井戸端監視カメラ



2018年 01月 29日 ( 1 )


東京万華鏡 最終頁。

c0189724_18585868.jpg
東京出張の話も今日で最終回。

東京には凄いモノが沢山ありまして、
例えば此方の真鍮バーエンドプラグ
無闇に本気な作り込みが素晴らしい。

戦闘力の高いカバ柄などは特に良し。

コレは「twie tohaie」という作家さんの手によるモノなのですが、
真鍮製手作りという事で、片方¥5,000ほどするそうですから、
走っている間に落としてしまう、とかなると・・・凹みますね。


「売れるか・売れないか」じゃなくて「やるか・やらないか」だ。
みたいな突っ走るノリは見ていて面白い。

同じく真鍮でやりたい放題やってる御仁と言えば「Rew10-Works」。
c0189724_18594122.jpg


c0189724_190433.jpg
真鍮ステム、か。
昔の船についていそうな重厚感。
製作者からの説明は一言、「重いです」
うん・・・だろうな。

性能とか効率とかを重視する事無く、
ただ「欲しい」という気持ちに真っ直ぐな所、
コレは彼だけが持つ良い所でブレてません。

しかし阿呆(賛辞)なモンばっか作っとるな。

c0189724_1904547.jpg
此方は「出ったーっ」という逸品。
こんなに格好良いカラビナって、
他に存在するのでしょうか?

ハゼットのメガネを曲げてベースとし、
稼動部のスプリングには何と、
ブレーキ用のリターンスプリングが!

格好良さ、作るのの邪魔臭さ、そして価格は比例関係にありまして、
此方でお値段約¥4万・・・突っ走り過ぎて全然着いて行けません。
でも欲しい人は値段無視してでも欲しい!となるはずですね、コリャ。


そんなRew10が試作車を作り、2018年春に誕生しようという一台が此方。
c0189724_1911763.jpg





c0189724_1922584.jpg
Pep cycles

はい、コレ2018年で一番大事な名前です、
何は無くとも覚えてください、試験に出ますよ。

私にXTRの味を教えたMTB界の先輩である、
エビネ氏が立ち上げたペップサイクルズ

ヘッドマークがペッパーミルである通り、
ガリっと捻ればピリッと味に深みが出る一台。

c0189724_1934752.jpg

エンドはレーザーカットによる、
ディレーラータブ付トラックエンドで、
シングルは勿論、多段化も可能。

キャリア&フェンダーダボも用意され、
一台で何でも出来る系を匂わせます。

ブレーキがチェーンステーマウント故にキャリア取り付け要件に制限も少ないですし、
シングルで使用している限りはホイルの着脱も容易でありますな。

c0189724_19604.jpg
シートステーはモノステーとなっており、
この辺、MTBブームを経験した我々には、
なんとも感慨深いというか「す・・・素敵」となる所。

ただ車両自体は当然現代のモノですから、
700cと650Bのコンバチブル前提。

クリアランスは上下共に余裕を持たせており、
700cなら45c程度までは楽勝、
細めの軽量系なら29x2.0でも行けるかも。

因みにペップな人・エビネ氏は王滝仕様として27.5x2.2を履かせたそうなので、
27.5インチでも普通の2.1などであれば充分呑み込める感じですね。

c0189724_1942540.jpg
水色の最終プロト車には、
27.5x1.5というタイヤ、
つまりランドナー的サイズをセット。

表に引っ張り出してブラっと一回り、
すると!・・・道に迷いました。
東京怖い。

27.5x1.5だとBB下がり過ぎて違和感あるかな?と思ったのですが、
踏んだり振ったりヘッド揺らしたりと具合をチェックしてみると・・・涙が出そうに。

テーパーヘッドの現代的なマルチパーパス、と言えばそうなんですが、
乗った感触というか雰囲気は「90年代のMTB」のそれだったのです。
進化は進んだけれどまだまだ何かに特化するまでは行かなかった、
でもそれ故に一台で何でもこなせた、そんな青春の匂いがあったんですね。
c0189724_1951568.jpg



語り過ぎると終わらなくなってしまいますので、此処等にしときますが、
此方のお値段¥92,000、完成車で!です。(ええ、勿論キングのヘッドはついてません)
2月に生産が上がって来るそうですが詐欺にあっているのかもしれません。
それ位価格と内容のバランスが異常な此奴、素晴らしき大衆車の大本命です。

c0189724_1991435.jpg
こうして知人達と数年振りに会い、
其々ブンブン飛ばして生きてる姿を見るに、
「俺もボケっとしてる場合じゃねぇなぁ」
と焦りとも興奮ともつかぬ妙な気分に。

気付けばもう日も落ちた、さぁ家に帰るか。


いやいやいやいや、東京来たら本山詣。
神のおわす神殿に行かずして帰る事など。

あけましておめでとうございます!
c0189724_1981575.jpgc0189724_1982627.jpg



c0189724_19101850.jpg
ワークショップモンキーさんに、
ノーアポで突撃した所、もぬけのから。
そりゃそうだわな、今日展示会の日だし。


「Closeの、Cを取ったらLoseです」
そんな標語を呟きながらテクテク歩き、
やはりノーアポで向かうはSunrisecycles

お、明かりついてるね~、貧乏暇なしってか。

c0189724_1911063.jpg
頻繁に会っている様な気になりますが、
冷静に考えると年に2回位しか会わない、
そんな弊店の製作担当者と、
膝詰めでミーティングin2018。

今年はこんなんやろう!と、
暖めていた計画という名のホラを吹く。

c0189724_19121517.jpgc0189724_19122718.jpg



c0189724_191395.jpg
とかやってるウチに神様モンキー様御降臨。

モンキーさんから直接御指導頂いた事は無いので、
師匠などと呼ぶのは憚られる、故に神様。


この工房で製作された27.5+規格の新型猿、
それを肴にアアでもないコウでもないと、
与太こいている間に時計の針は進み、
最終の新幹線の時間が迫るシンデレラ的な。


まぁそんなこんなで2018年初っ端いきなり行って来た東京、面白かったです。
でも面白いと思うだけってのは悔しいので、面白いと思わせる何かを、
京都からもかまして行きまっせ!と心新たに誓うのでした。

 で、明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2018-01-29 21:59 | 駄情報


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧