井戸端監視カメラ



用意周到。

c0189724_16595845.jpg
一目会ったその日から、
恋の花咲く事もある。


って「パンチでデート」じゃないけれど、
この一台を始めて見た時、
この独特な造形のフォーククラウンに、
ググィっと目を惹きつけられました。

「ほほぅ、貴様タダモノではないな・・・」

c0189724_170567.jpg



BOMBTRACK Arise  ¥126,000(税別)

「シングルスピード、スチールフレーム、リムブレーキ」という概要は勿論、
価格的にもSurlyのCrosscheck-SSの対抗馬となる訳ですが、
ドイツからやって来たこのアライズさん、相当強力に練り込まれた一台となっています。


まずボムトラック自らおこしたという独特な造形のクラウンは美しく、
そこからテーパー浅めでズイっと伸びるフォーク足にも存在感があり、
達する先の爪もコイン型の大ぶりなモノとジックリ見ても充分面白い。
c0189724_1782616.jpgc0189724_17114987.jpg



c0189724_1785319.jpg
このフォーク一本だけでも、
¥12万の完成車とは思えない存在感と魅力、
そんなモノをムンムンと放っていますね。


そこに合わせるブレーキは、
普通であればカンチとなりそうな所、
アライズは80mmレングスのミニVブレーキ

ヘッドセットもFSAのOrbit-Xと、
手抜きの無いストロングスタイルな構成。


まぁその辺りは「確実に抑える」という感じですが、
一転ホイルに目をやると・・・リアハブが「おぉぉ~」ってなモンで、
標準的なボスタイプでは無く、比較的高価&選択肢の少ないカセット式シングルハブ
c0189724_1793888.jpgc0189724_1794711.jpg


10mmボルトオンという事で剛性が低いなどという訳も無く、
ドラッグの少ないフリーシステムはチリリリィィィっ♪と良い音奏でてくれます。

フロントハブも、リアと同じくボムトラックオリジナルのボルトオンで、
ボルトを抜いてクイックシャフトで使う事も可能。
c0189724_1710289.jpgc0189724_17103854.jpg


リムはゴツっとした25mmワイドのダブルウォールで超安心。

ただ・・・組み方がチョイと甘いかなぁ~、という事で縦横触れ取り必須。
あと世の完成車大勢と同じく、リムバンドが少々細い&ズレているので、
適正な幅のHPリムテープに張り替えて対処は万全。
c0189724_17105443.jpgc0189724_1711596.jpg



はい、話が長くなりそうなのでただ今店頭で流れているBGMをポチっと再生。
マイク・ミューアのムーブだけでも見応え充分ですが、
やはりロッキー・ジョージのギターが痺れるほど格好ええですなぁ~。


c0189724_179674.jpg
はい、休憩終了。

続きましてエンドに目をやりますと、
ディレーラタブ付のスライダーエンド

なので、シングルスピードなれど、
ホイルの取り外しが非常に簡易ですし、
ロード用ホイルに入れ替えて、
多段変速化もまた簡易。

c0189724_2185596.jpg
シングルスピードの車両を多段化するとなると、
「ワイヤ関係は・・・タイラップで固定?」
そんな残念な回答が出るはずの所。


なんとリプレーサブルのアウタ受けが付属。

シングルで乗る際は当然外してスッキリ、
マルチで乗る際は取り付けキッチリ。

そういう事。

c0189724_1712764.jpg

BB周りはBB周りで一捻りあり、
プレスフィットのBB86規格


シマノ主導の規格でありますが故に、
傷んで交換する際にも部品が安い。

c0189724_17123741.jpg
BB86となると組み合わせるクランクは、
自動的に2ピースになるのですが、
2ピースというのもまた良いですね、
ガタも出難くく安心感高いですから。


さて・・・上の画像と横の画像を見て、
「ん?」と気付かれた方は鋭い。

よく見るとシートチューブの下端、
BBシェルとの接合部は横潰し加工されています。

この手法はリッチーをはじめ、リッチーフレームを製作していたトーヨーに見られたモノ。
まさかドイツっ子の此奴にこの様な加工が取り入れられていようとは。
c0189724_17124867.jpg
とまぁこの様にですね、
満腹仕様のアライズですが。

更にサドルまでもが魅力的で、
表皮にアンチスリップ素材を用いた、
ボムトラックオリジナルサドル。

ついでにシートポストはサイドハグ。

「完成車のサドルなんてオマケオマケ、乗り始めたら好きなサドルに交換すれば良い」
そんな常識を覆してしまう程に、チョッと単品でも欲しくなってしまう素敵さです。
c0189724_1713859.jpgc0189724_17131928.jpg


バーテープも車体色と同じオレンジがチラ見えする穴あきバーテープだったり、
ヘッドスペーサーも一枚だけ車体同色のオレンジが挟まれていたりで全く隙が無い。
c0189724_17133675.jpg
前後キャリアも取り付け可能だしフェンダーもまた。
シングルでも変速付きでも不自然さを出さず、
其々キッチリ形に出来る拡張性を秘めた上に、
完成車の時点で此処まで練り込まれている。

恐るべき用意周到さです。


路面状況を問わず走れるシンプルな自転車で、
時間があれば遠出もしたいし、
キャンプツーリングにも行きたいので、
変速&キャリアも着けれる方が良い。

それでいて格好良くてリーズナブルで丈夫で個性的で他人と被り難い一台。

って、そんなモンあるかぁ!と思ってましたけどありましたね。
この一台以外は思いつかないので、上記した様な希望条件の方はアライズで決定です。
by kaleidocycle | 2015-12-07 21:50 | 商品
<< ジングルベろう。 いきもの。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧