井戸端監視カメラ



In to the green。

c0189724_18261531.jpg
ニョロン。

と、蛇口から垂れて来ているのは、
汗でも洟でもなく・・・蜂の巣ですね。

物騒です、秋の蜂の巣は物騒にもほどがあります。
しかしついつい興味をひかれてしまうのは、
一体何故でしょう?フェロモン的な奴ですかね?


はい、そんな蜂もワッセワッセなる秋到来と言う事で、
山に行けば蜂の巣は勿論、栗にも出会えるアケビにも出会える毒キノコにも出会える。
ならばいざ行かん!山へ!という気持ちを抱く人に見て頂きたい一台が本日完成。
c0189724_18264436.jpg


EBS Vokka27.5 悪路突破仕様
今夏に第一ロットが完成したEBS/ボッカの27.5インチホイルバージョンを、
敢えて26インチホイルで組んでみた、へそ曲がりな一台でありますが、
当然悪ふざけで26インチを採用したわけでは無く、真剣に効率を求めた結果です。


一口に26インチと言っても普通の26インチではなく、Velocityの35mm幅ワイドリムに、
Surlyの極太オールテレインタイヤ「E.T. 26x2.5」を履かせた、
セミファット一歩手前のウルトラバルーンで、タイヤ直径は27.5インチに迫るほど。

極太とは言えど、直径のデカさ&タイヤパターンの恩恵で、
漕ぎは意外なまでに軽く、キレは無くともスルリと転がる不思議な乗り心地。
c0189724_18271456.jpgc0189724_18273637.jpg



また、このエアボリュームにしてこのセミノブパターンと来れば、
林道は勿論の事、ゴロゴロした岩も柔らかい泥もムッチリと乗り越えて行けるでしょう。

焦らずジックリ一歩一歩、そんな姿勢が似合う足回りですから、
ドライブトレインもロー42tと激軽が選べる7000SLXで構成し、
更にフロントもダブルとする事で、あらゆる地形において気合い不要。
c0189724_18275036.jpg


ハンドルは自分も愛用している、
SimworksのTo-smile-bar


しかし定番の520mm幅ではなく、
ワイドな560mmバージョンの方。

結構収まり所が見つかり難い、
そんな幅広さの560mm版ですが、
今回の組み合わせは・・・、
個人的にバッチリだと思います。



ええバランスの立ち姿でっしゃろ?


c0189724_1828727.jpg
ベーシックな自転車感を維持しながらも、
近代の部品で再構成した「今」な一台。

スタンドプレートを装備しているので、
サイドスタンドを綺麗に装着する事も出来ますし、
勿論前後キャリアの取り付けも可能。


普段の相棒として乗りながらも、
頭の隅ではいつも山の事を考えていたい、
そんなイメージを元に作ってみた新色、
グリニッシュガンメタが実に良い仕上がりです。

あとは専用のヘッドバッヂが届けば完成です。
今回組んだサンプル車両はLサイズですが、Mサイズのストックフレームもありますので、
EBSの新しいラインナップ、ボッカ27.5をどうぞお見知りおき下さい。


あと26インチと言えば!
6月に入荷するも即完売となった、(意外にも)大人気の26インチワイドリム、
Alex/スープラ35の26インチ版が再び入荷しました。
c0189724_18282653.jpgc0189724_1828382.jpg


Alex Supra35(26インチx32穴)  ¥6,600(税別)

この幅、この軽さ、この価格、ついでにハトメもついている!と言う事で、
必要とする人は皆チェック済みであろうと思われるスープラ35の26インチ版。
日本国内の店頭で出会う機会など無いに等しく、海外通販での入手さえも困難な此方、
今回もそこそこ本数取っていますが、次の入荷は来年になると思いますので、
御入用の方は是非是非早めのご検討よろしくお願い致します。

後日記 : 再び完売。次回入荷は2017年春予定。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」までお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2016-09-09 21:47 | 商品
<< 2017見聞録 その2。 2017見聞録 その1。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧