井戸端監視カメラ



2016年 03月 27日 ( 1 )


脱皮ング。

c0189724_1636598.jpg

絶好の洗濯日和、という事で、
冬の間お世話になった末端防寒グッズ、
シューカバーオーバーグローブを洗濯した今朝。


「どうせまた汚れるんだから」と、
泥&塩カル塗れで使って来た此奴等も、
春の到来に伴い退役決定、な訳で、
仕舞う前に綺麗に洗って干して畳んで~。

c0189724_16364373.jpg
と、鼻歌混じりで干している脇では家内激怒。

曰く、
「泥だらけのまま何故洗濯機に入れる?
 洗濯槽が砂だらけになっとるやないの!」



砂くらいパーッと流れて行くかと思ったんだけれど、
そうもいかなんだみたいで、ええ、ゴメンサイね。

お怒りはごもっともですが、どうか水に流して・・・、
は?水に流れないから怒ってるんだ、と?

そんなくだらねぇ駄洒落では誰も笑わん、いや笑ってくれるとすればジャージくらいか。
という事で、7ITAの2016コレクションの中から笑顔が潜むボーダージャージを御紹介。
c0189724_16365653.jpgc0189724_1637717.jpg



7ITA  Marine Smile Jersey  ¥11,800(税別)
パッと見るとシャツの様にも見えるネイビーのボーダーが爽やかさ満点。
しかし素材・カット・パターン全ては伊GSG社のレースフィットジャージそのもの。

最初はレディースのみで展開されていたデザインだと記憶していますが、
この感じは男でも・・・欲しくなりますわなぁ、そりゃ。
c0189724_16372268.jpg
また首の後ろにチラッと入るイタリア国旗
そのワンポイントが全体像を引き締め、
シンプルなボーダーに個性を与えている点もよし。


「Made in Italy」をやんわりと主張する、
いや、物凄く主張しているトリコローレは、
7ITA製品で多用されており、
ボーダーと同時に届いた此方のビブにも、
やはりトリコローレがやんわりと。

7ITA Cobra Bibshorts  ¥13,800(税別)

c0189724_16373668.jpg
そんなトリコローレ繋がりの両者、
セットアップしてみると、こんな感じ。

バリバリのスポーティー!って風ではなく、
さりとて気を抜き過ぎたカジュアル~でもなく、
実に清く正しく爽やかなサイクリングスタイルかと。


まぁでも爽やかな人が爽やかな格好しても、
擬人化クールミントガムにしかなりません。
鬚がワッシャワシャのむさ苦しいオッサン、
そんな人が着ればこそ、爽やかさがいや増すでしょう。



「せっかく冬篭りから覚めたのだからテンション上げて行きたいですな」
となれば、こんな斜め45度のレーシーさを醸すセットアップは如何?
c0189724_16382198.jpgc0189724_1638319.jpg



7ITA GT-7R Jersey&Bibshorts
ジャージ¥12,800(税別) ビブショーツ¥13,800(税別)

旧来のスタンダード製品と比べパネル数をより多く取りフィット感向上、
同時に背面には通気性が選れた素材を使うなど、
バッシバシ走る人に向けた製品となっています。
c0189724_16384454.jpgc0189724_16385591.jpg



なので本来はレーシングレプリカ的なデザインが基本となるべき所、
マッスルカーをイメージしたGTラインや、聖徳太子をイメージした雅な紫色といった、
自転車の世界ではあまりお目に掛からないニュアンスで仕上がっているのは、
なんとも7ITAらしいというかなんと言うかで、絶妙に格好良い。
c0189724_1644828.jpg

高貴な色のジャージで、スパーッと走りに行きたいなぁ、
と思いはするけど、こんなシュッとしたの似合う訳が無い。

シュッとしたスタイルの前に、まずシュッとしたボディ。

冬が終り脱ぎ捨てるのは分厚いアウターだけではなくて、
その下にビッシリと溜め込んだ脂肪という名の、
偉大なるアンダーウェア、それをまず捨てん事には・・・。


まぁワタクシが脂肪層を捨て去るなどという事は、
少なくとも今の人生の間は無理な気がします。

来世はシュッとしたボディに転生出来ます様に!
by kaleidocycle | 2016-03-27 20:30 | 商品

カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧