井戸端監視カメラ



バラ時代。

先日、「XTとXTRって何が違うの?」と聞かれ答に窮しました。

「良いのと、めっちゃ良いのの違いです。」でも正解なのですが、
もはやそんな阿呆みたいな答で許される訳も無く、暫し考え込む。
c0189724_15373477.jpg
XTとXTRの違いねぇ・・・、
と考えながらイモネジをクリクリ。


数年、ジャンク箱の中で眠っていた、
リンクを手で押すも動くや動かんや、
そんな程度にボロいパラレルリンクの
950XTRのVブレーキをバラします。

c0189724_15374495.jpg

元々レース&トレーニングで酷使されていたモノ故、
あらゆる部分が砂だらけ&ゴリゴリ。

部品を一つ外す度に、ゴミがポロポロ落ちて来る。


一つ外しては父の為~、二つ外しては母の為~、
三つ外しては故郷の兄弟我が身と回向して~・・・。

というのとは違い、全ては己の為。

c0189724_1537529.jpg

で、バラけたホイ。

XTとXTRの何が違うか?というと、
精度や重量は勿論ですが、
「バラしてメンテできる範囲が広い」
というのが何よりの違いだと思います。

c0189724_15381461.jpg

如何にXTRが高性能と言えども、
此処までドロドロではアセラにも劣る。

しかし分解できる範囲が広く、
部品点数も多いXTRですから、
必要に応じて整備・交換を行う事で、
再び最高性能を取り戻す事も出来る、と。



c0189724_15391082.jpg
先日、クリスキングの講習会に参加した際、
シールカートリッジベアリングまでもが、
分解・清掃できるメンテナンス性の高さに、
とてもとても魅了されました。


が、同時にある人の質問が印象的に残ったのです。
「ベアリングバラす工賃幾らで設定してるの?
 あと、そのベアリング自体は幾らするの?」


要するに店で作業を行う場合、
整備するよりも交換した方が効率良いのでは?と。

使いまわして馴染ます事のメリット、新品で確実な結果を得るというメリット、
共に狙うメリットとしては正解なので、答は一つでないのですが、
もし自分がユーザーで同じ対価を払うなら・・・確かに新品の方が嬉しいかも。


ただ悲しいかな我々は自転車屋、自分の車両は自分で整備しますので、
バラせて整備出来るという事は大いなるメリットであり、
補修部品の供給というのもまた掛け替えの無いメリットなのです。
c0189724_15392324.jpg

此方、XTRのオクタリンクBB、
「BB-M950」であります。

ベアリング分解式ですので、
致命的ダメージさえ喰らわなければ、
予備部品ある限りまだまだ使える。
即ち950クランクを使い続けられる。

という事で、整備性に優れたハイエンドパーツというのは自分で触る人か、
もしくは整備費用など小銭同然じゃい!と言える余裕ある人には素晴らしいけど、
価格性能比(維持費込)で見ると価値は絶対ではない、と思ったりする訳です。


けど97以降のXTRはそういうノリでは無くなったので・・・。
やっぱ現行のXTとXTRの違いは「良いのとめっちゃ良いの」になってまうのか?
どやさ。
by kaleidocycle | 2015-10-07 19:59 | 駄情報
<< ニッコリさん。 足元から。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧