井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 875 )


雨を迎えてのホンニャラカンニャラ。

c0189724_2011631.jpg

「足元ちべたい~!」
と、濡れた路面を走るのは、雨が降った訳では無く。

鞍馬の火祭が明けた朝、火を残らず消すべく、
消防ホースで路上が水浸しにされていたから。

しかし、本日は本当に雨が降ってしまい、
週明けからも天気は不安定なままな上、気温まで下がるそうな。
そんな日に向けたナニを幾つかご紹介。
c0189724_20112995.jpg
まずはCCPの新商品。

・CCP HT-V013  ¥5,250

まぁ見た目は普通の、
至って普通のサイクルグキャップ。

なのですが・・・。
c0189724_20115144.jpg
御覧の通り、撥水なのです!


帽子と言うのは、体の一番上である頭に被るので、
雨が降ると、当然濡れます。
しかし、頭は濡れると、非常に気持ちが悪い。

だから、頭を濡らさないとなると・・・、
良くないですか?

c0189724_20121747.jpg
あと、此方も少し前に入荷していたのですが、
これを機にご紹介させて頂きます。

昨年製作されたウールキャップがベースなのですが、
ジャイアントカプリコみたいに上が広がっていたのを、
膨らみを抑えた、すっきりデザインへとチェンジ。

・CCP HT-V012  ¥6,300(税込)
c0189724_20123990.jpg
後ろ周りのスピンドル等は変わり無いのですが、
被った時の形・雰囲気は随分地味になりました。

キャスケットでも無く、ドゴールでも無く、
それでいてサイクリングキャップっぽくも無く。
好きな人は好きなタイプの此奴。

チャコールの二色展開ですが、
チャコールはもう完売してしましたとさ。
そして!空井戸サイクルが雨の日にお勧めするモノと言えば、コレをおいて他に無いでしょう!c0189724_20131653.jpg

・キャラダイス ダックスバックポンチョ
 ¥15,750(税込)

究極の自転車用雨具とは、実に此奴の事。
ホントに、全てに無駄が無く、調和しているのです。
大まかな云々は、過去にも紹介致しましたので、
「ダックスバックポンチョ」の文字をクリック。

ゴアテックスとかも、それはそれで良いと思います。
しかし・・・この一枚は別次元なんですわ。

珍しい、と言うまでの事は全く無いのですが、
結構入って来ない時間が長く、欲しい時に無いなんて事屡なこの製品。
しかし、現在は見事在庫御座います!

雨の日も普通に移動したい人の、強力な味方となってくれますよ。
by kaleidocycle | 2010-10-24 23:59 | 商品

例えばこんなエクストラ 2。

坂の無い盆地の街、京都。
自転車で端から端まで行けるコンパクトな街、京都。
オートバイでもすぐに駐禁切られる街、京都。

そんな京都の実情に非常にフィットした乗り物、ロングテールバイク。
日々ぼちぼちと増殖しております。
c0189724_17163574.jpg
先日取り付けさせて頂いた、
Toeiのデモンタブルツーリングバイク。

ロングテールとデモンタという、
一見ミスマッチにも見えるこの組み合わせ。

しかし、フレーム分割して、バッグに仕舞うと・・・、
普通の輪行サイズと同じか、よりコンパクトな位!
更にスタンドで自立するし、このまま転がせるしで、
普通の自転車よりも輪行し易そうだぜ・・・。

世にロングテール多々あれど、輪行出来るロングテールってなぁ、
中々に珍しいのではないでしょうか。

c0189724_17165811.jpg
とまぁ、そんなのもあり、
人其々を反映するロングテールバイク。

今日の材料は此方。
一昔前のイカしたフィッシャー。

カッコウ良いなぁ、
このままで充分良い一台だ~。

c0189724_17172720.jpg
それをゴニョゴニョゴニョっと小一時間。

で、伸びた!完成~!
ではなくして、此処からが始まり。

何せ、性能の良し悪しではなく、
使い勝手の良し悪しを問うモノであり、
その点において、今までのスポーツ車とは、
大きく異なる訳ですから。

「ロングテールか~、ちょっと興味あるなぁ~、年末くらいに考えても良いかなあ~」
そんな風にお考えの方、居られましたなら、重大な事をお伝えせねばなりません。

ロングテール化をする、フリーラディカルKIT。
在庫、残すところ一つです! → 完売致しました!
c0189724_17174750.jpg


と、言いますのも、エクストラサイクルは、
このフリーラディカルキットをはじめ、
完成車のラディッシュも、
モデルチェンジを控えておりましてですね。


それらの入荷予定時期が、今の所・・・、
来年2月頃となっており、それまでラス1な訳です。

新型ラディッシュは、価格が現行の¥165,900から¥132,300へと、
¥3万以上安くなり、また跨ぎ易い様セミスタッガートになり、とても魅力的。

しかし、現行ラディッシュの先進的なフレームも捨て難い・・・。
でも、価格差を考えると二の足踏んでしまう。
そんな方は、一言ご相談頂ければ、良しなに、良しなにさせて頂けますので、
「年内に乗りたい!」という方は、早めにご相談頂けな・・・知りまへんで~。
by kaleidocycle | 2010-10-22 18:16 | 商品

革nari/furi。

c0189724_182041.jpg

今年の夏は暑かった・・・。
実に暑かった。


しかし、そんな夏もすっかり終わり、
曇る日はさすがに肌寒く感じる、
そんな秋になりましたな。

これからドンドン涼しくなり、やがて寒くなるのでしょう。
そんな秋冬に向けたアイテムが、Nari/furiからぼちぼち届いております。
c0189724_1822540.jpg
まずは、此方のレザーグローブ。
・NF-199 ウィンターグローブ 
 ¥9,240(税込)
 

グローブ自体は比較的薄手な上、
指の股部分にストレッチ素材を使う事で、
自転車用手袋としての握り易さも好印象。

表はレザー貼りで、冷たい風を止め、
手首の部分までギャザが覆うので、
これからの時期へ向けた防寒性も装備。
c0189724_1823924.jpg
また、手のひら面は縫い目を無くし、
解れを防ぐなど、耐久性も考慮される等、
実用性と洒落た感じを兼ね備える、
かなりレベルの高いグローブですが、
価格は¥1万以下とかなり頑張ってます。

ただ残念な事に、サイズは1サイズ
なので、サイズの合わない人はパスですね。
因みに、通常Lサイズ程度の自分が嵌めて、
こんな感じになりますので、
Lサイズ相当と言えるかもしれません。
c0189724_1831024.jpg
もう一丁レザー物。
・NF-169 インシュレーテッドベスト
 ¥30,450(税込)



自転車用なのにスポーツ過ぎない、
革を当てがった中綿ベスト。
ボタンが愛らしゅうございますな。

c0189724_1832465.jpg
フロントポケットの他に、
サイドエントリーのポケットが、
前後に振り分けられており、
チョッとした「着るバッグ」的な感じも。

一般的には丈の短めな、
ベストというジャンルにあって、
腰の隠れる丈のこのベストは、
アウターの上に重ね着するのにも、
都合よろしいかと思いますえ。
c0189724_1834699.jpg
最後に、最早ナリフリの顔になった感のある、
・NF-094 プルブレーカー
 ¥23,100(税込)


ハの字のジッパは伊達じゃない。
いや、伊達か?いやいや、伊達だけじゃない。

特に、アゴヒゲを生やしてる人なら、
「ジッパにヒゲ噛み込んで痛てい!」
という事を防げる、そんな事を想像するだけで、
ピンと来ますわな。

c0189724_1835970.jpg
走りながら、暑くなって来たら、
ジッパ片方開いて風を入れるとか。

ラーメン喰う時に、左右共に開いて、
汁を垂らして汚さない様、内に巻き込むとか。

実利面でも有能なこのデザイン。
袖口の指貫や、フードのスピンドルなど、
自転車に有効な様、練り込まれた姿だからこそ、
定番として続いているのだと思います。

c0189724_1841272.jpg
まぁそんなプルブレーカ。
展示している内に、汚れてしまったモノもあり・・・。

ハンガーラックの錆がつき、
ご覧の様に、汚れてしまいました。


だもんで、このプルブレーカ、水玉x白のLが1点のみを、
定価¥24,150を35%Offの¥15,700
で、ご案内致します!

こんなのを始め、昨年モデルを中心に、
少量ではありますが、明日から秋冬物セールを開始致しますので、
引き続き宜しくお願い致します!
by kaleidocycle | 2010-10-21 20:12 | 商品

2011年 SalsaとSurly。

c0189724_1752899.jpg
「なんじゃ、このハブは~!」

と、声に出さずとも、心の中で叫ぶ、
そんなイカツいデザインのハブ。

ハブの真ん中が盛り上がった、
この特徴的なデザインは・・・、
懐かしのGTモホークの再来か!
c0189724_1744917.jpg
ところがどっこい。
このハブは、トラストの新製品。
トラストって・・・あのトラストです。

どのトラスト?
タービンとか、車高調とかの、あのトラスト。
自動車業界からの異業種参入でございますな。
クランクデザインもかなり飛ばしてます。

ロゴがGTっぽいのはご愛嬌。
チェンシンのロゴにもみ見えたり見えなんだり。
c0189724_1761423.jpg
まぁそんなこんなで、2011年、
当然の様に、色々変化が御座いますが。
噂のSalsa版パグスレー、
Mukluk マクラク」こんな感じになりました。

パグとの大きな違いは、アルミフレームである事、
そしてエンド幅が脅威の170mmエンド!である事。

通常の135mmハブを取り付けられる、
専用のスペーサも付属するそうなので、
170mmにびびる事なかれ。

c0189724_1763540.jpg
Salsaにおける「A定食」的立ち居地、
そんなキャセロールのブレーキが、
カンチにモデルチェンジ。

たかがブレーキ、されどブレーキ、
ブレーキの変更というよりも、
同じ名前の違う自転車ですね。
タイヤクリアランスも増した様に見えます。

と、そんな内容よりも、とにかく色が良いですね~。
(と褒めてみた所で、当店では取り扱いありませんが・・・)

c0189724_177860.jpg
29erハードテール、エルマリアッチも、
フルモデルチェンジで、
素材がスチールからアルミになり、
偏芯BB&ストドロエンドから、
ノーマルBB&スインガーエンドに変更と、
最早、全く違うモデルになりました。

正統派29erです。
しかし、旧モデルの完成度が高かった事もあり、
旧モデルを欲する人は・・・多いだろうなぁ、なんて。
c0189724_1772422.jpg
そんなエルマリアッチ、
アルミだけでなく、今回はチタンモデルも。
チタンモデルは、通常のストドロエンドで、
シングル化は出来ない、普通~の29erです。

「でもチタンって、お高いんでしょう?」
いえいえ奥様、今回此方の一本は、
なんと¥239,400と、とてもお買い得!

どこがお買い得やねん!という話ですが、
でも、製作がリンスキーだと聞くと・・・買い得かな、と。
c0189724_178868.jpg
ブランド変わって、我等のSurly

各車種フレーム形状が変化している中、
変わっていないSteamRollerが逆に新鮮。

しかも、完成車は遂にドロップハンドルから、
Surly OpenBerに!
やっとか、やっと己の立ち居地を理解したか!
と、そんなスッキリ感があるのは自分だけでしょうか。

ん~、良い。
c0189724_1782678.jpg
此方は完全ブランニューモデルのToroll
普通~のMTBです。
普通に太いタイヤ(2.7幅)が履け、
普通にシングルにもマルチにも出来、
普通に前後キャリアが付けられ、
普通に(?)トレーラーが引ける。
フォーク肩下が旧モデルの413mmから、
一気に453mmへとドカンと伸びているので、
29erも楽勝。(リアはギリギリやけど・・)

新たに生まれたゴッタ煮自転車の鏡ですな。

と、そんなこんなで未来へ伸びて行き、
ビッグダミー完成車も、空手モンキー完成車も、随分と価格が下がり有り難い。

しかし、先を見る人が居れば、反対に振り向く人も居る訳で、
ニューモデルを見れば見るほど、「旧い方が欲しい・・・」と、
そんな風に思ってしまう、後ろ向きな人も居られる事でしょう。
その証拠に、ニューモデルではなく、旧モデルの問い合わせが結構あるのが変な感じです。

そんな人の為、よその店で在庫を見つけてきました。
c0189724_17155385.jpgc0189724_17161536.jpg

←旧1x1 
 18インチ黒 

廃番
インスティゲータ→


勝手に、よそ様の名前出すのもアレなんで、
もし必要な方居られましたら、ご紹介致しますわさ。
c0189724_17162996.jpg

そして当 空井戸サイクルにも、
パーツ構成は据え置きで、
価格が¥159,600から¥172,200へと、
ゴリっと上がり、
そして、黒と明るい青の二色展開となるLHTを。

トラッカチーノクリームの52と、
ユーティリティーブルーの50
其々一台ずつ在庫しております。

愛らしい色に後ろ髪をひかれ、¥2万の差がデカイと感じる、
そんなアナタ、決断の時はすぐそこまで迫っているのかもしれませんな、むっふっふっふっ。
by kaleidocycle | 2010-10-18 20:41 | 商品

Dustee Martines。

c0189724_15512513.jpg
雲一つ無い、秋晴れの本日。

塚本岳御大のDusteeより、
Revolverに続く第二弾がドロップ!
Dustee Martines
 ¥90,000(税込)



御覧の通りの、
フルリジッドシングルMTBでござい。

色は黒・白、そしてこのCP、
サイズがS・M・Lの展開で、
此方はCPのLサイズ。

ホリゾンタル的バランスが、
逆に新鮮でイカしますな。

c0189724_15521968.jpg
このマルチネスの大きな特徴として、
エンドが、タブ付きトラックエンドなので、
シングルもマルチも可能、という点がある。

のですが!
フレームだけでなく、ホイルもマルチ用ハブに、
シングルスペーサーを入れてシングル化している為、
比較的簡単にマルチ化する事も可能。


c0189724_15524182.jpg
完成状態ではAvidのBB5ディスクですが、
フレーム&フォーク共に、カンチ台座もあるので、
ご希望次第でカンチやVブレーキにする事も可能。

で、その台座をよく見ると・・・何かじゃないですか?
そう、台座の位置が26インチではない

この台座位置は、700cに対応させた位置なのですね。
だもんで、ホイル700cにして、ドロップハンドルにして、
シクロクロス風、なんても出来てしまったり。

c0189724_1552065.jpg
カンパタイプのインテグラルヘッドの、
ツルンとした顔に、メッキがかかって、
空が綺麗に周りが映りこんでおりますな。


同時に、覗き込む自分の顔も映ります。
そう、このマルチネスは、乗る人・使う人、
その人自身の希望を写し取る、そんな一台なのです。

c0189724_15531768.jpg
という訳で、入って来たばかりのマルチネス、
早速、自分勝手に小変更です。

デフォルトでついて来るステムは、
60mmと、このサイズにしては非常に短く、
遊び易く、気軽に乗れる事を目指している様ですが、
そこは自転車屋なので、もっと快適に乗れる様、
ステムを伸ばしてみました。



Lサイズで、シート20インチと結構デカいのですが、
トップ長は600mmと、それほど長い訳でも無いので、
このサイズ、このステムで、身長177cmの自分が快適に乗れる感じです。

チョッとオールドスクールな匂いがするのに、
新しくもあり、奥深くもある。
何処かで見かけたら、呼んであげて下さい。
マ~ルチャ~ン!
by kaleidocycle | 2010-10-07 17:44 | 商品

EBS ニードルフォーク プロト。

c0189724_18174694.jpg
「クロスバイク」という言葉の枠から、
大きく逸脱した趣味性と、切れ味鋭過ぎる乗り味で、
一部の好事家から熱い視線を浴びている(事を願う)、
そんなEBS ニードル

日常を支えてくれる、我が愛車で御座います。

1インチアヘッドコラムと、先曲げベントが、
地面を舐める様にトレースしますが、
より良いバランスを探るべく、
試作された新フォークのテストモデルを本日装着。
c0189724_18554247.jpgじゃん!
こんな感じ。

完全に間違い探し状態ですが、まず一つ目の違いが、
「オフセット追加10mm」

コレは乗り味をよりマイルドに演出する為で、
路面からの衝撃をより積極的に捕えると共に、
ハンドリングを安定志向に振るという訳ですね。

ただ、オフセット40mmから50mmへの大胆な変更は、
ややもすればダルなハンドリングを呼ぶ事になるかも・・・。

等と、期待半分不安半分でスイっと漕ぎ出すと・・・むむむぅぅ!良いじゃないか!
グンと安定感が増して、ニードルのピリピリした感じが大分薄らいだぞ。
自転車を深く曲げて行くと、底の方で少し逃げて行く感じはあるモノの、
かなり乗り易い乗り物になった事は確か。

荒れた場所を、わざとドカドカ行っても、やはり乗り味はマイルドに。
こっちが正解だったか・・・しかし、元々の切れ味も捨てがたい・・・ん~。
2ストの単車なんかでもそうだけど、初期型はやんちゃで、
後はどんどんマイルドに、ってのは何だかねぇ、寂しいなぁ、などと。

どっちだろうかね?それとも中間の45mmなのかね?
その辺は、今後トレール・ロング・街乗りと乗り込んで考えて、
最終的にはEBS小林氏に決めて貰うって事で。


あと、もう一点の変更箇所は、
c0189724_18555557.jpgc0189724_1856931.jpg

 ←使用前




 使用後→


フォーク上のクリアランスを少し増しました。
ホンの少しの違いですが、コレで何が変わるかってーと、
ズバリ、29x1.85のタイヤが履けるようになる!と言う事。

29x1.85とか、700x45cのタイヤって、今殆ど出ていなくて、
そもそも選択肢としてあるのか?と言えば微妙な所だけど、
せっかくサイドクリアランスはある訳だから、
此処はね、履ける可能性を持って置かせた方がベターじゃないですか。

ブロックの45c履かせて、モンスタークロス気取るなんて・・・ウフウフ。
こうなってくると、時代の仇花と消えた、パナレーサーのファイヤクロス45cが恋しい。
ファイヤクロス、帰って来~い!


と、そんなこんななフォークの試作品。
こういった小変更が利く小回りの良さ、それが国産のアドバンテージ。
日々進化していくEBS、京都の片隅でボチボチやっております。
by kaleidocycle | 2010-10-04 20:17 | 商品

CCP サイクルキャップ チェックバージョン。

c0189724_20524737.jpg
朝。
スズメバチが、地面で元気にFuck中。


「おぉ、おぉ、お盛んで。」と、見ていたので・す・が。

ハチって・・・交尾とかせんはずなので、
コレは若しかして、殺し合いだったのかもしれません。

恐ろしや、恐ろしや・・・。

c0189724_2053812.jpg
そんな、ハチの話はいいとして。

今日の入荷は、皆大好きCCPのリバーシブルキャップ。
今回はチェック柄&オリーブだ!
価格はいつも通りの¥5,250(税込)

ツバが独立していない、CCP独自のサイクルキャップ。
その構造のお陰で、リバーシブルで使えたり、
ポケットに突っ込み易かったりと、
最早CCPの看板商品と化しつつありますな。
c0189724_20534952.jpg
で、そんなキャップ、今回は2色展開でございまして、
表は共にオリーブグリーンなのですが、
裏向けると、御覧の通りパターン違いのチェック柄。

同じ様で違う。
どちらでも良い様で、どちらでも良く無い。

でも、どっちも良かったり。

c0189724_2054470.jpg
今回のこのキャップの配色、とても好みです。

そんな可愛い商品達。
自分の好みだけで選んでいる積りは無いのですが、
改めて店の中を見回すと、セピア調と言いますか、
くすんだ色ばかりと言いますか、地味色と言いますか、
何の事無い、完全に自分の好みやないかい、と。

公私混同はイカン、イカン、と思いつつも・・・。
ついつい、汚れ色に惹かれてしまうのです。

あ!あとスンマセン!
2,3日前にご紹介したベストですが、段取りが空回りしてしまい、
既に生産が完了してしまいました!

で、昨日入荷したのですが、早くもオリーブのM一枚残すのみとなってしまい、
なんとか追加を掻き集めておりますが、微妙です。
ご希望のサイズ、ご希望の色が用意出来るとは限りませんが、
興味を持って頂けている方は是非チェック&ご相談下さい。
by kaleidocycle | 2010-10-01 23:59 | 商品

秋冬の本命ベスト、予約受付中。

c0189724_17594620.jpg
馬鹿が格好つけて黄昏ております。

見ているだけで恥ずかしくて、
ついつい目を逸らしてしまいますね。


しかし、そこを我慢して、着ているモノにご注目あれ。

此奴の着ているベスト
コレが今年の秋冬ウェアの中で、
最も重要になる(かもしれない)一点なのです。

皆さん、ベスト持ってますか?
持っていればOK、ベストの利便性をよくご存知の事でしょう。
しかしながら、もし「ベストなんて・・考えた事も無い」なんて言うなら、
今一度、ベストの素晴らしさを再考頂くべきです。

人は、腕や足なんてのはそれなりに冷えても我慢できますが、
寒さ対策の勘所である「身」はそうは行きません。
言い換えれば、身が保温できたなら、他は何とかなる、とも言えたりして、
その点を考えると、ベストは非常に有難い。
c0189724_180650.jpg
また、今の時期の様に、
朝晩は少し肌寒いけど、
「寒い!」とまでは言わない、
そんな時期から使えて。

「あぁ、クソ寒くなって来たなぁ。
 でも自転車漕ぐと、10分後には暑くなるなぁ。」
なんて時期に、フリースやスウェットと重ねれば、
バッチリ問題無く対応出来たりと。

気候の守備範囲が実に広い

c0189724_1802186.jpg
そんな、ただでさえ便利なベストなのに、
このベストはフルジップ&フーディーなので、
暑ければ胸元を開放し空気を入れ、
寒ければフードを被り、熱を閉じ込める、
と、気温の調整もし易く。

自転車用なので、着丈が長く取られており、
背中やお腹が出てしまう事も無く。

裏はメッシュで張り付かず。

更には防水で、予期せぬ雨も突き抜けられる。
c0189724_1804730.jpg
収納は、左右のポケットに加え、
右バックに一つと、左胸に一つあり、
街着としてだけでなく、走る事が目的でも、
バッチリ対応可能。


パッカブルではないモノの、
そもそもベストなので、クルクル畳めば、
意外なまでの小ささで、
ジャージのバックポケットにも詰め込めるかも。

c0189724_181095.jpg
こんなに便利そうなベストなのに、
シャリ感のある生地で、
地味ながら何気に洒落た感じという、
ありそうで無かったハイレベルな組み合わせ。

そんなコイツは、CCPから10月にリリースされる予定の、
VT-V002と言うのが商品名。
色は御覧のグレーとカーキの二色展開。

気になる価格は¥21,000(税込)。
内容・対費用効果を考えると、確実にありな一枚。

勿論、自分用は注文しましたし、在庫分もお願いしてあります。
が、恐らくコイツは手に取って頂いた頃には、
御用意出来ない、なんて事になる気がしてなりません。

だもんで、CCPさんからサンプルをお借りして、
今週末までは店頭で現物を見て頂ける様、御用意しておりますので、
見て・触って・着て、気に入ればご予約をお願いしたい、と。
そう考えておる訳です。

空井戸でこんなに積極的に動くのは始めての事です。
つまり、それ位期待で一杯の一枚。
自転車での冬を気持ち良く乗り切る為のマスターピースになると思います、是非!
by kaleidocycle | 2010-09-28 18:44 | 商品

フレームバッグと、その相棒。

しばらく欠品が続いており、ご迷惑お掛けしました。
c0189724_17453241.jpg
・Everyware x Bagjack フレームバッグ 
 ¥15,750(税込)

が、少量ですが入荷してきております。

サドルバッグでは心許ない、
しかし、バックパック担ぐ程モノを持たない、
そんな人への隙間産業的一品。

何が良いって、金具も台座も無しで、
パッと付けれてパッと外せる、
だから、今日はあの自転車に、明日はあの自転車にと、
何台持っていても使いまわせる。便利。

替えチューブ・ポンプ・飲み物・オニギリ・タオル・文庫本、
それ位はこのフレームバッグ一つで、充分事足ります。

しかし、コレからの時期「山の上でのほっこりタイム」を楽しむべく、
ガスストーブ・お茶セット・白米・炊飯用水・ヤッケなどなども持って行こうとなると、
やはり少し足りない・・・。

かといって、バックパック背負う程でもない・・・。
c0189724_18112941.jpg
となると、こんなのが良い感じ。

ワンショルダーってのは、
結構使い辛いイメージが強いのですが、
山で使えるワンショルダーなんてのも有るのです。


・フレドリックパッカーズ バイクパック

止水ジッパと、止水内装で、
ほぼ防水。大雨降ったら諦めろ!

c0189724_18362855.jpg
肩部分はベルト幅が広く取られ、
パッドも肉厚なので、多少重量が嵩んでも、
肩に食い込む事も無し。

そんなハーネス関係が絶妙で、
ワンショルダーながら、前に回って来難くかったり。

外にループ関係がそこそこ有って、
拡張性もあったりと。

のんびりサイクリストに非常に都合がよろしい。

国産なのにもかかわらず、この内容で¥12,390と超がつくほどお値打ち価格!
ただ、残念な事に・・・空井戸取り扱い製品では御座いません。
「良さげじゃないか!」と思われた方は、UNITさんで詳しく聞いて下さい。

取り敢えず、このフレームバッグとバイクパックの組み合わせは鉄板だ、と。
そういう事です。
by kaleidocycle | 2010-09-27 19:45 | 商品

Banshee Paradox。

蒸し暑い昨日と打って変わった涼しい今日。
長袖を求めてごそごそしていた所、革ジャン&革パンを発掘。
c0189724_19191264.jpg
去年の冬は、「ピチピチで・・もう着れんなぁ・・・
等と悲しみに暮れながら仕舞ったのですが、
ワタクシ、春に12kg減量致しました。
という事は?

スルリと普通に着れてしまいました。
嗚呼、人は大きく成長するだけじゃないんだね。


小雨の中、ペダル漕ぐ足も軽やかどすえ。
c0189724_19201938.jpg
体重の数字は小さくなっても、
背丈の数字は、そうそう小さくなる事は無い。
だから、背の高い人は、腰が曲がるまで背の高い人。

そんな背の高い人向けの一台、
・Banshee Paradox

29erには珍しい、上って下れるトレールバイク。
パッと見た所、普通に格好よろしいMTBですが、
近くで見ると、とてもデカイです。
そうは見えなくても、とてもデカイのです。
c0189724_2062496.jpg
奥が26インチホイールの、
Dustee Revolverで、
大体身長175cmくらいの人向け。

決して小さい自転車では無いのに、
Paradoxと並べると、こじんまりと見えたり。

だから、近くで見ると、Yes、大迫力。

c0189724_19203684.jpg
そう、背の高い人が山を普通に遊ぼうと考えた時、
選べる車種と言うのが、実は非常に少ない。

その少ない選択肢の中でも、
このParadoxは「逃げ」の選択では無く、
「背が高いからこそ乗れる」という、
攻めの選択として輝いています。

チェーンが当たって傷つくチェーンステーは、
敢えて無塗装で「傷が付かずに何がMTBか!」と、
乗り手を煽って来ますし。
c0189724_19205024.jpg
ギュンギュン曲げられた角材のリアバックは、
折れるもんなら折ってみい!」と、
プロレスの如く、やはり煽る。

シートチューブをくの字に曲げ、
ギリギリまで詰められたリアセンターで、
29erとは思えない程、フロントがポンポン上がる。


こ・こいつぁ・・・面白い!
しかもフレーム価格が¥66,000、や・安い!

背の高い人は、日本市場においてやはり少数派であり、
本当に満足行く出会いと言うのは、残念な事に少なかったりします。

しかし、少ないだけで「無い」訳ではない。
こんなイカしたParadoxという車種を選べて、使いこなせるのは、
やはり高い背があるからこそです。

こんなParadoxが気になってしまった背の高い人、
背が高く生まれた事に感謝してしまってOKです。
南無南無~。
by kaleidocycle | 2010-09-23 20:24 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧