった在庫残数を自分もお客様も常に把握出来る・・・はず。

実際の所がどうなのか?やってみん事には分からんですし、
完成完成っつっても何処まで行ったら完成かも分からんので、
雨の勢いに任せてバチバチキーボード叩き、見切り発車で本日発進!
c0189724_22122484.jpg




弊店が溜め込んだ「誰が買うねん」的在庫品や、オリジナル製品などなど、
秘宝を並べた通販コーナーも作りましたが、使い方はイマイチわかってませんで、
ご迷惑おかけする事必至、なのでお詫びの先回りで特価品も御用意しとります。

という事で、1ヶ月以上前から存在するけど誰も知らなかった、
そんな作りかけの新HPをもし宜しければ覗いてやって下さいまし〜。
by kaleidocycle | 2018-05-07 23:55 | 駄情報

ガバメンツ。

GWの途切れ目に注文していた部品が届きました。
大きな箱の中に中くらいの箱、そしてその中くらいの箱の中に・・・ネジ2本。
c0189724_19393776.jpg


ガバガバです、コレほどまでのガバガバ感は見た事がありません。
何だかご飯を残して無駄にした時の様な罪悪感が身を包みますね。


まぁそんでこういったガバガバは訳有っての事ですから仕方ありませんが、
お客様からよく相談頂くガバガバ関係の代表格が、
「ペットボトル用のボトルケージ」という奴。
c0189724_19395556.jpg



ペットボトルは形状が様々な為、全てに対応させるのは難しく、
各メーカーがあの手この手でペットボトル対応ケージを出して来ますが、
どれも決め手に欠ける上、そもそも普通のボトルも使いたいしで、
強くお勧めしたくなる製品というのは今のところ御座いませんです。


かく言うワタクシも朝チョロっと走りに行く時は自販機で缶コーヒーを買います。
で、その缶をResistanrのクージーに入れてケージに挿すと、
揺れず落ちず良い塩梅にホールドしてくれるのですが。
c0189724_19401486.jpg



昨日画期的な新発見をしたですよ!

Resistantのクージーには側面に「乾杯〜」と出来る持ち手があるのですが、
この持ち手をですね、Salsaのサイドエントリーケージ(¥1,500)の、
フック部分に通しまして、そのままグリンと回し込みます。
c0189724_19403229.jpg




文字で説明しようとすると意味不明な感じになりますが、
写真で見るとこういう事、伝わりますでしょうか?
c0189724_19404599.jpg




この状態でペットボトルを挿すと、かなり強くホールドされますので、
ダートを走ろうがドロップ飛ぼうがボトルがスッ飛ぶ事もありません。
c0189724_1941210.jpg



加えて、クージー自体はケージに固定されていますので、
ペットボトルを抜く時にクージーごと抜ける事も無いですし、
反対に挿す時にクージーがクシャっとなって挿せないという事も無い。
c0189724_19412145.jpg



当然、クージーをクルッと回して外せば普通のボトルも使えますし、
この組み合わせはペットボトルと普通のボトルを混ぜて使う人には、
モノスッゴク良い組み合わせないのではないかと思う訳ですよ!


で、本来なら此処で「此方のクージーのお値段は」と案内すべきですが、
Resisntantのクージー・・・在庫ありません。

早々にResistantさんにお願いして作って貰おうと思いますが、
まずはResistantクージーをお持ちの貴方!
是非Salsaのサイドエントリーケージと組み合わせてみて下さい。


そんな在庫品の有る無しをHPで確認頂ける様に、
というか自分も把握しやすい様に新HPを作成していますが、
なにせ初めての事なので遅々として進みませんです。

昨日紹介したデカマーキャップ2018も初回分の黒が本日一日で完売し、
明日に第二便が届く予定ですが、恐らく数日で消化される事かと。

新HPが完成するまでは地味に此方で報告して行きますので、
今しばらくローテクにお付き合い頂けます様お願い申し上げます。
by kaleidocycle | 2018-05-03 20:42 | 駄情報

記憶の底からサルベージ。

ワタクシにとって最大の娯楽対象は「文庫本」なので御座いますが、
新刊情報とかをチェックするとかいうマメな事は一切致しません。
本屋で棚を順に見て行き、興味の惹かれるモノに出逢う瞬間の喜び、
この無駄とも思える時間・行動が非常〜に楽しいのです。

で、今朝も仕事前に本屋に立ち寄りチョロチョロと順に見ていると・・・。
c0189724_20385637.jpg



は、馳星周のパーフェクトワールドが書籍化されとるやないかっ!

遡る事十数年前、週刊プレイボーイで連載されていたノワール小説ですが、
沖縄返還前夜を舞台に独立運動を展開する革命家と、
それにチャチャ入れる公安警察官(メチャメチャ悪い奴)を軸とした、
センシティブ&過激な内容が影響したのか何なのか突如連載終了し、
その後書籍化される事も無く闇に葬られていた曰く付きの作品。

いや、ただ単に人気が無かっただけなのかもしれませんが、
個人的には馳星周作品の中で一番「凄い!」と思った作品なので、
もう一度読む機会に恵まれるとは・・・感涙咽び泣きです。

古謝先生ーっ! みたいな?



まぁそんな事もありますので、連載モノとは一期一会である事が多く、
ましてやフリーペーパーともなると「今読まねば」、
同じ文字を目で追う事は二度と叶いません。
c0189724_20391741.jpg




大阪発自転車フリーペーパー「cycle」誌、最新号が昨日届いております。
フリーとは言え中身はライターさんが一文入魂で書いたモノですから、
もしかするとアナタの記憶に10年20年と残る何かが見つかるかもしれませんよ。

さぁ!レッツピックアップ!
by kaleidocycle | 2018-04-23 21:07 | 駄情報

虫歯戦隊ウズクンジャー。

c0189724_18440450.jpg


「衝撃は突然に」というかなんと言うか・・・、
おやしらずが疼き出しました。


おやしらずが斜めに生えて、
一つ手前の奥歯を押しているのですが、
その辺りが徐々に徐々に痛い様な~、
痒い様な~でジクジクと。


毎日歯磨きは欠かして無いんですけどねぇ、
磨き方が適切では無いのかもしれません。



さてさて、先日「放置すると虫食いになるぞ!」という事で虫歯に例えたハブですが、
交換用の玉押し(¥202)が届いたので修理作業を進めて参りましょう。
c0189724_18441832.jpg


ハブ側の椀は玉押しよりもかなり強く作られていますので、
虫食い早期であれば玉押し&玉の交換でリカバー出来る事も。
ただ、交換しようにも補修部品が無い事にはどないもなりません。

今回修繕したフロントハブは少し懐かしの510デオーレですが、
この玉押しは在庫限りで終了との事でしたので滑り込みセーフ、てな塩梅。



フロントハブは無事復活したので準備は全て整った!って何が?
このホイルはロングテール化を行うベース車両のホイルでして、
ロングテール化のついでに各部を小奇麗にしてしまおう、という計画なのです。

ロングテール化する為のキット「Leap」はディスクブレーキ専用設計、
なので後輪はディスクブレーキ用のホイルを用意せねばならんです。
c0189724_18442856.jpg


そこで選んだハブは「回るシーラカンス」の異名をもつFH-M525。
センターロック全盛の今でも作り続けられている定番6穴ローター用ハブです。
c0189724_18443391.jpg

そんな6穴ハブを敢えて今選ぶ理由とは?

ロングセラーであれば補修部品の供給も、
比較的長く続くかなぁ、と期待して事。


先の事気にしても仕方ないんですけどね、
選べるなら願掛け程度に、という感じで。


c0189724_18443928.jpg

リアホイルをパパパッと組んだなら、
ロングテール化の肝というか脳というかな、
XtracycleのLeapを引っ張り出しましょう。

リープ自体も結構デカいですが、
フレームと合体させると作業場を埋めてしまい、
身動きが取れなくなるので、段取りが大事です。


c0189724_18444817.jpg
旧作であるフリーラディカルキット(FRK)と比べ、
持って重く値段も高くなったリープですが、
ホイル径の選択肢が広がった事や、
何よりBB後にブリッジ部材を持たない、
「ブリッジレス」でも装着可能になった点は高評価。

またFRKは8インチローター専用でしたが、
リープは7インチでも使えるようになったというのも、
地味ながらありがたい進化ですね。


ロングテール化の準備が全て整ったならば、
怪魚を釣り上げた開高健の如くリープをフンッ!と担ぎ上げ。
c0189724_18445997.jpg




ガチャガチャやって自立する様になった所で日が暮れ始めたので、続きはまた明日。
by kaleidocycle | 2018-03-23 20:05 | 駄情報

Hub a nice day。

自動車やオートバイにはある「車検」という制度。

車検が楽しみで楽しみで仕方ない!という奇特な人は別として、
基本的に車検手続きは邪魔臭いモノでありますから、
車検が無い事を自転車の美点に挙げる人も居られる事でしょう。


しかし車検が無い事で、自己管理の重要度は増しますが故、
少なくとも年に一度、確認頂く事をお勧めしたいのが「ハブ」

シマノに代表されるカップ&コーン式の場合は、
内部に浸水するとあっと言う間に錆が回り、
玉押し&玉の表面が傷んで虫食い状態になります。
c0189724_20320910.jpg












定期的にバラして確認すればこの様な事態は防げますし、
仮に虫食い状態になったとしても早期の内に対処すれば、
ハブボディが傷む前にリカバー出来る可能性も高い。

が、ハブボディまで傷んでしまうと・・・ハブ交換、
それ即ちホイル組み替えとなりますので出費も嵩む訳です。

シールカートリッジベアリングタイプのハブでもそれはそれで、
内部に入った水が排出されずに溜まり、
フリーボディのベアリングがゴリゴリに、というのもよくある話。



自転車は機械の塊ですから他にもやらねばならん事は沢山あります。
しかし定期的手入れの恩恵が一番高いのはきっとハブですから、
「邪魔臭せぇ!」という所をグッと呑み込んでハブのご機嫌伺いをしてみて下さい。
c0189724_20334687.jpg












邪魔臭いっちゃぁ邪魔臭いですが、やれば自分が得する作業ですし、
「多分・・・大丈夫?」という曖昧な不安が一掃された後の気分は良いモノですよ。

ええ、勿論ワタクシも己が車両は全て定期的に・・・え~・・・やってません。
虫歯と歯磨きの関係性に似てますね、痛くならなきゃ動き出さない的な。
うん明日やろう、でも明日はお客さんの奴やらなアカンから、
とか言ってる奴のハブは虫に喰われるのです。

by kaleidocycle | 2018-03-21 21:36 | 駄情報

賞味期限。

ぷるるるる・・・ぷるるるるる・・・ガチャッ。
はい、こちら二輪総合お悩み相談室。どうされましたか?

数年前に買った電動アシスト車のですねぇ、タイヤサイズがチョッと変みたいで、
「こんなモンは無いです」と近所の自転車屋で言われましてどうしたモンかと。

c0189724_1759184.jpg

無い?無いってこたぁ無いでしょう、
選択肢が少ないとかならアレですが。

どれどれ・・・24インチの・・・2.35。
ツーフォー?

26インチよりもコンパクトな24インチを!という選択が支持された時期がありまして、
特に2.4幅、2.75幅、3.0幅といった極太系の、今で言うプラス規格みたいな感じでした。
c0189724_17594425.jpg

でも「でした」って位ですから、
今現在となると・・・確かに珍しい。

え~、店の倉庫に~、あったあった!
アローレーシングの24タイヤ!
って最早化石状態。

2.35のランチはまだしも、2.75のプライムバイトは劣化劣化で完全にゴミ。
まぁ何れにしろこんな劣化したモノを提供する訳には行きませんので、
24インチと言えば!な村系24トレイルショップJBPを頼る事にしましょう。


そんなこんなで倉庫を漁っていると、記憶の底に沈んでいたこんなのも発掘。
c0189724_1801964.jpgc0189724_1804268.jpg



強さと軽さを兼ね備えたリムブレーキ用リムのマスターピース「Mavic/X517」
しかも当時でさえ滅多にお目に掛かる事が無かったシトロンカラー!

いつか使おういつか使おうと後生大事に仕舞いこんでいた新品ですが、
組み合わせるべきリムブレーキの26インチMTBという存在自体がほぼ消滅。
c0189724_181423.jpg

フレームは作ろうと思えば好きな様に作れます。

リムは作る事こそ簡単ではありませんが、
今あるモノは10年後も20年後も使えますし、
Velocityみたいな会社がある限り、
大体どんなサイズ・仕様でも入手可能。


しかし小ロットで生産する事が難しく、
時間と共に劣化していくタイヤは大変。

タイヤサイズの規格が爆発的に増えた此処10年ですから、
この先10年後に何が残って何が消えるか?五里霧中です。

「タイヤを劣化させずに保存出来るタイヤシェルター」
そんな冗談みたいな商品があれば買ってしまいそうですね、ホント。

腹壊しても泣かない人に。
by kaleidocycle | 2018-03-12 20:25 | 駄情報


空井戸サイクル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧