井戸端監視カメラ



何でも噛めるよ、鬼グリップS。

久方の光のどけき春の日に・・・と言うのは私が作った歌です。

軽くエイプリルフールに乗ってクソつまらん嘘をついてみた所で、
嘘じゃない方のお話行きましょう、やっとコイツが届きました。
c0189724_17262564.jpg


・Surly DirtWizard26x2.75 ¥9,200(税別)

一昨年、クランパスと一緒に登場した29x3.0のタイヤプラットフォーム「29+」に続く、
Surlyの特殊タイヤ第二弾がこの「26+」規格のDirtWizard/ダートウィザード。
29+ほどの斬新さが無いからかあまり話題にならない26+ですが、
大した意味のないモノなら、誰も作るはずは無いってなモンで。
c0189724_17264498.jpg

「26x2.75」という字面は、
確かに珍しいと言えば珍しいのですが、
DH用で「26x2.5」とかは普通にあるし、
24なら「24x2.75」とかもありましたしね。

しかしコイツの新しいのは、
「太いのに軽い」という所。
実測845gです、軽っ!

800gオーバーは軽いとは言えない?馬鹿仰い。
普通この手の極太タイヤはガチっとしたDH系で、
1kg超えどころか1.4kgとかでも普通なのと比べると激軽としか言えませんよ。
c0189724_17265829.jpg
軽いと言う事は薄いという事であり、
低圧で乗ると腰砕けになる危険あり。

そこを50mm幅のリムと合わせる事で、
エアボリュームの恩恵を最大化しよう、
というのが26+の考え方であります。

となると当然チューブも太いのが必要。

で29+と同様、26+用もSurlyから出るかと思いきや出ないそうです
変わりにQBPブランドのQチューブから対応品が出るそうですが、
入荷は今月末辺りとの事なので、とりあえずは手持ちの26x2.5用チューブを。

因みに26+に使えそうなチューブとしては「26x2.7用」ってのが、
Tiogaとコンチネンタルから出ており、Tiogaは米式のみ、
コンチネンタルは米式と仏式がありますです、はい。



んでポコポコポコと履かすとこんな感じ、ドン!
c0189724_17473432.jpg


今更ですが、履かす車体は弊店オリジナルフレーム「マキリ」
c0189724_1748367.jpg
26+は元々Surlyの新型車両である、
「インスティゲーター2.0」用として登場しました。

が、その話を聞きつけたワタクシは、
「その規格、貰った~!」と喰いつき、
未だ見た事も無いタイヤの装着を前提に、
作ってみたのがこのマキリ。

履けるはずだ、数字の上では履けるはずだ、
しかしその本当の所は・・・!
と、ドキドキしながら履かせてみた所、
見事ジャストなクリアランスでござい。




c0189724_17483779.jpg
そんな26+のダートウィザード、
タイヤパターンはこんな感じで、
29+の「ナード3.0」と比べると、
随分ノビーでやる気充分。

「漕ぎ重そうやなぁ・・・」
パターン見た瞬間そう思いましたが、
実際に少し乗ってみると意外と軽い。

これは恐らくセンターに寄せられたノブ配列から来るモノなのでしょうね。
ロードノイズも気圧1.2kg以上であれば、ほぼ気にならないレベルになりますが、
1.0kgとかで乗ると、パターン見たまんまでゴーっていいます。
オンロードで1.0kgで乗る事無いでしょうから、別にどうでも良いんですが。
c0189724_17584846.jpg

因みに気圧1.2kg時のタイヤ幅は、
ノブtoノブで実測70.4mm

2.75インチ=69.85mmなので、
ほぼほぼ正確、とうかオマケ付き。

c0189724_1759793.jpg

タイヤ単品で持った時は、
「なんかそんなに太くないな~」
という印象を持ちましたが。

実際に履かせてみるとやっぱ太いですね・・・。


隣のボッカが履いているタイヤも、
27mmリムにKendaの2.1タイヤですから、
MTBとしてもけっして細い方ではないのに。

c0189724_17591749.jpg

29+の29x3.0と並べてもこんな感じ。

左が26+、右が29+。
確かに3.0の29+の方が太いけど、
限り無くそこに迫っている印象ありますな。




c0189724_17593296.jpg
あと、タイヤが届いたからには、
コレは確認しておかなければってのが、
「26インチ用のフォークに入るのか?」

入っちゃった。
ギリギリ入らないと踏んで、
27.5用のフォーク買ったのに・・・。

と、そんなこんなで麗らかなる四月馬鹿の日、我々の前に顕現した新しい選択肢「26+」。
そのトレイルに持ち込んだ際の印象は如何なるモノか?
乗らずに分かる訳も無し、明日は早起きしてレッツゴートレイルなのであります。
c0189724_17594029.jpg



by kaleidocycle | 2014-04-01 19:47 | 独自MTBフレーム
<< 出陣。 4月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧