井戸端監視カメラ



文化祭・佳境。

c0189724_177025.jpg

実りの秋という事で。

丹波栗やアケビも喰い頃を迎え、
レーション持たずに走りに出ても、
何なと山に食い物があるという有り難い昨今。


イチジクもボチボチ色づいて、
あと1週間位で喰い頃になろうかと。

c0189724_1772060.jpg

そんな中、今朝もロングダートへ乗り込み、
せっせせっせと砂利巻き上げる。


涼しくなったとは言え、
上り続けりゃまだまだ汗垂れ、
強いて言えば半指グローブの、
指先がやや冷てぇなぁ、という程度。

c0189724_1774586.jpg

先日の大雨であらゆる山道は崩れ、
「あの峠がドウだ、あの道がコウだ!」
と情報共有を進める毎日ですが。


通る必要の無い林業用の道は、
土砂や倒木が浚えられる事無く、
ザパーン、ドパーンと道を塞ぎっ放し。

c0189724_1785038.jpg

そんな障害を越えると、また同様障害があり、
何度もそれを繰り返すと。


蒼い山脈を遠く見渡す峠に。


ええ天気じゃ~。


c0189724_179762.jpg

イガグリころころ、
そこらじゅうに転がり、
イガを避けて走る事も、
最早ままならん。

ウム、これぞ秋!

c0189724_1793328.jpg

と、午前中は自転車を堪能し、
昼からは店で自転車文化祭開幕。


お陰さまで満員御礼。

置き切れない程の自転車が、
店の前に並んでグッチャグチャ。

c0189724_17102051.jpg
3階では、
「自分で自分の自転車の、
 トップチューブカバーを革で作ろう」

というripaさんのワークショップ開催。

集まった人々が自らのマシンに合わせ、
採寸をし、革を切り、穴を開け、
装着するに最適な一枚をメイクして行く。



そして一階で展示されている「俺なりの29+」車両から、本日も2台をご紹介。
c0189724_17124869.jpg

「ScubaBikes」


シートチューブからも分かる通り、
「もっとトレイルでの自由度を!」
と欲したと思しきこの一台。


c0189724_17133414.jpg
フレームがお手製ならフォークもまたという事で、
テーパードコラムのクロモリリヂッドという、
在りそで無さそで・・・やっぱ珍しい構成に。

猫も杓子もテーパード、といった、
高剛性万歳!な風潮がありますが、
必ずしも高剛性が良いって訳では無く、
モノにはバランスってのがあります。


で、29+でトレイルバイクを仕立てるなら・・・、
テーパードはありでしょう!

c0189724_17135078.jpg
29+(=29x3.0)というホイル規格は、
直径の大きさと、エアボリュームの多さから、
ホイル剛性ってな言葉とは少し距離があります。

それを「しなやかさ」や「乗り心地の良さ」と、
好意的に捉えるのが普通なのでしょうが。

29+の持つ乗り越え性やグリップ性を重んじ、
「もっと意のままに動かんか~い!」
という思いが湧き上がったなら、
ホイル以外の締め上げれる箇所を、
締め上げたくなるのは必然。

故にフォークのアクスルは15mmスルーでガッチリンコ。
c0189724_1714460.jpg


同時にリアアクスルもスルーでガチガチに。

いや、ガチガチを目指して突っ走り、
やり過ぎたかな~?という位で、
はじめて良い感じが見えて来るのが、
未知の可能性を持つ29+ホイル規格。

当然の事ながら、この未知の可能性のベンチマークは、
現状唯一無二の29+車両Surly・クランパスな訳ですが、
その製品完成度は非常に高く、それを越えるには同等かそれ以上の工夫が必要。
c0189724_17144043.jpg
その問題への答を出そうとする際、
「最大限のタイヤクリアランスを保持し、
 同時にチェーンリングクリアラスを出し、
 そしてリアセンターを短くするか?」
というのが鬼門になる訳ですが。

Scubaの29+は真正面から挑戦し、
モナカ合わせのヨーク部材を使用。

・・・如何でしょう?読んでて面白いですか?
意味分かんない、クソつまんないという意見も少なからず出ましょうが、
まぁ現在は文化祭期間中という事で、興味のある方にだけ集中してお届け~♪



今回の展示車両5台の内で、Scubaと同じくトレイルバイクを目指したのであろうな、
と思しき車両はもう一台ありまして、それがこの。
c0189724_17151076.jpg

「CommonBikes」

百鬼夜行が如き珍妙な29+群の中で、
拍子抜けする程スマートなシルエット。

それを甘受出来る様な人間なら、
自分でフレーム作るとか言い出さない。

c0189724_17155469.jpg
だから、パッとは見えないBB周りを覘くと?
エライ事になっています・・・。


必然的にチェーンステー長の長くなる、
29+というホイルを使うにあたって、
「如何にリアバック剛性を稼ぐか?」
というのは、きっと誰もが悩む問い。

その問いに対して、オフセットシートチューブでタイヤクリアランスを稼ぐと共に、
角みたいなパイプガセットでBOX形状を構成して剛性を増すというのがCommonの答。

それが正しいのか?間違いなのか?はまだまだ乗って行かなければ分かりませんが、
BBシェル幅が83mmってのは、29+を造るにおいて絶対的正解だと支持します。
c0189724_17164558.jpg
リアはスライドエンドで、
フロントシングル時に、
リアセンターを詰めれたり、
シングルスピード化が可能だったり。

しかもよく見りゃ、
此方もまたスルーアクスルだったり。
人間とは何と欲深い事でしょう・・・。

c0189724_1717781.jpg

29+をトレイルバイクとして完成させるならば。


タルくなり勝ちなハンドリングを、
26インチで感じたクイック&ダイレクトに、
如何に近付けて行くか?
というのが問題として提起され、
結果として「より短く!より高剛性に!」
となるのは必然、故に此方もテーパードに。


ただ、その方向性を追い過ぎると、「そもそも29+である必要があったのか?」
という抜本的な問題を振り返りそうになるのですが、
その点、このCommonは個人的に良い塩梅で纏まっていると感心しました。
c0189724_17171920.jpg
サイズのデカさから来る管長の事もあり、
やり過ぎっぽいのに丁度良かった剛性感や、
29+の美点である安定感を維持しながら、
トレイルで振り回せそうな軽快感も維持し、
それでいて、もうチョット欲しかった箇所を、
良い塩梅で埋めてくれる、この丁度良さ。

ま、あくまで個人的主観なんですけどね、
それでも時として本職が提案するバランスを、
素人ビルダーの思い込みが凌駕する事も、
無い事も無い事も無い事も無い・・・ってか。

c0189724_17173162.jpg
いやぁ、大人になると劣化しますね。

青年期にフレッシュに過ごせた文化祭も、
オッサンになってやってみると、
もう何というか・・・くどい。


でも仕方ないです、劣化しちゃったんだもの。
そんな、ついくどくなるオッサン文化祭、
明日が最終日ですので、共に劣化を儚みましょう。

ついでに明日は知人の結婚パーティーの為、18時までの営業となったりもしますスンマセン。
by kaleidocycle | 2013-09-28 23:59 | 駄情報
<< 10月の営業予定。 秋味(本番到来)。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧