井戸端監視カメラ



2013年 02月 17日 ( 1 )


冬季対策基本法。

c0189724_1737386.jpg
山から流れ出す湧き水が、
跳ねて逆ツララとなり、
ファンタジックな姿を現す本日。

実に寒い。

しかし心はホット!だってホットさんだから!
ではなくして股の下にクランパスがあるから。
c0189724_17375620.jpg


c0189724_17394267.jpg
丁度良いタイミングで降った雪。

峠の上りから此奴の恩恵は炸裂し、
凍結している箇所でもスカッ!と滑る事無く、
グニュリと分かり易いインフォメーション。

パリパリに凍った雪の轍も、
ハンドルを取られる事無くドカドカ乗り越えて行く。


ゴイスーゴイスー。

本来トレイルであるはずの、ただの雪道に入ってパウダースノー踏みしめても、
雪が積もらぬいつものトレイルの如く普通に、とても普通に走って行く。
c0189724_17401341.jpg

丁度、走りに関しては格上の知人と出会い、
並んで雪の中を上ってみても、
まるで自分が上手くなったかの様に、
ドンドンペースを上げて上って行ける程に・・・。

ってコレ速いな!


軽さを求めて29tにしてフロントが、
どんなモンか気になっていましたが、
いやいやなんのなんの、充分十二分。

c0189724_17402428.jpg
そう、クランパスは速いのです。
比喩では無く、普通に速い。


通常路面の凹凸で自転車は減速する訳ですが、
そんな事を実感する事は殆ど無かったり。

しかしクランパスに乗って走ると、
巨大なホイルによりその減速を感じない、
そこではじめて「ああ、今までは減速してたんだ」と。

ん~、正にローリングフォース!

上り、平地、ダート、オンロードと何処でもそのローリングフォースは光る訳ですが、
シングルトラックの下りに入っても、そこでも・・・いや、そこで更に輝く
c0189724_1743558.jpg

大径タイヤは障害物を乗り越え、
巨大なエアボリュームは、
3~4インチクラスのサスペンション並み。


雪&泥のズルズル路面を曲がっている中で、
フロントがポカンと跳ねても、
着地後にズルっと行かないので、
コケそうでコケないという不思議な感じ。

と述べていると、29+規格のタイヤだけが良い様ですが、
それを活かすフレームがとても良い・・・。
こんな変なタイヤなのに超ニュートラル&マイルドなハンドリング、
こんな変なタイヤなのにフロントを上げようと思えばサッと上がるし、
ダンシングで振ってもスパンスパン軽く前に出る。


コイツァ・・・ファットバイクでは無い・・・。
完全に、そして非常にレベルの高いトレイルバイクです。
普通の29er規格が立ち上がった時に、提唱者のゲイリー・フィッシャーが、
「26インチはMTBとして最適ではない。
 それを選んだのは当時それが手元に有ったからだ」

てな事を言うたとか言わんとか、な話がありますが。

そこで「ホントはコレだ!」と言うのが29erでは無く、
この29+であったなら・・・と思わずには居れん程にコイツは面白~い。
Surly扱って十数年、久し振りにエキサイトしてしまう程のスマッシュヒット。
今年、クランパスはきっと多くの人の心を鷲掴みにする事でしょう。



で、あとオマケ。
c0189724_17432347.jpg
この時期に「コレ無しでどうしてんの?」という、
ツバ付きバラクラバ、第二回目入荷完了です。

・45NRTH ロングクッキーバラクラバ
 ¥4,930



メリノウールで作られた目だし帽なのですが、
薄く肌触りがよいので、自然な被り心地。
またツバ付きなので、コレ一枚被れば、
サイクリングキャップも兼ねるのがまた良い。

c0189724_17433633.jpg
マスクの鼻下部分には穴があり、
マスク装着していても内側は結露し難い。

またマスクは別体になのでズラす事も出来ます。
自分は顎まで被せるのが一番好きです。
暖かく、息がし易いので上りはコレ。

c0189724_17434950.jpg
昨年発売されてから被り続けて居ますが、
今までよくコレ無しでやって来れたなぁ、としみじみ。

一度使えばスペアが欲しくなる、
そんなサイクリングバラクラバ、ある内に是非。


そんなこんなで麓まで下りて来ると、
腹下についた泥混じりの雪が、
ビッシリ凍りついて居りましたとさ。



明日は自宅の引越しの為、臨時休業です!
by kaleidocycle | 2013-02-17 19:44 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧