井戸端監視カメラ



情報ソース。

c0189724_1935733.jpg

どんより曇った空の下、
行けるか?降るか?どかな~?
と斜め上を睨みながら漕ぎ行く朝。

ぽつり

ああ、もたんね。

c0189724_19351754.jpg

自分は濡れても拭けば良いだけ、
自転車も同じく拭けば良いし、
必要に応じて油をさしてやればよし。


雨が降って来た時、一番気になるのは革サドル
革サドルって、濡れた状態で座ると、
一気に伸びるし革も元気を無くすしで。

やっぱたまにオイルを塗り込んでやらねばね!

ってチョイとお待ちよおまいさん、おまいさんのサドルはSelleanatomicaだろう?
「オイルを塗っちゃダメよ!」って説明書に書いてあってじゃないのさ。


おぅ!そうだったそうだった。で、何でオイル塗っちゃぁいけねいんでぃ?

あたいが知るもんかいさ。
でも、想像するにSelleanatomicaのウォーターシールドレザーってのは、
レザーに樹脂系の何かを滲み込ませてある様な気がするんだよ。
そこに油脂を塗り込むと相性上マズいって事なんじゃないかねぇ?


そうかそうか、おめぇの言う話も可能性はあらぁな。
よし、それじゃ一丁調べてみっか!グーグルグーグル、パチパチパチパチ・・・。
ん~、情報弱者サイドのオイラにゃイマイチ調べがつかねぇなぁ~、
まいっか!そもそもオイラの使っているのは無加工のトゥルーレザー仕様だしよ!

c0189724_19353912.jpg
と、寸劇かましてしまう程に、
分かった様で分からない、
そんなセラアナトミカの世界。

専用のケアケミカルとして、
SaddleSauseというのもあるけど、
中身は何なのか?如何にして使うのか?
手探りでお伝えしてみる今回。

で此方のサドルソース、定価¥2,500という事で購入してみたけれど、
説明書も何もついて来ないので、取り合えず同社HPを頑張って読んでみる。
c0189724_1936146.jpg
「ウォーターシールド仕様でも、
 トゥルーレザー仕様でも使えるよ!」

との事なので、オイルで無い事は確か。

また水を吸い易い裏面と切断面にこそ、
施工すべきっぽいので、
施工する面をまずは綺麗に拭きあげる。

ゴシゴシゴシゴシ・・・。

c0189724_19361137.jpg

サドル表面を綺麗に拭き上げたなら、
いざ開けん!サドルソース!

匂いを嗅いでみると塩素系の匂いが強く、
ほんのりアンモニアの匂いもあり、
レザーオイル的なモノとは全く違う。


蓋には針金がついており、
その先に塗布用のボンボリが。

c0189724_19362146.jpg

ボンボリにたっぷり浸み込んだ、
サドルソースをサドルに塗っていく。

ペタペタペタペタ、
余す事無くペタペタペタペタ、
サイドの切断部もペタペタペタペタ。

c0189724_19363091.jpg

「薄っすら均一に」とかそんな事は考えず、
思い切ってベチャっと塗った方が良い気がします。

と言うのもこのソースは揮発性があり、
のんびりしてっとドンドン粘度が上がり、
ダマになって汚い仕上がりになってしまうから。


全部に塗り終わったなら、
ダマになる前にさっさと拭いてしまいましょう。

c0189724_1936445.jpg

でも拭くは拭くで順序ありましてですね。

裏面をノンビリ拭き上げる前に、
センタースリットから表面にはみ出した分を、
優先的に拭き取るべきだと思います。


というのも塗った所・塗らない所で、
染みによる色むらが発生してしまうから。

表面にも施工する場合は、裏表一気では無く片面ずつ仕上げた方が良いでしょうな。

c0189724_19365798.jpg
他には無い快楽的座り心地で、
多くの人々を魅了するセラアナトミカ。

その快適性の対価として、
寿命が短いというのは残念ながら事実。

しかし少しでも永く使い続けたい、
そう思う人の甘露たるサドルソース。

セラアナトミカ・タイタニコに魅了された方がサドルソースを手にした際、
「で、コレどないして使うのんよ?」となった場合に参考になればと記録を残す次第。

つーか1本を使い切る事など一生なさそうなので、
弊店でタイタニコお買い上げ頂いてる方は無料で施工しますわ、もう。
by kaleidocycle | 2015-01-26 22:09 | 商品
<< 放出Ⅱ。 雨上がりの昼間に。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧