井戸端監視カメラ



動かせ、脳&手。

2015年営業開始して本日3日目、初荷という奴はまだ来ませんが、
正月呆けの頭を振ってボチボチ仕事を進めていかねばなりません。

まずは、「組んでしまうと大掃除の邪魔になる」という理由で放置して来た、
Surly・ビッグダミーの展示車に手をつける所からスタート。
c0189724_18233231.jpg


「実用的&コスト圧縮&素敵」をテーマに組む!と、その前にアッセンブルを考えねば。

完成車に装備されるビッグダミー専用荷台キット「DummyKIT」は、
高機能ではあるモノの、やや複雑過ぎるきらいがある為、
あえてシンプル・軽量・ローコストなエクストラサイクル標準キットをセット。

「ハンドルはマスタッシュバーで!ワイドリムにブロックタイヤ履かせて!」
と素敵に偏りたくなる気持ちをグッと抑えて。
昨年組ませて頂いたBigDummyの配色が個人的に非常に良い塩梅だったので、
同様の配色でポジション周りをセットして、あとはコンポを載せるのみ。


はい、コンポ手配手配~♪コンセプトに従えば4000アリビオが適切なはずだけれど、
差額の微妙さからチョト欲かいてデオーレ2x10を選択。

基本的にはメーカー完成車よりも5万くらい安い所に落ち着けたい、
けどまだ少し考えたい所もあるので・・・コンポが届くのを待ちながら思案継続。


次!BigDummyが粗方方向性見えたから、次は此奴にも手をつけねば。
c0189724_18234935.jpg

昨年末にひっそりと届いていた、
Surlyのストラグラー、
ただのStragglerではなく新Straggler。

って、勿体つける程の事は無い。
そう、此奴は650Bホイル仕様の、
ストラグラー650Bバージョン。

・Surly Straggler650B フレームセット ¥72,000(税別)

c0189724_1824331.jpg
ホイル径が700cから650Bへと、
一回り小径化された事により生まれるメリットとは?

「フケ、痒みが少なくなる!」
はい、それメリットシャンプー。しょうもな。


此方に並べたる2本のフォーク、
左がストラグラー650B、
右はストラグラーの兄弟車である、
クロスチェックのフォーク、当然700c。

ホイル径が小さくなった事で、ご覧の様にフォークが短くなっており、
肩下寸法で20mmの差が生まれています。
という事は、仮に同じサイズの700c版と650B版を比べた場合、
650B版の方がヘッド位置を20mm低く出来る、もしくはヘッドチューブを20m伸ばせる。


え?何言ってんのか分かんない?じゃぁ次の画像をご覧下さい。
左はやはりストラグラー650Bの46サイズ、右はクロスチェックの52サイズ。
c0189724_18234935.jpgc0189724_18241371.jpg


46と52と言えば2サイズ違いになり、適正身長もザックリ8cm程度変わって来る、
な・の・に、それでも小さい650Bの方がヘッドチューブが長い。

本来、小さいサイズのフレームは視覚バランスが崩れる傾向にあり、
まぁ簡単に言やぁカッチョ悪くなる事を避け難いのですが、
上の両者を比べると、小さい650Bフレームの方がカッチョ良いバランス。
そう!650B版は小さくてもカッチョ良くなる!



勿論、ホイル剛性やトゥークリアランスの向上など機能面でのメリットもあるけど、
700cにも良い所はある訳で、其々美点欠点あるのでどっちもどっち。

650B版ストラグラーは何も小さいサイズ専用という訳ではなく、
下は38という身長150cm以下でも乗れそうなミニサイズから、
上は58という身長180cmオーバーのサイズまでをカバーしているので、
クイックに振り回したい人は身長問わず選べてしまう。


しかしやはり身長の低い人ほどメリットが大きいと個人的には思います。
「クロスチェックやストラグラーに乗りたいのだけれども、
 自分の身長ではトップチューブのスローピング具合がどうも気に入らん・・・」

と、思っていた人はとてもとても多いはず。

そんな人の光明たる今回のストラグラー650B。
ヘッド位置が下がっただけでなく、BBハイトも上っている分だけ、
よりスローピング具合は浅く・・・とかそんな話は長くなるので、
とりあえず組んでみて、その姿を見て頂く方が話は早い。

c0189724_18244269.jpg
さぁ、どんなパーツでどう組もうか?
まずは直球でストンと行くか?
もしくは捻って650Bの個性を出すか?

と考えているだけでは何も進まんので、
取り合えず毎年の恒例行事となった、
日本一やれたスーパーコルサ(当社比)の、
OH作業をしながら計画練りましょう。

とまぁこの様に、たかが自転車されど自転車、
日々自転車屋はよりよい回答をご案内すべく脳と手を動かしておりますです。

気に入って買って頂けるととても嬉しいですが、
徹底して乗り捲ってポンコツになる、それ程気に入って貰うのはもっと嬉しいっス♪
by kaleidocycle | 2015-01-08 20:16 | 商品
<< 被れちまった悲しみに。 雪に遊べば。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧