井戸端監視カメラ



2010年 09月 12日 ( 1 )


秋のDustee松竹梅。

ラグリーのカーネギーズバーをマイマシーンに装着し、
朝からご機嫌さんで、聖地へ。
c0189724_18561717.jpg
幅が広過ぎるか?とも思っていましたが、
シングルで峠を上るのに非常に都合よろしい。

手前に曲がっているので、
左右に生える木にも、然程引っ掛かる事も無く、
グイングインと右へ左へ。

個人的趣味で言えば、ベント系ハンドル中、最好。

ノーグリップタイヤ・ポンコツサス・Vブレーキ。
だからどうした、実に最好。
秋の入り口とは言え空は高く、聖地「沢池」は今日も穏やか。
吹く風は涼しく、虫は姿を消し、ただただ静か。日曜日なのに誰も居ない。
c0189724_18555567.jpg





M
T
B











°

そんな本日ですから、ウチの取って置きのカワイコちゃんを、ご紹介致しましょう!

MTBはとても面白い乗り物であり、遊びであります。
しかし、殆どのMTBは世界を相手にするMTBであり、
日本の、特に京都の狭いシングルトラックで遊ぶに適したモノは、
探すと結構少なくて、悩んでしまう事しばしば。
悩んでいる人、カタログと睨めっこしてませんか?
そこには無い答えが此処にありますぞ!

それが「Dustee Revolver」。
日本人に向けて、日本人が企画した、日本の山用マシーン。
低いBBハイト、コンパクトなコックピット、愛してしまいそうなルックス、
それを満足行くコンポーネントで武装したにもかかわらず、
非常にリーズナブルな価格で提案してくれていた稀有なモデル。
ただ「くれていた」という過去形の通り・・・完売&次回生産未定でございます。

c0189724_18565372.jpg
そんなRevolverを、松竹梅の3段階でご用意。

まずは真ん中の「」。
リボルバーの完成車をベースに、
ハンドル周りを、山遊びに向け見直し、
70mmのOSステムと、ライザーバーに。

完成車なのに不満を言わせない完成度。
コレがあれば山を縦横無尽に飛び回れる。

・Revolver竹 Sの白1台のみ 完売致しました
c0189724_18571082.jpg「お買い得なのは分かる・・けどお金が無い」
そんな人には「」でどないだ!

コンポは1ランク落としてデオーレなれど、
サスは竹と同じReconのUターン。
ブレーキは勿論油圧のジューシー3で、
ハンドルはやはりライザーバーに。

竹ほどではないけれど、山を走るに充分過ぎる装備を、
ほぼフレーム・フォーク・ブレーキ代で。
・Revolver梅 Sの黒1台のみ 完売致しました
安かろ!
c0189724_18572733.jpg最後に「」。

竹をベースに、カスタムペイントを施し、
変態ハンドルJバーや、
レベレーションプッシュロック付き140mmエア、
クロスレシオスプロケ、dkg、PDWと、
個人的趣味満開で作り上げた、
「これぞ京都のトレールスペシャル!」な一台。

このまま持って帰りたいです。
というか、持って帰ろうか毎日検討しています。
・Revolver松 Mの暗紫一台のみ 完売致しました

正直、松はただの恨み節です。
「何で、皆Rvolverの良さに反応してくれなかったんだ、
 こんなに良いじゃないか、なのになんで・・・。」

そう、もっと売れていたら、Rvorverはもう一度生産されていたでしょう。
しかし、固定好調・ロード好調の時流の中では、
採算見合うペースでの販売に至らなかったのかもしれません。


季節は過ぎ行き、時も過ぎ行きます。
また、新しい色々が出て来る中に、グッと来るモノもありましょうし、
再来年とかに、Rvolverが復活するという事もあり得るかもしれない。

何はともあれ、此処で一度サラバサラバなRevolver。
後ろ髪引かれる方は、秋のトレールを抜ける自分を想像しながら、
この松竹梅を見に来てやって下さいませ。
by kaleidocycle | 2010-09-12 20:18 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧