井戸端監視カメラ



雨上がりの昼間に。

c0189724_16333810.jpg
スカッと晴れて良い土曜日になりましたな。

此処の所、曇ったり降ったりの繰り返しで、
気分は少々湿気り気味でしたが、
週末にこの好天とは実に憎い演出であります。


弊店屋上へ上って通りを眺めていると、
走りに行った帰りと思しきサイクリストが、
次から次へと通り過ぎて行く。
うむ、素晴らしい。

c0189724_16363319.jpg

「でも週明けにはまた雨予報なんよね~」
と黄昏に思い耽るウツケが此処に一人。


しかし彼は雨を心配している様で、
その実、然程真剣に心配している訳では無い。

何故なら不意の雨に打たれようとも、
(少なくとも)上半身だけは濡れる事等無いのだから。

c0189724_16364584.jpg
という訳で私が昨秋におろしてから、
ヘビーローテーション入りしている、
アウターのご紹介をしてみたいと思います。

・ShowersPass Refuge-JKT
 ¥26,000(税別)



「シャワーズパス?何それ?」
自転車の街にして雨がやたら降る町、
そんなポートランドに本社を構える、
自転車用レインウェア専門メーカーです。

「ガツガツ漕ぐ事が第一で不意の小雨も突き抜けたい」という軽度防水の製品から、
雨天下のサイクリングに対応した完全防水仕様まで、幅広くラインナップしているのですが、
今回のリフュージは「ダダ降りの中を突き進む用」の完全防水バージョン。
c0189724_16375561.jpg
ファブリックは透湿防水の3レイヤーで、
メジャーなGore-TEX製品・・・ではなく、
シャワーズパスオリジナルの「elite」

以前は同社ミドルモデルに、
eVentを使っていた事もあり、
より透湿性に重きを置いて、
開発した素材であると言えましょう。

山歩きと自転車では、発汗量が段違いですから、
より自転車に適した素材を選びたいというのは当然と言えば当然。

ただ「普通そこに手を出さないよね~」という所までやってしまうが故、
素材オタクと揶揄される事も多いシャワーズパス。
c0189724_16374022.jpg
フロントファスナは当然止水ファスナ
しかし、よ~く見ると・・・。

一般的な「アクアガード」ではなく、
より強固に水を食い止める、
「アクアガード・ビスロン」を採用。

自転車用としては世界初の採用かと。

一般的な止水ファスナ(YKKアクアガード)は、ファスナにフィルムを貼り付けたモノで、
ファスナの隙間は当然普通のファスナ状態ですので、水を通さない訳では無い。
c0189724_18275953.jpg
対して12年に発表されたアクアガード・ビスロンは、
アクアガードと同じ技術に加え、
ファスナの歯(エレメント)自体が、
立体的に噛み合う形状にする事で、
水の浸入を物理的に抑えようと試みた製品。


勿論それとて完全に水を遮るモノでは無いでしょうが、
より高い止水性を求めている事は確か。

それをフロントファスナだけでなく、
ベンチレーション部にも採用しちゃってる。

c0189724_16381496.jpg
背面に用意されたポケットと言うのも、
自転車用としては是非欲しいギミック。


此方はビスロンではなく、
普通のアクアガードファスナ。

何故かって?
そりゃ少ない力で開閉出来るから。

適材適所って奴ですね。

c0189724_18374374.jpg
肩部分はバックパックを背負う際、
圧力で水が滲む事を防ぐと同時に、
擦れによる損傷を抑える為、
別素材を配し強化してあります。

「いざと言う時用」ではなく、
「毎日用」という感じが、
こういった仕様に出てますな。

c0189724_16383911.jpg

そんな様々な「自転車用」の配慮の中でも、
極めつけは腰部の裏に用意された、
この舟方の部材「ドロップダウンゲイター」


平常時は2つのボタンで留められ、
外からはその存在を伺い知る事は出来ません。

しかし「あ、降って来た!」という時には・・・。

c0189724_16385550.jpg
ボタンを外して「ペロン」と垂らすと、
後輪からの巻上げから尻を護ってくれるのです。


ミニスカートとハイソックスの間に見える、
腿部分を「絶対領域」と呼ぶそうですが、
サイクリストにとって、降雨時巻上げに晒される、
上半身を護るアウターとサドルとの隙間は、
「激戦区」と呼んでしまう程悩ましい箇所。

そこを放っておかないシャワーズパスの優しさ。

とツラツラと並べてみましたが、興味の無い人には「何の事やら?」って感じでしょう。
しかし山登りとかが好きでイクイップメントに関心がある方なら、
このジャケットが他のアウトドア用とは全く違う自転車用に特化した製品であり、
そしてこの価格が目を疑う程にリーズナブルな事、ご理解頂けるはず。
c0189724_1639580.jpg

代理店の方では殆ど在庫無しですが、
弊店にはカイエンレッドのSサイズ(赤のS完売)
グラファイトグレーのMサイズが在庫あり!

あと随分前に代理店在庫完売していた、
ローグフーディー一着在庫あり! 後日記:完売
しかもブラウンのSサイズという、
一番人気のドストライク品。

「迷わず着ろよ、着れば分かるさ」
と言う事でシャワーズパスを宜しくお頼申します。

そんなこんなで明日は定休日、明後日以降お会いしましょう、
さよなら、さよなら、さよなら~。
by kaleidocycle | 2015-01-24 19:25 | 商品
<< 情報ソース。 捻出。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧