井戸端監視カメラ



脱羽。

c0189724_1557412.jpg

時計の針と同調して気温はグングン上昇。

同調しているなら午後には気温も下がるはずが、
12時を頂点に下がり始める時計の針を横目に、
気温だけは放物線を描き、
大気圏へ向かう衛星ロケットの如く高く高く。


・・・暑っつ~。


気温計は遂に30℃を越えました。
これだけ気温が上がると生命維持も簡単になるという事なのでしょうか、
我が家ではいきなり羽蟻が大量発生し不気味にも程がある事態に。


「山の中にも小バエが湧いて来ましたな、嫌だね~」等と言うとりましたが、
山でも虫、家でも虫というのなら、そりゃ山の方が良い。
c0189724_1557449.jpg

暑さに負けずそうだ!山だ山だ~!
とテンションを上げる為には、
羽蟻の様に羽を落として身軽になるべき。

か、どうかは知りませんが、
こんな軽量カーボンバーは如何でしょう?


・FLV Badtone750 ¥14,500(税込)

日本MTB界の稀有なカリスマ、
タカマツケンジ大先生の手による、
超軽量カーボンバーです。

c0189724_15582498.jpg
「上がり4度&引き9度の20mmライズ」
という事で際立って妙なシェイプではなく、
普通の、到って普通のシェイプです。

が、何せ軽い。
試しに実測してみた所・・・約170g!
750mm幅と言う「今」なワイドさで、
この異常なまでの軽さ・・・恐ろしい。

「こんなに軽いとポキっと折れるんじゃない?」そんな心配もある訳ですが、
そこはプロライダー・タカマツケンジ大先生が自ら乗って試して販売されているので、
我々凡夫が心配するべきはコケて自らブチ折る事のみでしょう。



ライザーバーってのは、今や何処のどんな製品でも基本形状に大きな差は無く、
「お薦めのライザーバーは?」と聞かれると結構困ってしまいます。

勿論、「強いの!」とか「軽いの!」てな明確な希望があれば別ですが、
山で普通にお遊びで使うなら、もはやグラフィックで選んで良いのかと。
c0189724_15581643.jpg
その点、このBadtone、
グラフィックもバチバチに格好ええので、
この一点をして選ぶ価値がありますし。

ライズさせる屈曲点が内に寄せられ、
ストレート部が長く取られており、
ハンドル周りが煩くなり勝ちな、
今のMTBには好都合な事も多いかも。

つまり「馬鹿ほど格好良くて」「馬鹿ほど軽い」なのに¥14,500とリーズナブル、
イカしたライザーバー最前線に居るのは此奴だって事です。



あと、予想外の引き合いで即完売していたファブリカのヘッドキャップ「Calavala 1」。
c0189724_15584659.jpg

弊店での呼称「髪が生えてる方」が、
再入荷し補充完了。


髪生えてるっぽいドクロと、
坊主っぽいドクロの内、
髪生えてるっぽい方ですね。

此方、秀逸なデザインでご用命頂く事が殆どだと思うのですが、
よく見るとベースとなるキャップ自体も肉を抜きまくった軽量仕様になっています。

マイマシーンが魅力的になり、更に軽量化も出来るコイツが¥1,500(税込)
まぁ軽量化っつっても・・・蟻何匹分か程度なのでしょうが。


ん?蟻って体重どの位なんだろう?
気になって調べてみた所、0.005g/匹程度の模様。
軽っ!
超軽量パーツを買って「グラムあたり幾ら」と不毛な会話を繰り広げる時には、
「いやぁ~、蟻10,000匹分も軽くしちゃったよ~(50g)」の様に表現しましょう。
何となく凄い事をした気になるという利点もありますが、
想像しただけで鳥肌が立つというデメリットには注意が必要。
by kaleidocycle | 2014-05-13 19:41 | 商品
<< 伝説の真相。 春眠。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧