井戸端監視カメラ



やっぱり北が好き。

「雪を避けるべく、久し振りに信楽の方でも行ってみっか」
等とボンヤリ予定を立てていた一昨日の晩でしたが。
c0189724_21225124.jpg

ズッと工事が続いていた、
京見峠の新ルートが遂に本日開通、
そんな話を聞きつけ行き先変更。

ズガーンと走る気も無いので、
峠下の「たんぽぽ」でラーメン喰って、
ゴチソウサマを言った後、緩々上る。

c0189724_2123061.jpg
おぉ!

出来立ての美しい2車線が、
真っ直ぐに延びて行ってるではないか。


c0189724_2123988.jpg
斜め後を振り返ると?

何十年も普通に走っていた、
京見のつづらは早くも廃道臭を発散。
この道は今後どうなるんでしょうな?


まぁ良いや、とりあえず上ろ。
と、えっほえっほ上るモノの、
寒くなってからMTBばかり乗っていた為か、
ロードでの峠は実に体が重く、キレの欠片も無い。

峠上る直前にラーメン喰ってりゃ、キレるもクソも無いんですけどね。

c0189724_21233281.jpg

続いて新開通つながりで、
昨年末に開通した栗尾峠のトンネルへ。

此処も行こう行こうと思いながら、
開通の数日前に来てから未だノーチェック。


以前、アスファルトを貼る工事をしていた、
その道の上を今は行く。
傘トンネルからの流れはあまりに自然で、
以前の道との分岐が何処だったか分からん程。

c0189724_21234129.jpg

栗尾峠をパスするトンネル、
正式名称「京北トンネル」。

「工事してるな~」
くらいで横目に見ていただけですが、
こんな短期間で出来るんですな、
トンネルって。

c0189724_2124722.jpg

下りの流れのままトンネル進入。


あれ?歩道メチャメチャ広いじゃない。
歩道上がった方が良かったかな~、
と思わん事も無いけど勢いのままGo。

c0189724_21242288.jpg
市内側からは緩い下りになるので、
結構なスピードが出てしまう。

その下りの流れに身を任せたまま、
数分ハンドル握っていれば、
そこは京北憩いの場「サンダイコー」。


サンダイコーがこんなに近く感じるとは・・・、
トンネル、恐るべし!

c0189724_21244153.jpg

京北来たついでに、
と、秋の台風で落ちた鳴滝橋の様子伺い。


鳴滝橋は落ちたままですが、
横に仮の鉄橋が掛かっており、
当座の問題は解決している模様。

つか、鳴滝橋を直す予定はあるのかしらん?

c0189724_21254834.jpg

さ、こっからどないしよ?


冬の間、北の山は雪が残って、
ロクに走れたモンじゃない・・・、
と思っていたけれど。

c0189724_2126210.jpg

全然走れるじゃぁないか!

イヤッホ~!


車も少ない田舎道をスパーンと行く、
京北を基点としたこのエリア。

冬の間はパスかと思っていたのに、
雨が降る前で気温も高く全然楽し~。

c0189724_21274425.jpg

ダラけた体も時間と共に温まり、
割とシュッシュ走れる様に。


道は良い、気温も良い、
そして体も動き始めた。

ん~、スパーク!

c0189724_21262373.jpg

そして気がつけば日吉ダム

日吉か・・・日吉まで来る積もりなんて、
さらさら無かったのに、ついつい。


また雪が降って積もったら、
当分走って来れなくなるかもしれんで、
来れた事は実にラッキー。

c0189724_21273589.jpg
バイパス・トンネル・橋と、
其々の現状を確認したら、
一応は目的完遂。

その後のオマケをつけてくれるのは、
乗っていたくなるマシーンの恩恵。

ありがたや~ありがたや~。

c0189724_21281230.jpg


園部へ抜けようかと少し悩んだ後、
やはり京北トンネル開通の影響を調べたくなり、
京北方面へとってかえす。


嘗ては栗尾峠を迂回する道として、
ある種の定番であった「弓槻トンネル」も、
今後は使われる事が少なくなるのでしょうね。

c0189724_21282298.jpg

栗尾峠の市内側の麓である、
細野の交差点まで帰って来て、
頭上の青看板を見上げると。


左折の栗尾峠方面が「通行止め」

そして右折する道は162号線ではなく、
「363号線」という名称に。

c0189724_21283595.jpg

スタート時に喰ったラーメンは既に消化され、
日吉からの帰りはズッと「腹減った腹減った・・・」

市内に戻るまで我慢が出来ずに、
イノシシラーメンで有名な、
「キャプテン」にて本日2杯目のラーメン。

ズズズズズ・・・あ~汁モンはうめぇなぁ。

c0189724_21245222.jpg
1,2時間で帰るつもりだったのに、
半日丸々乗れて嗚呼満足。


雪の時期は南部に逃げるってのも、
確かに良い選択ではあるんですけど。

やっぱ京北エリアは最高だっちゃ!
by kaleidocycle | 2014-01-26 19:13 | 無駄
<< 書庫増強。 土俵際の力持ち。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧