井戸端監視カメラ



カッコいい囲い。

c0189724_1710968.jpg

先日改修したスチームローラーが、
塗装を終えて本日無事帰還。


エンド付近にダボをつけたので、
キャリアをスッキリキッチリ装着可能。

コミューターとして毎日乗るからこそ、
他人が見ればどうでも良い事が、
自分にはどうでもよくなくなるってなモンです。

c0189724_17101824.jpg
今回はエンドのダボだけでなく、
リアブレーキアウターを受ける為の、
ベア小物を取り付けたのと。

もう一点、違いが分かりますか?

そう、ボトルケージ台座の位置が、
シートチューブからダウンチューブに。

やっぱ実際に使うのであれば、シートよりダウンの方が使い易いですからね。


そんなボトルケージも、拘る人はトコトン拘りますが、
「実用品だから適当なので結構」という無頓着さんの方が多数派っぽい気がします。

で、よく「何か適当なモノ無い?」と聞かれる事になるのですが、
そこで「ミノウラのAB!」とド定番な答を返すと・・・チと捻りが足らん様で。
c0189724_17105043.jpg

じゃぁコレはどうじゃな?というのが。

・ゼファール パルス ¥730

角基調の変則的な形状が、
個人的にとても好評価。


c0189724_17105928.jpg


価格が恐ろしく安い上に、
とりあえずポンと着けてても、
何となく様になる、と思うのは贔屓目か?


シルバーだけでなく、ブラックもあるので、
何にしようかな~と考える人は、
頭の隅に入れといてね。



「そういうシンプル系も良いんだけれど、もっと小奇麗系が好みなのよ」
c0189724_17111294.jpg

そんな人にはこんなのは?
そう日東の高級ボトルケージ(¥4,700)!

と、思いきや。台湾製のそっくりさんです。
よく見ると下の部分の形状が少し違う。
そして注目すべきはその価格ズバリ¥1,680!

余裕があって拘る方は是非日東製品を!
しかし小奇麗な実用品を求めるなら!ね。



「いやいや、もう喉が渇いて堪らん時期も終わって寒くなるよね・・・」
c0189724_17113085.jpg

そんなアナタにはスキットルホルダー!

・Kingcage MudFlask ¥4,620

今年の夏にデビューするも、
一発で完売したこのセット、
ウチには一つだけですが在庫あるんです。

c0189724_1712153.jpg

自転車用スキットルホルダーと聞いて、
一番に思い浮かぶであろう製品は、
此方のエイハーンではないでしょうか?

一時期Surlyとのコラボレーションとして、
入って来ていたのですが、
今や全然入って来なくなってしまいました。

c0189724_17122718.jpg
取り付け方法はこんな感じ。
いやぁ~チャーミングですなぁ~!

しかし此方は自分が米国へ行った際、
直接エイハーンから買って来た、
お土産の品でありますので、
基本的には非売品。
どうしても必要な人は応相談。

c0189724_17114473.jpg

で、話は戻って今回のMudFlask。

取り付け部分はこんな状態。


この板と棒で何を締めるのでしょう?

c0189724_17115784.jpg
答はシートレール

フラスクホルダーであると同時に、
後輪から尻へ巻き上げる泥を防ぐ、
故にマッドフラスクという訳です。

寒風吹き荒ぶ中、耳痛い指痛いと、
寒さに悶えながら走っている時に。

キュッと一口呑めば、腹の底からじわ~っっと熱を帯びる。
嗚呼、ええねぇ~と思うけれど日本では飲酒運転はダメダメダメ。

それでは何を入れれば良いのか?というとマキロンなんじゃないかと思います。
自転車でズッこけて、肘膝を擦りむいたなら、
スキットルに口をつけ、マキロンを口に含んで傷にブーーーッ!と吹き掛ける。

そう、映画でたまに見る酒で傷口を消毒するって奴、
あれのイメージでマキロンを吹きかけるんですよ!


・・・ま、マキロン入れるか他の何入れるかはお任せします。
by kaleidocycle | 2013-09-13 19:21 | 商品
<< 合理的粗品。 2014見聞録 その4。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧