井戸端監視カメラ



カテゴリ:無駄( 543 )


四十路のタンゴ。

昨日は数年ぶりに丹後半島北端の経ヶ岬に行ってきました。

新しい方のHPのトップ画像が正にこの経ヶ岬なのですが、
パチパチとキーボード叩いてる内に無性に行きとうなったのです。
c0189724_2083163.jpg




息子を保育園に送り届けてから迎えに行くまでの6時間で、ですから、
自転車は勿論、輪行でも全然間に合わないのでモーターサイクルを使用。
それでも止まる間も殆ど無く現地滞在時間約15分とかそんなで。

遠いようで近く、近いようで遠い丹後。
ノンビリと時間をかけ自転車で回る丹後は勿論最高ですが、
駆け足モード&横目でチラリと見るだけでも、やはり丹後は最高です。

次にユックリ来れるのは息子達が小学校に上がって自分で活動し始めてと、
まぁ・・・ワタクシが50歳になる頃にでもなりましょうかね?
うむ、50歳が待ち遠しい。
by kaleidocycle | 2018-05-11 20:44 | 無駄

ゴールデンウィークエンド。

c0189724_2024429.jpg

「ゴールデンウィークなど関係ない」
と言うのは単なる親の都合でありまして、
子供は全力で暇を持て余していたGW。

完全放置ってのは流石にね、という事で、
昨日は生駒山上遊園地に行って参りましたが、
普段は閑散としているローカル遊園地も、
GWとなれば様相一変、ライトクラスの阿鼻叫喚。


しかしGW最終日である本日ともなれば、
流石に世の中全体お疲れモードの様で、
朝の京都御苑は人出も疎らな平常運転。

「あ〜・・・癒やされるわ〜」

GWが混み合うのは今も昔も変わらぬ常識ですが、
「GWが楽しみ」よりも「GWが終わってホッとしている」という、
自分の様な軟弱者が日本の経済停滞を招いているのかもしれません。

申し訳ない、実に申し訳ない事です。
そしてGWを乗り切った皆様、お疲れ様でした。
by kaleidocycle | 2018-05-06 21:12 | 無駄

カランデミータ。

コレが噂のカラミータ!はじめて現物を目の当たりにしました。
c0189724_2312792.jpg



c0189724_232153.jpg

超ハイコスパなクロモリバイクとして、
その名を轟かすカラミータ。

しかし購入されたオーナーさん曰く、
「何だかシックリ来なくてあまり乗らない」


フレームを見るととてもキッチリ作られており、
これで完成車¥10万とは「恐るべし」ですが、
他の部分に目をやると・・・チと皺寄せが。

ブレーキレバーを握ると何か変、何が変?
正面から見ると完全左右対称です。
左右レバーを共用する為の作戦なのでしょうが、
コレはそりゃぁ・・・使い易くは無かろうなぁ。

ヨシガイ製のダブルレバーは見目美しく、パワーラチェットの音も指先に心地いい。
けど、フリクションレバーで9速を管理し切るってのは少々ハードル高め。
c0189724_232446.jpg






こういったハンドル周りの取っ付き難さが、オーナーさんの乗らん原因っぽい。
ならば・・・ジャンク箱をガサガサ漁って掘り出したオールランダーバーと、
懐かし系のZOOMクロモリステムをセットしてポジションをお気楽化。
c0189724_233757.jpg



シフターも何とかしたいよね、と探すと丁度良さげな、
シマノのインデックスレバーとディズナのコラムマウントのセットが。
コレで手元にシフターを持って来れば更に気軽な一台になりましょうぞ。

しかし残念ながら手元にあるのはノーマルステム用のΦ22.2mmクランプ版で、
アヘッドのカラミータさんに装着する事は叶いません。


ま、ダブルレバー位置のままで良いか。インデックスになっただけ上等でしょう。
ただなぁ・・・何か・・・ん〜・・・。



あ。

こんなんどないだ?
c0189724_2341485.jpg



ノーマルコラムの根っこはΦ22.2mm、フラットバーの握り部もΦ22.2mm、
同じ22.2mmならハンドルにつけても良いんじゃなかろうか?とセット。
c0189724_2343813.jpg


見た目に違和感ありありですが、操作してみると案外いけそうです。
リアは普通のサムシフター的な動きで、フロントは・・・よいしょって。
Sramのディアルドライブシフター退化版、みたいな感じでバカバカしい。

c0189724_2345778.jpg

「こうしたい!」
そういう方向性が見えているなら、
適切な部品を選ぶべきですが。

「現状が気に入らない」
というだけならこういった余っている部品で、
コストを掛けずに取り敢えず変えてみて、
現状打破から始めるというのもアリかと。


じゃぁその余った部品は何処から来るのか?

今回外した完全対称ブレーキレバーとかが、
ジャンク箱に放り込まれ次のオーナーを待つ。
輪廻輪廻なのです。
by kaleidocycle | 2018-04-18 23:59 | 無駄

非売品。

エイプリルフールという事で、ひとつ小粋な嘘でもついてこましたろう、
そんな風に考えていましたが、特に上手い嘘も思い浮かばぬまま、
次から次へとお客さんの自転車を洗っていた今日一日。

洗車は基本的に修理のオマケ、工賃を頂く「仕事」ではありませんが、
修理作業もどうせ仕上げるなら綺麗な方が良いに決まってますし、
「いつ洗うか?修理ついでの今でしょ!」的な感じでジャブジャブジャブ。


そんな非売品と言える洗車作業も対価を生まないかと言えばそうでもなく、
やる事やってりゃ対価はついて参るモノでして、本日の収穫は・・・大量。
c0189724_2042136.jpg

何故か頂くモノは食い物ばかり、中でも本日は果物ばかりです。
自分では気付いていなくとも、果物が欲しそうな顔をしていたのでしょうか?

サービスに対しモノを頂くという原始的なビジネススタイル、悪くないですね。
by kaleidocycle | 2018-04-01 20:33 | 無駄

似非プロ。

c0189724_19525861.jpg

ベストシーズン、正に今。
そんなデータを脳に受信し走りに出た今朝ですが、
楽しいはずのライドが今ひとつパリッとせんです。


路面はスーパードライ、小虫など一匹も居ない、
そして空は青く晴れ渡りと、考え得る最高の環境。

なのに何故・・・と考えるまでもなくもダンパーが変。

c0189724_1953232.jpg

こんな気色悪い状態は我慢ならん、
という事で店に持って来て即解体。

カートリッジ式のダンパーには、
「開けるなよ、絶対開けるなよ!」
的な事が英語で書かれていますが、
ダチョウ倶楽部的解釈に従い開ける。


c0189724_19531364.jpg
分解すれば修理&解決出来るのか?
それはやってみないと分かりません。

何せそもそもが非分解対象ですから、
オイル量やレベルのデータなんか無いですし。

でもダンパーASSYで買い換え!となると、
鼻血出そうな金額するのでそれは除外。

出来る・出来ないじゃないのです、
やるっきゃナイト、なのです。


昨日、飛び込みのお客様からヘッド&フォークの入れ替え作業をご依頼頂きまして、
それではそれではと作業をさせて頂いている中で、
「さすがプロは早いですね」と有難〜いお言葉を頂いたのですが・・・プロ?

プロって何でしょう?プロ・・プロかぁ・・・。
少なくともワタクシはカーボンコラムを切る時に心の余裕など欠片もなく、
ビビリまくりながら毎回切っております。失敗したら取り返しつかんですからね。

しかし「プロ」となると顔色一つ変えず100回やったら100回同じ様に仕上げる、
勝手にもつそんなイメージを持っていますんで、そういった観点で言うならは、
ワタクシは素人以上プロ以下の便利屋といった辺りが精々で御座いましょう。

「さすが便利屋は早くて安いね」 うん、コレが良いです。
by kaleidocycle | 2018-03-27 22:39 | 無駄

北極星。

長男を保育園に投下した後の僅かな時間に滑り込むが如く。
c0189724_17335949.jpg













小一時間ならぬ小二時間の「自分だけの時間」へレッツラゴー。
少しヒンヤリとしますが、裏毛ジャージ一枚くらいで丁度良い感じ。


遠くへ行く、速く行く、そんな目的があるなら話は別として、
一人の時間に浸るだけが目的なら車両の別など問わんです。
c0189724_17361529.jpg













そんな時に光る「気軽さ」というシングルスピードの魅力。
何処をどんな風に走るか?なんて考える事無く、
ただユラユラとペダルに任せて走るのみ。


降り続いた雨により生まれた水溜りに突っ込んで行こうとも、
後々のケアを心配するほど部品ついていないですし。
c0189724_17353896.jpg













帰ったら水抜き位はした方が良いんでしょうけどね、
傷んで困る様な小難しい部品は使って無いのでまぁ良いか、と横着。


時に手段であり、時に目的である「自転車に乗る」という行為。
その両方を行ったり来たりしているのはきっと自分だけでは無いはず。
「アレが良いコレは嫌だ、コウしたいけどソレは違う」
そんな諸々を全てすっ飛ばし、あるがまま漕ぐだけのシングルスピードは、
常に変わらずそこに在り、乗るたびに魅了してくれるのです。
c0189724_17341309.jpg













水野晴郎風に言うならば、
「シングルスピードって、ほんっとに良いですね、それではまた」


by kaleidocycle | 2018-03-22 20:23 | 無駄

BIB。

ワタクシが某店バイトだった20年近く前に納めさせて頂いた(と思うけど記憶は曖昧)、
前後ローラーブレーキという渋いにも程があるアラヤのクロスバイク。

こんなに長く乗り続ける事になるとは、恐らくオーナー自身も想像せなんだと思いますが、
尻に敷かれ続けたレパーの革サドルもまた、こんなに長く酷使されるとは思わなんだはず。
c0189724_20075201.jpg












「味がある」などという表現ではまったく収まらない、ぼんち揚げの如き表面。
特別大事にされるでも無く、さりとて乗らずに放置されるでも無く、
ただ只管に実用品として使われ続けて来たボロさが妙に美しい。


美魔女的な美感とは違う、言わばババァの美
うむ、良い、ババァイズビューティー。略してBIB。意味不明。

by kaleidocycle | 2018-03-19 20:29 | 無駄

いつか来た道。

c0189724_2038767.jpg

満1歳になり人間っぽさが出て来た次男。
現在、電車や車といった乗り物に夢中です。

そうそう、父さんも乗り物好きなんだよ。
君の兄さんも好きだったよ、今は恐竜だけど。


と語りかけながら背負子で散歩に出て、
嵐電を眺めている内になんとなく乗車。

c0189724_20382814.jpg
便利さで言えばバスと同程度で、
電車という枠で括るにはやや心許ない嵐電。

しかし何処まで乗っても¥220。
車窓をボケ~っと眺めるエンターテイメント、
その対価としては充分以上の価値があり。


未だ花の咲かぬ桜の通りぬけも、
来週辺りには満開にな・・・るかな?

c0189724_20384385.jpg
3年前には乳児だった長男と一緒に乗り、
意味無く歩いた嵐電沿線界隈。
今は次男を連れてやはり当て所無く。

電車にも右京区にも積極的興味は無いけれど、
乗ったりウロウロしたりしている内に、
だんだん好きになって来る不思議。

子供が自分で遊ぶようになったら、
電車とはオサラバして自転車だぜ!
というのが楽しみな様な寂しい様な。
by kaleidocycle | 2018-03-14 21:13 | 無駄

活法。

c0189724_18212969.jpg
後ろから車に突っ込まれたという事で、
修理に持ち込まれた車両のホイル。

ガク、ガクガクガクッ。

打ち所が悪かったのかフリーの具合が変。
ハブはシマノ製ですのでフリーは非分解、
しかしフリーボディは¥1,617とリーズナブル、
なので、交換してしまえば良いだけの話。

フリーがガクガクになっているのは、フリーに大きな力が掛かった為でしょう。
という事はフリーボディを固定している特殊ボルト(¥202)も交換した方がよさげ。

両者を足しまして¥1,617+¥202=¥1,819が部品代となる訳ですが、
あと¥60追加すればシールまで込みのフリーボディASSY(¥1,879)が買えます。

c0189724_18222768.jpg
「ま、それ位の差額ならASSYで」
と、此処までは平穏な流れ。

しかし玉押しの虫食いをみつけるに、
無視(ダジャレ)する事も出来ずで。

右玉押し¥481、左玉押し¥671、
そして球¥240で〆て¥1,392

c0189724_18233077.jpg
これだけ替えればもう問題無かろう。
ええ、問題なんぞありません。

でもですねぇ、シャフトにシールに、
ロックナットまでがセットになった、
シャフトASSYというのがありまして。

差額¥49の¥1,441なんですよね。



そう、補修部品というのは単位が細かくなればなるほど割高なのです。
c0189724_18234913.jpg
となると・・・ハブ丸ごとは?
今回のハブはT670LXでして、
そもそものハブ価格が¥3,373。

フリーASSYとシャフトASSYの、
合計金額は・・・¥3,320。
なんと¥53しか差が無い!

ハブ丸ごと買って部品取りにするか?それとも最低限の部品でしのぐか?
本来此処でウ~ンと悩む所ですが、欠品や廃盤で入手出来ない部品があった為、
悩む事無く新品ハブ手配し、罰当たりにも箱を開けて即バラす。c0189724_1824399.jpg

バラす・・・バラす・・・ってバラせん!

そりゃそうですね。
ハブボディを万力でチャックして、
無理矢理外せば外れるでしょうが、
基本的にホイルが組まれた状態で無いと、
フリーボディ固定ボルトは外せません。

c0189724_18241937.jpg

新品ハブを部品取りにするだけでも罰当りなのに、
ハブボディを万力でチャックして傷だらけにする、
そんな事が人間に出来得ましょうか?(反語)


という事で転がっている適当なリムと、
転がっている適当なスポークで、
ホイルになる前の幼生みたいなのを組み、
エイヤ!とフリーボディを外す。

c0189724_1825058.jpg
そんなこんなを経て、
ホイルは無事復活致した今回ですが。

虫食いを無視してフリーのみ交換し、
¥1,617で済ますという手もありました。
逆にリムもスポークも新品にし、
追加約七千円で新品ホイルという手も。

c0189724_18252726.jpg
しかし納期・効率・リスクを秤にかけた結果、
一番の近道はコレだ、と判断した訳ですね。


さて・・・残ったこのハブボディは・・・、
捨てるのも勿体無いし、さりとて、ですし。

大将、ボクら結婚します。
彼女の身の上に同情したとか違うんです、
はじめて見た瞬間・・・家族や思たんです。



ホンマかいな、おめでとうおめでとう。
いや、めでたいわ此方も肩から荷が下りるわで最高やね。
末永くお幸せに~。

と、良いご縁が纏まった所で本日は此処まで。明日は定休日です。
c0189724_2063654.jpg
ハ・・・ハブ子~ッ!オマエが欲しいんや~っ!
by kaleidocycle | 2018-03-09 20:16 | 無駄

豚もおだてりゃ嵐を駆ける。

いつもお世話になっている遠方のお客様から、また一台御用命頂きました。
で、その方が輪行で帰ろうとするので「チョッと待った!」と五本指掲げます。

遠方から御用命頂くという事はアフターフォローが確実に疎かになります、
それ即ち損をさせている、という事ですよね?御愛顧頂いてる方を。
c0189724_2147011.jpg

それいかん、だちかん、という事で、
納品兼出張メンテという名目の元、
高速道路をブッ飛ばして来た昨日。

タイミング悪いにも程がある悪天候で、
110km/h試験区間も80km/h制限。

山間部は霧に次ぐ霧で前方車両のテールランプさえ全く見えんです。
それでも運転するのが好きなので、ただ走っているだけで楽しいという不思議。


まぁそんな訳で出先で車両を少し触らせて頂いたのですが、
「何かチョッとおかしい、という時のそのチョッとを直すのは自転車屋」
なんて自転車屋冥利に尽きる事を言うてくれはる訳ですよ。
c0189724_21471226.jpg

大安売りやトレンドや専門知識やと、
極端に偏りがちなサービスですが、
自転車屋の基本は便利屋で御座いましょう。

自分でやるよりも安く早く確実ってなモンで。

そして「アラ、良くなった」と言って貰える、
それが何より嬉しいのが自転車屋の性です。


ならばいっそ出張修理専門にでもなれば良いのでしょうが・・・、
使い慣れた道具と使い慣れた場所でやる作業の方がやっぱシックリ来ますね。
by kaleidocycle | 2018-03-06 22:31 | 無駄

カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧