井戸端監視カメラ



2018年 01月 28日 ( 1 )


東京万華鏡 三頁目。

c0189724_18224241.jpg

あ~、チャップイチャップイ。

こんな日は店の中に篭って、
ストーブの横でOH作業するのが一番。


夏の汗で汚れたマシーンを冬の間に綺麗にして、
スッキリお洒落に春を迎える、と。


c0189724_1824216.jpg

そんな春待ち気分にさせてくれる、
ステムデザインさんのツバメジャージ。

ただツバメが描かれているだけではなく、
意匠として練り上げられているのはさすが。


っていうかステムデザインさんって、
随分方向性変えたんですね、知らなんだ。

c0189724_18242237.jpg
呆けている間に知らぬ事は増えるばかり、
その弛みを巻き直すのもまた、
展示会へ行く重要な目的なのであります。


さてさて・・・お!このジレかっちょ良い!
ファブリックも良い感じだし、コレは欲しい。

で、何と言うブランドで幾らするか、ですと?
ハハハハハハッ!・・・忘れてしまいました。

お値段聞くと¥25,000位したので、「むぅ、俺にはチョッと無理」となってしまい、
その時点で情報収集システムがシャットダウンしてしまったのです。

そうやって空けた脳メモリ容量を他の商品に振り分ける訳ですが。
c0189724_18244783.jpg

コレとか情報収集しまくり!な、
LakeのSPDブーツ「MXZ200」

本革&メンブレン入りの王道ブーツで、
レイクのウインターブーツと比べると、
ソールも広めなので歩行も調子良さげ。

ワイズもレイク平均からすると相当広めなので、今までレイクが苦手だった幅広足の人も、
コイツは別腹、になってしまうのではないかと思ってしまう本品¥34,000
今履いているTevaの普段履きブーツがダメになったら買うね、コレ。


足元に合わせて頭を護るモノもブラウンレザーで!って・・・凄いの出て来たな。
後頭部まで覆うジェットヘルメット的形状のカスク「Casque3/4」
c0189724_1825381.jpgc0189724_18251281.jpg


そんじょそこらの自転車用ヘルメットよりも安全性は高そうですし、
カジュアルと言えばカジュアルなのですが・・・思考が停止してしまうのは何故でしょう。
幸か不幸かワンサイズなので私は被れません、故に評価保留、と。

c0189724_18252478.jpg
まぁしかし、そもそも安全装備をですね、
見た目で良いの悪いの言うのがナンセンス。

転倒して頭打って大怪我したらどうします?
健康は何物にも代え難い!


そんな安全をいつでも持ち運べる喜び、
「ウレタン製携帯ヘルメット」

・・・これぞ展示会の醍醐味なり。

c0189724_1826134.jpg
と、京都に居たのではまず出会えない、
様々なブツの嵐に揉まれ捲くった後は、
会場を出て浅草寺前の仲見世で、
平日とは思えぬ大量の観光客に揉まれ、
次なる目的地を目指して・・・道に迷う。

道を聞こうにも外国の人ばかりで、
皆道に迷っている仲間のかもしれません。

We are the World的な?

c0189724_182634100.jpg
た、辿り着いた!サミット!

と到着を喜んだのも束の間、
そのお洒落過ぎる空間に焦る。

こんな所を目的地にしていたのか、
俺は何て無謀な挑戦をしていたんだ。

しかし置いてあるモノをよく見ると・・・見慣れた自転車の匂いがする。
古チューブのリップクリームホルダーとか、古タイヤのコードホルダーとか、
コレはgunung(グノン)さんの自転車廃材シリーズじゃないか!
c0189724_18274313.jpgc0189724_18275664.jpg


こういうのを仕入れて店頭で売るのは簡単な事なんですけど、
製作者のヤマチャンから直接買って頂いた方が絶対に良いと思うんですよ。
会うだけで癒されるオッサン・ヤマチャン、気になる方は是非gunungをチェック!

c0189724_18282333.jpg
此方は自身愛用中でもある、
DecibellさんのWレバーカバー。

シマノのレバーに装着し、
3年程使っていると思うのですが、
伸びて変に緩む事も無く、
寧ろ丸く良い感じに馴染んでます。

Wレバーを触る瞬間、チョッと気持ち良いのが良いなら是非。¥1,000/個です。


c0189724_18313078.jpg
お次は弊店店頭でもお馴染みCCPさん。

一週間前にサンプルを送って頂き、
その数の少なさに吼えていましたが、
追加で仕上がって来た中に、
良いのあるじゃないですか~。

パッと見は地味だけど、
何とな~く惹かれる地味さの、
ハイネックカットソー(¥12,000)。

c0189724_18314194.jpg
ウールライクな杢のコットン、
と見せかけて実は機能素材。
薄く・軽く・暖かく・汗も溜まらない。
首元のジッパや袖先といった、
何気ない所が地味に魅力的。

コレは弊店在庫決定です。
仕上がりは少し先の2月末予定。


そして此方は何年も前から「作ってくれ作ってくれ」とせがんでいた「ツナギ」
カ・・・カッチョエエ・・・CCPがツナギを作るとこうなるのか・・・。
c0189724_18321822.jpgc0189724_1832418.jpg




ただ素材がナイロンなので、仕事に使うにはチョッと不向きねぇ。

c0189724_18325987.jpg

仕事に使う服は汚れても良いのが基本、
というか汚れた方が様になる位が良い。

当たり前田のクラッカー、と呟きながら、
歩いていた目の前に素晴らしいモノが。

ノスタルジックガレージさんが輸入する、
イタリアの作業用コート。
とんでもねぇ色が並んだモンだな、オイ。

c0189724_18331383.jpg
しかし不思議なモノで袖を通してみると。
あれ?ド派手な色だけど・・・ええやんけ。

大きなポケットが沢山ついているし、
腰部には道具を引っ掛けるベルトもあり、
何より生地がビシッとしてて実に良い。

店の商品とするのは少し違う気もしますが、
個人的にコレは欲しい名も無きコート。
お値段¥12,000、アナタも一着如何?

c0189724_18334026.jpg
仕事しに来たのか?遊びに来たのか?

その境界線というのは非常に曖昧であり、
強いて言えば「研修」というのが的確かと。


「面白いな~!」とか「良いな~」といった、
製品を見て触ってする事は勿論、
それを生み出す人々と触れ合える事は、
明日への活力の源となるのです。
by kaleidocycle | 2018-01-28 21:50 | 駄情報


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧