井戸端監視カメラ



ムーンライト髭。

c0189724_13361547.jpg
夜から朝にかけて冷え込む様になったモノの、
日中はガツンと暑くなる、
こんな寒暖の差が激しい時には、
風邪を引き易いのでお気をつけあれ。


などと人様に云々言う前に、
己の状態を鑑みよという話でありまして、
手術の結果、サイクリング禁止令が出たワタクシ、
10日程は走りに出られない様で、
日に日に血が濁って行く錯覚に囚われております。

c0189724_13362973.jpg
勿論、日常移動で乗る分には、
何の問題も無い(当社調べ)のですが、
首と同時に上腕裏側も切っており、
腕を捻ると傷口が開くので、
握れるハンドルの種類が制限されます。

で、試した結果一番楽だったのは、
何故かマスタッシュバーだったり。

マスタッシュバーというのは、冷静に考えれば変なハンドルです。

「試しに使ってみよう!」とトライする人は多々見て来ましたが、
あんなドロップ、こんなプロムナードよりもマスタッシュが一番シックリ来るぜ!
という様な事を言う人に、今まで出合った事があるかと言うと・・・無い


それはまぁワタクシの経験値が低いから、というだけの事かもしれませんが、
マスタッシュ愛好家の一人として個人的な意見を言わせて頂くなら、
「ハンドルをセットする位置の誤解」というのは大きな原因の一つかと。

マスタッシュというのは、ハンドル位置を高く、結構高くセットして、
はじめてその真価というか良さが滲むと感じているのですが、
一般的なフラットバーとかドロップバーからマスタッシュに変更しようとした時、
コラム長が絶対的に足りずに、必要以上に前傾を強いられる事屡。

で、マスタッシュに変更した人は「あれ?何か手がしんどくない?」となっちゃう。
c0189724_13364851.jpg


高ささえ確保出来れば良いモンなのに・・・。
と日々心の底に沈むマスタッシュ擁護論は年に一回くらい頭を擡げまして、
それは展示用の参考組立車両として発現する訳ですが、
その最新版が此方のSurly・Stragglerのシングル&マスタッシュ仕様。
c0189724_14445856.jpg

マスタッシュとシングルって、
とてもとても魅力的な組み合わせで、
何ともええ立ち姿だと思うのですが如何でしょう?


ベースとなるフレームは言わずと知れた、
クロスチェックのディスクブレーキ版ですが、
この他所では見た事も無い、
Surly節全開の専用エンドのお陰で、
シングルだろうがディスクだろうが、
ホイルのズレなど何処吹く風の安心感。

c0189724_14452358.jpg
ホイルは敢えてシングルハブでは無く、
マルチハブをSSキットでシングル化。

なので歯をもう一枚入れて手動二段変速、
俗に言うディングル化も簡単ですし、
気分を変えて多段化しようとなった際には、
簡単に多段化も出来てしまいます。

c0189724_1634667.jpg

マスタッシュバー着けた車両って、
側面から見た際の視覚バランスが、
どうにも前のめりになってしまいがち。

そこを補正すべく弊店お得意のミニキャリアをセット。


45cタイヤでこのツラツラ感という、
ギリギリなセットアップ!
コレがキャリア独特の野暮ったさを薄める訳です。

タイヤをブロックに履き替えて、シングルスピードMTBレース「SSJ」に出るもよし、
レース後にはパニアをつけて毎日の相棒に、ってのも勿論良いのですが。
c0189724_1446769.jpgc0189724_14462016.jpg



キャリアにテントとシュラフを括りつけた紫のシングルスピードが、
陽が暮れ始めた秋の夕暮れの中、山手の何処かへ向けて漕ぎ行く・・・

c0189724_14464491.jpg
とかいうのが一番似合うんじゃないかなぁ、と。


峠の上りで服を濡らした汗も、
下りで吹き付ける山の夜の風で乾き、
少し拓けた場所を見つけてテントを張って、
一息ついた目の前には煌々と輝く満月が。



そう、本日は中秋の名月。
もうそんな季節になってしまいましたな。

と、マスタッシュとシングルとサイクリングとロマンが脳内から溢れ出しておりますが、
この手の「シングルxマスタッシュ」というのは、作ってみた所で現実問題売れない

しかしやっぱこのスタイルが好きなのでついつい作ってしまう。
そして「やっぱええねぇ・・・」と自己満足に浸る、その繰り返し。


因みに此方のストラグラー(52)、展示参考車両価格¥完売(税別)。
安いから買い得だから是非、というのではなく、
良いと思うと言ってくれる人にお安く出したい、そういう事でこの価格。

良いと言ってくれる方、お待ちしておりますですハイ。
by kaleidocycle | 2014-09-08 18:33 | 商品
<< 革っ手いく風景。 クビ・キラー2。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧