井戸端監視カメラ



クレイジーQ。

c0189724_162257.jpg
今日も朝からクソ暑う御座います。


標高170m上がれば気温が約1℃下がる、
そんな風な事を理科の授業で習った気がするし、
加えて北へ向かえば、涼しさは約束されたも同然。

とか考え出す事自体が暑さに頭をやられた証拠です。
涼を求めて上る峠で汗かいてりゃ世話無いってな話。

ま、天竺目指す感覚で一歩一歩進みましょう。

c0189724_1624825.jpg
そもそも涼を求めてのライドに、
固定ギアを選ぶってどうなのさ?

固定ギアなんてシンドイやん。
固定ギアなんて上れないやん。
ピストとはそもそもバンクを走る為の。
街乗りファッションアイテムとしてなら。


そんな意見は却下致します。

固定ギアで峠?普通に上れますしなんなら心肺の負担が少なくて楽だったりします。
ただ平均移動速度が出し辛いのでノンビリ走る事になっちまいますけど。

また現代的固定ギア(?)のルーツがバンクを走るレーサーにあったとしても、
それを何処で如何使うかは人其々、まぁ何と言うか・・・職業選択の自由、的な?


そんな訳で一般的では無いとしても、好きな人は好きな固定ギアでのサイクリング
好きな気持ちが高じるとモノノケになる、という具体例が此方。
c0189724_1632084.jpg



c0189724_165568.jpg
ロードもMTBもカブも軽バンも持っているのに、
何処へ走りに行くのも固定ギアばかり、
そんなオーナーの夢の煮凝りと申せましょう。


基本的に「漕ぐ」という操作しか出来ない為、
車両其々の個性が否が応にも際立つ固定ギア。

オーナーが捨て猫を拾うが如く集めた、
4台の固定ギアは其々魅力的なのだけれど、
どれも微妙に好みの凹凸があって・・・。

「そうだ、こんな時こそフルオーダーだ!」 
となって製作される事になった夢の似凝り固定ギア。
製作担当は弊店御馴染み、夢を叶えるフレームビルダーSunrisecycles


c0189724_1663097.jpg
バンクを走る為でも無ければ、
街中を流す為でも無く、
ずっと漕ぎ続ける為に作った固定ギア。

ロング用?峠用?まさかクリテ用?
ノンノン、何用とかでは無しに、
山越え谷越え延々ただ走る為、
そしてふと見て浮かれる為の一台。

故にディティールは走りと実用性を確保した上で、強烈とも言える個性を発揮しており、
サンライズ高井のプライドの高さと神経質さが生むウルトラスムースネスと、
彼の精神世界を具現化したエッジーなシェイプの緩急が素晴らしい、というか凄まじい。
c0189724_167153.jpgc0189724_1673365.jpg





c0189724_1675477.jpg
薄い塗膜の下から透ける仕事の跡と、
サンライズ独特の造形が、
有機的な異世界感を醸しており、
「漕ぐと此処が膨らんで蒸気が出る」
と説明されたら信じてしまいそう。

実際膨らむのはオーナーのハートだけ。
そして出るのはオーナーの汗だけ。

c0189724_1682991.jpg

「ピスト」って言葉が未だに苦手。


嘗て吹き荒れたピストブームの際、
流行流行という言葉が煩わしくて、
置いとけば飛ぶ様に売れて行く、
Deep-Vを絶対に扱わなかった。

何故か書かせて頂いく事になった、
パーツ総合カタログのリコメンドも、
「ピスト担当」という依頼が嫌で、
「シングルスピード」に変えて貰った。


でもそのピストブームが無ければ、
固定はバンクから飛び出す事無く、
バンクを回り続けていたのかも。

グルグルとOの字の輪っかを回り続ける正調ピストバイクに対し、
道を逸れてQの字に飛び出してしまった固定ギアを何と呼びましょう?

それはきっと「水の成分は一体なんなんだろう?」というのと同じくらい馬鹿馬鹿しい話。
冷たい水をグイッと飲む様に、固定ギアをグイグイッと踏み込めば、
他の何でもない其れが体の中を駆け巡るってな塩梅で御座いますので、
普通~にサイクリング車として固定ギアを選ぶってのは有りな選択だと思いますよ、ウン。


ただ、そんな風に固定ギア讃歌を歌おうとも今回の一台は・・・チョッと狂ってますね。
by kaleidocycle | 2017-07-08 20:01 | 商品
<< レッツライド。 ジプシー家族。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧