井戸端監視カメラ



KOFN(興奮)。

c0189724_14324963.jpg

今朝は、全国行脚の旅から帰って来たカルトを供に、
しばらく振りのワンパクトレイルライドへ。


改めて乗るとシングルスピードはしんどい・・・、
と感じるかと言えば否、極々普通。

移動速度が上がらない事を除けば、
世の中たいがいの事はシングルで何とでもなる。

c0189724_14343880.jpg
が、遊ぶ為のトレイルバイクはシングルで良くとも、
移動距離を伸ばし、少しでも楽に、少しでも短時間で、
となるとやはり変速の存在はありがたい。

その「少しでも」の欲求が原動力となり、
変速段数を細胞分裂の如く増すに至り、
5、6、7、8、9速と来た所で更に加速し、
今や主流は10&11速、そしてもうじき12速が登場。


って、ミニオンズかお前は。



ジャンジャン増えるのは結構結構、それで何かしら便利になるのなら。
しかし9速までは互換性のあったMTBコンポ&ロードコンポの関係も、
シマノにおいては10速以降互換性が無くなり、チャンポンの自由が消えました。
c0189724_1435540.jpg

此方、昨年作ったグラベルロード

夏は未舗装の廃道巡りに足を伸ばし、
冬は融雪剤を踏み砕きラフに走れる、
そんな全天候型サイクリング車でして、
速度域はMTBともロードとも違います。

故にコンポ選びも一筋縄では行かん、と。

出先でどんなルートが待つかわからぬ故、軽いギアの選択肢が多くあって欲しいけど、
シマノのロード系コンポではフロント最小34t&リア最小32tのギア比1.06が最軽

リアメカにMTB系を使えればもっと軽く出来るのだけれど、
そこに「互換性」という壁が立ちはだかり頭を悩ます・・・。
Sramであればそういった問題も少ないので好き放題出来るんですけどね、
ただ導入コスト&ランニングコスト&性能を並べると、選び辛いと言うのも事実。


ドロップハンドル前提で!MTBメカを使えて!出来れば油圧ブレーキも使えて!
そして何よりコストを落とせる方法は無いモノか?


そういった悩みを抱えた人は、恐らく一つの答を見つけているはず。
しかし問題はその「答」が全然手に入らない、という事だった・・・だった・・・だった。
c0189724_14333135.jpgc0189724_14334921.jpg


手に入らない日々はもう過去となりました!
遂にドロップ&MTBコンポ化の最終兵器、マイクロシフトの「M11」が入荷したのです!
・microSHIFT BS-M11 ダイナシス11速用バーコン  ¥14,500(税別)


c0189724_1436110.jpg
このマイクロシフトのダイナシス11速用シフター
すぐそこの台湾で作られているはずなのに、
全っ然っ手に入んなかったんですよね~。

それが・・・このたび・・・遂にっ!

此奴があれば現行XTやSLXなどの11速MTBメカを、
ドロップハンドルでも使えてしまう、と言う事で、
ロー40tでも42tでも、何なら46tでも選べてしまう

また当然スタビ付きメカを使う事になるので、
ナローワイドと合わせてフロントシングルも可能に。



c0189724_14362890.jpg
「廃道主義の皆さん、ドロップバーの末端にどうぞ♪」

そう言われて素直に従う人ばかりな訳も無く、
「手持ちのギブネールに装着したろう!」と画策する、
そんなも居られる事でしょう。


しかしよく画像をご覧下さい、
上はシマノの11速バーコン、下が今回のM11、
ワイヤ巻き取り量が異なる事から、
ボディの大きさもM11の方が一回り大きいので、
ギブネールのCXレバーには装着不可、です。

c0189724_14364235.jpg

他の可能性も探って行きましょう。
次のお題は「Wレバー化は可能か?」

フレームに沿わす為のスペーサが、
シフターと一体化している為、
クロモリフレーム用スペーサへの交換は、
基本的に不可の模様。

c0189724_14365036.jpg
しかし着くには着きます。

シフターとフレームの間に隙間が生まれるモノの、
それさえ気にしなければ機能的には問題無い訳で。

アルミフレームならもっと自然に着く事でしょう。
まぁWレバー台座付きのアルミフレームなんて、
今時珍しい存在である事は置いといて、ですが。


あと固定&調整用のボルトが長過ぎるので、
此処は交換なり切断加工なりが必要となるでしょう。



え~、そんなこんなで興奮が過ぎて長文となりましたが、
マイクロシフトのダイナシス対応製品がやっと普通に手に入る様になりましたよ!
そういう事です。
c0189724_1437328.jpg



あとバーエンドコントローラーだけでなく、サムシフター仕様も入荷。
・microSHIFT SL-M11 ダイナシス11速用サムシフター  ¥15,500(税別)

勿論、今まで細々と手に入っていたダイナシス10速バージョンもありますので、
「コレがあれば何が出来るか?」そんな楽しい妄想を繰り広げて下さいませ~。
by kaleidocycle | 2016-08-14 20:42 | 商品
<< 少しデラックス。 位置について、用意。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧