井戸端監視カメラ



ファンクラブ入会案内。

c0189724_17414792.jpg

梅雨とは思えん程涼しいですな~。


このレベルのまんまで行けば、
夏をデニムで過ごせっかも。

気温も湿度も関係なくデニムで年中過ごせる根性があれば、とは思うけど、
蒸し蒸しした日に汗で張り付くデニムの不快感ってのは・・・中々のモンですからな。
c0189724_17451482.jpgc0189724_1745251.jpg



c0189724_17461441.jpg

我慢は出来ない、でもデニム好き、
そんなアナタに此方の一枚。

・CCP ニューニッカーズ ¥18,000(税別)


斬新且つ複雑なパターンは正にCCPの骨頂

デニムのサイクルニッカが多々ある中、
「ニュー」と謳うだけの事はありますな。

c0189724_17462541.jpg

履くとこんな感じで、
正面から見るとデニムのクロップド。

因みに自分でサイズはXLなのですが、
細身が多いCCPにあって、
XLまで展開されるこの一本は僥倖。


で、これが普通のデニムのクロップドだとすると、
しゃがむのさえも邪魔臭そうです。

c0189724_17463421.jpg
が!

股下から後身頃にかけての素材が、
2ウェイストレッチのライクラ系素材なので、
外観からの想像を遥かに超える足さばきの軽さ

この軽さ加減は普通のデニムは勿論、
ストレッチデニムであろうとも、
間違い無く不可能な異次元のそれ。

c0189724_17464255.jpg
後姿を特徴付けるフラップ付きポケットに加え、
サイドにもベンチレーションを兼ねたポケットあり。

ポケットは後のストレッチ部に向け広がっているので、
モノを入れた際にはストレッチ素材が伸びて膨らみ、
ペダリングへの影響を最小限に収めてくれます。


アパレルとしての純粋なる格好良さ、
自転車乗車時の快適性、
そして他と見間違いようの無い斬新さ、
そんな「CCPらしさ」満載のこの一本。

CCPが好きなサイクリストは是非飛びつくべきでしょうし、
CCPなんて知らな~い、という人も此処からCCPを知って頂きたい!




c0189724_1941594.jpg
「何々好き」と言えば。

いつか紹介しようと温存して来た、
この愛満載のジャージを紹介しましょう。


そう、無く子も黙る日本自転車界の星、
「日東」のオフィシャルウールジャージです。

・日東 ウールジャージ ¥14,200(税別)

c0189724_1943339.jpg

化繊が主流のサイクルジャージの世界にあって、
未だ熱烈な愛好家を残すウールジャージ。

同じくハイパフォーマンス系パーツが当然の、
サイクルパーツ界にあっても、
やはり熱烈な愛好家を残す日東製品。

とか言うと日東の製品が性能で劣るみたいですが、
そういう事ではなくてですね、え~と・・・。


「やっぱコレだね!」
という括りで言えば同類という事です。

c0189724_17474443.jpg
100%メリノウールで肌触りよく、
一般的なウールジャージと比べると、
やや薄手な事もあり通年で着易そう。

バックポケットは素材特有のタレを防ぐ為、
其々にボタンのついた3ポケットと、
嫌味の無い定番な仕上がり。

c0189724_17475474.jpg
ただ一点、必ず伝えねばならぬ事は、
サイズがとてもデカイという事。

そう、そもそもこのジャージは日本向けでは無く、
欧米の日東ファンに向けた製品であり、
サイズもアメリカン故に自分でもMサイズ、と。


自分も勿論日東製品が好きなのですが、
海外のサイクリストが持つ日東への好感は、
どうもそんなレベルでは無い様で少々不思議。

でも単純にジャージとしてイカしてるし、メリノジャージとしてはリーズナブルだしで、
日東製品を愛用する人には是非選んで頂きたい一枚。

ただコイツは予約・取り寄せの製品なので「欲しい!」と思っても納期が結構かかります。
弊店にはSサイズとMサイズが在庫ありますので、待ちたくない人はさぁさカモーン。
by kaleidocycle | 2014-06-22 19:44 | 商品
<< 集い的なモノのお知らせ的な。 また会いましょう。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧