井戸端監視カメラ



メズラシーシーピー。

c0189724_18295230.jpg
近所の裏道を走っているとこんな看板が。

秋季特別展「纏う美甲冑」 -武士の心意気-


で、その横を5歳くらいと思しき少年と、
その父親が歩いていたのですが、
父親が言う訳ですよ「びかっちゅう展か~」。

すると息子がレスポンス鋭く喰い付く、
「ピカチュウ?今ピカチュウっつったよね?」

「ポケモン見る~!ピカチュウ見ようよ~っ!」
    「違う違うポケモン違う、綺麗な鎧兜でビカッチュウなんだよ」
「嘘や~!騙す気や~!騙されんぞ~!見る見る見る見る!」
c0189724_18304440.jpg
などと言う一幕がありました、
と言うのは嘘です。

ンダーンッ!
嘘つきは死罪です、昔から決まっています。
嘘つきが蔓延らないように、
街の角々にはハンターが銃を構え、
嘘つきが嘘つく瞬間を狙っているのです。

c0189724_18305753.jpg

「その事もまた嘘だ」
という事実はハンターが被る帽子が、
「鳥打帽」である事からも分かります。

そう、彼は鳥撃ちですから人は撃たないのです。
彼がうつのは銃では無く「縄」、
実は彼は特高警察なのです・・・。


と訳の分からん嘘をつくのにも「飽き」て来ました、
そろそろ本題である「秋」の話へ参りましょう。

c0189724_18311076.jpg

・CCP ハンチング ¥6,900(税別)

鳥打帽、またの名をハンチング。
元々は狩猟用であるこの帽子ですが、
被っている人を思い浮かべると・・・、
渋いサイクリストが浮かんだりもします。

「渋い」という所が大事なので、CCPさんが作る此方も奇抜さは無く、
ウール混の素材感を活かしたシンプル且つ小奇麗なモノ。
c0189724_18312297.jpg
一般的なハンチングと比べると、
被りがやや深い事に加え、
スライダーでサイズ調整可能なので、
サイクリングのお供としても優秀。

存在自体が秋っぽさを醸すハンチング、
灰色ベースと茶色ベースの、
どちらを被っても秋気分盛り上がるはず。

CCPさんとしては珍しくストレートな製品ですので、CCPフリーク以外の方も是非。



続いて、此方はCCPフリークに向けた「珍しい」一本。
c0189724_18314739.jpg

・CCP タフ・シュミッツ ¥20,000(税別)


左右の腿裏部分に巨大なポケットを設けた、
CCP永遠の定番シュミッツパンツ。

バタつかず、裾の巻き込みの心配を減らす、
スリムフィットなデザインながら、
膝の立体パターンでペダリングも快適、
そんな基本構成は変わらないのですが。

c0189724_18324327.jpg
此奴の何が珍しいって、
一切ストレッチ性を考慮していない、
バリッ!としたデニムで出来ている所。
コレはCCPとしてはとても珍しい。

ストレッチも勿論良いモノなのですが、
やはり穿く程に馴染んで行き、
色落ちが自分のモノになる素材は魅力。

c0189724_1833208.jpg

更に「平織りデニム」であるという点もまた珍しい。

「デニムって綾織だからこそデニムじゃないのか?」
とかそんな事は本職の服屋に任すとして、
普通のデニムとは少し違う表情を、
ただ楽しむのが正しいのかと。


で、この生地の特徴として、
「裏表が分かり辛い」という点があり、
裾をロールアップしても目立たないのは面白い。

c0189724_18334254.jpg

足の短い自分なぞは、
パッと裾上げしてしまえば良いのですが。

モーターサイクルに乗る時の丈は、
普段よりも長めが丁度良くなるので、
切るのは少し惜しい・・・となった際、
切らずに誤魔化すという事が出来る、と。

そう、この生地感&このポケット位置&このスリムさというのは、
実はモーターサイクルにとても向いていたりもするのです。

「ハードな生地で作ってくれ!ハードな生地で作ってくれ!」
と、ズッとラブコールを贈り続けてやっと生まれたハードなシュミッツ。
穿き込まれて良い味出し始めた姿を見てから「良いね!」なんて言っても時既に遅し。
穿いて穿いてアナタ色に染めてやって下さいまし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-10-11 20:10 | 商品
<< 冷凍カジキマグロ。 食玩。 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧