井戸端監視カメラ



改めましてこんにちは。

え~、連日同じネタで失礼致します。

弊店2016年最大の作戦である「オリジナル26+トレイルバイク」の最終プロトが、
やっとこさ見て頂ける域に達しましたので、改めて御紹介させて頂きたいと思います。
c0189724_19442867.jpg




c0189724_2003694.jpg
ザックリとした概要は過去の記事に譲るとして。

梅雨時期に行ったリアバックの改修で、
タイヤクリアランスを更に追い込み、
50mmリム&26x3.0のフルサイズ26+でも、
御覧の様な余裕のクリアランスを確保。


・・・結構ギリギリじゃないかって?

セミファット界ではこれを「余裕」と言います。

c0189724_2011088.jpg

またBBは当初73mmで行く積もりでしたが、
68mmと比べても然程メリットが見えなかった為、
もっともBBが選び易い68mmシェルに変更。


極太タイヤを押し込んだ関係上、
剛性不足に陥り勝ちになる対策として、
チェーンステーは豪快な太さのφ22mmを使い、
微妙に曲げ、微妙に潰し~ので、
ヒールクリアランスも不具合無いベルを確保。

c0189724_201235.jpg
エンドは専用に製作したオリジナルエンドプレートに、
ParagonMachineWorks社製の、
RockerDropout(俗に言うスウィンガー)ハンガーをセット。

135mm&142mmを自由に選べる事に加え、
気分次第で簡単にシングルスピード化が可能。


ブランド毎に専用で企画しているハンガーと違い、
個人単位でも補修用ハンガーが入手し易く
安定した品質ながらコスト低めという点も素晴らしい。

c0189724_2014823.jpg

そんな可変式のスウィンガーですから、
リアセンターの調整が効く訳で、
マルチで使う場合は最短415mmと相当短め。


またSS対応フレームで多いトラックエンドと違い、
ホイルの着脱がヒョイヒョイ行えますし、
歯を二枚つけたディングルスピードで使う際も、
ブレーキの調整をせずチェーン張りを調整出来ます。

c0189724_202961.jpg
そうそう、昨日自分が陥った様に、
山中でのトラブルは避け切れない訳ですが、
セミファットは替えチューブも大きいですし、
エアボンベでは歯がたたずポンプも必携と、
持つべき荷物が嵩張る傾向にあります。

なのでダウンチューブのボトルボスは、
一般的な2点ではなく3点とし、
大型マルチケージ装着に備えてみました。

いざと言う時の為に、ですな。

ジオメトリに関しては積極的に公開しない方向で考えています。
セミファットの特殊性やフォークストロークの事もありますので、
数字で云々考えているよりも、まず乗ってみて感覚として捉えて頂きたいなぁ、と。
c0189724_2021773.jpg



とは言いながらもサイドショット、ドン。
懐具合をザックリ言うなら、インスティゲーターのSとMの間くらいですね。

まずはこのサイズのみで本夏5本製作致します。
価格はフレーム¥140,000パラゴンエンド代別と言う事で、
エンドは種類と為替にもよりますが、¥5,000~7,000程度になろうかと思います。


c0189724_2226114.jpg
興味を持って頂ける方は是非乗って下さい。
弊店の前で乗っても面白くも何ともないはずなので、
是非いつも走っているトレイルに持ち込んで、
思う存分テストして頂きたいですね!

ご希望頂ける方は御連絡下さ~い。


最後に此奴の名前ですが、
「カルトスター」と命名しました。

その設計の狙いやナンやはまた後日にでも。
by kaleidocycle | 2016-07-08 22:31 | 独自MTBフレーム
<< ブラックシープ。 七夕の教訓。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧