井戸端監視カメラ



オーディション。

ワタクシのロングテールバイクはSurlyの1x1をベースとしており、
構成部品も基本的にシングルスピードMTBとして乗っていた頃のモノのまま。

よって変速機も無い(正しくはフロント二段変速)訳ですが、
日々重たくなる&意味無く動き回る様になって来た長男を毎日乗せるには、
如何考えても変速があった方が快適、という事で今更ながら多段化決行。
c0189724_1845257.jpgc0189724_18453635.jpg


c0189724_1846564.jpg

で、はずされ余ったシングルハブ一つ。

十数年お世話になった此方のハブですが、
改めて状態を確認すると全然傷んでません。
高級品でもない、というか寧ろ廉価品なのに。


「アンタ大したモンだよ」と労いの声をかけつつ、
再び活躍する日が来るその時まで、
暫しの休息をとお宝箱にホールインワン。

しかし、同じ様に適当にパーツを放り込みまくって来たお宝箱は、
よく見ればお宝箱どころか「ゴミ箱」としか言えない荒れっぷりです。
c0189724_18465781.jpg
お盆を迎えようというこのタイミングで、
ゴミ箱を一度整理しようと動き出した本日。

え~っと・・・コレは?
多分今は亡きMTB用STIの、
ブレーキリッドキャップですね。

これが必要となる日は来るのか?
無い無い無い無い。

c0189724_18471328.jpg
カンチブレーキ、これはお宝ですね~。

でも無駄にSEです・・・。
そう、サンツアーが世に問うた、
セルフエナジャイジングシステムです。

しかもブランドが何故かペデルセン。
ついでに言えばフロントのみ。
ん~・・・出番が想像つかん。

c0189724_18472041.jpg
同じくカンチ用のシュー、新品未使用!

しかし10年モノどころではありません。
当時は強力な制動力を誇った、
ポリカンチシューも今やただの石。

念仏唱えて廃棄致しましょう、
南無南無~南無南無~。

c0189724_18474377.jpg
Rooxのチェーンキャットとか、
泣かせますね~、チェコですよチェコ。

DMRのフロントW用デバイスは、
ステン製なのが好きでよく使いました。

ただ・・・微妙に懐かしいデバイスを、
後生大事に残して何になる?
まぁロングテールとかに使えるかも。

c0189724_1848278.jpg
Rockshoxのリペアパーツも、
新品中古グチャ混ぜで限りなくゴミ。
トラベルスペーサーとかも、
無闇に山盛り出て来ました。

でもこういうのがある日必要になる、
そんな事もあったりしますしね。
子供の暇潰し用のオモチャとか・・・。

c0189724_18481236.jpg
ビッ!ビービーッ!

こういうのって、使う積りも無いのに、
ついつい集めてまうのは何故でしょう?

せっかくなのでロングテールにつけて、
ビービー鳴らしてみたい所ですが、
いざ鳴らす段になると鳴らない、とか。

c0189724_18482589.jpg
お宝箱に似合うのはこういうの。

プロファイルデザインが放った、
バーエンドグリップシフトシステム、
「ユニバーサルパワーシフト」ですよ!

箱入り新品、素晴らしい。
でもコレって8速用なんですよね・・・。

と、そんな確認&整理作業を黙々と進めた結果、お宝と思えるものはお宝箱へ、
反対に面接試験に落ちたお宝以下の過去の遺物達は・・・地獄行き!
では無く、お宝箱の下層に待ち構えている「ジャンク箱」行き。
c0189724_18484654.jpg



ジャンク箱の中には何があるのか?全然把握出来ていません。
此方も一度整理・分別をしなければ、と思いはすれども、
「いつか何かに使える」そんな日を待つジャンク達ですから、
おいそれと捨てる訳にも行かず、「まぁ良いか」で放置。


オッサンの腹に贅肉がたまって突き出て来るのと同じく、
こうして自転車屋の倉庫は無駄な贅肉が溜まって行くのでしょう。

「男の腹には、男気が詰まってんだよ」
というのは漫画・アゴなしゲンと俺物語に出て来る大好きな名言ですが、
自転車屋の倉庫に詰まっているのは・・・男気では無いっぽいですね、残念ながら。
by kaleidocycle | 2017-08-12 20:14 | 無駄
<< サービス部。 レデュケーションって何ケーション。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧