井戸端監視カメラ



ダンゴでは無い三兄弟。

書類の整理中、視界の隅で何かがカサカサ動く。
「何奴!」と見るとそこには小ぃぃぃぃさい蜘蛛が一匹。
c0189724_1324619.jpg


普段気に留める事もない小虫でありますが、
顔を近づけてよくよく見ると・・・精密な造りをしておるモンですなぁ。


よくよく見なけりゃ分からない、それは生物の世界だけで無く、
我々の体を包むウェアの世界でも同じ。(こじつけか?いやいやそう言わずに~。)

と言う事で本日は、パッと見では違いが分かり難い、
GSGx7ITAのビブショーツ解体新書の巻、であります。
c0189724_13242698.jpg

まずはエントリーモデル。

Ortles ¥9,500



此奴の特筆すべき点は価格
イタリア製の高品質ビブが、
¥1万以下というのは凄い。


更に画像のホワイト以外にも、
グレーレッドイエロー
グリーンブラックと6色展開で、
色んなジャージと合わせ易い。

c0189724_13251016.jpg

裾のズレ止めは上位モデルと同じ、
立体感の少ないエラスティックプリント。


エントリーだからって、腿が痒くなるとか、
そういったネガティブは許しませぬぞ。


c0189724_13255139.jpg


ショルダーバンドから背面にかけては、
全てメッシュ素材で締め付け感少なく、
通気性においては言及するまでも無いかと。


「ビブは暑いイメージがあるから、
 肩無しのレーパンの方が良いなぁ」
という人にも是非トライして頂きたい。

c0189724_1326031.jpg
組み合わされるパッドは、
GSGのHDエルゴノミックパッド

サイクルアパレル他社への供給も請け負う、
高品質パッドメーカーでもあるGSG。

そのGSGパッドの中では、
比較的厚さがあるタイプとなり、
ロングライドでの快適性は勿論の事、
何せ価格がリーズナブルですから、
まず一枚目のビブとして選ぶならコレ。




c0189724_13261746.jpg

続いてミドルモデル。

Adamello
     ¥12,800




オルトレよりも少し高いけど、
まだまだ充分リーズナブルなモデル。


カラーバリエーションについては、
此方も画像のグレー以外に、
レッドパープルイエロー
グリーンと計5色展開。

c0189724_13263372.jpg

オルトレと見比べて一番に気付く違いは、
やはりショルダーベルトではないでしょうか。


背面のメッシュはオルトレと同じながら、
ベルト部分はエラスティックバンドとなり、
よりタイトな一体感が期待出来ます。


メインパネルの素材はオルトレと同じく、
スポーツライクラなのですが・・・。

c0189724_13264761.jpg
サイドパネルがメッシュ素材になってます。
サマージャージとかでよくあるアレ、
と言えば感じが伝わるでしょうか?

このアダメッロは三兄弟の内、
価格的には真ん中に位置しますが、
「ミドルグレード」という訳でも無く、
最も涼しさを求めたモデル
というのが適切かもしれません。

c0189724_13265766.jpg

合わされるパッドはレコードパッド

GSGのパッドの中では、
最も汎用性に富んだモデルですが、
厚さは結構確保されているのに、
通気性が良いという特徴もあります。


因みにGSGのパッドは、パンツのサイズに合わせて
パッドのサイズも変えているんだそうな、へぇ~。





c0189724_1327982.jpg

最後は長兄、フラッグシップ。

Marmolada
    ¥15,800



プロチームへの供給は勿論の事、
他社OEMも請け負うGSGの、
決めの一手が此方のマルモラーダ。

色は画像のグレー以外に、
レッドイエローグリーンと、
計4色のラインナップ。

価格が上るごとに6色・5色・4色と
色展開が減っていますね~。

c0189724_13273025.jpg

此方はハイエンドモデルだけあって、
素材感もベルトも何もかも違います。


ベルトがエラスティックバンドなのは当然として、
背面素材はライクラを採用。

よりハードな動きに対する追従性
そんなニーズの為に生まれた組み合わせからも、
このモデルの存在意義が透けて見えますね。


c0189724_13281347.jpg

メインパネルの素材もパフォーマンスライクラとなり、
パターン、カッティング、縫製と全て、
今GSGが成し得る最高のモノとなっています。


確かに触っているだけでも、
他のビブショーツとの違いは歴然としており、
ホホォ~てなモンなのですが、
それが¥15,800って・・・何か間違っている様な?

c0189724_13282448.jpg

パッドは勿論、パッドメーカーGSGの最高峰、
コンコルドパッドが組み合わされています。


部分ごとに違う素材を組み合わせられた、
立体的な顔を持つこのパッド。

GSGパッドの中では薄めですが、
ガツガツと積極的に走る人には、
最高の快適性を与えてくれる事でしょう。

と、そんなこんななGSGのサマービブショーツ。
如何でしょう?カタログだけではピンと来ないであろう違いがおわかり頂けましたか?

まぁいくら字で書いても読んでも、触ってみる事には敵わないし、
もっと言えば使ってみてこそはじめて違いが分かるはず。
c0189724_13284357.jpg


興味を持って頂けたなら是非店頭で現物を御確認下さい!
そして他社製品と品質・価格・デザイン、ジャンジャン比べて下さい!
by kaleidocycle | 2015-05-14 19:39 | 商品
<< 毎日ジャージ。 スクリーム・エクストリーム。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧