井戸端監視カメラ



往路復路。

c0189724_18503252.jpg


ガタンゴトン~ガタンゴトン~。


小雨降る今朝は自転車で走りに出るでも無く、
さりとて息子と散歩すると息子が風邪ひく。

と言う事で電車に乗って当所無くガタゴト。


c0189724_18504274.jpg

自宅近くに嵐電の駅があるので、
ちょっと歩いて電車に乗ってしまえば、
あとは濡れる事無く移動出来る。


別に行くあてがある訳では無いけれど、
終点・嵐山まで乗っても料金一律¥200

移り行く車窓の風景に息子も大満足。
因みに彼は赤ん坊なので料金¥0。

c0189724_18505251.jpg

このまま嵐山まで行ってみようかとも思ったけれど。

往路があれば復路もある訳で、
店を開ける時間を逆算して適当な駅で降りてみる。


するとホームが何だか妙な事に。
上り線と下り線のホームが、
対面ではなく斜めにズレている。

如何にもローカル線って所でしょうかね。




さぁそんな朝の活動を終えたら、昼からは自転車屋活動開始。
嵐電に興味の無い人に向けて、有益(当社比)な情報を纏めてみましょう。
c0189724_18512786.jpg
此方バーコンの根っこの山。

何でこんなモンが山の様にあるのか?
それはバーコンを装備した完成車を、
レバー移設してWレバー化した際、
余ってしまうからであります。

で、捨てるに忍びなく溜めてしまう、と。

c0189724_18522592.jpg


そう、バーコン(バーエンドコントローラー)は、
基本的な構造がWレバーと同じなので、
フレームにWレバー台座がついていれば、
移設する事は非常に簡単。


リアはバーコン、フロントはWレバー、
そんな風にすると機能的且つスッキリします。


まぁただこのバーコンの根っこがアホ程余って来ると勿体無くもあるので、
この根っこにWレバーを取り付けて、逆にバーコン化を考え出すのは人の世の必然。
c0189724_1903670.jpg

で、10速用Wレバーである「SL-7900」を、
この根っこに取り付けてみると・・・。

あれ?

レバー本体からワイヤが出ている位置と、
根っこに開いたワイヤが通るべき穴とが、
ズレてしまうではありませんか。

これでは無駄なフリクションが発生します。

c0189724_1943268.jpg
同じ様な移設作業をしていて、
「え~!何で~!」となっちゃった人が、
日本中に5人位はいるのでは?

解決のポイントになるのは、
レバーと根っこの間に挟む間座
この間座にはレバーの型番により、
薄型と厚型(FAT)が存在するのです。

c0189724_1955716.jpg
この間座の厚みの違いと言うのは、
リアシフターのみに存在し、
フロントシフターは全て薄い方が適合。


左はフロント用、右はリア用(共に7900)
ワイヤ通り位置の違いが確認出来ますね、
此処が間座厚みの違いが必要な元です。

c0189724_196961.jpg

で、現在Wレバーやバーコンといった、
「インデックスシフトレバー」というのは対応変速毎に、
8速=400
9速=7700
10速=7900
11速=R1

とありまして、画像上は10速で下は8速用。

真面目に読んでいる暇人は此処で気付くでしょう、
8速用のリアはフロント用と同形状である、と。

この違いが気になったので手持ち部品で確認してみた所、
8速用まではフロントと同形状、つまり薄型間座が適合で、
9速用(7700)からは前後異形状、つまり厚型間座が適合となる模様。

何故そうなったのか?ってのは素人考えで思い至りはするモノの、
確証は無いので説明すべきでは無いと思います、気になる人は直接聞いてちょ。
c0189724_1945274.jpg

まぁそんでですね、
「バーコンとかWレバーとか関係無ぇよ」
という人が殆どだと思いますが、
近年増えているサムシフター化KITや、
Gevenalle(旧:レトロシフト)を使う際には、
この間座の違いを知っておく必要がある。


というか知らないと無駄に性能低下を招く。

c0189724_195784.jpg
此方はポールのサミーズ・・・ではなく、
グランジのレバーハンドルマウントに、
7900をマウントした所。

そこらに転がっていがち(@自転車屋)な、
薄型間座を入れてセットすると、
ご覧の様にワイヤが斜めに引かれ、
悪い事はあっても良い事などある訳無い。

c0189724_1952297.jpg

そこを厚型間座に換えるとアラ素敵♪
ワイヤの流れが綺麗になった。

たかが間座、されど間座。
シフター流用でミスマッチに気付いた貴方、
弊店ではFAT間座を常時在庫しています。
たった¥305でモヤモヤ解消!

此処まで書いてから冷静に見返すと・・・誰がこんな話に興味があんねん、てな内容ですが、
いつか何処かの誰かの役に立つ事を願い此処に記す次第。Peace。
by kaleidocycle | 2015-02-17 21:55 | 駄情報
<< アバターもエル・クエルボ。 通勤具(2KING)。 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧