井戸端監視カメラ



カテゴリ:商品( 875 )


光明新。

c0189724_19591520.jpg
おはようございま~す。
ってあれ?オマエ・・・ハブ子さんは?

あの女は出て行きましたよ、他の男と。

ああ、そういや部品取りの残りっつっても、
お客さんのお金で買ったモンだから、
他の部品と一緒にお客さんに渡したっけな。

で、色々聞いてアレなんだけど・・・隣に居るのは?

c0189724_200392.jpg
馴染みですよ、馴染み。
暫く会って無かったんですけど、
久し振りに会ったらやっぱ、
このツルツルすべすべボディに、
グッと惹き付けられちまうんですよ。


ああ、GPのUSB充電ライト「123」ね。

123、確かにあの子は出来たライトだったねぇ。
四千円少々とほどほどの価格ながら、150ルーメンという数字以上に明るい子だったし、
充電時間が短いのにバッテリーもちも良かった。のに疎遠になったのはなんで?
c0189724_200123.jpg
昔のアイツは本体を直接USBポートに挿す、
ケーブル不要の手軽さが魅力だった半面、
挿す対象のUSBポート形状によっては、
結構挿し辛い事があったりしたんです。

もっと言えば、そのポートをカバーする、
シリコン製のカバーを・・・失くしちまうと、
ポート剥き出しのまま使い続ける事になり、
雨水がかかってしまうかと思うと心配で心配で。


でもこの子・・・ポート直挿しじゃないよね?

そうです、コイツは123Pの双子の妹「123PC」の方なんです。
・GP CG-123PC  ¥4,300(税別)
c0189724_2005616.jpg

なるほど、外観・価格はほぼ同じままに、
一般的なケーブル給電になった事で、
ケーブルを用意する一手間は増えるけど、
端子カバーを失くす心配は無くなった、と。

ついでにバッテリー容量が1.4倍になり、
ピリッとパンチの効いた明るさを、
更に長く使える様になったとなれば、
そりゃ確かに魅力が増しとりますな。

市街地なら必要充分なローモードから、そこそこ明るいハイモード、
そして街灯の無い山道でも視界を拓くブーストモードまで、
時に優しく、時に激しく俺を・・・こんな機械の俺を包み込んでくれるんです。

c0189724_2002475.jpgc0189724_2003629.jpg



c0189724_2011584.jpg
123子ちゃんは実用性と価格のバランスがよく、
補修部品が出ない点だけ「ん~」だったけど、
失う部品自体が消えたとなれば、
魅力再発見となるのは自然な流れか。

マウント金具は別途部品で代用可能だし、
取り付け位置の前後調整が効くから、
段差でライトが下向く「お辞儀」も少ないしで。

俺・・・コイツと居るとホッとするんです。

ああそうですか、ほんでまたアレですか?入籍しちゃう感じですか?

いや、入籍とかは考えてません、自然に付き合っていこうと思います。

うん、ライトは一生使い続ける様なモンじゃないからね、
必要な時に必要なライトを選んで使えば良いと思うよ。
by kaleidocycle | 2018-03-11 21:09 | 商品

置き傘。

c0189724_19461436.jpg
ダバーッと盛大に雨が降って参りました。


こんな雨なのに傘を持たずに、
ダッシュで駆け行く人がチラホラ見えます。

此処暫く雨が少なかったので、
天気予報を見る習慣が抜けてしまい、
「まさかこんな雨になるとは・・・」
てな風になったんでしょうかね?

c0189724_19463888.jpg
かくいう己も天気予報を確認してません。
というかそもそも傘を持つ習慣無いです。

日常的に自転車に乗ってる生活では、
傘の出番なんて殆ど無いですからねぇ。

傘よりも笠なら・・・使うかもしれない。
古リムと古スポーク組んで古チューブ貼った、
リサイクル・サイクル笠なんてどうかしら?

うん、絶対に使わんですな。

c0189724_1947424.jpg
雨&自転車と来れば取り出すべきは、
フェンダー/マッドガードですよ、ええ。

今の定番と言えばクラナ・SKS・本所辺りですが、
「その他」みたいなフェンダーの中にも、
ついつい欲しくなってしまうブツあり。


銅色に輝く此方の亀甲フェンダーなどもそう。
EneCicle F-2ブロンズ ¥7,000(税別)

荒物屋の店頭に並んでいそうなこの色味に惹かれ手に入れましたが、
「どんな車両に似合うか?」とあわせてみると・・・何に似合うか全然分からん。

分からん分からんと放置したまま仕舞いこんでいたけれど、
引っ張り出してみるとやっぱり・・・良いんですよね、単品で見ている内は。

「俺の愛車に必ず似合うはずだ!」という方が現れるまで、
再び押入れの奥に仕舞いこんでおく事と致しましょう。


c0189724_19471559.jpg
此方も発売された瞬間「おぉ!」と思った、
ハードコアサイクリスト向けフルフェンダー。

PDW FullMetalFenders ¥13,000(税別)


フェンダーダボが無い事は勿論、
タイヤクリアランスに余裕も無い、
そんな普通のロードばいくにさえ、
取り付け可能なフェンダー、コレさえあれば!

c0189724_19472784.jpg
雨も気にせず走れるぜ!
となるかと思ったんですけど、
弊店では案外引き合い少ない。

まぁ冷静に考えると、
日本ってそんなに雨降りませんし、
降ったら降ったで「今日は休み~」、
みたいなノリが普通でしょうからねぇ。

日本の趣味の自転車界においてはフルフェンダーは少数派でありましょう。
しかし!必ずや必要とする方が居る事も疑う余地無き事実。

此方から誰も彼もにお勧めする事はありませんが、
必要として頂ける方が居られましたなら是非是非という事で。
by kaleidocycle | 2018-03-08 20:47 | 商品

モザイク。

c0189724_20212074.jpg
「春が来る、タイヤを交換せよ」

え?良いタイヤじゃないですか、
BruceGordonのRock'nRoad。

ふむふむ、他のばっか乗ってて、
放置している間に劣化した、と。

ほんで春を前にタイヤを新しくして気分一新しよう、そういう話ですか。
ん~何が良いですかねぇ、ロックンロードくらいボリュームがあって、
具体的に違いを感じれるナイスなタイヤとなりますと・・・。
c0189724_20213430.jpg



WTB Riddler45c(¥6,900)  此奴で行きましょう!

ロックンロードが43cなのに対し、リドラーは45cですので、
クリアランス行けるかな~と心配するのは机上の空論。
内幅18mmのリムに履かせてロックンロードが実測約44mm幅だったのに対し、
リドラーは実測約42mmといった所で、リドラーの方がやや細め。
c0189724_20214454.jpgc0189724_20215636.jpg



ロックンロードが長期保管中、高気圧で置かれていた為に、
少々膨れて(=太って)いるというのもありますから、
新品同士の比較なら同じ位の幅かな?と思ったりもします。

c0189724_202261.jpg
そんな実測幅の数字とはうらはらに、
乗るとリドラーの方がフワフワしてますが、
此処はケーシングの違い以上に、
コンパウンドの違いが大きいのでしょう。

より軽く静かに転がり、乗り心地もよく、
ドライ・ウエット問わずハイグリップ、
そもそものキャラの違いもありましょうが、
タイヤの進化というのを感じずには居れんです。

更にチューブレス化とかしてまうと・・・ねぇ。

この手の45cクラスのモンスタークロスタイヤといえば、
パナレーサーのファイヤクロス45cが先駆けなんじゃないかと思います。
普通の29erタイヤと比べても漕いで重く、流して煩く、
それでいて今ひとつグリップせずと、結構厳しいタイヤでしたが、
それでも!クロスチェックに履ける最も太いタイヤとして光り輝く存在でした。
(同時期にスペシャからも45cが出ていたと思いますが、高い上に中々手に入らなかったんですよね~)


しかし時は流れ、今や高性能化した45cクラスが結構選べる時代。
さて、公称MAX40cを謳うPepcycles/NS-D1は、どのタイヤまで呑めるでしょう?
c0189724_20222348.jpg



Pepcycles NS-D1(完成車!)  ¥92,000(税別)

早く実車を触って乗って眺めて色々試したい!と思いはすれど、
発売予定が少し遅れ、今月末の登場予定で進行している模様。

その全貌は未だ明かし切られる事無く、モザイク掛かり気味のペップサイクルズ。
眉間に皺寄せ薄目で睨んで「こんな事出来るかな~?」と妄想しながら、
現車が届くのを待つ3月、徐々に上がる気温と共に気分も上がらざるを得ない。


そんなPepcycles(通称エビチャリ)のオーナーとして先陣を切ろう!という方。
もし居られましたならファーストロット特典(其々先着一名様のみ)として以下を御提案。
1、無料でホイルを700c(ディスク用リム使用)に組み替え!
2、無料でタイヤを27.5ブロックタイヤ(IRC/ミトスXC27.5x2.1)に履き替え!


勿論、素のまま乗るのも良いんですけどね。
待ってる間にモザイクの向こうに何か見えちゃった人は是非。
by kaleidocycle | 2018-03-02 21:38 | 商品

ネクストバッター

c0189724_1927290.jpg

御無沙汰(数日)しております。

此処数日は人生の峠を上ったり下りたり、
ホイル組みを連発で御依頼頂いたり、
在庫車両が続けて嫁いだり息子が熱出したりと、
何やかんやで忙しなく過ぎて行きました。

こういった活発なムードというのは、
春が近付いている事の表れなのでしょうな。

まぁそんな訳で冬の間は完全冬眠状態だった在庫車両達ですが、
本来は確実に(当社比)完成度高くお買い得な連中ですので、
「その車種を」とターゲット絞れば必ずやドストライクに嵌るはず(過信)。

で、アレが嫁いでソレも嫁いでアイツも嫁いでとなると、
次に引き合いが高まって来そうなのは・・・コイツではないでしょうか。
c0189724_192601.jpg


Bansheeの下り系29er「Paradox」と、Xtracycleの「Leap」を合体させた、
デカくゴツく強く速い魔人系ロングテールバイク¥230,000

ロングテールKITのリープ、簡易バッグセット、ロングブレーキホースや追加チェーン、
それ等のロングテール化パーツだけで約¥10万という事を考えると、
新車のロングテールで¥23万というのは、ほぼ底と言える予算だったりします。

なのにフルデオーレ、油圧ブレーキ、クロモリBoostフォーク、
ナイスなリムにナイスなタイヤ、そして何より超高剛性のフレームの此奴とは?

c0189724_1927457.jpg

ロングテールライフを目指すお父さんの、
確実・最良な答と言える存在な訳です。

己が通勤や買い物は勿論、
子供の送り迎えどころか、
お布団さえ苦も無く運べる。


「分かってる・・・みなまで言わずとも分かっておる。だが・・・家内が・・・。」
そう、此奴の最大の欠点は家族との共用が難しいサイズである事。

となると家庭の理解が得られるお父さんか、もしくは独り身のダフガイか。
どんな方が迎えに来て頂けるのか?を想像しながらお待ちしております。
by kaleidocycle | 2018-02-28 21:12 | 商品

ポールシフト。

「御秘蔵」
という訳でもなく、ただ単に売れる事無く店頭残留組入りしていた、
ホワイトインダストリーズの丸胴マルチハブ「MI6」のラスト1ペアが遂に嫁ぎました。
c0189724_2224131.jpg
ただそのままの納品ではなく、
前後共に12mmスルー化の御用命。

かりこまりましてかしこまりましてと、
呟きながらサクサク軸を入れ替え。
リアはアーレンキーだけあれば、
パパパッとあっという間に作業完了。

対するフロントはベアリングの打ち替えが必要ですので、
プーラーで抜いて圧入工具でクリクリクリっとな。
c0189724_2234947.jpgc0189724_224348.jpg



c0189724_2242984.jpg

これにて前後12mmスルーという、
今時スペックなMI6の完成。
ん~、ハブだけで充分カッチョええ。

ホワイト製品は削りの精度が高いので、
作業楽々なのが有り難いです。

c0189724_2254268.jpg
そんなホワイトの軸コンバージョンKIT。
リア¥5,700、フロント¥8,400と、
フロントの方が高いのは、
ベアリングが付属するからなのですね。

差額¥2,700が高いか安いか?
エンデューロのABEC5ですので、
高くも安くも無い極々普通。

まぁベアリングの値段云々といった小さな話は放置して、
手持ちのホワイトハブをナウな規格に簡単に変更できるこのキットは、
物凄く有り難い存在だと思うのはワタクシだけでしょうか?
ハブ買い換えたりホイル組み替えたりせんで良いってのは・・・ねぇ?


c0189724_2245321.jpg
「御秘蔵」
というか、如何する気も無いし、
如何なるとも思っていない、
Surlyの11周年記念モデル、
「1x1=11」の純正24+ホイル。

何故か店頭に1ペア転がっています。

c0189724_2252510.jpg
「どげんかせんといかん」
と東国原ブーストかけて、
活用方法を考えてみるけれど、
「コイツじゃないと!」という位置が、
ん~、思い浮かばんです。

取りあえず野暮ったいナット止め軸を、
UltraNew用の軸にかえるか?

Surlyのウルトラニューハブ用アクスルKIT(¥4,500)に交換すれば、
スマートなボルトオンにもクイックシャフト仕様にも出来るし、
ステンレス小物で見た目も小奇麗になるし回転もスムースになるしで。

前後スルーアクスル前提のミッドナイトスペシャルも登場した事ですから、
Surlyハブ用のスルーアクスルKITとかも・・・出て欲しいですねぇ、
それがあればもっともっと仕様用途の想像が広がるはず。

で、己が知らんだけで既に存在していたら・・・恥ずかし。
by kaleidocycle | 2018-02-24 22:47 | 商品

ピーリング。

c0189724_18321889.jpg
朝の空気も随分と温んで参りまして、
次男を連れての朝の散歩も、
寝間着のスウェットの上から、
エプロンコートをバサっと被っれば準備完了。

身につける衣類が薄く&少なくなると、
肩が軽く感じて春待ち気分が盛り上がります。

実際には背負子担いでいるので重いですけど、
気分、気分の話ですよ、ええ。

c0189724_191144.jpg

そんな今の時期にジャストな一枚が、
此方の地味かつ何気ない此方。

CCP ハイネックカットソー ¥12,000(税別)


約1ヶ月前に東京へ赴いた際、
サンプル品を見てグッと来たアレです。

c0189724_1942357.jpg

チトわかり難いですが、
左の首元にジッパがついており、
高く狭い襟元ながら脱ぎ着は楽々。


パッと見はコットン風の杢素材、
しかし実際には軽く伸びる化繊、
日に透かすと御覧の通りのメッシュで、
蒸れ知らずなのに裏起毛でしっかり暖か。


c0189724_1914589.jpgc0189724_1915461.jpg




ベースレイヤーの上に重ねて着るのは勿論、
直接素肌の上に着ても肌触りよく快適、つまり「使える奴」なのです。
c0189724_1921382.jpg

肌寒い時から汗ばむ時、
公園で軽く運動する時から、
普段着・御洒落着・寝間着まで、
一枚あれば何でも使えそうな此奴。

「どれにしようかな?」
と悩む必要など無くコレ、なのです。


by kaleidocycle | 2018-02-23 20:18 | 商品

マルチユースタンド。

c0189724_1853210.jpg

ペキャ。

そんな小さな音と共に、
メンテスタンドの爪が折れてしまいました。


c0189724_1855152.jpg

折れた事に恨みなど無く、寧ろ感謝の念が沸々。

何せ最近はクイックのレバー形状も様々な上、
エンド幅の種類も増えたにも拘らず、
ついつい一番使い易いこのスタンドばかり使い、
広げたり曲げたり押し込んだりと無理させました。


有難う、そしてお疲れ様。


c0189724_186423.jpg

という事でタッチ交代。

用意したるは天下のミノウラ製品。
「DS-40CS ¥3,333(税別)」


「エンド幅やレバー形状が様々で固定し難い、
 ならエンドを固定しなければ良いじゃない」
というアントワネット的チェーンステースタンド。


c0189724_1863239.jpg

エンドの形状がどうだろうと、
チェーンステーに引っ掛けるならば、
細々した差異など無いも同然。

エレベーテッドチェーンステー?
そんな突飛なモノの事は無視。

c0189724_187641.jpg
色々なタイプの車両を立てる為に、
店頭で使うスタンドとなると、
このタイプがベストに違いない!

・・・シャ~リ・・シャ~リ。
あ。
フックがローターと当ってしもとる。

世の大概のフレームにはBB下がりというモノがありますので、
チェーンステーは水平に対して後上がりの格好となります。

その後上がりのチェーンステーの中程にスタンドのフックをかけると、
整備作業の振動を与える度に、少しずつスタンドが後にズレて行き、
やがてディスクローターに接触してシャリる、というお話。
c0189724_1872255.jpg

ならばと、ローターよりも後にフックをかける。
すると・・・常時接触でこの案はボツ。

フックを曲げてやれば接触回避できますが、
このフックが手では曲がらん程度には硬く、
車両ごとに曲げて使い回す、というのは厳しそう。


リムブレーキの車両だけなら便利なので、
基本的にはロード向きの製品なのかな、と。

結果として潰してしまったサイクルデザインのリョウバサミスタンド(¥2,000)が、
無理矢理使い回せるメンテスタンドとしては最も有能なのかもしれません。

「もっと便利なのがある!」という情報をお持ちの方、御連絡下さいお待ちしております。
by kaleidocycle | 2018-02-21 18:54 | 商品

≠(ノットイコール)。

昨年秋の展示会会場の隅にひっそりと置かれた一台の車両。
「まだプロトだから写真も撮らんといてね」と釘をさされ、
コレが新型か・・・と眺めていたその製品名は「MidnightSpecial」

ミッドナイトスペシャル・・・ってか・・・。
c0189724_16322873.jpg


興味無い人からすれば「はぁ?」って感じだと思いますが、
モーターサイクルを好む人間にとってミッドナイトスペシャルと言えばコレ。
黒と金の組み合わせがカッコ良いのか悪いのか?なヤマハの限定車シリーズ。

ただ今回のミッドナイトスペシャルはヤマハPASの新ラインナップでなく、
Surly新製品という事ですので、色も黒・金カラーなどではなくこんな感じ。
c0189724_16324112.jpg



Surly MidnightSpecial フレームセット¥110,000(税別)

グラベルロード、というと少し違いヘッドも立ってるしリアセンターも短め。
スルーアクスルを採用した現代的マルチパーパスサイクリング車って所でしょうか?
前後共に12mmスルーアクスル前提(F:100x12 R;142x12)なれども、
間座を用いる事で旧来のQR(100&135mm)も使えるという工夫が面白く、
フレームセット¥110,000という価格も、このジャンルでは珍しいお求め易さ。

ただ、ブランドページの説明にある「Pacerの後継機」的な文言を見るに、
なるほどなるほどと右半分で頷くも、左半分固定のアシュラ男爵状態。
c0189724_16325139.jpg



組み合わせる部品の相性とか深く考えずに組めて使えて、
ズボラ&軽快&タフにロードサイクリングを楽しめるペーサーと比べると、
ミッドナイトスペシャルは絶対性能も出来る事の幅も上を行くとはいえ、
必要とする人の層は結構・・・違うんじゃなかろうか、と思う訳ですよ。


「だからペーサーは貴重」とか「ペーサー復刻すれば激売れ必至」とか、
そういう阿呆な事を言う積りは毛頭無いのですが、
「最もSurlyらしくないSurly」と揶揄された事さえあるペーサーも、
改めて今見ると、実にSurlyらしい存在だったんだなぁ、としみじみ。
c0189724_1633869.jpg



Surly Pacer(54) フレームセット¥70,000(税別)

特別な刺激や特徴がある訳でも無い、実にオーセンティックなジオメトリに、
必要以上に軽量化し無い事で得られる懐の深さと信頼性、
そして履きたいだけ太いタイヤが履けるタイヤクリアランスの余裕。

「ただサイクリングがしたい」という粗野な願望を直球でかなえる、
小技の少なさこそSurly初代当主デイブ・グレイの「っぽさ」でしたねぇ。

c0189724_16332452.jpg
で、弊店在庫最後のペーサーである、
54サイズをそろそろ組むかと思う訳ですが、
此奴、チェーンステーに塗装欠けがあるのです。

なので色を塗り直そうと思いはすれど、
何色にしようかなぁ・・・という所で思考停止。

最後の一本を勝手に塗ってしまって良いのか?
「ディスコトマトが欲しかったのに!」
というお客さんがいつか現れたらどうしよう?


と考えていても纏まらないので、以下の様な御提案で如何でしょう?

「コース1」 追加¥5,000でお好きな色に再塗装&純正新品デカール。
「コース2」 お値段そのままでFC-RS500(50x34t 170mm)をサービス。
c0189724_16333293.jpg

FC-RS500ってのは此方のクランク。
11速対応の5アームクランクという、
シマノ内でのレアキャラとして、
弊店定番だったクランクです。

ただ、「だった」という過去形の通り、
既に廃盤となってしまっております。

後継モデルとしてRS510という製品が出て来ては居るのですが、
現行シマノ製品の殆どがそうである様に変則的4アームなんですよね・・・。

いやいや!そうじゃナッシング!11速対応で5アームって所が有り難いんだよ!
適当なチェーンリングを好き放題使える110pcd5アームだから好・き・な・の!
と、ガタガタ抜かした所で廃盤は廃盤ですので受け入れるしかないです。

でも・・・ペーサーにピタリはまるクランクってコレですよ、うん。
勿論、ミッドナイトスペシャルに組んでもバッチリ似合う事でしょうけどね。
by kaleidocycle | 2018-02-18 16:33 | 商品

オー・マイ・コート。

あ~サブイサブイ、今日も洗い物やホイル組やで手荒れ進行中じゃわい。
と、ストーブで手を炙る私の姿を見た人はきっとこう言うでしょう。
ひぃっ!妖怪カオナシ!
c0189724_2034282.jpg



はい、カオナシ違いますね、コート着たオッサンの顔がボケてるだけですね。

昨年末にCCPが放った新機軸コート「エプロンコート」を着始めて暫く経ちますが、
長男を保育園に送って行く朝にはパッと羽織って自転車漕いで、
仕事行く時にもやはりパッと羽織って自転車漕いで、
店に来たら来たで、日暮れと共に店内が寒くなったら羽織ってと、
結果的に一日中着ている様な事が多かったりします。

c0189724_20345314.jpg
一枚布で軽い事に加えVネックなので、
とにかく着ていて負担が無いんですよね。

羽織ればそれだけで暖かいのは勿論、
更に寒けりゃ上にも下にも重ね着し易いので、
何も考えずに適当に体温調整出来てしまう。


ついでに言えば腿が温かい
一度この腿の温かみを知ると・・・脱げない。

腿が寒いと感じるのは代謝が落ちてるんでしょうかねぇ?
代謝の曲がり角が何歳なのか知りませんが、多分もうコーナーを曲がって、
ホームストレッチを駆け上がる辺りであろう41歳、本日誕生日で御座います。

まぁ別にオッサン専用という訳では全くありませんが、
「一日中なんとなく寒い」と感じている方は是非エプロンコートを御試着あれ。
CCPの歴史に名を刻む大ヒット作になるはずですよ、コレは。

CCP エプロンコート ¥15,000(税別)
by kaleidocycle | 2018-02-14 20:57 | 商品

大八車Neo。

c0189724_21591920.jpg
寒さが少し緩んだ感もある今朝、
シャチを貪り喰う次男と共に日光を浴びに。


長男が赤ん坊の頃に買った、
赤子背負子「エバニュー・ネムノキ」に、
次男もまたパイルダーオンしております。

「無くてはならない」というモノではありませんが、
あると本当に便利で、実に良いモノですよ、ええ。

c0189724_21594218.jpg
北野天満宮の境内では、
やがて咲く梅林ビジネスの準備と思しき、
小屋の設営に若人が借り出されておりました。


しかしよく見ると・・・なんと大胆な事でしょう!
小屋の移動を台車で行っているではありませんか。

「人生、台車があれば何でも出来る」
そんな標語の看板を掲げたくなります。

道具というのはそれ自体に限界があるのではなく、
使い手によって限界は高く高く舞い上がるモノなのかもしれません。

それでは此奴があれば一体・・・何が出来るだろう?というのが。
c0189724_21522927.jpg



Burley Flatbed  ¥35,990(税別)
c0189724_21525971.jpg
昨年一度入荷するも即完売、
それからズッ・・と欠品が続いていた、
バーレー・フラットベッドが遂に。

チャイルドトレーラーも良いですが、
我々にとってのトレーラーは、
此奴こそが本命ですよね、うん。

c0189724_21531053.jpg
「何が積める」では無く「どう積むか?」。

木材?飛び出している分を注意してね。
箪笥?倒さない様にしっかり括ろうね。
腰を抜かした老犬?
驚いて転げ落ちない様に落ち着かせて。

車出すほどではないけど自転車では辛い、
そんなオートバイの古タイヤの処分も
スイスイ、ポイ、スイスイ、です。

c0189724_21532648.jpg

自転車との着脱はほぼワンタッチで、
慣れれば5秒程度ととても簡単。

また使わない時は工具不要で、
ペッタンコの状態に解体出来るので、
押入れや玄関脇に潜ませられます。

自転車以上自動車以下、そんな運搬能力を気軽に安価に適えるフラットベッド。
各家庭に一台、本当にそれくらいあっても良いと思うのは勘違いでしょうか?
by kaleidocycle | 2018-02-09 22:46 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧