井戸端監視カメラ



初雪賛歌。

c0189724_14381043.jpg

朝起きて、窓を開けるとそこは銀世界。


マジか・・・降るとは聞いていたが、
まさか市内で此処まで降るとは。

c0189724_14383793.jpg
サイクリングの指針として、
「晴漕雨読」を掲げるワタクシ。

ならば雪の場合はどうなるか?
ハフハフ興奮して行く。
これが譲れない私のスタンダード。


ってネスカフェのCMだっけか?
ハッキリ思い出せんけど、
スタンダードないつもの気温計は-3℃。

c0189724_1439783.jpg

装備を万全にしておれば、
寒さなど殆ど感じる事は無い。

そもそも気温の心配をする余地など無く、
今シーズン初の銀世界に大興奮。


見慣れたいつもの道を走るだけで、
始めて踏む地を行く様な錯覚が。

c0189724_14393875.jpg

雪が積もっているとは言え、
車の轍が其処此処にある道路を離れ、
いざ、未踏の世界へ行かん。


モコモコモコモコモコ・・・ズリッ!
モコモコモコ・・・ズリッ!モコモコモコ・・・。


雪に覆われ路面状況が見えない為、
時にズリッを挟みながらせっせせっせ行く。

c0189724_14401953.jpg
麓の気温計で-3℃だったから、
山の上である此処は-4℃?-5℃?

よく分からんけど猛烈に寒いはず。
けれど漕いで漕いでしてるモンで、
寒さは全く感じず気分は平静。

いつもなら市内が一望出来る場所も、
今日は白と黒と灰色が見えるのみ。

c0189724_14491198.jpg

平日という事もあってか、めでたく新雪一番乗り。

MTBは勿論、ハイカーもトレイルランナーも、
誰も走っていない・・・と言いたいけれど、
ウサギの足跡には先を越されていたり。


ウサギって普段あんまり見ないのに、
雪の上に見つける足跡は何故か、
ウサギが一番多いというこの不思議。




c0189724_14403982.jpg
雪の中を盲目的に走っているのではなく、
もうズッと思い続けている目的がある。

林道から雪原(普段は単なる広場)に出たなら、
目指す彼の地はもうすぐ其処に。


この氷点下の気温でどないだ!

c0189724_14405773.jpg


アカンか・・・。



この山の奥にある大きな池が、
一面氷で覆われる姿を見たかった。

そしてその氷の上を走り、
対岸まで渡るというのが永遠の目標。


しかし凍らなんのよね~この池。
更なる強烈な寒波が、
いつの日か来る事を待ちましょう。


c0189724_14411940.jpg
取り合えず池眺めてのんびり休憩しよ。

というムードを掻き消す様に、
雪混じりの猛烈な風が吹き付ける。


落ち切らず木にぶら下がる渋柿は、
この天然の寒晒しによって、
甘い干し柿になっているのだろうか?

可能性はある、しかし喰う気は無い。

c0189724_14413932.jpg

峠の上り口で買って、
保冷クージーに包んで持って来た、
暖か~いコーシーの蓋を開けると、
中からはホワワンとした湯気が・・・。


出るなどという事は一切無く、
キンキン飲み頃に冷えておるではないか。

アイスコーヒー好きだから別に良いけど。


c0189724_14415479.jpg
「雪積もれば世の中皆トレイル」
という事で雪を歓迎するワタクシですが、
乗り降りする度にクリートをガシガシして、
詰まった雪を剥落させるのは大変。


そんな雪詰りとの戦いである行軍には、
フロントシングルがマッチしていた模様。

c0189724_16444537.jpg

気温がグッと冷え込んだので、
リアメカが凍るという事も無し。


如何に頑張っていなかったかが、
スプロケを見ると一目瞭然ってのは、
雪の日ゆえのオモシロさですな。

上半分使われた形跡無しってなモンで。

c0189724_14422739.jpg
ただ一点、林道を走っている中で、
「ん?」と異変を感じたのがリアブレーキ。

タッチが変だな~と思い、
確認すると・・・凍り付いてました

詰まった雪がブレーキの摩擦熱で融け、
走るとその水が凍るという流れの模様。

c0189724_14432116.jpg
対応策は、チョイチョイブレーキかけて、
適時凍らぬ様に熱を保つって感じでしょうか?

こういう策って北国の人なら基本なんでしょうね。
年に1、2回しか雪の積もらない京都では、
こんな事を経験するだけでも嬉しいモンです。


夏の間は重さが気になった「26+」も、
薄っすら積もった雪のトレイルでは最高。
嗚呼、快感に酔いしれてしまうぜ・・・。

c0189724_14435336.jpg


あとチョイチョイ使い始めているOGKのオーバーグローブですが、
何か活きるシーン・活きないシーン見えて来ました。
c0189724_1444970.jpg
ロードで使うとイマイチです。
下りの速度が速いのと、
手の角度の問題なんでしょうね。

反面トレイルではかなり有効
今日は冬手袋と重ねて使いましたが、
指先が痛いとかは一切無し。
指をレバーに掛ける際、若干邪魔ですが、
まぁ使っている内に慣れる範囲でしょう。


今日降ったフワフワのパウダースノーも、週末にはバリバリの氷になる事でしょうから、
明日の朝は眠気を振り切り飛び出せ青春!だっちゃよ。
by kaleidocycle | 2014-12-18 16:37 | 無駄
<< 千鳥ハンター。 くっくBros。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧